猫組長 菅原潮。 元山口組の金庫番「猫組長」が教える「堅気でもOK」投資術

猫組長(菅原潮)著『暴力が支配する一触即発の世界経済』を読んで

猫組長 菅原潮

経歴 [ ] 兵庫県出身。 父親はサラリーマン。 父親の転勤のため中学3年のときに上京する。 大学ではに入学する。 大学時代、日本は好景気に沸いていた。 大学は2年生のときに中退し、先輩が勤めていた大阪の不動産会社に勤める。 働きだして間もなく、がやってくる。 バブルがピークを迎える頃、東京の証券会社で働いていた先輩から誘われ、4人の仲間とともに投資会社を持つことになる。 バブルの波に乗って順調に稼ぐも、25歳くらいだったころの、が仕掛けた戦に参加して失敗し、投資会社は倒産してしまう。 このため個人資産5億円を失い、逆に2億円ほどの負債ができる。 このとき仕事の関係で知り合った、また債権者の1人でもあった山口組系組長を頼ったことで経済ヤクザとしての人生が始まる。 企業から直接株を買う「新株引き受け、相対取引」で市場を通さず割安で株を手に入れることや、企業から直接情報を得るを経験する。 その後石油取引を通じて国際金融の知識とスキルを得る。 構成員18人ほどの山口組系団体の組長を務める。 「組長」というアカウント名でを使い、発言をする。 2012年6月13日を最後に休止状態だったTwitterを山口組が分裂する6日前の2015年8月21日より再開する。 への離脱派であることを示唆し、山口組分裂騒動の内部情報をつぶやき続け、独自情報を次々と公開する。 精度の高さと速報性で話題となった。 2015年11月、『HARBOR BUSINESS Online』編集部からのインタビューに応じる。 (フリーライター)から直接取材を申し込まれ、同月、東京の料亭で初めて会う。 「事始め」というヤクザ社会の新年行事の日である2015年12月13日、ヤクザを引退して評論・執筆活動などを行う。 それにともないTwitterのアカウント名を「猫組長」に改める。 翌14日、滞在していたでメディア初の対面インタビューに応じる。 このときインタビューをしたのはだった。 その後猫組長はタイなどを放浪し、現地のゲストハウスで元競馬騎手のと会話していたことが2017年11月に明らかとなった。 ただし、猫組長は安田が当時元競馬騎手であることを知らず、安田も対話相手が猫組長であることを帰国後にテレビで見るまで存じていなかったと言う。 2016年2月22日、『HARBOR BUSINESS Online』に「オフショアで蠢く幽霊マネーの正体」を寄稿した。 同年9月には、工藤明男()の2人と『R-ZONE』で鼎談をした。 同年10月3日には『R-ZONE』への寄稿の中で、自分は「組織の持つ暴力性と経済を合理的に利用し、極めてプラグマティックにヤクザ人生を歩んできただけだ」と述べた。 同月、沖田臥竜の著書『生野が生んだスーパースター 文政』()を「新しい試み」だと高く評価し、『R-ZONE』へ書評も寄稿した。 同月23日にはの著書『酒鬼薔薇聖斗と関東連合』(サイゾー)の書評を『R-ZONE』に寄稿した。 人物 [ ]• 自称ネコノミスト・評論家。 専門は・論・。 得意分野は国際金融取引と投資全般。 投資家としての顔も持つ。 Twitterでは暴力団関連のツイートの他、経済ニュースやネットの炎上案件について言及することも多い。 愛猫家で、Twitterでは猫の画像も頻繁に投稿する。 を高く評価し、「カラヴァッジョが醸し出す暴力性と芸術における才能に心を奪われた」、「カラヴァッジョは狂気の天才なのだろうと思う」と述べている。 山口組分裂騒動についてメディアから解説を求められることがある。 主張 [ ] 投資 [ ] 株に限らず投資に最も重要なのは「資金」と「情報」、そして「人間」だと述べている。 株取引 [ ] 自らの経験を踏まえて、株取引の結論は次の4つだと述べている。 株は市場で買うものではなく、企業に発行させて売るものである• 市場で流通する発行済み株式は企業から直接得た情報を基にしか買わない• 企業に発行させた株は市場で価格を上げてから売り抜ける• 仕手戦には参加しない 重要な情報 [ ] 「本当の重要情報とは人間関係から得られるもの。 決してネットからではありません。 だから、投資で勝つためには人間関係を大切にすることが重要なのです。 パソコンの前で日銀のリポートを読むより、外に出て人間関係を構築するほうがよほど重要だと思います」と述べている。 TV出演 [ ]• AbemaPrime(、2017年4月4日 )• (、2017年6月11日 ) 週刊誌での連載 [ ]• 週刊『』で2016年4月26日号より「猫組長との『ネコノミクス宣言』」を連載している。 週刊『』で2016年7月28日号より渡邉哲也と共に「短期集中タブー対談」を連載している。 著書 [ ] 単著 [ ]• 『アンダー・プロトコル : 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学』、2018年2月。 『暴力が支配する一触即発の世界経済』、2019年4月。 『金融ダークサイド : 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界』、2019年7月。 共著 [ ]• 渡邉哲也『山口組分裂と国際金融 : インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係』徳間書店、2016年12月。 沖田臥竜、柴田大輔『「惡問」のすゝめ : 「猫組」有名講師陣による禁断のドリル ヤクザ・暴走族の知られざる実態』徳間書店、2017年7月。 渡邉哲也『ヤクザとオイルマネー : 石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす』徳間書店、2017年9月。 『猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言』、2018年6月。 西原理恵子『猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言 完全版』扶桑社、2019年3月。 書籍への寄稿 [ ]• 「そこからですか!? 山口組」『密着! ビジュアル決定版 山口組 分裂抗争の全軌跡』、2015年。 「弘道会と山健組の衝突を招いたカネと暴力のバランスシート」『山口組分裂「六神抗争」365日の全内幕 - 最新ビジュアルDX版! 』宝島社、2016年。 脚注 [ ]• 「著者紹介」『「惡問」のすゝめ : 「猫組」有名講師陣による禁断のドリル ヤクザ・暴走族の知られざる実態』徳間書店、2017年。 「」『NEWS ポストセブン』2015年12月21日、 2016年8月13日閲覧。 「」『NEWS ポストセブン』2015年12月22日、 2016年8月13日閲覧。 「」『NEWS ポストセブン』2015年12月24日、 2016年8月13日閲覧。 「」『NEWS ポストセブン』2015年12月25日、 2016年8月13日閲覧。 競馬最強の法則 2017年12月号「続報! 消息不明JRA元GIジョッキー 安田康彦 - アジア放浪の果てに」• 「」『HARBOR BUSINESS Online』2016年2月22日、 2016年8月13日閲覧。 R-ZONE 2016年9月15日. 2017年4月1日閲覧。 R-ZONE 2016年9月16日. 2017年4月1日閲覧。 R-ZONE 2016年10月3日. 2017年3月31日閲覧。 R-ZONE 2016年10月8日. 2017年3月31日閲覧。 R-ZONE 2016年10月12日. 2017年3月31日閲覧。 R-ZONE 2016年10月23日. 2017年3月31日閲覧。 NEKOKUMICHO. 2016年8月31日閲覧。 「」『日刊SPA! 』2016年8月9日、 2017年4月2日閲覧。 「」『日刊SPA! 』2016年10月30日、 2017年4月1日閲覧。 「」『NEWSポストセブン』2017年8月3日、 2017年9月23日閲覧。 猫の楽園 散歩と昼寝とたまにメシ 2016年3月20日. 2016年8月16日閲覧。 猫の楽園 散歩と昼寝とたまにメシ 2016年3月21日. 2016年8月16日閲覧。 「」『日刊SPA! 』2016年6月2日、 2016年8月13日閲覧。 「」『現代ビジネス』2017年8月4日、 2017年8月20日閲覧。 「」『Abema TIMES』2017年4月4日、 2017年4月6日閲覧。 「」『Abema TIMES』2017年4月4日、 2017年4月6日閲覧。 「」『Abema TIMES』2017年5月2日、 2017年8月20日閲覧。 「」『トピックニュース』2017年6月11日、 2017年8月20日閲覧。 「」『リアルライブ』2017年6月12日、 2017年9月9日閲覧。 「」『日刊SPA! 』2016年4月27日、 2016年8月13日閲覧。 猫組長 2016年8月30日. NEKOKUMICHO. 2016年8月31日閲覧。 関連人物 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト• nekokumicho -• - 公式ブログ•

次の

元山口組の金庫番「猫組長」が教える「堅気でもOK」投資術

猫組長 菅原潮

数年前まで、経済ヤクザとして山口組の資金繰りを担った男。 彼はその世界で最先端を行くエリートだった。 世界を股にかけ、巨額の資金を稼ぎ出した。 現在は足を洗い、作家であり、投資の道を極める「極道投資家」である。 投資を始めるにあたって、まず最初に肝に銘じておくべき、もっとも初歩的な心得があると菅原氏は語る。 「投資と博打は似て非なるもの。 ギャンブル好きは手を出してはいけない。 確実に負けます」 博打が好きな人は、常に目先のカネを追いかけてしまうもの。 勝てば、次はもっと儲かると考え、負ければ次こそ取り返してやると熱くなる。 投資にもっとも向かないタイプなのだという。 では、どんなタイプが投資向きなのか。 「私もそうですが、テレビゲームやネットゲームが得意な人は、投資もうまくやる人が多いですね。 血眼になって現金を勝ち取ろうと思ったら、誰だっておかしくなります。 ゲーム感覚で、淡々と目の前の難敵を倒していく。 そこに快感を覚えるのが、いまどきの正しき投資家マインド。 ゲーム感覚でいいんです」 株、為替、先物、仮想通貨……。 初心者は何から始めるべきか。 「やはり株式投資が基本にして王道ですよね。 それ以外のものは、初心者には投機的要素が強すぎ、リスクも大きい。 株、なかでも外国株がもっともおすすめです」 日本株はダメなのか? 「初心者にとっては、たしかに国内の株式市場のほうが安心感があるのでしょう。 日本語も通じますし。 しかし、冷静に将来を見通せば、国内市場が頭打ちなのは誰でもわかるはずです。 要は、もうあまり伸びしろがないということ。 最大の要因は少子高齢化です。 人口がその国の経済成長に与えるインパクトは圧倒的なものがあります。 つまり、今後も人口が伸びていく新興国にこそ、チャンスが転がっているということです」 新興国の株を狙え、と菅原氏は言うが、日本にいても買えるものなのか。 どのように始めればいいのだろう。 「そうした、なんでも日本中心に考えてしまう思考がダメなんですよ。 あと、マニュアルを欲する精神。 これも日本人のダメなところ。 もちろん日本でも海外の株を買うことはできますが、私はすすめない。 日本の金融はガラパゴス。 世界的に見ても異質な世界です。 さまざまな規制があり、自由度が低い。 たとえば米国の場合、ストップ高もストップ安もなければ、基本的にどの株も1株から買えます。 日本に留まっていては明らかに損。 海外に出れば、もっと有利に売買できるのです」 その第一歩として菅原氏が強くすすめるのが「海外旅行のついでに、現地の銀行や証券会社に立ち寄り、とにかく口座を作ってしまう」というもの。 そのココロは? 「外国株、ETFを買える日本の証券会社もありますが、手数料も高いし、円建てが基本。 しかし、海外に口座を持てば、ドルで預金しておけばドルで、ユーロならユーロで株が買えるわけです。 つまり売買時の為替リスク対策になる。 無事、口座を開設できたら、あとは海外の金融機関も日本も同じ。 売買したい株があればクリックするだけ。 誰でも簡単にできますよ」 具体的にどこの国が狙い目なのか。 「第一にマレーシアを挙げます。 人口は3200万人程度ですが、右肩上がりで伸びている。 GDPも同様です。 さらに特筆すべきは、いまや世界の人口の4分の1を占めるイスラム圏だということ。 今後の経済成長を見越して、いまマレーシアには世界中からイスラムマネーが流れ込み、株式市場も最高値を更新したりと、とにかく熱い。 私自身の投資ビジネスにおいても、この数年の主戦場となるのは確実にここ。 イスラムのルールを学び、ぜひ、飛び込んでみてほしい」 マレーシア、インドネシアのイスラム圏と、若い労働力が豊富でポテンシャルの高いフィリピン。 この3カ国が菅原氏が推す新興国市場のベスト3だ。 すがわらうしお 神戸生まれ。 元山口組二次団体組長。 若くして暴力団員に身を投じ、インサイダー取引、原油取引で莫大なカネを動かす。 著書に『アンダー・プロトコル』(徳間書店)など。 『猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言』(扶桑社)では、魑魅魍魎うごめく国際金融の闇と金融投資の実体験を描いて評判を呼んだ。 (週刊FLASH 2018年8月14日号).

次の

山口組系元組長が明かす、経済ヤクザがビジネスで勝てる理由

猫組長 菅原潮

出典: 「FLASH」の取材で菅原潮さんと同一人物であることが判明した猫組長ですが、世襲名は渡辺潮と言い、六代目山口組系渡辺組の組長をしていたようですね。 「組事務所が神戸と六本木、ロンドンにもあった。 組員は50人ほどで、裏でマネーロンダリングをやったり、組の資金が銀行を通してあるテロ組織に流れているのではないかと疑われたりして、渡辺組長は海外に逃亡していたこともあった。 そのときは国際手配もされている。 資金力はかなりあって一時は数百億円を動かしていたはずだ」 引用: 経済ヤクザとして活躍していた猫組長は、英国を拠点に中東諸国で石油関連事業を展開していた2006年に、アルカイダなどの国際テロ組織のマネーロンダに関わった疑惑で資産凍結の憂き目にもあっています。 また、2008年になると、ロンドン高等法院にてマイケル・ジャクソンさんを契約不履行で訴えるなど、国際的な有名人との間にトラブルなども存在していたとか。 その他にも、1997年に起こった「宅見勝若頭暗殺事件」の実行犯たちに逃亡資金を援助していたとの噂もあるなど、危ない橋を渡ることの多い人物でした。 猫組長、ヤクザを引退した理由とは? 出典: 大借金を背負った後の猫組長に関しては、バブル崩壊の影響で生じた不良債権隠しに奔走する銀行の小間使いとなり、借金返済に励むことになりました。 この頃の猫社長が携わっていた業務は、銀行が担保として抱える株式を評価額以上で買う顧客を探して来るという非合法スレスレの仕事でした。 1億円の評価額の株を3億円で買う客がどこにいるのか、と思う人が大半だろう。 それは、同じく不良債権を抱えた企業や人間だ。 引用: とはいえ、猫社長本人が「闇のマッチングサービス」と呼ぶ仕事で得られる手数料は、借金を返済し終えるには程遠い額でしかなく、最終的には負債処理をする羽目になってしまったとか。 その後の猫社長は、借金の 債権者の1人が山口組系組長だった縁でヤクザへと転身することになったようですね。 猫組長の出身大学は? 出典: 猫組長に関しては、ヤクザ時代は家賃200万円のマンションに住み、月々の飲み代だけでも3000万円以上も散財する富豪ぶりを誇っていました。 そんな猫組長の資金力は今も健在だそうで、ヤクザを辞めた後も資産は100億円以上あるそうです。 そのため、現在も悠々自適に暮らしているという猫組長ですが、資産の大半が海外の銀行にあるうえ、過去にアルカイダ絡みのマネーロンダ疑惑が浮上した身の上なことも影響し、1万ドルを引き出すにもチェックが入るなど煩わしい状況でもあるとか。 だが、海外の銀行に預けてあるそのカネは、引き出すことが難しいという。 「1万ドルを移動させようとしてもすぐにチェックが入る」というのだ。 「米国はテロ資金の流れを追うため、マネーロンダリングに対してピリピリしているんです。 だから、中東のドル建て債券や証券などを常に監視しているわけです。 当然僕らも監視されています。 引用: 猫組長は小指がない…実は刺青も背負っていた 元経済ヤクザだった猫組長だけに、「指詰め」には無縁なイメージがあります。 猫組長の著作物一覧 ・「アンダー・プロトコル : 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学」 ・「暴力が支配する一触即発の世界経済」 ・「金融ダークサイド : 元経済ヤクザが明かす『マネーと暴力』の新世界」 共著 ・「山口組分裂と国際金融 : インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係」 ・「『惡問』のすゝめ : 『猫組』有名講師陣による禁断のドリル ヤクザ・暴走族の知られざる実態」 ・「ヤクザとオイルマネー : 石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす」 ・「猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言」 ・「猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言 完全版」 猫組長についてまとめてみると….

次の