とらや の ようかん。 誰もが知っている高級羊羹!とらやの小形羊羹を食べてみた

誰もが知っている高級羊羹!とらやの小形羊羹を食べてみた

とらや の ようかん

高級和菓子店で有名なとらやですが、皆さんご存知でしょうか。 とらやは室町時代(1520年代)京都で創業しました。 明治2年(1869年)、明治天皇の東京遷都に伴い、京都の店はそのままに東京に店を構えるようになったそうです。 京都のお土産でもいいのではないかとご指摘が入りそうですが、今回は東京土産ということでご紹介させていただきます。 とらやの羊羹ですが、一方では贈答品の定番と言われています。 ある程度の社会人になると、とらやの羊羹は値が張る物と知っている方が多いため、お詫びの菓子折りとしても有名です。 しかしお詫びの菓子折りは「日持ちしないものを」と言われる方もいらっしゃいます。 日持ちするものだとそのお菓子を見るたびに持って来られた理由を思い出してしまうのでケーキなどの生菓子などその日のうちに食べられるものがいいのだとか。 とらやの羊羹は賞味期限が長いですが、美味しいとらやの羊羹を食べると怒っていた気持ちも忘れてしまいそうですね。 では、そろそろ本題に入りたいと思います。 今回は大丸東京駅で とらやの小形羊羹5種詰め合わせを購入しました。 色んな味が楽しめて、お値段もお手頃なのが決め手のポイントでした。 大きく「とらや」とかかれた包装紙に包まれています。 包装紙を取ると、高級感ただよう黒い箱が出てきます。 箱の裏はこんな感じ。 原材料や保存方法が明記されています。 蓋をあけると現れました。 綺麗に並んだ小形羊羹達。 小形羊羹の上には羊羹と書かれたパンフレットが。 真っ白い紙に「羊羹」とだけ書かれたパンフレットにも高級感を感じてしまいます。 パンフレットを取り出して、5つ並んだ羊羹を見てみます。 右から「夜の梅」「新緑」「はちみつ」「紅茶」「おもかげ」が並んでいます。 5種それぞれいただきましたので、右から順番にご紹介します。 夜の梅(小倉羊羹) 少し紫色をした小箱に入っている夜の梅。 箱の中には、ほんのりあずき色の羊羹が。 早速一ついただきたいと思います。 と、口の中に入れますと、 「美味しい」の一言。 これです。 これぞ羊羹です。 と唸りたくなるような上品なお味。 ひとくち食べると小豆の優しい味が口の中に広がります。 食感も硬すぎず柔らかすぎずちょうどいい硬さ。 甘すぎない絶妙なバランスの上品な甘さも格別です。 これぞとらやの羊羹か…! 新緑(抹茶入羊羹) 続きまして新緑です。 新緑には抹茶が入っています。 小箱の中には綺麗な緑色をした羊羹が入っています。 透き通るような緑色は見た目でも楽しむことができます。 それでは、早速いただきます。 ひとくち食べると、最初は分からなかった抹茶の上品な味が後から感じられます。 ここは京都か!と錯覚しそうです。 目をつぶると宇治の緑茶畑が広がります。 ううーん。 美味です。 はちみつ(蜂蜜入羊羹) さて続きまして、蜂蜜入羊羹のはちみつです。 はちみつですが、なんと小形羊羹のサイズでしか販売されていません。 小箱から取り出してみると、オレンジ色の羊羹が出てきます。 蜂蜜を連想させるお色でとてもキレイです。 とらやの羊羹は、なんでこんなに見た目も美しいのでしょうか。 一口食べると、奥の方から微かにはちみつの味を感じます。 食べ進めるごとにはちみつの旨みが滲み出る美味しさです。 甘さは控えめでスッキリしていて、なめらかな触感です。 いやー。 これもまた絶品です。 美味しゅうございます。 紅茶(紅茶入羊羹) 次は、紅茶です。 熊本県水俣市の山間部、石飛で生産された国内産の紅茶「天の紅茶」を使用しています。 挽いた茶葉を白餡に混ぜ、煉り上げたとのこと。 紅色の箱に入っています。 こちらの紅茶も小形羊羹のサイズしか販売されていません。 小箱を開けると、少し透き通った羊羹が出てきます。 なんとこちらの紅茶入羊羹ですが、色素を利用せず紅茶本来の色を出しているとのこと。 近くで見てみると羊羹の滑らかさが分かります。 目でも楽しみ舌でも楽しむというのが、本来の楽しみ方ですね。 ひとくち食べると見た目通りのなめらかな食感。 そして控えめな甘さ。 舌の上で堪能していると後から紅茶の風味がやってきます。 美味しいです。 美味しいですよ。 おもかげ 黒砂糖入羊羹 はい。 とうとう最後になってしまいました。 黒砂糖入羊羹のおもかげです。 「おもかげ」とは、記憶に残る人や事物を思い起こさせる、奥ゆかしい言葉です。 原材料である黒砂糖の独特の風味に、黒棒などを食べた懐かしい昔を思い出す方も多いのではないでしょうか。 とのこと。 小箱の中には、綺麗な色の羊羹。 小豆羊羹である夜の梅よりも少し色が濃いです。 ということで、さっそくいただきます。 ひとくち食べると昔ながらの優しい味が口の中で広がります。 きつすぎない黒砂糖の風味がほんわりして控えめな上品な甘さです。 美味しいです。 黒糖と羊羹ってこんなにマッチするのねと驚くぐらい美味しいです。 とらやの羊羹 ということで、あっという間に5種食べてしまいました。 どれもこれもすごく美味しかったです。 5種類もあるのでひとつぐらいハズレがあるのかとおもいきや、全てが美味しいです。 どれも絶妙な甘さと絶妙な風味、贅沢なバランスを取っています。 これが昔ながらの高級羊羹なのですね。。。 ちなみに各小箱の裏側にはそれぞれの原材料などが明記されています。 とらやの小形羊羹ですが、羊羹は上記のような銀のつつみに包まれています。 「こちらからお開けください」の部分を引っ張るとキレイに開けることができます。 このまま食べることもできるので、外出先での糖分摂取にもオススメです。 例えば仕事先で疲れたと思ったら、かばんからとらやの羊羹を取り出して食べると元気100倍になること間違いなしですね。 いやはや。 本当に本当に本当に美味しかったです。 羊羹は色々食べたことがありますが、どれもそんなに味は変わらないのではないかと思っていました。 しかし、全く違います。 スーパーやコンビニで販売している羊羹もとても美味しいのですが、とらやの羊羹は別格です。 食べたことがない方は是非食べてみてください。 小形羊羹5種詰め合わせは色んな味が楽しめるし価格もお手頃なのでオススメです。 原材料 夜の梅:砂糖・小豆・寒天 おもかげ:砂糖・黒砂糖・小豆・寒天 新緑:砂糖・豆類(白小豆、福白金時、手亡)・寒天・抹茶・クチナシ色素 はちみつ:砂糖・蜂蜜・豆類(白小豆、福白金時、手亡)・寒天 紅茶:砂糖・豆類(白小豆、福白金時、手亡)・寒天・紅茶 アレルギー ー 賞味期限 製造から12ヶ月 カロリー(50g) 夜の梅:145kcal おもかげ:142kcal 新緑:143kcal はちみつ:143kcal 紅茶:147kcal 用途 少人数用(家庭)・個人用 製造社名 株式会社 虎屋 最後に 株式会社虎屋の小形羊羹、本当にどれもこれも美味しかったです。 文頭でも記述しましたが、もともと京都に店舗を出していて、今では全国に店舗がありどこでも購入できるので、東京お土産とは言いづらいかもしれませんが、だれがもらっても喜ぶと思います。 ちなみに私の祖父は愛媛に住んでおりますが「羊羹はとらやの羊羹が一番やけん」ととらやの羊羹について熱く語っておりました。 年配の方にも愛されている羊羹を是非食べてみてください。 私もまたリピートしたいと思います。 その他の都道府県や海外のお土産ランキングも是非ご覧ください。 参考・引用サイト•

次の

誰もが知っている高級羊羹!とらやの小形羊羹を食べてみた

とらや の ようかん

高級和菓子店で有名なとらやですが、皆さんご存知でしょうか。 とらやは室町時代(1520年代)京都で創業しました。 明治2年(1869年)、明治天皇の東京遷都に伴い、京都の店はそのままに東京に店を構えるようになったそうです。 京都のお土産でもいいのではないかとご指摘が入りそうですが、今回は東京土産ということでご紹介させていただきます。 とらやの羊羹ですが、一方では贈答品の定番と言われています。 ある程度の社会人になると、とらやの羊羹は値が張る物と知っている方が多いため、お詫びの菓子折りとしても有名です。 しかしお詫びの菓子折りは「日持ちしないものを」と言われる方もいらっしゃいます。 日持ちするものだとそのお菓子を見るたびに持って来られた理由を思い出してしまうのでケーキなどの生菓子などその日のうちに食べられるものがいいのだとか。 とらやの羊羹は賞味期限が長いですが、美味しいとらやの羊羹を食べると怒っていた気持ちも忘れてしまいそうですね。 では、そろそろ本題に入りたいと思います。 今回は大丸東京駅で とらやの小形羊羹5種詰め合わせを購入しました。 色んな味が楽しめて、お値段もお手頃なのが決め手のポイントでした。 大きく「とらや」とかかれた包装紙に包まれています。 包装紙を取ると、高級感ただよう黒い箱が出てきます。 箱の裏はこんな感じ。 原材料や保存方法が明記されています。 蓋をあけると現れました。 綺麗に並んだ小形羊羹達。 小形羊羹の上には羊羹と書かれたパンフレットが。 真っ白い紙に「羊羹」とだけ書かれたパンフレットにも高級感を感じてしまいます。 パンフレットを取り出して、5つ並んだ羊羹を見てみます。 右から「夜の梅」「新緑」「はちみつ」「紅茶」「おもかげ」が並んでいます。 5種それぞれいただきましたので、右から順番にご紹介します。 夜の梅(小倉羊羹) 少し紫色をした小箱に入っている夜の梅。 箱の中には、ほんのりあずき色の羊羹が。 早速一ついただきたいと思います。 と、口の中に入れますと、 「美味しい」の一言。 これです。 これぞ羊羹です。 と唸りたくなるような上品なお味。 ひとくち食べると小豆の優しい味が口の中に広がります。 食感も硬すぎず柔らかすぎずちょうどいい硬さ。 甘すぎない絶妙なバランスの上品な甘さも格別です。 これぞとらやの羊羹か…! 新緑(抹茶入羊羹) 続きまして新緑です。 新緑には抹茶が入っています。 小箱の中には綺麗な緑色をした羊羹が入っています。 透き通るような緑色は見た目でも楽しむことができます。 それでは、早速いただきます。 ひとくち食べると、最初は分からなかった抹茶の上品な味が後から感じられます。 ここは京都か!と錯覚しそうです。 目をつぶると宇治の緑茶畑が広がります。 ううーん。 美味です。 はちみつ(蜂蜜入羊羹) さて続きまして、蜂蜜入羊羹のはちみつです。 はちみつですが、なんと小形羊羹のサイズでしか販売されていません。 小箱から取り出してみると、オレンジ色の羊羹が出てきます。 蜂蜜を連想させるお色でとてもキレイです。 とらやの羊羹は、なんでこんなに見た目も美しいのでしょうか。 一口食べると、奥の方から微かにはちみつの味を感じます。 食べ進めるごとにはちみつの旨みが滲み出る美味しさです。 甘さは控えめでスッキリしていて、なめらかな触感です。 いやー。 これもまた絶品です。 美味しゅうございます。 紅茶(紅茶入羊羹) 次は、紅茶です。 熊本県水俣市の山間部、石飛で生産された国内産の紅茶「天の紅茶」を使用しています。 挽いた茶葉を白餡に混ぜ、煉り上げたとのこと。 紅色の箱に入っています。 こちらの紅茶も小形羊羹のサイズしか販売されていません。 小箱を開けると、少し透き通った羊羹が出てきます。 なんとこちらの紅茶入羊羹ですが、色素を利用せず紅茶本来の色を出しているとのこと。 近くで見てみると羊羹の滑らかさが分かります。 目でも楽しみ舌でも楽しむというのが、本来の楽しみ方ですね。 ひとくち食べると見た目通りのなめらかな食感。 そして控えめな甘さ。 舌の上で堪能していると後から紅茶の風味がやってきます。 美味しいです。 美味しいですよ。 おもかげ 黒砂糖入羊羹 はい。 とうとう最後になってしまいました。 黒砂糖入羊羹のおもかげです。 「おもかげ」とは、記憶に残る人や事物を思い起こさせる、奥ゆかしい言葉です。 原材料である黒砂糖の独特の風味に、黒棒などを食べた懐かしい昔を思い出す方も多いのではないでしょうか。 とのこと。 小箱の中には、綺麗な色の羊羹。 小豆羊羹である夜の梅よりも少し色が濃いです。 ということで、さっそくいただきます。 ひとくち食べると昔ながらの優しい味が口の中で広がります。 きつすぎない黒砂糖の風味がほんわりして控えめな上品な甘さです。 美味しいです。 黒糖と羊羹ってこんなにマッチするのねと驚くぐらい美味しいです。 とらやの羊羹 ということで、あっという間に5種食べてしまいました。 どれもこれもすごく美味しかったです。 5種類もあるのでひとつぐらいハズレがあるのかとおもいきや、全てが美味しいです。 どれも絶妙な甘さと絶妙な風味、贅沢なバランスを取っています。 これが昔ながらの高級羊羹なのですね。。。 ちなみに各小箱の裏側にはそれぞれの原材料などが明記されています。 とらやの小形羊羹ですが、羊羹は上記のような銀のつつみに包まれています。 「こちらからお開けください」の部分を引っ張るとキレイに開けることができます。 このまま食べることもできるので、外出先での糖分摂取にもオススメです。 例えば仕事先で疲れたと思ったら、かばんからとらやの羊羹を取り出して食べると元気100倍になること間違いなしですね。 いやはや。 本当に本当に本当に美味しかったです。 羊羹は色々食べたことがありますが、どれもそんなに味は変わらないのではないかと思っていました。 しかし、全く違います。 スーパーやコンビニで販売している羊羹もとても美味しいのですが、とらやの羊羹は別格です。 食べたことがない方は是非食べてみてください。 小形羊羹5種詰め合わせは色んな味が楽しめるし価格もお手頃なのでオススメです。 原材料 夜の梅:砂糖・小豆・寒天 おもかげ:砂糖・黒砂糖・小豆・寒天 新緑:砂糖・豆類(白小豆、福白金時、手亡)・寒天・抹茶・クチナシ色素 はちみつ:砂糖・蜂蜜・豆類(白小豆、福白金時、手亡)・寒天 紅茶:砂糖・豆類(白小豆、福白金時、手亡)・寒天・紅茶 アレルギー ー 賞味期限 製造から12ヶ月 カロリー(50g) 夜の梅:145kcal おもかげ:142kcal 新緑:143kcal はちみつ:143kcal 紅茶:147kcal 用途 少人数用(家庭)・個人用 製造社名 株式会社 虎屋 最後に 株式会社虎屋の小形羊羹、本当にどれもこれも美味しかったです。 文頭でも記述しましたが、もともと京都に店舗を出していて、今では全国に店舗がありどこでも購入できるので、東京お土産とは言いづらいかもしれませんが、だれがもらっても喜ぶと思います。 ちなみに私の祖父は愛媛に住んでおりますが「羊羹はとらやの羊羹が一番やけん」ととらやの羊羹について熱く語っておりました。 年配の方にも愛されている羊羹を是非食べてみてください。 私もまたリピートしたいと思います。 その他の都道府県や海外のお土産ランキングも是非ご覧ください。 参考・引用サイト•

次の

とらやの羊羹(ようかん)は口の中で溶ける小豆の甘さは甘いもの好きにはたまらない美味しさ

とらや の ようかん

Contents• とらやの羊羹 ようかん を実際に買ってみた! とらやの羊羹 ようかん を実際にお取り寄せした商品情報は以下の通り。 商品名 小形羊羹 5本入 値段 1,300円(税抜) 内容量 夜の梅、おもかげ、新緑、はちみつ、紅茶を各1種類ずつ 賞味期限 製造から1年 保存方法 常温で保存 送料 550円〜880円 公式サイト では早速お取寄せしたとらやの羊羹を見ていきましょう〜! お取寄せされてきた時点では、プチプチでしっかり梱包されていました。 プチプチから開けてみると、黒色の箱が登場!高級感があって、持つと少しずっしりとした重さを感じました。 開けてみると綺麗に並んだ黒、赤、黄、緑、紫の5色の色鮮やかなパッケージが出てきました。 丁寧に整列されてて入っている箱の並びがさらに上品さを感じさせてくれますね。 とらやの羊羹について書かれたしおりは、可愛らしいイラストが書かれていました。 入っていた羊羹は、右から「夜の梅」、「新緑」、「はちみつ」、「紅茶」、「おもかげ」となります。 まずはとらやの羊羹の中でも看板商品にもなっている「夜の梅」から。 パッケージは小倉をイメージした、濃い紫色の箱になっています。 夜の梅自体は、小倉羊羹なので小豆が入っています。 箱から取り出すと、銀色の包装紙が出てきました。 箱から取り出すと、開け方はつまみがでているので、そこをこんな感じでぴーっと引っ張ると開けることができます。 これなら、外でも切らなくても良いし手が汚れずに食べることができるので便利です。 中身がどんな感じになっているのか切って食べていきますね。 写真だと写っていないんですが、小豆がちょこちょこっと入っていました。 小豆も多すぎず少なすぎず程よく入っていますね。 あの、小豆が入りすぎていると、切り口の見た目も綺麗に見えないので、そこは計算されているのかなと思いました。 さすがとらや。 では、さっそく一口食べてみます。 おぉ〜小豆の風味と上品な甘さが絶妙で、でも甘みがくどくなくて繊細な味わい。 食感も、硬すぎず、でも柔らかすぎずで、ちょうどよいです。 小豆と羊羹って合わない訳がない組み合わせだけど、甘みがくどいということもなく、口の中に入れると小豆と羊羹の絶妙なバランス感でこれぞとらやだな〜という感じですね。 さらに次は新緑です。 こちらは抹茶入りの羊羹。 パッケージから出してみると、新緑をイメージした緑色の羊羹が出てきました。 夜の梅とは違って、透き通ってるー。 緑色が鮮やかで綺麗です。 こちらも一口。 一口食べた瞬間から、抹茶の上品な味わいが…! 夜の梅と比べると、よりすっきりとした甘さの中に抹茶の風味が広がり、甘みと絶妙なバランスを引き出しています。 抹茶と羊羹って同じ和を感じる食べ物だから合わない訳がない!けど、とらやだからこそ上品な味わいの仕上がりになっているのかなと感じました。 すっとした甘さが、夏の暑い季節にぴったりのお味。 次ははちみつ。 はちみつと羊羹? って珍しいな〜と思いながら開けてみると、はちみつの色を連想させるような橙色の羊羹がでてきました。 透き通っている橙色の色合いも素敵です。 こちらも一口食べてみましょう。 羊羹本来の甘さの中に、はちみつならではの甘みと旨味が、一口一口噛みしめる毎に感じられます。 はちみつが入っているので、よりなめらかな食感で甘みもすっきりしている美味しさ。 こちらもも美味しゅうございました。 個人的にはこれが一番好み! さらにお次は、紅茶です。 紅茶を羊羹にしてくるとは… 思っていた以上に濃い羊羹の色…! 紅茶好きなので、ドキドキしながら食べてみました。 味は…意外とそこまで紅茶!って感じがしないかも。 噛みしめる度にほのかに紅茶の香りがして、これも美味しい〜個人的にはもうちょっと紅茶の風味がしてもいいかも?と思ったりしました。 最後は、「おもかげ」です。 おもかげは、夜の梅に次人気商品。 味は黒糖になります。 パクっと食べてみます。 これはなかなかの黒糖味!紅茶以上に噛みしめる食べに黒糖の香りが口の中に広がって、美味しい〜羊羹と黒糖の相性も抜群ですね。 サイズも少し小ぶりでちょうど良いお品でした。 (引用元:) とらやの羊羹 ようかん の悪い口コミ 良い口コミの一方で気になるのが、悪い口コミ。 こちらは、悪い口コミを調べてみました! とらやの羊羹の美味しさの秘訣4つ とらやの羊羹は高級感もあり、上品な味わいを楽しめる和菓子。 京都の創業の地で、御所に菓子を納める御用を勤めていたのがとらやです。 天皇をはじめ、江戸時代の幕府の将軍にまで重宝されていた「とらや」は、和菓子業界の中でも時代のトップを走り続けていたと言えます。 そんな京都で開業していたお店も明治時代を機に東京へ進出。 上流階級のみならず、一般大衆にも楽しんでもらえるような和菓子を生み出していきました。 すべて機械作業ではなく、炊きあがった羊羹のねり具合を見極める為に、熟練した職人の目で確かめながら作られているのです。 できれば時間もなるべく短縮して作り上げるところを、作業に手を抜かず1つずつ丁寧に作り上げるとらやのこだわりに、とらやの老舗和菓子店としてのプライドが感じられますね。 これだけ丁寧に1つずつ作り上げるからこそ、柔らかすぎず、かといって硬すぎず程よいかたさで、絶妙な食感を生み出しているんだなと実感しました。 これは、羊羹を切った時に見える小豆を、夜に咲く梅の花に見立てて付けられたのがこの夜の梅の由来とのことです。 名前の由来が奥深い! 日本人の感性の奥深さを象徴するこのとらやの「夜の梅」。 始まりは1690年代と江戸時代にまで遡ります。 これだけ長い歴史があって、今でもなお愛されるとらやの羊羹は、これからもずっと愛される和菓子だなと実感しますね。 以下に一部ご紹介します。 商品名 値段 小形羊羹 5本入、7本入、10本入、12本入、 14本入、18本入、20本入 1,300円、1,800円、2,500円、3,000円、 3,560円、4,520円、5,000円 中形羊羹2本入、3本入、4本入、6本入 3,000円、4,400円、5,800円、8,700円 竹皮包羊羹2本入、3本入 5,800円、8,700円 羊羹・最中詰合せA-1 1,760円 羊羹・最中詰合せB-1 2,200円 羊羹・最中詰合せC-1 2,800円 羊羹・最中詰合せD-1 3,300円 羊羹・最中詰合せE-2 4,100円 羊羹・最中詰合せF-1 4,800円 羊羹・最中詰合せG-1 5,100円 羊羹・最中詰合せH-1 6,900円 羊羹・最中詰合せI-1 11,100円 羊羹の商品を見てもこれだけの組み合わせや、個数のバリエーションがあります。 自分で楽しむように買うのも良いですし、贈り物や手土産に渡すのにもぴったりの和菓子になりますね。 常温保存もできるので、特に手土産に渡すのにもおすすめですね。 送料自体は、地域によって変わってきます。 特別区域送料 550円 税込.

次の