香川 照之。 香川照之フランス語ぴったんこカンカンで話題!東大首席卒業学部は?

香川照之の昆虫すごいぜ!

香川 照之

日本を代表する俳優である香川照之さん!! そんな香川照之が東大卒と言う噂があるのですが、本当に有名難関大学を卒業したのでしょうか? さらに主席で卒業したと言う噂も… と言うことで今回は香川照之さんの東大主席卒業や離婚、子供について調べてみました! 香川照之 生年月日:1965年12月7日 出身:東京都 身長:171cm 血液型:AB型 東大主席は本当? 結論から言うと、 東大を卒業しているのは間違いありません。 しかし、主席である根拠となるものは現在のところ見つかりませんでした。 香川照之さんが卒業したのは、東京大学の文学部社会心理学科。 しかし、香川照之さん本人は、これまで学歴については語りたがりませんでした。 その理由が俳優業に直接的な関係がないからというものだったようです。 どうやら本人的にはそれを売りにしたくはなかったようです。 離婚について 2006年12月に離婚をしていた香川照之さん。 21年間寄り添った夫婦のいきなりの離婚に世間は騒然… そしてその後、取材報道陣囲まれるなか質問に答えました。 香川は「今回はひとえに私の力不足でこのような結果になってしまいました。 お騒がせしてしまったことを深くおわび申し上げます」と頭を下げた。 離婚の理由については「経緯も含め離婚をしたという事実以外は何も語らないということを約束してますので」として明かさなかった。 香川照之さん本人から理由が発せられることはありませんでした。 1番有力な離婚理由が歌舞伎業と俳優業の両立でした。 俳優業も忙しい中で、厳しい世界である歌舞伎も演じており、香川照之さんはその両立ができなかったとされています。 やばい離婚理由 香川照之さんは普通なら数十年かけて学ぶ歌舞伎の芸を、短期間で覚えなければなりませんでした。 その上忙しい俳優業もあり、自分のことだけで手いっぱいという状態が続き、自然と芸事以外はすべて夫人任せになっていったそう。 梨園の妻と言うこともあり、夫人のストレスは溜まっていく一方でした。 2014年7月の舞台「7月大歌舞伎」は夫人が行うはずのロビー活動を母親・浜木綿子さんが行っていました。 2014年7月より、別居状態にあったようです。 実家から別のマンションへ引っ越し、引っ越したマンションから何度も仕事場へ通う姿も目撃されていました。 そのマンションから妻や子供の姿はありませんでした。 別居の理由について、知子さんは子供たちに『お父さんは忙しいから』としか言えなかったそう… 息子の親権 市川團子 政明 くんについての親権は、香川さんが持つことになりました。 約2年前から双方が代理人を立て話し合いを継続。 慰謝料や団子の親権を香川照之さんが持つことなどで合意し、離婚が正式成立したました。 親権に関しては、熱い香川照之さんの思いがあっまようです。 香川照之さんは1歳のときに市川猿翁さんと浜木綿子さんが離婚。 彼は母に育てられたため、45年にわたって父と関係がありませんでした。 しかし香川さんは歌舞伎役者になる夢を捨てきれませんでした。 そのため父との和解を目指し、中車として梨園入りを果たしたのです。 そこには『自分が澤瀉屋の看板名跡である市川猿之助を継げなくても、息子には何としても継がせたい』という思いがありました… まとめ• 香川照之は東大卒• 香川照之は梨園入りによって離婚• 息子の親権は香川照之• ということですね! 東大卒は本当でしたね。 しかし、離婚については同情してしまうような内容でしたね ・・; これから香川照之さんの見る目が変わりそうです。 息子さんにも歌舞伎役者になるなら頑張って欲しいですね!.

次の

INSECT MARKET

香川 照之

香川照之さんの経歴 香川照之さんは1965年(昭和40年)12月7日に、東京都で生まれました。 血液型はAB型で、ボクシングが趣味でボクシング解説者としても活躍しています。 歌舞伎役者の二代目市川猿翁が父、元宝塚歌劇団雪組主演娘役で女優の浜木綿子が母であり、三代目市川段四郎が父型の祖父、女優の高杉早苗が祖母です。 さらに四代目市川段四郎が叔父、市川靖子が叔母であり、母方の叔母は元タカラジェンヌの浜由理子と、芸能一家に生まれ育ったサラブレットとなっています。 香川照之さん自身も俳優の活動に加え、さらに九代目市川中車(くだいめいちかわちゅうしゃ)を名乗り歌舞伎の世界でも活躍中です。 香川照之さんはとっても頭が良い!! 香川照之さんは東京大学出身であり、小学校から高校までは梨園の子供が通うことが多い暁星学園で学びました。 暁星学園はパリのカトリック修道会・マリア会の要請5人の宣教師が来日して青年教育を目的にカトリック築地教会の敷地内に開設した神学校が母体であり、 フランス系カトリック校としてフランス語教育に力を入れています。 優等生だった香川さんは幼いころからフランス語に親しんだことにより、フランス語が堪能になったのです。 香川さんがフランス語が話せる理由には、このような生い立ちが大きく関連しています。 ちなみに 2008年にはカンヌ映画祭のレッドカーペットに出演者として登壇し、フランス語でスピーチを行い観客からの拍手喝さいを集めました。 この時のスピーチは「この素晴らしいカンヌのような場所に来られたことを、本当にうれしく思っています。 どうも有難うございます。 映画の中で社会から離脱した引きこもりの役を演じていますが、実際にはそうではありません。 みなさんも映画を楽しんでください。 」といった内容のものでした。 最後に さらに近年ではNHK教育テレビの昆虫をテーマにした番組「昆虫すごいぜ!」への出演により、一部のマニアの人たちからも高い注目を集めています。 この番組は香川さんが出演したバラエティー番組の中で昆虫に対する知識を熱く語り、「教育テレビで昆虫の番組を作りたい」と発言したことがきっかけで誕生しました。 番組内では香川さんはカマキリ(メス)の着ぐるみを自ら被り、カマキリ先生として昆虫トークを繰り広げています。 今のところ番組内でフランス語を披露する機会はありませんが、番組は現在も不定期に製作が続いていますので、新シリーズではもしかしたらそのような機会があるかもしれませんね。 またはNHK教育に出演していますからフランス語講座の番組に出演する可能性もありますね。 話は変わりますが最初に私が調べていた音楽とは Patrick Fioriさんの『Sans bruit』という曲でした。 とてもメロディーが美しく、素晴らしい曲でPatrick Fioriさんの歌声も最高で私は大好きです。 この曲はピアノが美しい旋律を奏でるバラードナンバーです。 もし、良ければこの『Sans bruit』という曲が公式にYouTubeにありましたのでぜひ、聞いてみてください。 必ず虜になりますよ! 機会があればどんどんとフランス音楽の魅力についても書いていきます。 人気の記事• 香川照之さんは日本を代表する俳優であり、映画やテレビドラマなどで活躍しています。 そして何よりすごいのがフラ... 最近にわかに話題になっているのがなんば歩きで、健康ブームでウォーキングが人気の中、注目されている歩き方です... なんば歩きは江戸時代にまでさかのぼる方法であり、当時の人々が利用をしていた歩き方です。 時代は大きく移り... ミニブログサービスを手軽に始められる、フリーソフトウェアとして流行したマストドンは、開発スキルがあれば誰で... 総務省は2019年頃までに、テレビとインターネットで番組を同時配信できるよう、放送法を改正する見込みです。... Jリーグが発足して20年以上過ぎ、サッカーは日本に定着したのだろうか?私からみれば全くと言って定着していな... バドミントンのスマッシュを素速く打つためには、筋肉を正しく強化することと、正しいフォームを身につけることが... 世界のサッカーを取り仕切っているFIFAが、将来的なシンビンルール導入を示唆しました。 「シンビン」の意味が... ここ最近、サッカー日本代表のテレビ放送は視聴率が落ちてきているのを知ってますか?それは、当たり前の事で皆さ... クリケットは日本ではほとんど普及してない事もあり、多くの日本人はどんなスポーツか知りません。 TVのス...

次の

【画像】香川照之の結婚した嫁は美人で元CA!離婚理由は梨園のいじめ?

香川 照之

具志堅用高さんを笑ってはいけない (香川照之)もうね、その私から言わせていただくとね、バラエティーで具志堅用高さんをね、笑っちゃいけない。 笑っちゃいけないの。 (玉袋筋太郎)これは絶対にダメ! (香川照之)あの人がめちゃくちゃなことを言っても、手を合わせなきゃいけないぐらいの人なんですよ。 本当に。 (玉袋筋太郎)本当、そうですよ! (香川照之)笑われてますけども。 (小林悠)玉さんも、ずっと言ってますよね。 (玉袋筋太郎)ガッツさんもそうだけどさ。 (香川照之)いや、ガッツさんは大丈夫だと思うよ。 (玉袋筋太郎)(笑) (香川照之)ガッツさんは大丈夫。 (玉袋筋太郎)具志堅さんはやっぱりこれ、神ですよ。 (小林悠)どうしても、いまの特に子どもとかは、面白いおじちゃんだと思ってると思うんですよ。 (香川照之)でしょう?ただのアフロヘアーのチョビヒゲのおじさんだと思ってるなんて、大間違いなんですよ! (玉袋筋太郎)大間違いでしょう。 (香川照之)大間違い。 本当にね、なんて言うんでしょうね?性格も含めてね、こんなに天性のものを持っている選手はいないですね。 やっぱり、日本が生んだ最高峰の選手。 で、今回ボクシングの殿堂っていう、ニューヨークで、アメリカで認められた殿堂入りをしたんですよ。 (小林悠)ええーっ!すごいですね。 (香川照之)ボクシングではファイティング原田さん、亡くなられた大場政夫さんについで、この3人しかいないんですけど。 具志堅さん。 (玉袋筋太郎)そうですよ!大変だ、これ。 (小林悠)いま、お二人が目をひんむいてこっちを指さしてきたのが・・・怖かったです(笑)。 (玉袋筋太郎)本当に具志堅さんの偉業っていうのは、もっともっと言われるべきで。 (香川照之)すんごいんですよ。 (玉袋筋太郎)だからそれを許す具志堅さんっつーのがやっぱり頭がいいわけですよ。 (香川照之)頭いい!具志堅さん、頭いいねー!あのね、綾瀬はるかと同じ匂いがしますね。 (玉袋筋太郎)あっ、綾瀬はるか!そうなんですか? (香川照之)あいつは頭いいっすよ!気をつけないと! (玉袋筋太郎)うわっ、怖え! (小林悠)本当ですか!? (玉袋筋太郎)俺、てっきり天然だと思ってたけど。 (香川照之)あれはもうね、綾瀬はるかをね、ボケてるだ天然だって言ってるようじゃ、もう綾瀬はるかの手のひらの上で転がされているようなもんですから。 (玉袋筋太郎)かぁーっ!強いなー! (香川照之)もうあいつがすんごい奴だと思ってかかっていかないと。 (玉袋筋太郎)具志堅イコール綾瀬はるか! (小林悠)知らなかった! (玉袋筋太郎)結びつけましたね! (香川照之)具志堅綾瀬はるか理論って。 (玉袋筋太郎)これ、いい!一冊書きましょう!新書で。 (香川照之)はい。 これはね、本当にすごいですよ。 ただ、この2人を同時にテレビ番組で進行させてもなにも進まないっていう。 食べ合わせみたいなもんでね。 (玉袋筋太郎)(笑)。 試合は成立しない。 (香川照之)食べ合わせは食べ合わせなんですよ。 (玉袋筋太郎)ノーコンテストですよ。 (小林悠)誰か入ってくれないと。 (香川照之)誰か入らないと。 間にレフリーが入って初めて成立する。 まあ具志堅さんはすごいっすね。 (玉袋筋太郎)まあボクサーっつーのはやっぱ、チャンピオンになると人間が変わっていくよ。 本当、素晴らしくなってくる。 いや、本当香川さんも親交のある西岡選手。 西岡選手が初めてこう、まあ東京に来てからの後楽園の試合。 激励賞を僕、出したんですよ。 『玉袋筋太郎』って。 で、やっぱ後楽園ホールで『玉袋筋太郎様から・・・』って言われると、笑いが起きちゃうわけですよ。 で、ちょっと西岡選手も『恥ずかしいな』みたいな顔して。 その後、俺のところに来てくれて挨拶したんだけど。 (小林悠)はい。 (玉袋筋太郎)その時はまだね、お兄ちゃんだったんだよね。 雰囲気が。 お兄ちゃんだったんですよ。 大阪から出てきて。 夢は持っているけど、ちょっとこう、まだツッパってる感じだったんだけど。 世界チャンピオンになってからの受け応え。 インタビューの。 もうすっごい立派になっちゃって。 感動したのよ、俺。 あのマイクパフォーマンス。 (香川照之)そう。 西岡さんもそうですし、長谷川穂積選手も。 やっぱりね、10階級タイトルを防衛したり、世界戦で連勝する選手っていうのはね、やっぱりどっかでね、そういうような人間としてね、心が正しくなってますね。 これは、間違いなくそう。 で、そうじゃなきゃまたね、長続きしない。 だって具志堅さんはね、そういったところと・・・なんて言うんでしょうね?本当にね、天使みたいなんだよね。 (玉袋筋太郎)うん。 (香川照之)素直なの。 ずっと。 だからたぶん沖縄の石垣島っていう自然が育てた・・・あのね、汚れてないんですよ。 具志堅さんは。 ピュアです。 (玉袋筋太郎)だから当時、具志堅さんが石垣島から送り出されるっていうドキュメンタリーをNHKでやっていて。 それ、再放送を見たけど、やっぱすごいよ。 家族全員に応援されて。 (小林悠)まだぜんぜん若いころに。 (玉袋筋太郎)で、チャンピオンになって・・・っていうね。 (香川照之)本当だったら拓殖大学に入るはずで。 有名な話ですよ。 待ってたんだから。 空港で。 待っていたんですけど、『こちらですよ』『あっ、そうなの?』って、そのまま協栄ジム行っちゃったんだもん。 (玉袋筋太郎)行っちゃったんだから! (小林悠)(笑) (香川照之)でも、そこでもし大学の、六大学のアマチュア選手にまだとどまっていたら、ああはなってなかったわけですよ。 これも運命なんですよ。 具志堅さんが素直じゃなかったら、『んん?』ってちょっと思うと思うんですけど。 まあ、ご覧の通りの具志堅さんの性格なんで。 『こっちなの?』ってすぐ行っちゃったッて言う。 (小林悠)伸び伸びとね(笑)。 (香川照之)伸び伸びと行っちゃったっていう。 そういうもうね、拓殖大学事件もありますけど。 (玉袋筋太郎)だけどもう、じゃあずっと後楽園ホール通ってたんですか? (香川照之)通ってましたねー!後楽園は通ってましたね。 もう、ほとんどのいまの世界チャンピオンの人たちのデビュー戦からこう、見たりとか。 世界をとると言われていたのに、とれなかった人たちをこう、ね。 苦虫を噛み潰す思いで見たり・・・ (玉袋筋太郎)一瞬ですからね。 輝く瞬間は。 (香川照之)そうですね。 後楽園ホールは見てましたね。 (玉袋筋太郎)もうリングサイドクラブですよ。 言ってみたら。 大変な。 (小林悠)なんですか?それは。 (玉袋筋太郎)そういうクラブがあるんですよ。 後楽園ホール。 (香川照之)リングサイドクラブっていうのがあるんですよ。 いい試合になるとですね、『リングサイドクラブより、金一封の贈呈でございます!』『オオオーッ!(拍手)』っていうね。 (玉袋筋太郎)ある時からね、リングサイドクラブは映らないように。 (香川照之)なったの。 そうです。 (玉袋筋太郎)(笑) (小林悠)のぞいてみたい気もしますね(笑)。 (玉袋筋太郎)ねえ。 でも後楽園ホールっていいですよね。 雰囲気がね。 たまらない。 (香川照之)すごくよかった。 でもね、最近はすごい女性の方もね、やっぱり。 ボクサーも女性の世界チャンピオン、たくさんいますし。 女性の方、増えているから。 まあ、行きやすい雰囲気にはね。 (玉袋筋太郎)なったけど。 でもあのころのやっぱり後楽園っつったら、やっぱり・・・ (香川照之)すごかったですねー! (玉袋筋太郎)すごいですよね。 (香川照之)すごいですよ。 で、著名なね、タレントの方や俳優の方が、そのリングサイドクラブのど真ん中に吸い寄せられて入っていって。 『おう、この人は!?』みたいな。 (玉袋・小林)(笑) (香川照之)言えませんけども。 (玉袋筋太郎)俺もそういうの、大好きで。

次の