テアトルアカデミー セリフテスト。 赤ちゃん無料オーディションテアトルアカデミー全員受かる

オーディション実例

テアトルアカデミー セリフテスト

【写真審査について詳しく知りたい方はこちら】 合格しやすい写真の撮り方や応募方法について詳しくご紹介しています。 オーディションに持参するエントリーシート 一次審査(写真審査)に合格すると、自宅にエントリーシートが届きます。 オーディション当日は、このエントリーシートがあなたのアピール書類として使われます。 また、このシートは 合格後もアカデミーで今後のお仕事の参考になる書類となりますので、しっかりと記入した方がいいです。 カメラテスト• グループ面接 このような流れで行われるという情報が、実際に受けた方から得られました。 全てにかかる時間はおよそ1時間程度だそうです。 小さいお子さんが飽きないように長丁場にならないような工夫をしてくれているんですね。 この時に自宅で記入したエントリーシートを提出するようです。 番号札が来場順に配られますので、待合室で呼ばれるのを待ちます。 授乳室やおむつを替えるスペース、子どもが飽きないようなおもちゃなどが用意されているという情報もありました。 お子さんと付き添いの大人の2人で受けます。 このとき 同行する保護者は、今後通うことになったら付き添う可能性が高い人をという案内があるようです。 ほとんどのご家庭は、お母さんとお子さんというパターンが多いようですが、 もちろんお父さんやおばあちゃんでも大丈夫です。 カメラテストといっても、スタジオのようなところで撮影する形式ではないようです。 撮影をするスタッフさんと、メモを取るスタッフさんがいて、話をしながらお子さんを撮影します。 小さいお子さんはお母さんの膝の上に座った状態です。 ここで、 お母さんにいろいろと質問されながら、お子さんがパシャパシャ写真を撮られるという状態です。 簡単な質問に答えていくだけなので、 3分ほどで終了します。 この時には、自然な会話の中で、どんな表情をしているのか、普段はどんな様子なのかを緊張しない状態で審査しているようですね。 このときも、 お子さんと保護者1名で行います。 司会者のような進行役のスタッフさんがおり、一組ずつマイクを向けてお母さんにインタビューします。 このとき、お話をする親子に スポットライトが当たるので、舞台で注目されるようなシチュエーションが体験できるようです。 ぬいぐるみを受け取り、「ありがとう」と言って抱きしめてください• カメラに向かって手を振ってください などの指示がある場合もあるようです。 小学校3年生以上のお子さんの二次審査のテアトルアカデミーのオーディションは、• リズムテスト• セリフテスト• 歌or質疑応答• 親が子供のアピール の流れで行われ、 所要時間はおよそ1時間〜2時間程度となります。 やはり年齢が上がってくると、オーディションの内容も少し違ってくるようですね。 1次審査通過時に自宅に送られてきた エントリーシートの提出をするようにしてくださいね。 待合室で呼ばれるまでの時間を待ちます。 テストの前に、簡単なレクチャーがあり、少しだけ練習することができるようです。 ダンスというほどのものではなく、ボックスを踏んだり、誰でもできるようなリズムテストです。 特にダンスの経験がなくても問題なさそうです。 ダンスの経験がある方はここで差を見せられるということもあるかもしれません。 上手い、下手ということよりも、大きな声で一生懸命セリフを言うことができるかどうかの方が大事です。 小学生の時期は、吸収力が大きい時期なので、テアトルアカデミーのオーディションの段階でうまく言えなくても、訓練でうまくなっていきます。 堂々と大きな声で頑張っている姿が見せられるといいですね。 セリフも長く難しいものは指示されませんので、安心してくださいね。 歌or質疑応答 歌をアカペラで歌うテストもありますが、 これは強制ではありません。 歌える歌がある方は、歌いましょうというような指示があります。 時間はそんなに長い時間ではないので、好きな歌のサビを1フレーズ歌う程度で大丈夫です。 もし、 歌わない場合は、審査員から質問をされます。 これからの意気込みを聞かれることが多いようですので、歌が苦手で歌わないというお子さんは、ここで差をつけられるように意気込みを伝えるようにしましょう。 親への質問 最後に、付き添いの保護者の方に、お子さんについての質問があります。 お子さんの長所を聞かれることが多いようです。 突然の質問に、慌てて、保護者の方が的を得ない回答をしてしまうケースが多いようですので、事前にお子さんの長所を簡潔に言う練習をしておくといいかもしれませんね。 オーディション会場の場所は? テアトルアカデミーのオーディション(二次審査)は、テアトルアカデミーの各校にて行われます。 どの会場でオーディションをするかは、合格通知に記載されており、 お住まいのご自宅から一番近いスクールへの案内がされるようになっています。 テアトルアカデミーのオーディション(二次審査)会場は全国で7か所あります。 それぞれの会場への詳しい行き方については、こちらのページでご紹介しています。 交通アクセスや最寄駅からスクールまでの道順もこちらのページで確認していただけます。 オーディションの日程はいつ? テアトルアカデミーは、オーディションの開催回数が他のプロダクションよりも多く、その分チャンスが多くなっているのが特徴でもあります。 特に東京校では、月に数回行われていることもあるようです。 大阪校でも毎月オーディションがあり、頻度は地域によっても異なります。 オーディション日程については、写真審査の合格通知と一緒に届く書類に記載があります。 指定されたオーディションの日の都合が悪かったら?行かないとどうなる? 万が一、指定されたオーディション日が都合が悪く、参加することができない場合は、 次の回のオーディションを案内してもらうことができます。 キャンセルの連絡はこちらからしなくても問題はありません。 応募時に登録するメールアドレスに、次回のオーディション日程の案内もきちんと届けてくれます。 一次審査が受かっていれば、参加するオーディションは 最初に指定された日でなくでも受けられますのでご安心くださいね! 行かないとどうなる・・・? 一次審査(書類審査)に合格後、指定のオーディションへの参加がない場合は、その後のオーディション案内がメールで届きます。 後日のオーディションも行かない場合、その後も複数回オーディションの案内が届きます。 それでも参加がない場合は、辞退として受け取られ、案内の連絡が来なくなりますが、行かなくても大きな問題はありません。 もしも、その後やっぱりオーディションを受けたい!と思った場合はその事情を伝えお問い合わせしてみましょう。 オーディションの服装と持ち物は? 実際に一次審査に受かってオーディションに行くとしたら、どんな服装で行けばいいの?と悩んでしまいますよね! 実際に受けた人の声も見てみたので、参考にしてみてください。 お子さんの服装 決まりはありませんが、実技テストがあるので、動きやすい服の方がいいみたいです。 すごくキメていく必要はありませんが、せっかくのオーディションなので汚れている服や部屋着はやめておいた方がいいですね。 お子さんが一番かわいく見えるお洋服を選んであげましょう。 決して高い服でなくて大丈夫です。 お子さんに良く似合うチョイスをしてあげましょう。 オーディションの際の親御さんの服装は? 実際に、オーディションを受けた人の話によると、 清楚なワンピースなどでキレイ目な格好の人もいれば、 デニムのようなラフな格好の人もいるようです。 しかし、デニムで行ってしまった人の感想に、「場違いな格好で来てしまった」というお声もありました。 親御さんの服装も指定はありませんが、あまりに近場のコンビニに行くような恰好ではなく、お出かけ用の服がいいかもしれませんね。 しかし、 待合室は、マットの上に座るような場面もありますので、動きやすくお子さんと接しやすい恰好がよさそうです。 服装よりも大事なことは? もちろんみすぼらしい恰好より、カワイくみえる服装に越したことはありません。 しかし、それよりも大事なことは、 お子さんと親御さんとのいい関係性を伺わせる行動 もとても大事です。 アカデミー側としては、今後長く付き合っていくことになる存在を探しています。 あまりに非常識な行動が目立つ親子などは落選してしまう原因になってしまうことでしょう。 オーディションに持っていく持ち物 テアトルアカデミー側から持ち物として指示があるのは、エントリーシートです。 写真審査に合格すると、自宅に送られてきます。 事前に記入して忘れないようにしましょう! その他には、• おむつ• 飲み物(お茶やミルク)• おやつや食事• 着替え• お気に入りの小さいおもちゃ などがあると安心かと思います。 ちなみに、ミルクではなく授乳したいという方は、会場に授乳できる場所が用意されていますよ! その他は、普段お出かけしているときに持ち歩いているものがあれば、必要に応じてご持参くださいね。 オーディションの合格率・倍率って? テアトルアカデミーの一次審査(写真審査)の倍率は25%ほどと言われています。 二次審査のオーディションはさらに絞られるみたいです。 会場や時期によっても変わってきますが、20%後だという声もあります。 正確な数値はテアトルアカデミーでしか把握はできませんが、 選ばれたお子さんが入学することができるというのは間違いないみたいですね。 テアトルアカデミーオーディションを受けた人の口コミ 合格した人 りっくんママ 30代 女性 A子 20代 女性 テアトルアカデミーの写真審査に受かり、オーディションを受けました。 果は不合格でした。 落ちたのは残念だけど、いい経験になりました。 またチャンスがあればチャレンジしたいです。 テアトルアカデミーで特待生になるには? テアトルアカデミーに特待生制度がある?という噂があり、気になったので調べてみました。 実際にアカデミーに問合せをしてみると、 芸歴があって、入ってほしい方に特待生として入学してもらうことがある というご回答を頂くことができました。 どの程度学費が免除されるのかなどはケースバイケースということでしたが、特待生制度があるというのは本当みたいですね。 しかし、残念ながら、 未経験の場合は、特待生になるのは難しいみたいです。

次の

キッズ部門のレッスン紹介|テアトルアカデミーオフィシャルサイト

テアトルアカデミー セリフテスト

大手事務所テアトルアカデミーに合格するには? 「我が子を子役にしたい!」と願うパパ、ママに大人気の芸能事務所、テアトルアカデミー。 創立30年以上を誇る伝統と実績を基に、最近は鈴木福君や小林星蘭ちゃん、谷花音ちゃんなど有名子役を続々と輩出しています。 そんなテアトルアカデミーに合格するにはどうすれば良いのか? 経験者の体験談を中心に合格法をまとめてみました。 テアトルアカデミーに合格する方法 1次オーディション テアトルアカデミーの1次オーディションはスマホやパソコンから応募できる書類審査です。 書類審査に合格するには、写真選びが大事。 ピンぼけしていたり、途中で切れていたりするものではなく、表情や全身がはっきりわかるものを選びましょう。 お子さんのベストショットを収めるには、お気に入りの音楽を流したり、会話を楽しんだりしながら写真撮影するのが良いです。 自然な表情を撮影できます。 写真の腕に自信がない方はプロにとってもらうのも手。 プロのカメラマンならば、被写体の魅力を引き出すのはお手の物。 親子の思い出のワンシーンとして記念に撮ってもらうのも良いかもしれません。 2次オーディション 2次オーディションは、テアトルアカデミーのスクールにて、面接やカメラテスト、実技試験が行われます。 テアトルアカデミーの試験では実力よりも将来性を重視しています。 そのため、プロ並の実力を身につけないと合格できないということはないので安心してください。 それよりも大事なのが熱意や協調性といった人間性。 例えば待合室で大きな声でおしゃべりしたり、あいさつしなかったり、失礼な態度を示したり。 こういった子供は、たとえ実力に長けていたとしても落ちてしまいます。 逆に、素直に伸び伸びと自分らしさをアピールできる子供は合格できる可能性が高まります。 2次オーディションでは、セリフや歌唱、リズム感などのテストがありますので、例えば歌に関しては、自宅で事前に練習しておいたほうが良いでしょう。 またグループ面接では「応募理由」「自分の長所・短所」「将来の夢」などお決まりの質問をされますので、迷わず回答できるよう予習することをおすすめします。 テアトルアカデミーの2次オーディションではお子さんだけでなく、同伴する保護者の態度もチェックされます。 遅刻しないのは当然のこと、説明会ではきちんと話を聞いているか、子供が泣き出さないよう周囲に配慮しているか、服装、身振り手振り、話し方まで。 すべて審査の対象だと思ってください。 テアトルアカデミーに合格するには子供だけでなく、親の態度も大事! テアトルアカデミーはオーディションの時点では子供の実力よりも将来性を重視しています。 そのため、特別な才能や実績がなくても、当たり前のことを当たり前のようにできれば合格する可能性は十分あります。 そしてそれはお子さんだけでなく、ご両親にもいえること。 キッズタレントは両親の手助け無しでは仕事ができません。 現場に同行することも多いでしょう。 そういった時、親の態度に問題があったら、子供がどんなに礼儀正しくても仕事のオファーが来なくなってしまいます。 お子さんの心配をしたくなる気持ちもわかりますが、それよりもご両親が常識的な態度で接することが大事です。

次の

キッズモデル多数輩出のテアトルアカデミーの評判やオーディション、気になる口コミは?

テアトルアカデミー セリフテスト

ユース・シニア部門• 1グループ5名程度でグループ面接と実技テストを行います。 ユース・シニア部門の実技テストは説明会でレクチャーを受けた「リズムテスト」と「セリフテスト」、「歌唱」で構成されます。 「歌唱」は任意となり、ジャンルは問いませんので、お好きなものを歌ってください。 シニア部門の実技テストは「セリフテスト」のみとなりますが、希望者は歌唱も披露できます。 ジャンルは問いません。 いずれも今現在の「上手い」、「下手」を見る試験ではありません。 おもいきって自分の持っている可能性をぶつけてみてください。 これでオーディションは終了です。 お疲れ様でした。

次の