青い 彼岸花 伊 黒。 #鬼滅の刃 #竈門兄妹 青い彼岸花を宿す子

【鬼滅の刃】無惨の目的「青い彼岸花」とは一体なに?

青い 彼岸花 伊 黒

鬼滅よりも雑に終わった少年漫画なんて沢山ありますからね… 全然綺麗に終わった方ですよ。 医者や彼岸花に関してはそこまで掘り下げなくてもいいかなって思います 鬼滅がジャンプ本誌で評価されていた点は ワードセンスとキャラクターとテンポの早さですね 鬼滅の最初の方はテンポが悪いのですが善逸達が出て来た辺りからはポンポンと話が進んでいき テンポの良さが評価されてました。 特にその頃のジャンプはテンポの悪い作品が多かったというのもありましたからね。 1から100まで漫画に書かないといけない! みたいな作品が多かった中で 鬼滅はざっくりと話を進めて言ったのが評価されたポイントですし 設定やストーリーはシンプルなので それが逆によかったんだと思います。 NARUTOの作者が原作を担当した「サムライ8」という漫画が少し前まであったのですが こっちは設定を盛り込み過ぎてしまい 話のテンポは良いものの説明不足のような状態で話が進んでいってましたからね。 その結果、作品の評価は悪く打ち切りとなりました。 最近は特にシンプルなストーリーが好まれる傾向にありますので 鬼滅は時代と合っていたというのも大きいのでしょうが 作品としてはとても良い漫画だと思います。 逆に医者とか彼岸花は読者それぞれの想像で埋めるのもそれはそれで楽しいですし せっかく楽しい漫画を読んでるのにあれこれ考えすぎると 「過大評価かな?」とか作品を悪く見てしまいます 美味しい料理食べる時に 「出汁はこれでソースはあれこれを~」 とか考えながら食べても美味しくないですよね。 ですのであんまり深く考えすぎないで娯楽を楽しんだ方がいいと思いますよ それに所詮は「少年漫画」ですからね。 あんまり理屈っぽいと少年漫画ではなくなりますし あくまで私見であります。 大好きな大好きな漫画ですけど、やはりどうしても不満というかロスの気持ちが強すぎます。 最後、バタバタっと終わらせてしまった感は払拭できないですよね。 これだけの壮大なストーリー、描きもらしたことたくさんあるはずで、ワニ先生、素晴らしい話をコミックでこぼれ話的な感じで、文字でサラサラっと書いちゃってるのが実にもったいなかった。 まず、これまでほとんどの鬼についての人生や背景が丁寧に描かれてあったにもかかわらず、無惨の人間時代の話やエピソードについてはあまり深く掘り下げられていなかったのが残念です。 188話の座敷牢の扉絵だけ見たとき、無惨の人間時代きたきたと思いましたがなんと伊黒さんだった! まあ、無惨というのは臆病者の上に実に空虚で考えなしの空っぽな男であり、語ることなど何もない奴だったということなのかな。 珠世さんや愈史郎についてももっと知りたかった。 ワニ先生に外伝、スピンオフ描いていただきたいですね。 やはり、柱や人々を死なせすぎでした。 煉獄さんは早すぎたし、最終決戦だからというのは分かりますが、モブ要員や時透くんや玄弥の死に方は残酷すぎた。 メンタルやられまくり、夢にまで見てしまった。 甘露寺さんみたいなキャラクターも死んで欲しくなかった。 かなり引きずり中です。 柱たちをもっともっと知りたかったし深く掘り下げて欲しかった。 宇髄さんもあっという間に引退しちゃって。 死んだ人たちが幸せになったことを表現したかったんでしょうが、現代版はあまりしっくりきませんでした。 その後を見たかった。 鬼殺隊というかなり特殊なまとまりの中に生きていたので仕方ないのかもしれませんが、職場結婚が多すぎだなあとは思いました。 確かにお似合いではありますが。 青い彼岸花については、太陽を克服できた禰豆子を喰えばいいと思い直した無惨はもういらないと言ってましたよね。 だからもうそれほど重要なアイテムじゃなくなっていたのかも。 医者も含めてやっぱり平安時代の無惨の様子見たかったですね。 長々と失礼しました。

次の

#鬼滅の刃 #竈門兄妹 青い彼岸花を宿す子

青い 彼岸花 伊 黒

app. goo. ・無惨は20歳まで生きる事ができない病にかかっていた。 ・青い彼岸花を医者から投与されていた。 ・医者を殺すと同時に鬼に目覚める。 ・鬼となった事によって日光の元を歩けない身体になってしまった。 ・日光を克服するには青い彼岸花が必要だと勝手に解釈する。 ・1000年かけても見つける事が出来ずに禰豆子に出会う 簡単に書くと以上のような感じになります。 しかし1000以上たっても見つける事ができませんでした。 そこで色々な青い彼岸花説が浮かびあがりました。 app. goo. 医師は青い彼岸花を治療薬として使っていたので場所を知る人は無惨が殺した医師のみという事になります。 しかしこの時代の医師は今の医師とは少し違っていました。 医師が不足していたために医者と薬師とが分かれており、医師の免許がなくても医者の子供であれば医者になれる時代だつたのです。 そしてこの時代の医師は渡来人だという記述も残っています。 つまり青い彼岸花が実際に生息している中国から取り寄せていたという可能性もありますし、独自の調合方法を他者に知られたくないという意味で、日本に存在しない青い彼岸花という医師の隠語だったという可能性もあります。 無惨は治療薬として使われていたので、それが日光克服だと思っていましたが、そもそも鬼になった経緯が青い彼岸花であるという説も、無惨編に記載してありますので、よろしければ読んでいただけたら、その考察が分かってもらえると思いますので読んでみて下さい。 app. goo. 藤の花が咲き乱れている土地です。 鬼の弱点は日光だけなのですが、藤の花は日光を吸収する花で好日性植物です。 藤棚ができるのは日当たりのよい場所です。 鬼滅には日光を吸収する物質が存在しています。 藤の花もまた日光を吸収する性質をもつ花だと仮定するならば、藤の花そのものが鬼の弱点というわけではなく、日光の呼吸を吸収するという性質を持つ花であるだけで、鬼の弱点はやはり日光のみだと言えます。 しかしこの藤襲山は鬼が立ち入る事ができない領域なので青い彼岸花が生息していてもいいのかもしれないですが、彼岸花自体が日本の古来種ではないので可能性が薄いのではないでしょうか。 app. goo. 藤襲山もそですが、日輪刀を作る材料としての石がとれる場所が陽光山です。 「陽光山は一年中陽が刺し込む山だ 曇らないし雨も降らない」と説明されています。 本当に常に日光が射すのだとすれば鬼が立ち入る事はできません。 無惨は人間社会に溶け込んで生活していました。 唯我独尊主義の無惨が人間社会に溶け込むのは苦痛でしかなかったでしょう。 しかし人間社会に溶け込む事で人間に青い彼岸花を探してもらっていた可能性もあります。 そして禰豆子の存在を知った時に家人を殺してしまった事からも、人間社会に溶け込んで生活していた理由には該当するでしょう。 app. goo. 人であった禰豆子が暮らしていた地方は彼岸花の有数の生息地である事が判明しています。 今では全国各地に生息している彼岸花ですが、かなりの有毒性があります。 しかし昔は飢饉のときは食糧として食べられる事もありましたし、医療用として用いられる事もありました。 竈門家が食用として食べていた可能性も考えてみたのですが、禰豆子の日光克服はヒノカミ神楽の伝承があり、炭治郎も日の呼吸を使える事ができるので、日光克服は青い彼岸花の摂取ではなく、 竈門家 に流れる血筋からではないのかという考察ができます。 世間の声 まとめ【鬼滅の刃】青い彼岸花について考察【最新情報】 今回は青い彼岸花について考察してみました。 未だに謎が多い部分なんですよね。 200話完結なのか?と叫ばれる現状で青い彼岸花の伏線は回収されるのでしょうか?彼岸花の伏線回収なしで、まさかの第二部突入とかありえるんでしょうか?来週ですべて分かる事なんですが、かなりヤキモキする展開ですよね。 無惨は死ぬと思います。 しかし無惨編でもお伝えしたように、無惨が実験体だったなんて可能性が正しかったらさらに物語は続く事になるのでしょうが、メインキャラがほとんど戦闘不能状態での続行は難しいと思うのですが、ワニ先生はどんな展開をしてくるのでしょうか?期待したいけど、惨殺も多いのでみたいような見たくないような・・・複雑な心境です。 今回も最後まで御愛読ありがとうございました!.

次の

【鬼滅の刃】青い彼岸花の意味や正体は?伊黒・ねずこ・鬼とのハーフ説など考察まとめ

青い 彼岸花 伊 黒

週刊少年ジャンプで大人気連載中の鬼滅の刃、家族を鬼に襲われた少年の鬼との戦いを描いた作品です。 話題の鬼滅の刃ですが、竈門家がなぜ鬼に襲われたのか?など炭治郎が鬼狩りとなるに至った最初の部分から謎が残されています。 最初の日の呼吸の剣士、緑壱、竈門家、始まりの鬼、鬼舞辻無惨など、数百年続く鬼と人間の戦いに携わってきた人々が回想シーンで度々出てきては、伏線を増やしたり回収したりしていきます。 一話使って回想を描くことが少なくストーリーの本筋が少しずつ出してくるのでこの辺りも鬼滅の刃の魅力ではないかと思います。 竈門家は代々炭焼き小屋を営んでおり、炭治郎によればそのことは家系図にも載っているそうです。 そして竈門家はどう見ても山岳地帯の田舎で、炭治郎が歩いて行ける距離に村があるのに、なぜ狙われたのか疑問でした。 しかも、この時禰豆子は鬼に変えられていますが、鱗滝さんによれば、「人間を鬼に変えられるのは鬼舞辻無惨だけ」と言われています。 竈門家を襲撃するだけだったら下っ端の鬼だけでも十分だったはずですが、なぜ?鬼舞辻無惨がわざわざ出向く必要があったのでしょうか? 無惨は、産屋敷邸の襲撃など重要な場面では自ら動いています。 初めは、漫画だから主人公宅が狙われるのも仕方ないが違和感があるなとは思っていましたが、徐々にしっかり拾われていきそうな気がしてくるのは次の炭治郎の夢の世界があったからです。 竈門家と緑壱の関係 鬼滅の刃 12巻より引用 作中ではたまに緑壱という始まりの呼吸の剣士が現れ、ストーリーの謎を徐々に解き明かしていってます。 画像は炭治郎の夢の中で出てきた「炭吉」と「緑壱」の会話です。 炭治郎そっくりな青年は緑壱から「炭吉」と呼ばれ「緑壱」は炭治郎と同じ耳飾りをしています。 確かにこの時は「炭焼き」として生計を立てていると「炭吉」から語られており、この後、日の呼吸が竈門家へ継承されるに至ったのかもしれません。 そう考えると、無惨の竈門家襲撃は意図的なものだったのかもしれません。 炭治郎や母親の目は赤い 鬼滅の刃 85話より引用 次に紹介する伏線は、85話で炭治郎の母である 葵枝(きえ)が歌った子守唄です。 この時、炭治郎は上弦の鬼である堕姫と戦っています。 覚醒した炭治郎ですがその力も及ばず怒りに震えた禰豆子は更に鬼化してしまいます。 理性を失くしてしまった禰豆子に、音柱の天元が、「子守歌でも歌ってやれ」と炭治郎に進言したことでこの回想シーンが入ります。 このシーンによれば禰豆子は炭治郎の目が赤いと言っています。 しかしアニメ版を見てみると竈門家は全員が赤い目をしているようにも見えます。 「小さい時に母さまが赤い木の実を食べたゆえ、そーれでお目々が赤うござる」 このシーンはなにかの伏線になっているかもしれません。 炭治郎の日輪刀について 炭治郎の刀は色変わりの際 黒く染まりました刀が黒く染まる剣士は出世しないと言われているようでその中で柱に なった者はいないそうです黒ということから適正な呼吸がわかりにくく一つの呼吸を極めることが困難なことから才能がないと判断されやすいのでしょう 現に炭治郎は最初に水の呼吸を習得するものの、それを極めることはできませんでした ヒノカミ神楽も極めているかと言われるとまだ微妙なところです。 黒刀といえば緑壱の刀も 漆黒でこれが丹次郎と何か関係のある部分なのか ここも現在まだ不明です黒い刀を赤くすることで火の呼吸を極めることができる 炭治郎もそのうち…。 炭治郎と緑壱、黒刀には一体どんな意味が、ここも謎です。 オッドアイの伊黒の目 鬼殺隊、蛇柱である伊黒は目がオッドアイで、片方の目は鬼によく似ています。 一枚目のオッドアイが伊黒で二枚目が鬼です。 伊黒と青い彼岸花 すでに何か特別な設定が世界観の設定と同時に決められていたのかもしれません。 青い彼岸花の謎 青い彼岸花は無惨を鬼に変えた(治療した)医師が残した書物に書かれていた太陽を克服する為に必要な植物です。 薬の名前や物や人ではないかという可能性もありますが、太陽を克服した禰豆子ではないかともいわれています。 しかし作中では度々、彼岸花が描かれているシーンがありこれもなにかの伏線では?とおもえてなりません。 これまで彼岸花が登場したシーンは以下の3シーンです。 第39話「走馬燈の中」の回で炭治郎の走馬灯• 第146話「誇り」の回で善逸の三途の河原でのじいちゃんとの会話• 第163話「心あふれる」 鬼滅の刃 39話より引用 作中では十二鬼月下弦の伍・累との戦いで炭治郎が死にかけた時にみた走馬灯の中に彼岸花が写っています。 これは炭治郎の記憶の中なのですでに炭治郎は青い彼岸花を見ているのではないかと推測できます。 鬼滅の刃 146話より引用 生死の境を彷徨う善逸は、夢の中で三途の川のような川を挟んで大好きな師匠と再会しました。 善逸は川を渡って師匠の元に駆け寄ろうとしましたが、足元にある植物が足に絡みつきそれができませんでした。 この足に絡みついた花はどうみても彼岸花です。

次の