トランペット 音 出ない。 トランペットアンブシュア「スランプ、バテる、高音が出ない」

トランペットで綺麗な高い音を出す方法と、間違えやすい方法

トランペット 音 出ない

トランペット初心者の吹き方のコツ トランペットを初めての初心者がいきなり吹いても、なかなか音はでません。 もし出たとしても、とてもトランペットの音とは思えない雑音のような音しかでません。 せっかくトランペットで自分の好きな曲を吹きたいと思ったあなたには、きちんと音を出して欲しいんです。 トランペットは簡単には、なかなかきれいな音は出ません。 でも、ひとつひとつ練習していけば必ずきれいな音が出ます。 なにをやっても不器用な私でもきれいな音を出せたんですから、あなたにもトランペットは必ず吹けるようになれますよ^^ アンブッシュ(口の形)を自分のものにしよう トランペットの音を出すために息を吹き込むのはマウスピースです。 そしてそのマウスピースと接するのが唇です。 その唇の形を アンブッシュといいます。 アンブッシュなんて専門用語を使わなくてもいいんですが、せっかくならかっこよくアンブッシュと言いましょう。 まずは全身をリラックスしてください。 そして、軽く口を閉じたら、軽く口角を上げるように口を閉じたまま 「イ」を言うような形にしましょう。 バズィングをやってみよう アンブッシュ(口の形)は絶対という形はありません。 それぞれ唇の形や歯並びが違うので、初心者のスタートから気にすることはありません。 アンブッシュ(口の形)がだいたいきまったら、その形のまま息を吹きだしてみましょう。 上唇と下唇を吹きだす息で震わせるんです。 はじめはなんの音もでないと思います。 何回か同じことを繰り返していると、唇が震えて 蜂の羽音のような音がでるようになります。 この蜂の羽音のような音がでるようになれば、第一段階は卒業です。 なかなか蜂の羽音のような音が出ないときは、リラックスして顔の力を抜いてみてください。 必ず蜂の羽音のような音がでますよ^^ この唇だけ、またはマウスピースだけを使って蜂の羽音のような音を出すことを バズィングといいます。 バズィングも専門用語ですから覚えなくてもいいんですが、覚えておいて使った方がかっこいいと思います。 バズィングで蜂の羽音のような音が出るようになったら、息をはいている間はその蜂の羽音のような音が続くようにしましょう。 このマウスピースを使わないバズィングの練習は初心者の人がトランペットを吹くためのウォーミングアップのようなものです。 この練習ばかりしているとおもしろくないですけれど、うまくできなくても数分は毎日続けるようにしましょう。 マウスピースで音階を吹いてみよう バズィングが少しなれてきたら、マウスピースを使って練習しましょう。 「え~!まだトランペットを吹いちゃダメなの!」 そう思うかもしれませんが、かっこよくトランペットを吹いて演奏しようと思うならもう少しがまんです^^ バズィングで蜂の羽音が出せるようになれば、マウスピースに息を吹き込んでも同じような蜂の羽音が出ます。 そして少しなれてきたらアンブッシュ(口の形)を少しゆるめたり緊張させたりしてみましょう。 そうすれば同じ蜂の羽音のような音でも、音に高低がでてきます。 それを繰り返し練習していれば、なんと!マウスピースだけで音階を吹けるようになれます。 しかし、そんな細かい音の高低は気にすることはありません。 マウスピースだけである程度音階が吹けるようになれば、トランペットできれいな音を出せるようになるのは目の前です。 スポンサーリンク トランペットを吹いてみよう マウスピースを使ってのバズィングになれてきたら、トランペットを吹いてみましょう。 トランペットを吹いてみて、きれいな音がでなくてもがっかりすることはありません。 いきなりきれいな音がでたら、あなたはトランペットの天才です^^ まず正しい姿勢で吹きましょう トランペットを初心者のうちに吹くときは、背筋をピシッと伸ばす。 そして体全体の力を抜いてリラックスしましょう。 顔は正面に向けて、吹くときに意識するのは力を抜くことと、アンブッシュ(口の形)です。 きれいな音が出なくても気にしない アンブッシュ(口の形)に注意しバズィングの練習のとおりに吹いたのに、トランペットからきれいな音が出ない。 それでも気にすることなんかありません。 バズィングの練習である程度音階が吹けるようなら、少し練習すればきちんと音は出るようになります。 でもきれいな音は、簡単にはでませんよ^^ きれいな音は、ある日突然出るようになります。 きれいな音が出なくても、気にせず練習あるのみです。 腹式呼吸で吹きましょう きれいでなくても音が出るようになったら、腹式呼吸で吹くようにしましょう。 音がぶれずに吹けるためには、息を吸ったときにお腹をふくらませる腹式呼吸で吹くようにしましょう。 肺呼吸ではなく腹式呼吸で吹かないと、音を安定して出すことができません。 トランペット初心者の練習方法 ここまでトランペット初心者の人がまずは音を出すまでのコツを紹介してきました。 きれいでなくてもトランペットを吹いて音がでたのなら、必ずきれいな音を吹けるようになれます。 それではつぎに、トランペット初心者のあなたのための練習方法を紹介します。 基本はともかく毎日吹く トランペットに限らずになんでもそうですが、まずは新しいことになれることが大切です。 そしてなれるには、時間を費やす必要があります。 毎日少しの時間(できれば30分以上)でもいいので、トランペットを吹きましょう。 ちなみにわたしが中学の吹奏楽部でトランペットを担当していたとき。 そのとき私がトランペットを吹かなかったのは部活が休みのお盆休み3日、正月休み3日の6日間だけでした。 夏休みや冬休みには朝8時~夜7時まで練習していました。 趣味でトランペットを吹くのにそこまでストイックに練習する必要ありません。 でもせっかくならきれいな音を出したいですよね。 そのためには毎日少しの時間(できれば30分以上)でもいいので、トランペットを吹きましょう。 ロングトーンで音を安定させよう ロングトーンというのは文字どおり、音を長く吹く練習方法です。 このロングトーンは地味な練習方法ですが、とても大切な練習方法なんです。 腹式呼吸で、できるだけ長く音をぶらさずに吹く。 はじめは音がぶれていても、腹式呼吸を意識して吹いていれば必ずぶれずに長く吹けるようななります。 せっかく音がでるようになったら自分の好きな曲を吹いてみたい! そんなあなたの気持ちはよくわかります。 でもせっかくなら、きれいな音で音程もぶれずにかっこよく吹きたくないですか。 そのためにはロングトーンの練習が一番です。 ロングトーンで練習していると知らず知らずのうちに肺活量が多くなります。 これは私自身経験したことです。 肺活量が多くなれば、音程がぶれることなく長くきれいな音を吹くことができるようになります。 ロングトーンの練習は曲を練習するようになっても、ウォーミングアップとして練習のはじめに行うようにしましょう。 自分の演奏を録音して聞いてみよう 私が小学6年生の時に吹奏楽部の演奏をレコーディングしたことがあります。 そのレコーディングしたものを聞いたときはショックでした。 なんて下手な演奏なんだろうと感じました。 自分の演奏を客観的に聞くということが、いかに難しいことか思い知らされました。 自分が演奏して自分の耳で聞いていたときには、ここまで下手な演奏をしているとは思ってもいませんでした。 あなたの演奏がどれだけ上達したかは、客観的にその演奏を聞いてみる必要があります。 その簡単な方法が、あなた自身の演奏を録音して聞いてみることです。 そうすることで自分の吹く音のどこがよくないかが、よくわかります。 自分の演奏する音を聞くのは、ちょっとつらいかもしれませんが演奏上達にはおすすめです。 スポンサーリンク まとめ トランペットをかっこよく吹いてみたい! そう思ったら、まずいきなり何も知らずにトランペットを吹くのはおすすめしません。 トランペットをいきなり吹いてきれいな音が出たら、あなたは天才です。 たぶんいきなりトランペットを吹いても音が出ないことでしょう。 それが普通ですから気にすることはありません。 まずはアンブッシュ(口の形)を自分のものにして、マウスピースだけで音階が吹けるように練習します。 完全に音程が吹けるようにならなくても、この練習をしておけばトランペットを吹いたときに音が出やすくなります。 トランペットの演奏を上達しようと思ったなら、ともかく毎日30分以上は練習することを心がけることです。 そしてできるなら練習のウォーミングアップにロングトーンを取り入れましょう。 ロングトーンの練習は基本中の基本です。 ロングトーンはあなたのトランペットの音色をすてきな音色にしてくれます。 トランペットの吹き方には色んな吹き方があります。 舌を使ったスタッカートやタンキングなど多くのテクニックがあります。 しかしそんなテクニックは基本の音がきちんと出せることが前提になります。 テクニックをさきに覚えても、トランペットの音色はよくはなりません。 まずは基本のロングトーンを少しづつでも続け、安定した音を出せるようにしましょう。 なにをやっても不器用でなれるまで時間がかかる私が、吹奏楽部で全国大会に出れたんです。 あなたがこつこつとトランペットを練習して、上達しないわけがありません^^.

次の

トランペット・・高い音が出ない!!!

トランペット 音 出ない

そう、音がかんたんに出るのはピアノぐらいなんです。 トランペットは少しばかり練習が必要です。 トランペットは音を出すのがどの程度難しいのでしょうか? 私の実体験をご紹介したいと思います。 悲惨だった、ヤマハ大人の音楽教室(体験) 最初はマウスピースから トランペット TR-500Sを購入後、初歩を知らない私が自力で練習するのは難しいと考えました。 そこで、ヤマハ大人の音楽教室に体験で参加することにしました。 なんでもトランペットで音を出すためには、 このマウスピースを吹いて、「ぶー、ぶー」音を鳴らすのが最低条件とのこと。 私の人生を思い返してみても、楽器を吹いた経験といえば、 小中学校の音楽の授業で吹いてきたもの、リコーダー。 前日、自宅で息をふーふーしてみたマウスピース。 その程度です。 トランペット初心者と名乗る事も許されないレベルです。 早速、吹いてみました。 すーーーー すーーーー 息が漏れる音だけ。 「口を窄めて行うように」と先生のアドバイスを頂きつつ 頑張ってみるものの すーーーー 一向に音が出る気配なし。 やはり、家で練習してきたとはいっても、 正しい練習をしていないから、経験値0ですよね。 グループレッスンなので、私ばかりに時間を割くわけにはいきません。 マウスピースをトランペットに装着して音出しの練習になりました。 どんなに頑張っても… トランペットの音色を聴きたい! 頑張って、強く吹いてみます。 しかし、その度に聞こえるのは、「すーーーーーー」という息の音だけ。 体験レッスン前は 「トランペットは金管楽器。 とにかく強く息を吹けば音が鳴るんだ。 」 と思ってましたが、それは完全に誤解でした。 先生が仰るには、 トランペットは上唇を振動させて、共鳴・増幅されて音を出す楽器。 上唇?振動?共鳴? トランペット難しすぎる… 周りの方は2,3回目ということもあり、なんとなく音が出ています。 でも、私は息の音だけでトランペットの音は出ない。 上唇を振動なんてよく分からない。 何も掴むことができないまま、体験レッスンは終了するのでした。 トランペット初心者になりたい!リベンジだ! さすがに落ち込みました… トランペットがこんなに難しい楽器だったなんて知らなかった。 とはいえ、なんとしてもトランペット初心者になりたい! 私はTR-500S付属のマウスピースで音出しを練習するのでした… それは3日目だった 金管楽器経験者の知人とLINEでやりとりをしつつ練習に励みます。 そして、3日目、とうとうやってきました。 顔を真っ赤にしながら(息を効率良く使えてないので、こうなってます) 何度も何度もマウスピースでふーふーしていたら 「ぶぶぶぶーーー」 突然音が出ました。 体験教室で悲惨な目にあっていたし、これでトランペット初心者になれるんだと思えたので。 よし、この勢いでドを出してみせる! とトランペットに装着。 トランペットを吹いてみました。 トランペットは、マウスピース単体よりも抵抗があって重い。 やはり、すぐには音が出ない! でも、何度か試行錯誤をすると… 「ぼわぁぁぁぁ」 出た! 私のはじめてのトランペットは、気持ち悪いどんよりした音色だった(笑) 音を出せるまでに数日かかる。 そして3ヶ月後には… 私の実体験からすると、トランペットはそこまで難しい楽器ではないと思います。 私の場合、楽器を購入してから7日。 体験教室に行ってから3日後。 人によっては1,2時間で出せる人も居るそうです。 あ、その後どうなったか気になりますよね? 3ヶ月後には、ドレミファソラシドが吹けるようになりました! 毎週土日に2,3時間。 平日夜に1時間の練習の成果。 もっと早い人は早いかな?.

次の

「急にトランペットで高音が出なくなった」そんな時の対処法をまとめます!

トランペット 音 出ない

トランペット・・高い音が出ない!!! 中学1で吹奏楽に入りました。 トランペットを吹いて、もう5~6ヶ月たつのですが、全然高い音が出ません; 一番低いソから、ふつうの高いドぐらいまでです;; 毎回しっかりと部活に参加して、基礎練からちゃんとやっています。 他の、1年生(トランペットは中学に入ってから初めて)の子は もう、高いラまででています。。 あと、来月にコンクールがあって、そこでやる曲のなかに、 高い音(ド~ソ)ばっかり出る曲があるので、吹けないのがとてもイヤです。 なぜ、ここまで音が出ないでしょうか?? 練習方法が悪いのでしょうか?? もし、早く高い音が出る方法があれば教えてください! お願いします。 はじめまして。 気持はわかりますが、あせればあせるほど高い音は出にくくなってしまいます。 早くとはいきませんが、私が日本(師事した先生)や世界の超一流奏者(公開レッスン)から得たものを書き込みます。 まずはカップの中の唇を極力フリーにすることです。 ハンスガンシュと言う超一流奏者のレッスンは、高音ではもっとフリーに、もしくはもっとオープン(閉めない)にするよう指導するようです。 息の通り道を確保するということだと思います。 高音が出にくい人に共通するのは唇を閉めすぎ、もしくは固くしすぎる事です。 イメージとして固く閉めればなんとなく高い音が出るように思ってしまうのでしょうか。 (最悪は唇だけで音を出そうとか、唇を振動させてなどの言い方です) 唇をコントロールして高音を出すことも出来ますが、一流プレーヤーはそんなことをしていません。 使っているのは舌を使った息の圧力をコントロールです。 ソリストで有名なH. ハーデンベルガーなどは舌の位置を上げるように指導していました。 他にも同じように舌を上げるよう指導している奏者(海外の)は沢山います。 ただし、舌を上げただけでは息の圧力(スピード)はあがりませんので、強く吹きこむ事は必要です。 この場合量ではないので注意してください。 少し語弊かもしれませんが、舌で作った細く狭い通り道へ息を押し込む感じです。 今までよりも2~3倍のスピードは必要でしょう。 もうひとつ重要な点は、楽器をしっかり押さえる(プレス)することです。 間違ったアマチュアは押し付けてはいけないとか、楽器を吊るして触っているようにしなさいなど、明らかなデマを信じている人が大勢います。 私の知る限りではそのように指導している著名奏者はいません。 私がよくおすすめしている本で「金管演奏の原理」に書いてありますが、このプレスを否定すると、過去の著名奏者のアーバン、クラーク、ゴードンなどを否定していることと同じです。 私も試しにものすごくハイプレスで吹いてみましたが、それほど音に変化はありません。 強く押さえすぎてもカップの中の唇さえ緩んでいれば良い音が出ます。 すこし話がそれましたが、どの程度押さえる(プレス)かが問題です。 文面での説明は適さないと思いますが、目安として最低音でも最高音でも押さえる力があまりかわらないように出来れば理想です。 上手い奏者は口元をみていても前後の動きは極小です。 練習後にはカップの跡がはっきり残るでしょう。 ただし、間違ってほしくないのは、カップの中が緩んでいないのに押さえる事です。 これでは押し付けているだけなので間違えです。 1、カップの中は出来るだけフリーに 2、舌の位置(シラブル)を使い息の圧力(量ではなくスピード)を上げる 3、息の圧力に負けないくらいの押さえ(プレス) この3点だけシンプルに考えて練習してみてください。 28歳のお姉さんです 汗 バカっぽいと思うかもしれませんが、 ベルに軽くタオルか何かを突っ込んでみてください。 そして、高い音を吹いてみてください。 不思議なことに、出るんです。 出やすくなるんです。 これは抵抗が減るためなのですが、 リップスラーの練習などにも荒ワザとして使うことがあります。 ますはこれで、感覚を掴んでみてください。 中学生くらいの方には簡単で馴染みやすい方法だと思います。 要は、力みすぎなんです。 唇にチカラを入れすぎて振動してないんですね。 今までも、こんな・・・一見ふざけた感じで中学生や高校生にラッパを教えてきましたが みなさん間違いなく上達していました。

次の