コンフィデンス マン jp ロマンス 編。 映画「コンフィデンスマンJP」ネタバレ感想 竹内結子が美しすぎてヤバい

コンフィデンスマンJPの映画ロマンス編【2019】出演者とあらすじ|ドラマライフ

コンフィデンス マン jp ロマンス 編

第9話のゲストで、IT会社の若社長である桂公彦も映画版に登場。 弱いスポーツチームを買収しては暴言などでチームを崩壊させていた桂に対し、ダー子たちは偽のバスケチームを作り、桂に買収させる事に。 いつものようにチームを壊そうとしていた桂でしたが、チームの一生懸命さや、本当はスポーツが好きな事をダー子に言い当てられます。 その結果、桂は改心しダー子たちが去った後もチームのオーナーを務め、初勝利の際にはテレビで感謝の言葉すらも述べるのでした。 そんな桂が映画ではどのように関わっていくのでしょうか? 桂を演じるのは小池徹平。 小池は2018年に放送されたドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』で若年性アルツハイマーを患った青年役を演じ、話題となりました。 また、本作で共演する三浦春馬とともに舞台『キンキーブーツ』に出演しています。 最終話に登場した鉢巻秀男も映画版に登場します。 そして結婚詐欺にあった男性としてボクちゃんに近づき、3人の素性を暴いて15億を奪った挙句、銃殺してしまいます。 しかし、銀行からは口座の金が全て引き出されたという連絡が。 銃も血糊が出る銃にすり替えられていました。 つまりダー子たちは、鉢巻が祖父の恨みを晴らそうと近づいてくることを予測しており、全て計画通りだったのです。 最終回にして最大に騙された鉢巻。 そんな鉢巻が映画ではどのように登場するか注目です。 鉢巻を演じるのは佐藤隆太。 佐藤は本作や連続テレビ小説『スカーレット』など、2019年はすでに9本の映画とドラマへの出演が決定しています。 ドラマ最終話 コンフィデンスマン編 は、ダー子・ボクちゃん・リチャードが窮地に追い込まれてしまうが、全ては3人が用意していたシナリオ通りだった!という内容でした。 ストーリーの最後の3人のやりとりで、ボクちゃんが「詐欺をもうやめる!」と告げた後に、ダー子が「それ399回目!」と叫びます。 そこで、視聴者が「?」と気がつき始める仕掛けです。 視聴者はドラマの結末にどんでん返しを期待してはいたものの、まさか最終回が第1話の「ゴッドファーザー編」より前の出来事であるとは予想していませんでした。 映画版の脚本も、ドラマに引き続き古沢良太が担当するということで、引き続き視聴者を驚かせてくれるオチを用意してくれているはず。 ドラマとどのように絡められてくるのかにも注目です。 ネタバレを見る 本作は2019年5月18日に放送されたスピンオフドラマ「運勢編」の前日譚。 そのため、モナコがなぜ仲間に加わったのかという理由が明かされています。 まず、モナコはジェシーのスパイとしてダー子たちに近づき、ダー子に弟子入りを申し込みます。 その後はジェシーにダー子たちの動向を伝え、ダー子たち全員を赤星の元におびき寄せることに成功。 しかし、最終的にモナコはジェシーの元を離れ、本当にダー子たちの弟子になることを選択します。 また、エンドロールが終わった後「運勢編」のラストで発表された、新たなオサカナであるホー・ナムシェン 生瀬勝久 が登場。 つまりこのシーンは映画の後日譚! ダー子、モナコ、鈴木さん、矢島理花 佐津川愛美)の4人がアイドルユニットを結成し、音楽プロデューサーであるホーにステージを披露。 しかし、「センター ダー子 がおばさんすぎる」と一蹴されていました。 その他にも、ブルース・リーの黄色いスーツがモナコ扮するギャルの家で干されていたりと小ネタが散りばめられていたので、改めてチェックすると面白そうですね。 また、子猫の鈴木さんを騙したジェシーに対し、ダー子が復讐を仕掛けたのは事実です。 そのためダー子は、ジェシーへの恋心が再燃し彼に協力するように見せかけて、実は彼の信頼を得るための行動であったのです。 また、ボクちゃんの「好きなんだ、お前が」発言も計画上の演出でした。 ボクちゃんは計画が全て終わった後もダー子にこのシーンをからかわれ、いつものダー子とボクちゃんの様子が描かれていました。 予告編に見事に翻弄された人も多かったのではないでしょうか? ネタバレを見る まず、「家族編」 第7話 からはキンタ 岡田義徳 ・ギンコ 桜井ユキ 、矢島理花 佐津川愛美 、鈴木さん 前田敦子 が登場。 キンタ・ギンコはボクちゃんが出演したヒーローショーの場に現れ、赤星がダー子たちの命を狙っていることを告げます。 また、理花は沖縄でバカンス中のリチャードと一緒におり、エンドロール後にはアイドルユニットとしてダンスを披露していました。 鈴木さんは物語冒頭に涙を流している様子が描かれ、香港では金髪の女性に。 さらにエンドロール後には理花とともにアイドルユニットに扮していました。 次に、「リゾート王編」 第2話 からは直接姿は現さないものの、桜田しず子 吉瀬美智子 が登場。 正しくは、リチャードが訪れた沖縄のリゾート地「桜田リゾート」や、香港のダー子たちの拠点「ゲストハウスみちくさ」は全て桜田が運営していました。 また、「スポーツ編」 第9話 からは桂公彦 小池徹平 とチーターズが登場。 また、赤星がチーターズの公式サポーターとして登場しました。 さらに、「コンフィデンスマン編」 最終話 からは鉢巻秀男 佐藤隆太 が登場し、ラン・リウの手によって、母親と運営していた自転車屋が経営危機に陥ったことを訴えている様子が描かれました。 物語終盤では「美術商編」 第3話 から城ケ崎善三 石黒賢 が登場し、赤星がゲットしたパープルダイヤが偽物であることを見抜きました。 さらに、ドラマには出演していないものの小栗旬が映画に登場。 小栗は偽のパープルダイヤを作る贋作職人を演じました。 登場シーンは一瞬ですが、強烈なインパクトを残しています。

次の

映画「コンフィデンスマンJPロマンス編 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

コンフィデンス マン jp ロマンス 編

この記事の目次• ネタバレは予告に含まれている内容にとどめています。 映画から、5人目のコンフィデンスマン、モナコ(役:織田梨沙)が加わっています。 他にも、新しい主要登場人物して、ラン・リウ(役:竹内結子)、ジェシー(役:三浦春馬)が加わっています。 実は上記3名以外はドラマと変わっておらず、ドラマに登場した多くの人物がそのまま映画に出ています。 下記はあらすじと予告編で発表されているネタバレです。 華麗に大胆に人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)、ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐。 次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝で、その冷酷さから<氷姫>という異名を持つラン・リウ。 彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。 ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず苦戦する。 そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じくランを狙っていることがわかる。 そして、以前ダー子たちに騙され恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。 すでに公表されているあらすじは下記になります。 今回のお魚ことターゲットは、北村一輝さん演じる阿久津晃。 しかし、ダー子の運勢が低下してしまい、過去ない失敗を繰り返してしまうようです・・・。 コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、宇宙に行きたいと切実に願うアプリ開発会社の社長・松崎(船越英一郎)を巧みにだまし、大金をせしめる。 だがボクちゃんは、「今回はまれにみるひどい作戦だった」とダー子を責め、詐欺師を辞めると言い出す。 いつもたまたまついているだけ、とボクちゃんから言われたダー子は、幸運の女神に守られている、と返すが……。 そんなダー子が、新たなターゲットとして狙いを定めたのは投資家の阿久津晃(北村一輝)。 阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、賭けポーカーの元締としても暗躍し、債務者をギャンブル漬けにするなど、卑劣な手口で稼ぐ危ない男だった。 ボクちゃんとリチャードは、相手が悪いと反対した。 しかしダー子が耳を貸すはずもなく、なかば強引にボクちゃんたちを巻き込むと、証券マンを装い、犯罪がらみの現金を洗浄するといって阿久津に接触する。 だが、ダー子たちの正体を見抜いていた阿久津に、用意した見せ金の5000万円をあっさり奪い取られてしまう。 リチャードの占いによれば、ダー子の運はこれから下がり続けるという。 ダー子は、占いなんて迷信だと証明する、といっていくつかのターゲットを狙ったものの、信じられないような不運が続き、連戦連敗してしまう。 それでも阿久津へのリベンジを諦めないダー子に呆れたボクちゃんとリチャードは、彼女の元を去ることに……。 ほどなくボクちゃんは、渡辺若葉(中山美穂)が社長を務める遺品整理会社『おもかげ』で働き始める。 一方、海辺の町でサーフィンを楽しんでいたリチャードは、夫を亡くし、ひとりで中華料理店を切り盛りする韮山波子(広末涼子)に心をひかれていた。 ダー子は、弟子のモナコ(織田梨沙)をボクちゃんとリチャードのもとへ送り、阿久津へのリベンジに協力を求めた。 しかし、ふたりから拒否されてしまったダー子は、五十嵐(小手伸也)とともに再び阿久津に挑むが……。 コンフィデンスマンJPロマンス編と運勢編のつながり・時系列 コンフィデンスマンJPは、ドラマ放送で各ストーリーがつながっていますが、実は時系列は全部バラバラです。 最終回(10話)が最後の話になる、という常識を大きく覆すドラマになっています。 映画では5人目のコンフィデンスマン・モナコが加わっており、彼女が登場しないドラマは必然的に、映画前のストーリーになります。 ただ、ドラマSP【運勢編】が時系列でどこにつながってくるは非常に興味深いです。 個人的には、ドラマ1〜10話とロマンス編の間に入るストーリーだと予想しています。 もっと厳密にいうと、ロマンス編で香港に飛び立つ前、に起きた出来事でないかと予想しています。 映画の公開翌日にそのネタバレになるようなドラマは通常、やらないでしょう。 また、映画では【1ヶ月】と時系列が飛んだシーンがありました。 モナコが仲間に入り、香港に入るまでの間のシーンです。 ダー子こと長澤まさみが「モナコも実践を多くこなした」旨のセリフを話しており、その実践の中に運勢編の信用詐欺があると予想しています。 【追記】 5月18日の放送開始直前、五十嵐が「映画の後」をしっかりと話していましたね。 つまり、ドラマ1話〜10話、ロマンス編、運勢編、という順番です。 そして、ロマンス編のエンドロールで登場した生瀬勝久さんが次のターゲットというのが、運勢編で明らかになりましたね。 順番を整理すると、ドラマ1話〜10話、ロマンス編(本編)、運勢編、ロマンス編(エンドロール後)、となります。 運勢編の作中に登場した小ネタもまとめています。 サンシャイン長澤、涼宮日ハルヒ、ララランドなど、驚くようなネタが満載です!.

次の

映画「コンフィデンスマンJP」ネタバレ感想 竹内結子が美しすぎてヤバい

コンフィデンス マン jp ロマンス 編

2019年公開映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』。 彼女が持つといわれる伝説のパープルダイヤを狙って3人は香港へ…。 こちらでは映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などをまとめていきたいと思います! キャスト ダー子:長澤まさみ 天才的な頭脳と抜群の集中力でどんな難解な専門知識も短期間でマスターし、様々な役柄の人物に簡単になりきることができる。 普段は高級ホテルのスイートルームに居を構えており、そこが実質的に3人のアジトとなっている。 過去の学歴や経歴・本名などは一切不明。 ボクちゃん:東出昌大 ダー子、リチャードと共に行動する詐欺師。 電信柱のようなノッポの大男。 いつも2人に振り回されるうえ、お人好しで小心者ゆえにターゲットに深入りしてしまうことも。 ダー子同様過去の学歴や経歴・本名は不明。 しかしダー子の口から自身同様天涯孤独の身であることを匂わせられている。 リチャード:小日向文世 ダー子、ボクちゃんと共に行動する詐欺師。 超一流の返送技術を持ち、ダー子同様様々な役柄になって潜入する。 コンフィデンスマン達の経理担当の面も。 他の2人同様過去の経歴などは不明だが、ダー子とボクちゃんが幼少のころから知り合いである由の話をしていたことも。 五十嵐:小手伸也 神出鬼没な腕利き詐欺師。 元々は弱者も騙す正真正銘の悪徳詐欺師だったが、ダー子に出会い心酔したことによって改心した。 様々な組織に入り込み、二重スパイとしても活動している。 度々アジトのスイートルームに現れる、実質的な4人目の仲間。 ラン・リウ:竹内結子 香港マフィアの女帝。 通称:氷姫 ジェシー:三浦春馬 天才恋愛詐欺師。 ダー子の元恋人? 赤星栄介:江口洋介 公益財団「あかぼし」会長。 日本のゴッドファーザー。 ダー子達に復讐しようと罠を仕掛ける。 モナコ:織田梨沙 ダー子を師匠と呼び、弟子入り。 ちょび髭:瀧川英次 ダー子・ボクちゃん・リチャードの部下。 バトラー:マイケル・キダ ダー子達のアジトである高級ホテルのスイートルームの執事。 2020. 30 山本美月主演2020年冬ドラマ『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』は日テレ系列毎週木曜11:59から放送中! 「ランチ合コン探偵~恋とグルメと[…]• 2020. 22 こちらの記事では映画『アルキメデスの大戦』のあらすじやキャスト、感想、さらに動画配信サービスで無料視聴する方法などをまとめました。 映画『アルキメデス[…]• 2020. 20 原作「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を基に制作された映画『Fukushima50』が3月6日より公開。 監督は若松節朗。 脚本は前川洋一。 今[…]• 2020. 2020. 15 2019年に公開された映画『アルキメデスの大戦』はみなさんご覧になられましたか?主演は菅田将暉さん。 原作は「ドラゴン桜」で有名となった三田紀房の人気漫[…]• 2020. 06 […]• 2020. 26 こちらの記事は映画『二ノ国』のあらすじや声優キャスト、さらに配信動画を無料で視聴する方法について紹介しています。 映画『二ノ国』はレベルファイブが発売[…]• 2020. 19 映画『ヲタクに恋は難しい』は原作と違った雰囲気の映画になっており、ミュージカル調がふんだんに取り入れられているので、好みが分かれていることがわかりまし[…]• 2020. 03 人気アニメ「名探偵コナン」。 昨年2019年4月に公開された第23作目となる映画『名探偵コナン紺青の拳 こんじょうのフィスト が第43回日本アカデミー賞[…]• 2020. 22 2019年6月28日公開映画「新聞記者」は、東京新聞記者・望月衣塑子による同名ベストセラーノンフィクションを原案に若手女性新聞記者と若手エリート官僚の[…].

次の