ラウドネス ノーマライゼーション。 Amazon Music HDのビットパーフェクト再生について

ミュージシャンが知っておくべき「音圧」![ストリーミング][YouTube][CD]の音源を一緒にしてはいけない件

ラウドネス ノーマライゼーション

測定してみると こうなりました。 ワタクシが確認出来るYoutubeとSpotify、iTunesで答え合わせをしてみると。。 Youtubeだと-0. 1dB基準より低くノースコアで正解。 Spotifyは実測値の場合-1. 3dB低くなっててコレも0. 1dBの誤差で正解。 iTunesもサウンドチェックの情報をみてみると-2. 9dBでコチラも0. 1dBの誤差で正解。 iTunesに関してはラフな計算という補足がついているものの、全体的に結構正確な結果が出ると思われますよ! ちなみに、iTunesは曲のファイルの情報の中でノーマライズ量が確認出来ます。 あと、環境設定の「再生」項目の 「音量を自動調整」というところにチェックを入れないとラウドネスノーマライゼーションは働きません。 音量が-1dBという表示は、ラウドネスノーマライゼーション時に再生音量が自動で-1dBとなるということです。 Youtubeは動画画面の中で右クリックで「動画統計情報」という画面からノーマライズの量が確認出来ます。 ので、一応この2つのサービスは答え合わせが出来ますね。 ちなみに基準値よりも低い場合、YoutubeとTidalの場合は音量に影響が出ないので数字は表示されません。 その他サービスについては基準値までプラスいくらかを表示します。 Spotifyは基準値より低い楽曲の場合ちょっと音量を上げられて内部リミッターの影響が出るよという補足が出てきますね。 あと、Spotifyはアルバム単位でのノーマライゼーションが適用されるようなので、ここでの数値はシャッフルモードやプレイリスト内での再生の時の値だと思います。 それから Spotify無料アカウント版ではラウドネスノーマライゼーションはありません。 この数値を参考にどうするか?〜音量自動調節時代との付き合い方〜 単純明快なWEBサービスで使い方はすぐに分かると思いますが、じゃあ出てきた数値を見てどうすればいいのか…? これは各々が決めることですが、ワタクシの考えを書いてみたいと思います。 まず最初に主張したいのは、 ラウドネスノーマライゼーションによってデフォルトの再生音量が下げられたとしても、その楽曲が持っている絶対的な質感や価値というものは変わらないということです。 ラウドネスノーマライゼーションによって楽曲の「音圧が低くなる」ということを懸念する方がいますが、 変わるのは他の楽曲との相対的な関係性だけで、その楽曲に内包されている「音圧」は変わらないということ。 だから、もし「ラウドネス・ペナルティ」で測定した結果、各プラットフォームで音量が下げられてしまうと分かったとしても、 自分がその楽曲の質感に自信を持って満足していると言えるなら何も変える必要はありません。 誰かに海苔波形と罵られようが自信を持ってリリースすれば良いのです。 一方で、 何かの質感と引き換えにマキシマイザーに突っ込んで平均音量を上げていたのなら…「ラウドネスペナルティ」で表示されている数値分は一度下げてみたら良いと思います。 思うにラウドネスノーマライゼーションで変わるのは「アイツの曲よりもデカイ音にしたいんだ!」という願望が、マキシマイザーで平均音量を上げることでは実現出来なくなるということなのではないでしょうか? これはつまり、 他の誰かの楽曲と「平均音量の部分」で比較しないで、自分の楽曲の持つ質感に一段とフォーカス出来るようになるということと言えます。 とっても良いことだと思いません? マキシマイザーでバキバキにする質感だって好きならやるし、ダイナミックレンジの広い質感が好きな人は「あの音源より音が小さい」とかいうネガティブな理由から望まないリミッティングを強いられる事がなくなってくるのです。 まあゴチャゴチャ書きましたが、 これからは自分にとって良い「質感」を求めることに集中していきましょう!ってことです。 専門外の方への説得ツールとして ということで便利なサイトとして紹介しました「ラウドネスペナルティ」ですが、どちらかと言えば ラウドネス関係の知識が乏しい依頼者に対する説得ツールとして活用できるのではないかと思いました。 マスタリングエンジニアの方が「音が小さい!」とクライアント様に言われたら、このサイトでの数値を見せれば感覚的にどういう意図があるのかを理解してもらえるかも? 「ペナルティ」というちょっと刺激的なワードをチョイスしていますが、 音量が自動で下げられたとしても自信を持って聴かせられる質感を作っていきたいですね。 (というか、リスナーが好きに再生音量上げられるわけで…) デフォルトでの平均音量よりも、質感そのものにフォーカスして録音作品が作られていく時代になっていけば良いな〜っと切に思っています。 (終)•

次の

【レビュー】Amazon Music HDが待望の「排他モード」対応! 音質改善したのか聴いてみた

ラウドネス ノーマライゼーション

2019年09月21日 Amazon Music HDをビットパーフェクトで再生する方法をまとめてみました。 全プラットフォーム共通: ボリュームを最大設定 ラウドネスノーマライゼーションを無効化 Windows: WASAPI共有モードで動いているので、音源のサンプリングレートと既定の形式を一致させること。 しかし、共有モードの仕様上、-0. 1dBFS付近でリミッターが働くので、その時だけビットパーフェクトではない。 Mac: 普通のCore Audio Exclusive Modeではない で動いているので、音源のサンプリングレートと既定の形式を一致させること。 iOS: iOSとDACがDAC側の上限フォーマットで接続確立するため、DAC側の上限のサンプリングレートが音源のサンプリングレートと一致する場合にのみ可能。 1に限り可 まとめ:上方向のSRCはそれほど音に影響を与えないので問題ないと考えて、WindowsとMacでは既定の形式をDACの上限フォーマットに設定して楽しむべし!プレイリスト内にサンプリングレートが違う楽曲が含まれることを加味すると、プレイリストをギャップレスで再生するために再生フォーマットを一定にしたのは潔し! Windows環境ではリミッターが働くので、ラウドネスノーマライゼーションを有効化にした方が良い。 規定レベル-14LUFSの下方向オンリーだから0dBFS張り付きの楽曲など効果あり。 Windows以外でも0dBFS近辺はほとんどのDACで歪率が増大するから、基本的にラウドネスノーマライゼーションを有効にした方が良い。 0dBFS近辺の歪率上昇に比べたらデジタル上で一桁dB絞ることの影響はないに等しい。 ラウドネスノーマライゼーションについての和書は無に等しかったんですが、唯一この本が理解に役立ちます。 再生ソフトウェアのビットパーフェクト論については、OSのSRC、リミッター、ミキサー等を一緒くたにして語られることがほとんどで、その影響度合いを吟味した議論は無いように感じる。 オーディオデータ的には1ビットも変わりない。 おまけ2:ビットレート表記について、Amazon側の表記ゆれで、圧縮率が高いという誤解が多いけれど、実際は普通のFLACと同等程度。 「HD楽曲のビット深度は16ビット、最小サンプルレートは44. 1kHz(CD音質とも呼ばれます)、平均ビットレートは850kbpsです。 Ultra HD楽曲のビット深度は24ビット、サンプルレートは44. 1kHz? 192kHz、平均ビットレートは3730kbpsです。 」 「、3分半の長さの曲の最大限の音質でのファイルサイズの例です。 購入して4年ですが、幸いにしてメーカーの延長保証5年が適用されて無償で済みました。 今週帰ってきたばかりなので、まだ左右差、繋がりに違和感を覚えますが、まあ聴いているうちにこなれていくでしょう。 修理費を払ったつもりで今まで手を出してこなかったジャズのオリ盤いくつか買いました。 ジャズは体になじまないんであまり聴かないんですが、それでも耳タコな音源はいくつかあります。 耳タコ音源が事あるごとにまるで初めて聴くが如く感じられることがオーディオの魅力の一つ感じてます。 耳タコになるぐらい聴いたのならオリジナル手に入れても良いかな、と。 今までマスタリング違い等々同じ音源をいくつも手に入れて聴いてましたが、ようやく原典に触れられました。 レス一覧• serierilさん こちらでもこんばんは 同じ音源で比較される・・・基本が出来ていてほっとします。 Windowsに関して1点提案です。 Windowsでは「ラウドネスノーマライゼーションの有効化」が良いとされていますが、一般論と同じように「Windowsもラウドネスノーマライゼーションを無効化したうえで、WindowsOSのピークリミッターを解除」することでビットパーフェクトは実現できると思います。 ピークリミッター解除のツールは川本氏がフリーソフトで公開されていますのでご活用下さい。 watch. impress. html WindowsのSRCの品質は1 線形補間 ~60 最高品質 まで設定があるようですがデフォルト値は記憶によれば30です。 レイテンシーが増えるのでMicrosoftは60に消極的です。 PlayPCMWinではその値が指定可能でした。 Amazonにその値を変更する機能が実装されていない場合は、サンプリングレート変換をしない=ソースと同じレートを指定するのが Windowsでは ベストと考えられます。 実聴でもWindowsのSRCの品質は良くありません。 Macはそんなこと無さそうですけれど。 by at2019-09-21 02:41• Windowsに関しておっしゃる通りです。 SRCの品質については、下記ドキュメントにて公開されていますが、明示的に実装されている例はPlayP㎝Winぐらいであまり見かけません。 microsoft. microsoft. microsoft. microsoft. 排他でやってくれれば、ラッパドライバ JRiver WDM Driver等 を介していろいろできます。 ただ、Spotifyと全く同じ方式にしたてあげていることからサービス意図が伺えて、あんまり期待できない気もしています…。 by at2019-09-21 03:29 レスを書く.

次の

ラウドネスノーマライゼーションとは │ 抹茶music 〜DTMの始め方〜

ラウドネス ノーマライゼーション

今回はMeter Plugs社のLoudness Penaltyについて解説していきます。 このLoudness Penaltyは、楽曲を分析し、各種配信サービス向けの音量の指標を示してくれるプラグインです。 YouTubeやSpotifyといった各種配信サービスは、楽曲の再生音量を一定にし、快適にリスニング出来ることを目的として、ラウドネス・ノーマライゼーションという仕組みが取り入れられています。 そのため、過度に音圧を上げたとしても、基準値の音量までボリュームが下げられてしまいます。 過度に音圧を上げた楽曲は、引き換えにダイナミクスを失ってしまうため、それを避けるには、各種配信サービスのラウドネスノーマライゼーションを意識した音圧の設定が必要になるというわけです。 それでは、Loudness Penaltyの使い方について詳しく見ていきましょう。 Loudness Penalty 動画• ラウドネスペナルティスコアを計測する では実際にプラグインを使用してみましょう。 Loudness Penaltyは、マスタートラックの一番最後にインサートします。 マキシマイザーを適用している場合は、その後に挿しましょう。 この状態で再生すると、即座に計測された数値が表示されます。 これらの数値は、それぞれの配信サービスにおけるラウドネスノーマライゼーションで、どのように音量が調整されるかをdb単位で表しています。 マイナスの場合は大きすぎるため小さくされる、プラスの場合は小さすぎるため大きくされる、といった具合です。 配信サービスによっては大きくされないものもありますので、とりあえず0を目指して音量を調整すると考えてよいでしょう。 なお、この数値を本プラグインではラウドネスペナルティスコアと名付けています。 各配信サービスでの音量をプレビューする 目的の配信サービスのラウドネスペナルティスコアをクリックし、Previewボタンを押して楽曲を再生すると、現在のスコア分を補正した音量で聴くことができます。 今回はSpotifyを選択してみましょう。 このプレビュー音量は、ボタンクリック時のラウドネスペナルティスコアを基準とします。 なので、スコアが変動しても音量が追従することはありません。 スコア部分をもう一度クリックすると、その時点のスコアで補正された音量をプレビューできます。 なお、プレビューした時点のスコアから0. 3db以上の変動があった場合、数値がオレンジ色に点灯します。 これを目安にして、プレビュー音量の更新を行ってもよいでしょう。 この操作を自動的に行ってくれるのがAuto Gain ボタンです。 Auto Gainボタンをオンにすると、現在のラウドネスペナルティスコアに自動追従してプレビューを行うことができます。 正確な計測方法と書き出し時の注意点 正確なラウドネスペナルティスコアを計測するには、リセットボタンを押して、楽曲を最初から最後まで再生する必要があります。 こちらがその数値です。 Spotifyの場合、3. 7db音量が下げられることになりますから、マキシマイザーのスレッショルドを3. 7db戻します。 その上でもう一度全体を再生し、目的の配信サービスで0に近い数値となっていれば、音量が最適化されたということになります。 最後に一つ注意点です。 作業が終わったら、必ずプレビューオフ、あるいはプラグインがバイパスになっていることを確認してください。 プレビュー状態のままだと、補正がかけられた状態で書き出されてしまいます。 Loudness Penaltyは配信の時代のマスタリングに非常に有用なプラグインと感じました。 ご興味を持たれた方は、ぜひWebでお試しの上、購入を検討してみてください。 製品のご購入はこちらから.

次の