サイト 越え トラッキング を 防ぐ。 重要なお知らせ

新着情報ページ

サイト 越え トラッキング を 防ぐ

infoQの推奨環境は以下となっております。 パソコン• Internet Explorer (11以上)• Firefox 最新版• Chrome 最新版• Microsoft Edge• スマートフォン・タブレット端末• iOS 10 以降 : Safari• Android 4. 重要事項 iOS11以降・macOS High Sierra以降をご利用の皆様 【ITP解除のお願い】 Apple社のiOS11以降・macOS High Sierra以降の製品をご利用の方は、「ITP」設定が有効となっている場合に正常にポイントの付与が行えない場合がございます。 体験・購入型アンケートをご利用の際は、下記手順にて設定の解除をお願いいたします。

次の

ポイントサイトのサイト超えトラッキングを防ぐとは?【ポイ活準備】

サイト 越え トラッキング を 防ぐ

動作環境 PeXでは以下の環境で動作確認を行っております。 動作環境で示しているすべての環境の動作を保証するものではありません。 端末について パソコン OS ブラウザ ・Windows 10 ・Windows 8. 1 ・Windows 7 ・Chrome ・Firefox ・Edge ・Internet Explorer 11 ・macOS 10. 12 Sierra 以降 ・Safari ・Chrome ・Firefox スマートフォン OS ブラウザ ・Android 5. 環境設定について Cookie(クッキー) PeXではCookie(クッキー)を使用しています。 「pex. jp」のみではなく、すべてのサイトで有効になるように設定してください。 確認方法:PeXにログインできれば「pex. jp」のCookie(クッキー)は有効です。 詳しい設定方法は各ブラウザのサポートサイトでご確認いただけます。 JavaScriptの設定を「有効」にしてください。 確認方法:をクリックしてダイアログが表示されればJavaScriptは有効です。 詳しい設定方法は各ブラウザのサポートサイトでご確認いただけます。 「有効」の場合、正常にポイント加算が行われない可能性があります。 「サイト越えトラッキングを防ぐ」を「無効」に設定してください。 詳しい内容・設定方法はでご確認いただけます。 詳しくは各コンテンツページでご確認ください。

次の

新着情報ページ

サイト 越え トラッキング を 防ぐ

Contents• ポイントサイト上で、iOS利用者向けに注意喚起 複数のポイントサイトで、iPhoneをはじめとしたiOS11を利用されている方に向けた、注意喚起がされています。 私が利用しているポイントサイト「モッピー」の案内を引用します。 日頃よりモッピーをご利用いただき誠にありがとうございます。 Apple製品でモッピーをご利用いただいている皆様へ、ITP設定についてのお知らせです。 【対象ソフトウェア】 iOS11以降:Safari macOS High Sierra以降:Safari Apple製品では、 ITPがデフォルトで設定されている場合がございます。 新規で購入した場合、ソフトウェア・アップデートをされた場合など ITPが設定されている場合、モッピー経由でのご利用が確認できず、モッピーポイントが付与されない場合がございます。 モッピーご利用の際は、使用端末の「サイト越えトラッキングを防ぐ」 項目が有効になっていないか、ご確認の上ご利用いただけますよう、お願い致します。 モッピーは、信頼できるポイントサイトで有名です。 1ポイント1円換算で使いやすく、大手企業が運営しているので安心です。 ITPとは、過去に見たサイト情報の追跡防止機能 ITPという言葉は、私は知りませんでした。 調べてみたところ、 Intelligent Tracking Preventionの略だそうです。 例えば、楽天市場やAmazonなどのネット通販サイトを見たあと、他のサイトを見ていると、過去に閲覧していた商品・サービスの広告が、サイト上部やサイドバーなどに表示されますよね? それは、 Cookieといって、過去に見たサイト情報を利用して、サイトをまたがって トラッキング(追跡)しているからです。 ITPは、そのトラッキングを防止する・トラッキングの停止を要求する役割があります。 過去のWEB閲覧履歴が追跡されないので、余計な広告表示をなくしたり、個人情報保護に役立つのがメリットです。 ポイントサイトはCookieがないとダメ ポイントサイトを利用する際、Cookieでのトラッキングが必要になります。 ポイントサイト側が、ポイント付与の可否を判定するとき、 Cookieがポイントサイトを経由した証拠になるのです。 それがないと、ただ単に楽天市場などでお買い物をしたり、クレジットカードを発行したりしただけと変わりません。 ポイントサイトと、そこに案件を掲載している広告主(楽天市場など)は、 Cookieを利用して、Web閲覧をトラッキングすることで、ポイントサイトを経由したと認めることができるのです。 ポイントをもれなくゲットするために気をつけよう 確かにポイントサイトを経由したはずなのに、ポイントが付与されないというケースは、結構な高頻度で発生します。 私も、実は、過去このブログで公開した案件のうち、ポイントが付与されていないものがありました。 確実にポイントサイトを経由したはずなのに、ポイント通帳に反映されていなかったので、問い合わせをしました。 広告主に確認を取るのに、3ヶ月程度かかると言われました。 ただし、3ヶ月後、確実にポイントがもらえると決まったわけではありません。 その後、ポイントは無事付与されました!モバトク様ありがとうございます! ITP設定を変更しても、過去の分はどうしようもないんです。 今後の分も、全部が全部ポイント付与対象にしてもらえるとは限りません。 ですが、少なくともユーザー側でできる予防策はとっておきたいですね。 関連記事 ポイントサイトの案件の中でも、特に高額ポイントが得られる、FXやクレジットカードは注意が必要です。 このCookieが得られているかどうか、念入りに確認しましょう。 1人1回しかできませんし、失敗したら次がありませんので。 外食モニター等は、ITP設定をあまり気にしなくても大丈夫そうです。 サイト内で予約をしてお店に行き、サイト上でレシートの写真をアップロードするので、設定の影響を受けにくいと考えられます。

次の