サンパワー リザードン 育成論。 【ポケモン剣盾】リザードン(キョダイマックス)の育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

リザードン

サンパワー リザードン 育成論

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 CとSに努力値を振る 特攻、素早さともに、最大にしておきたいので252ずつ振ろう。 余りはBまたはDに振っておこう。 Hに振ると偶数になり、ステルスロックを2回踏むだけで倒れてしまう。 性格はおくびょうがおすすめ 特殊型リザードンの性格はとくこうが上がるひかえめか、素早さが上がる臆病の2択。 ミミッキュやヒヒダルマ、ドリュウズなどに先制するために 素早さが上がるおくびょうがおすすめ。 ダイマックスと相性の良いポケモン 特性サンパワーを活用するためには、ダイマックスして ダイバーンでひでり状態にするのが必須。 タイプ一致ダイジェットでSを上げる戦法も強力なので、ダイマックスを使用したいポケモンの1匹だ。 道具はダメージが上がるものを持たせる 超火力で押し切れるように、道具はダメージが上がるものを持たせよう。 持たせるだけでいいもくたんや、非ダイマックス時に火力を出せるこだわりメガネ、ダイマックスと相性の良い弱点保険も使いやすい。 4ターンの間ダメージを与える。 これにより、微妙に残ったHPを削り切ることも可能。 サンパワー型の方が実用的 通常のダイマックス型と違いダイバーンが使えないため、結果的に特性がもうかとなる。 継続ダメージは魅力的だが、サンパワーで純粋な火力を高める方が強力と言える。 ダイウォールの使用や、相性有利のポケモンに入れ替えて3ターンをやり過ごそう。 ひでりを上書きしよう リザードンはダイジェットでSを上げ、ダイバーンでひでりにしてサンパワーを発動、超火力でこちらを仕留めてくる。 ひでり状態でなくなればダメージが下がるので、後攻のダイマックス技で天候の上書きを狙おう。 岩技で攻撃するのが理想 現環境のリザードンは必ずといっていいほどダイマックスしてくる。 2倍弱点程度だと倒しきれない可能性があるため、岩技で4倍を狙いたい。 バンギラスならタイプ一致の岩技が使えるうえに、特防も高く耐久面も安心だ。 あらかじめ撒いておけば岩タイプ以外の弱点技でも楽に処理できるようになるぞ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】リザードン育成論・夢特性・対策

サンパワー リザードン 育成論

はじめに 今回は、ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンにおける、メガリザードンYの育成論を紹介する記事となります。 前提条件として、種族値や努力値などといった非公式用語や、ステータスについてHABCDSと省略する箇所、技についての無理のない範囲での略称を用いる箇所がございます。 あらかじめご理解いただきますようお願いいたします。 また、今回の記事に関してはあくまでシングルバトル向けのものとなります。 その特徴はなんといっても、特攻種族値159からの特性「ひでり」によるタイプ一致の炎技となります。 あの眼鏡ラティオスすらもを軽く上回る特攻から自由に技を撃ち分けでき、晴れ状態を作ることで水のダメージを抑えながらソーラービームを撃つことで水タイプを返り討ちにすることもでき、天候を残すことで場の展開を変えていくこともできます。 その圧倒的な特攻から放たれる晴れ状態の炎技は、タイプ相性や数値を軽く無視して負荷をかけていけるほどに強力です。 そのため、交代戦の中で負荷をかけていく崩しエースとして活躍させてあげるのが最適でしょう。 また、リザードンの性質上メガリザードンXとの選択肢を常にちらつかせることができるため、メガシンカする瞬間まで安易な特殊受けの後出しもできません。 一方、岩が4倍のためステルスロックだけで半分も体力を削られてしまい、多くのポケモンに用いられる岩技「がんせきふうじ」に弱いという致命的な弱点を抱えているポケモンでもあります。 特にガブリアスやウツロイドに対しては、素早さで負けている上炎技を半減されてしまうので後出しからの遂行を簡単にされてしまい、交代読みでステルスロックを撒かれてしまう危険性も大きいため天敵と言えるでしょう。 また、いくら崩し性能が高いといえども、ヒードランやラッキーなど特性や数値で強引に受けきってくるようなポケモンに対しては手も足も出せず、逆にこちらのサイクルを崩されかねないため選出自体が難しくなります。 総じて有利不利がはっきりと分かれており、タイプ相性に忠実な攻撃的サイクルのパーティとの相性が抜群です。 特に、攻撃的なサイクル同士での対戦ではその崩し性能がより一層輝きます。 特攻種族値159からの晴れ状態タイプ一致の炎技• 特性ひでりで天候をコントロール• Xの選択肢による見た目の圧力 短所• 岩4倍でステルスロックに非常に弱い• 天敵と対面すると一気に試合展開が難しくなる• 崩しきれない相手には手も足も出ない 技選択 攻撃技 ・かえんほうしゃ メインウエポン。 威力命中安定の炎技。 ・だいもんじ 火炎放射と選択のメインウエポン。 命中は不安ですが、火炎放射では絶妙に足りない火力を補完できます。 ・オーバーヒート 交代戦の中で一気に負荷をかけることのできる大技。 火炎放射と両立し撃ち分けるのが最適です。 ・ブラストバーン 極めて火力の高いこのポケモンの技の中でも最高火力を誇りますが… ・ソーラービーム 特性ひでりと最高の相性を持ち、アイデンティティでもある高火力のサブウェポン。 ・ニトロチャージ 攻撃しながら素早さ上昇。 これがあると単体で全抜きを狙っていくことも可能になります。 ・エアスラッシュ タイプ一致ながら弱点狙いとしてはバシャーモピンポイント。 しかし一貫性が高く、3割のズルを仕掛けることもできます。 ・きあいだま 命中は不安ですが、バンギラスやヒードランなど、通常では手も足も出せないような相手を倒せる可能性が生まれます。 ・めざめるパワー 氷or地面。 氷の場合、ガブリアスやボーマンダに対する読み合いで一気に負荷をかけることができます。 地面はヒードランピンポイントで、地震でも事足ります。 ・じしん ヒードランとウツロイドピンポイント。 しかし本来勝てない相手であるため、決まれば一気に試合展開を変えることができます。 めざ地と選択ですが、仮想敵が防御<特防であることがほとんどのため、シングルではめざ地より地震のほうがいいでしょう。 ・げんしのちから 6世代と異なりファイアローが激減してしまったので、実質リザードンミラーピンポイント。 一応最強の積み技です。 補助技 ・おにび 耐久型向け。 自身より遅い物理ポケモンに圧力をかけます。 ・はねやすめ 回復技。 耐久型に必須なほか、アタッカー型においても長期的なサイクルに対応できるようになるため、あると安心感が生まれます。 ・みがわり 技スペースこそきついですが、このポケモンの性質上交換読みで残しやすいため、相手の交代に対しての対応を有利にします。 育成例 ここからは、主な型についての育成例を紹介していきます。 この型は基本的に有利な相手に繰り出し、有利対面からのオーバーヒートで一気にサイクルを崩していくタイプのエースとして運用していくスタイルとなります。 居座りが期待できるときは安定的に高火力を出せる火炎放射を撃っていきます。 配分に関しては特攻と素早さに振り切ったものが最もスタンダードですが、シーズン2の耐久振りが最終1位を記録して以来耐久に大きく割いた配分が一気に注目されるようになりました。 サブウェポンや補助技、努力値調整の選択肢も十分に考えることができ、このポケモンを使う上では最もシンプルでわかりやすい型といえるでしょう。 起点作りや死に出しから、削れた相手にニトロチャージでトドメを刺し、そのまま加速した状態で全抜きを狙っていきます。 この型の場合は全抜きの駒として居座っていくため、特攻の下がってしまうオーバーヒートはあまりおすすめできません。 その代わり、多くのポケモンを抜き去りながら超火力の炎技を叩き込むことができます。 なお、ニトロチャージで多くのポケモンを抜いていく都合上、最低でも素早さは135 最速70族抜き、加速後に最速130族抜き 、欲をいうなら138 準速85族抜き、加速後最速135族抜き 以上はほしいです。 素の状態でどこまで抜きたいか、あるいは加速後にどのラインまで抜けるようになりたいか考慮して調整しましょう。 このポケモンを積極的に通していきたいと考える方にはぜひおすすめしたい型です。 ミミッキュやギャラドスなどをはじめ、積極的に上から鬼火を当てていかなければならないので基本的には最速にしましょう。 この型の場合は耐久面を重視するため、攻撃技は炎技と補完のサブウェポンの2つとなります。 この型においては鬼火の通らない炎タイプと撃ち合ったり、範囲の補完をとったりするためにも、エアスラッシュが好まれる傾向にあります。 最大の欠点としては鬼火を当てないと話にならないということです。 当てさえすれば、遅い物理アタッカーには強引に粘り勝てる可能性がぐんと上がります。 もちろん、無振りでも十分すぎる攻撃力を持っているので、攻撃を通せる相手には積極的に負荷をかけていきましょう。 安定的にサイクル戦を楽しみたい方にはこちらの型をおすすめします。 マンダの捨て身耐え、ガブをめざ氷で1発などの調整がなされており、対面性能を大きく引き上げた型となっています。 一緒に組ませたいポケモン 最後に、一緒に組ませるとよさそうなポケモンたちを紹介します。 カバルドン このポケモンは、リザードンが苦手とするガブリアスやウツロイド、電気タイプなどに後出しすることができ、逆に苦手な草タイプや水タイプに対してリザードンを強く出していくことができるため、相性補完に優れます。 相性補完に優れるのみならず、カバルドンとリザードンがお互いに天候特性を持つため、お互いに得意な天候に切り替えながらサイクルを展開していくことができるのが最大の強みです。 さらに、このポケモンはXと並べた際にも最高級の相性を誇り、サイクルのみならず起点作りからの展開の型までもを予想させるため、この2体だけでメガシンカ先を推測されにくいという点もあり、相性補完や天候操作、メガシンカ先との相性をすべて考えた上では 最高の相棒と言っても過言ではありません。 ガブリアス リザードンにとっての最大の天敵でもありますが、味方として組んだ際にも屈指の相性補完を発揮することができます。 特に地面とドラゴンによる良好な耐性と攻撃範囲からより攻撃的なサイクルに仕立て上げることができるでしょう。 苦手な電気タイプを上から制圧したり、リザードンで崩してからガブリアスを通していく戦法をとることができたりするため、 特にスカーフ型と組むと最高の相性を発揮します。 ランドロス こちらもガブリアスやカバルドンと同様に相性がよく、特に特性いかくでのサポートととんぼがえりによる繰り出し補助からリザードンを出しやすい状況を作ってあげやすいところが他の地面枠との差です。 ガブリアスと比べた際の性質上、スカーフよりもゴツメやチョッキでクッションにしながらリザードンをエースとして運用してあげるほうがうまくいくと思います。 ナットレイ リザードンの苦手な龍全般や電気、一部の水に対して非常に強く、地面技も等倍なので地面への後出しもできるため、多くの構築に必須な鋼枠の中でも特に相性のいいポケモンです。 やどりぎでのサイクル補助ももちろん強力ですが、鉢巻型にして2体でサイクル破壊を積極的に行っていくのも面白いです。 ゲッコウガ 特に先発としての性能に優れ、リザードンが苦手とする ステルスロックを撒いてくる連中の多くに強く出ることができます。 タスキや水Z、スカーフなどで運用し、先発性能を存分に活かすべきでしょう。 カプ・テテフ リザードンと組む際は特にスカーフでの運用がおすすめで、テテフの苦手な鋼にリザードンが非常に強い圧力をかけることができるので、鋼を潰してからスカーフテテフを通していくという戦法をとりたいです。 対策 非常に高い攻撃力を持ち受けきるのが困難なため、リザードンより早くて一撃で落とせるポケモンで上から殴るのがまず真っ当といえるでしょう。 スカーフ岩雪崩など Yだとわかっていて受けに回るのであればヒードランやラッキー、ドヒドイデでほぼ受けきることができますが、Xとの選択肢で崩されてしまう危険性も少なくありません。 いずれにしても受けきることは極めて困難なため、リザードンより早くなおかつXY両方に強いガブリアスやウツロイドにこだわりスカーフを持たせて後出しor死に出しから止めるのが最安定といっていいでしょう。 おわりに いかがでしたか? メガリザードンYを使ってみたいという方の参考に少しでもなっていれば幸いです。 また、技の選択肢や調整、相性のいいポケモンにはまだまだ不備があるのではと考えているため、こんなのあるよと教えてくださる方がいらっしゃると大変嬉しいです。 ここまでご覧くださり、ありがとうございました。 ご意見、ご感想はコメントもしくはTwitterにぜひお願いいたします。

次の

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論

サンパワー リザードン 育成論

リザードン(キョダイマックス)の育成論 リザードン(キョダイマックス)の育成論はこのようになります。 性格:おくびょう• 特性:もうか or サンパワー• 持ち物:命の珠、こだわりスカーフ、ヨロギのみなど• 努力値:B4 C252 S252• キョダイゴクエンを撃つ前に倒されてしまわないよう、スカーフでないドリュウズやヒヒダルマには先制をとれる保証があると動きやすいはず(ダイジェット込でスカーフ持ちも抜けるようになる)ですので、素早さに性格補正をかけた『おくびょう』がおすすめとなります。 リザードンは素早さの種族値が100と高く、素早さに補正をかけることでサザンドラやミミッキュらの上を取れるのも優秀だと言えます。 どちらの特性を選ぶかは構築次第? リザードンには『もうか』と『サンパワー』の2つの特性がありますが、基本的には『もうか』を選ぶことになるでしょう。 ですが、晴れ状態にできる構築であれば『サンパワー』も魅力的であり、晴れキョダイゴクエンでトゲキッスやニンフィアのような特防の高いポケモンであっても一撃で倒せてしまうほどのパワーがあります。 シングルでは晴れにするのは少し難しいかもしれませんが、ダブルではヤミラミやエルフーンなどの『いたずらごころ』の特性を持ったポケモンに『にほんばれ』を使わせたり、『ひでり』の特性をもったキュウコンやコータスと一緒に採用してあげるなど、『サンパワー』を活かせる形にしてあげるとリザードンがとても心強い存在になります。 持ち物について リザードンはダイマックスしても耐久が心もとないポケモンです。 弱点をつかれればたとえHPが2倍あっても簡単に倒されてしまうため、ダイマックス役の定石である『じゃくてんほけん』や『いのちのたま』以外にも『ヨロギのみ』や『ソクノのみ』といった持ち物が候補に挙がります。 持ち物は特性やバトルのスタイルによって変わるのですが、 特性が『もうか』であるなら、『いのちのたま』がおすすめです。 一撃で倒せる範囲を広げることで、結果的に被弾を抑えることができたりするので、火力を増強したいという理由からです。 一方、『サンパワー』の場合には半減実がおすすめです。 火力が過剰というのもありますが、『サンパワー』と『いのちのたま』を両立するとHPの消耗が激しいのもあり、強気に動かしていける半減実(4倍弱点の岩技をケアできる『ヨロギのみ』がおすすめ)が良いでしょう。 また、ダイマックス時には恩恵を得られなくなってしまうものの、多くのポケモンの上を取れるようになる『こだわりスカーフ』も候補となります。 耐久調整はせずに、努力値はCSぶっぱでOK! 性格や持ち物の項にも記載したとおり、高い素早さと高い特攻で倒していける範囲を広げることこそがリザードンの低い耐久をケアすることにも繋がるので、基本的にはCSぶっぱでOKです。 おすすめの技 リザードン(キョダイマックス)のおすすめの技を紹介します。 ブラストバーン キョダイゴクエンを威力150で撃てるようになる御三家の専用技です。 キョダイマックス前提であるなら、炎技はこの技を採用するといいかもしれません。 かえんほうしゃ、ほのおのちかい、だいもんじ、オーバーヒート ブラストバーンに比べると、ダイマックス時の技の威力は落ちますが、非ダイマックス時には使いやすい技たちです。 他のポケモンとダイマックスが競合しやすい構築の場合には、こちらの技から選ぶのが良いでしょう。 ねっぷう ダブルバトルの炎技としては全体技の『ねっぷう』がとても使いやすいです。 『このゆびとまれ』をされていても隣のポケモンに攻撃が通るのが非常に便利ですね。 エアスラッシュ タイプ一致の飛行技であり、『ダイジェット』により素早さもあげることができる技なので、相手の上を取りたいリザードンとはとても相性が良いです。 よほどのことがない限り採用することになるでしょう。 『ダイジェット』の威力にこだわる方は『ぼうふう』も覚えるので、そちらを採用するのも一考の価値があります。 ソーラービーム 炎技の通りにくい岩タイプや水タイプのポケモンに『ダイソウゲン』を撃つための技です。 この技を採用した際の技範囲はとても魅力的ですが、非ダイマックス時には使いにくいのがやや難点です りゅうのはどう ドラゴンタイプへの打点として、また『ダイドラグーン』の攻撃力ダウンも魅力的です。 技範囲的には、炎、飛行、草で完成しているので、どうしてもドラゴンタイプが重い場合にのみ採用する形になるかと思われます。 きあいだま 命中難&バンギラスピンポイントの技です。 ダイマックスすれば必中にはなりますが、格闘タイプのダイマックス技は威力が低めに設定されているという点には注意しましょう。 げんしのちから リザードンミラー、ヒートロトムの対策に! まもる リザードンは耐久の低いポケモンなので、ダブルバトルではほぼ必須になるでしょう。 キョダイゴクエンの定数ダメージ稼ぎにも便利です。 リザードン(キョダイマックス)の対策 リザードンは技の範囲が広く、キョダイマックスで火力と耐久を増強されることまで考慮すると、対策はそこそこ難しいポケモンです。 リザードンより早く行動できるポケモンを採用する リザードンの素早さの種族値は100と早い部類にはなりますが、これより高いポケモンも少なくはありません。 ダイジェットで素早さをあげられるとはいえ、素の状態で上をとれるポケモンが1匹いるだけでとても動きやすくなります。 リザードンは耐久も高くないので、アイアントやスカーフウオノラゴンなどを採用すれば、ダイマックスしたリザードンであっても一撃で倒すことも可能です。 気合の襷以外での行動保証を考える リザードンは耐久が低いポケモンのため、襷で無理やり耐えてでも攻撃を返していければ致命傷を与えることができます。 ですが、キョダイゴクエンの追加効果により襷が削られてしまうので、あまりスマートな対策とは言えません。 受けに回るのであれば、化けの皮の特性を持つミミッキュや、厚い脂肪の特性を持つカビゴン、すなおこしの特性を持つバンギラスといったポケモンで受けるのが得策になるでしょう。 炎タイプのポケモンであればキョダイゴクエンのスリップダメージを受けないので、ガオガエンやシャンデラなど炎タイプのポケモンを採用するのも良いですね。 リザードンは耐久が高くないポケモンなので、ダイマックスした状態でも攻撃を入れていけば処理するのは難しくありません。 キョダイマックスしたリザードンを使う場合には、リザードンをダイマックス状態で3ターン動かせることを意識した立ち回りをすると良いと思います。

次の