ブラック ドック 韓国 ドラマ。 ブラック韓国ドラマ感想は面白い?評価や口コミ評判をまとめてみた

ソ・ヒョンジン×ラ・ミランW主演の韓国ドラマ『ブラックドッグ』5・13スタート

ブラック ドック 韓国 ドラマ

Contents• ブラックドックのあらすじ 블랙독 오랜만에 살짝봤는데 역시 너무재밌고 고하늘쌤 개귀엽다……….. 脱出した先生がバスに戻りハヌルの命は助けられましたが、先生は命を落としてしまいました。 その先生は非正規雇用なので、労災保険が下りずに遺族は嘆き悲しみました。 その後、ヒロインのコ・ハヌルは恩師に感謝をして、教師を目指すことにして教師の採用試験を受けたが狭き門のためになかなか願いが叶いませんでした。 そして、ようやく1年間の臨時採用として採用され、私立高校の教師となることができました。 ところが高校では、ハヌルの叔父ムン・スホが教務部長をしているので、コネ採用で入ったと疑われてしまい、あらぬ噂を立てられてしまいました。 同期の新米教師たちや高校教師たちから白い目で見られてしまい、初日からハヌルは孤立してしまいました。 教師たちの間では、ハヌルは早々に辞めるだろうと思われていたが、進学部に配属されたパク部長から励まされて教壇にたつことになりました。 ところが同僚の臨時国語教師ソン・ジソンや同じ進学部の国語教師ト・ヨヌが、ハヌルを見守って味方になってくれるようになりました。 しかし、ハヌルの教科パートナーで変わり者といわれている国語教師キム・イブンに振り回される日々を送ることになります。 さらに、ハヌルの就職した私立高校は、地域でも進学率が最も低くて人気がなかったので、進学部は挽回して大学の進学率をあげるために進学部は一致団結して奮闘することになりますが…。 ブラックドックのみどころ 「ブラックドック症候群」という言葉があって、保護をしている犬はただ毛色が黒いというだけで毛色の明るい犬に比べて引き取られない傾向を表します。 ヨーロッパで黒い犬は不吉だと言われている所以ですが、黒い犬は飼い主に引き取られようとするために、懸命にしっぽを振って媚びて生きていかなければなりません。 不利なレッテルを貼られてしまった者は、各自自分の生きる術を見つけて厳しい競争に戦わなければならないのです。 私立高校を舞台に、教師間の力関係や教師として志願が減っている等様々な問題を、新任教師を通して描いていくドラマです。 一般に学園もののドラマというと、生徒が主役になる作品が多いなかで「ブラックドック」は教師が主人公と真新しい作風です。 教師たちは、日常の業務に追われている姿を描いていて、ヒロインハヌルの教師として成長していく物語です。 臨時採用の新米教師ハヌル役を演じたソ・ヒョンジンは、教師役は初めて演じるそうですが、「浪漫ドクターキム・サブ」で傷ついた医師を熱演しています。 またハヌルを陰ながら見守るパク進学部長役のラ・ミランは、「恋のスケッチ〜応答せよ1998〜」に出演しています。 同じく進学部の国語教師ト・ヨヌ役はハジュンは、ハヌルを支えるやさしいイケメンで、「バッドパパ」に出演しています。 最終回まで見終えての感想 清楚で知的な新米教師ハヌルの奮闘記ですが、前半は辛いシーンが多かったのですが、次第に先生たちを味方につけて成長していきます。 しかし、高校では次々と問題が起こるので見逃せません、今からどうなるのか結末が早く知りたくなりました…。 …ということで、最終回見終わりました! 学園ドラマというと大抵は生徒にフォーカスされた内容が多いのですが、「ブラックドック」は一人の新米教師ハヌルが主人公なので新鮮でしたね。 ハヌルが教師を目指したのは高校時代の恩師に影響を受けたことですが、なぜ先生は命がけで自分を救ってくれたのか?その答えを見つけるためでした。 尊敬するパク進学部長に一人前の先生だと認められても、まだ答えを見出すことができないハヌルでしたが、これから生徒のために向き合っていくうちに、答えを見つけられるようになるでしょう。 学校の教師のリアルな日常を描いたドラマでしたが、大学受験で人生が決まると言われるほど競争が厳しい韓国の世界が垣間見れました。 有名大学の合格率を上げるために、先生たちは一生懸命に生徒を指導するのは当然のことですが、本質が見えていないのですね。 受験戦争に勝つために生徒たちは進学塾に通うのは必須ですが、塾と同じことを高校がして成果をあげられても優秀な生徒に限られてしまいます。 高校は塾と違って、勉強を教えるけれど生活面も教えなければならないので、人として生きていくために必要なことを学ぶための場所でもあります。 ハヌルは、一人の生徒と向き合うことでようやく気づくことができたことは大きな成長だと思います。 そして、同じく賛同してくれるパク進学部長たち先生がテチ高校に存在してくれたのは良かったですね! 学校という場所はこれほど、生徒や先生たちと出会いそして別れていく場所として他ならないですね。 ハヌルとパク部長の心が通じあえるようになったけれど、見守ってくれる存在の人と別れなければならないのは辛いことですね。 それでも、ハヌルは一人前の教師として成長をしていくことができたので、大切な人との別れも試練の一つなのでしょう。 新人教師のソン先生と辛い別れを経験したけれど、新たな職場で再会を果たすことが出来てよかったですね! イケメンのトヨヌ先生は、ハヌルとこれから恋の進展があるのかわかりませんが、美男美女のカップルは期待したいです。 ハヌルの小学校のミョンス先輩は、進学部のムードメーカーですが、結婚相手が誰なのか気になりましたね。 ベテラン教師も新米教師も、生徒たちから見れば同じ教師に見える、とパク部長がハヌルに話していた事が印象的でしたね。 ドラマ「ブラックドック」は、教師を取り上げたヒューマンドラマでしたが、高校という社会の中で昇進のために必死になったり、時にはライバルをねたみ、本音でぶつかり合う姿はとてもリアルで共感できる場面もありました。 ドラマは終わってしまいましたが、ハヌルがその後どんな教師になったのか続編が見たくなりましたね! 学園ドラマで先生の日常を描いた作品ですが、回を追うごとに引き込まれてしまう珠玉作品です。 最近見たドラマの中で強く心を揺さぶられたので、おすすめします。 ハンカチを手にして、ぜひご覧くださいませ。 ということで、韓流ドラマを見るためにスカパーに再加入しました。 高校に親類がいるので、ハヌルはコネ採用と噂されてしまった。 韓国ドラマ「ブラックドック」は2019年に放送。 全16話• 演出:ファン・ジュニョク• 学園ドラマですが、教師という職業の裏側を垣間見ることができる物語なので、見ていて新鮮な内容ですね。 ドラマティックで激しい展開は見られないドラマですが、教師のリアルな姿が見られて共感する場面もあり、続きがどうなるのか気になって仕方ありませんでした。 ぜひおすすめしたい作品の一つですネ! 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の

ソ・ヒョンジン×ラ・ミランW主演の韓国ドラマ『ブラックドッグ』5・13スタート

ブラック ドック 韓国 ドラマ

キャスト名 キャラクター ブラック ソン・スンホン 刑事ハン・ムガンが不慮の死。 ムガンの体に寄生したのが死神ブラック。 人間の感情を理解できないブラックの前に現れた死を予測する女カン・ハラムの事が気になる ハン・ムガン ソン・スンホン 強力係刑事。 アメリカで成功した会計士だったが、過去の事件の真実を暴くために刑事になる。 しかし、事件の真実を知る前に切ない死をとげる。 カン・ハラム コ・アラ いつもサングラスをはめているのはファッションと言いたいが、彼女にみえる人々の死の影を見ないため。 ある日、強力係のハン・ムガンに出会い、死を見る能力が呪いではなく、祝福だという事を証明しようとして事件に巻きこまれる。 ユン・スワン イエル 応急ドクター。 ハン・ムガンが負傷して病院に来た時、医者と患者の関係から恋人に発展。 私生活は秘密に包まれているが、スワンにはムガンにも言えない秘密がある。 その秘密にかかわる事件をムガンが捜査していると知り、自分の正体が見つかるか毎日おびえている。 オ・マンス キム・ドンジュン 財閥2世でも私生児。 任せられたポジションはロイヤル生命のおかざり社長。 ロイヤル生命を中国に売り飛ばして責任をとる為に必要な社長の席。 マンスは自分の席を守るため、巫女だと思ったハラムを訪ねる。

次の

ソ・ヒョンジン×ラ・ミランW主演の韓国ドラマ『ブラックドッグ』5・13スタート

ブラック ドック 韓国 ドラマ

2020. 1% 最高視聴率第4回4. 偶然ハラムの能力を知ったムガンは力を合わせて人の死を防ごうとするが、人質事件に巻き込まれ撃たれてしまう。 その為普段はサングラスをかけている。 イ・エル ユン・スワン役 ムガンの恋人、救急救命医 誰にも言えない秘密を抱えている。 キム・ドンジュン オ・マンス役 ロイヤル生命代表 財閥御曹司 婚外子の為、兄に蔑まされている。 チョ・ジェユン 死神No. 007 死神の大先輩 時代劇が好き イ・ギュボク 死神No. 416おしゃべりな死神 ラッパーをまねもする。 全16話予定だったが2話延長された。 これまで少しマンネリ気味?のン・スンホンでしたが、新たなイメージ作りに成功したと感じました。 一人で二役を演じ、コミカルな演技まで披露、演技の幅が広く期待以上の主人公像をつくりました。 やっぱり、OCNの制作するドラマって質が高く、描写や設定がリアルでドラマの質の高さを再確認しました。 近年の作品だと「助けて」、「ボイス」、「デュアル」など斬新な作品がやはり多いですね。 このドラマの場合、ジャンルを一言で表現するのが非常に難しく、サスペンス・ミステリー・刑事・ロマンスまで、複数のジャンルがミックスされ、主人公が「死神」とありファンタジー的な要素まで加わったことで、これまでの捜査ドラマとはどこか違います。 実際に韓国で起きた事件がモチーフになり、ドラマの始まりから終わりまで暗く重い雰囲気が続きます。 でもところどころ登場するブラックの言動や相手役アラム(コ・アラ)とのコミカルなシーンもあるので、色々と見どころ満載でした。 韓国ドラマでは、死神=イ・ドンウクのイメージが根強く残っていましたが、正直「トッケビ(鬼)」に登場する死神とは全く違うタイプの死神で、ソン・スンホンの演じるシビアでハードボイルド的な死神も新鮮で面白かったですね。 張られていたすべての伏線が回収された時、気になっていたすべての答えが出てスッキリします。 しかし、最後の2話ではその隠されていた事実に衝撃を受けました。 亡くなった刑事の体を借りて人間界にやってきた死神のエース444(ソン・スンホン)と、相手が死神だと気づかず恋に落ちるハラム(コ・アラ)とのエンディングは、最後の最後まで気になります。 イ・ボヨン主演の「神の贈り物~14日」と同じ脚本家の作品なので、難しく複雑なテーマを逆転にまた逆転と、ハラハラする展開が続くのが魅力的なドラマです。 少し刺激的な内容も含まれるので、ラブロマンスや明るいコメディがしか観ない方には、違和感ある内容かもしれませんね。 個人的には、神秘的な内容や、アクション、ミステリードラマが大好きで、観たいドラマを選択する時に構成の質の高さを重要に考えますが、ウェルメイド!と納得のいく作品でした。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の