小山 明子。 小山明子の徹子の部屋

小山明子とは

小山 明子

今日は監督の妻として女優として、存分に語り合っていただきたいと思います。 まず監督と結婚に至るきっかけは? 小山 洋裁学校時代に学校のファッションショーにモデルとして出て、そのときの写真で松竹にスカウトされて、いきなり主役でした。 『ママ横をむいてて』という映画。 2本目の『新婚白書』のときに大島が助監督でついてて、雨待ちのときなんか喫茶店で若い人同士でワイワイやっていて、それで知り合いました。 そのとき、話が面白くて楽しい人だな、と思ったのが最初の印象。 岩下 初めて聞きました。 小山 3本目は『晴姿稚児の剣法』で、中村嘉葎雄さんの相手役に決まって、京都へ一人で行かされたんです。 私、心細くて、寂しくて、帰りたい、と思ってたら、大島がたまたま『絵島生島(えじまいくしま)』という映画で、大庭(秀雄監督)組で来たんですよ。 もう、地獄で仏ですよ。 彼は京大出だし、京都は僕の町だから、って、あちこち案内してもらって。 岩下 京都が縁結びの町なのね。 小山 ええ、でもつきあうことはご法度で。 手紙のやり取りしかできなくて、5年間で360通のラブレター。 岩下 デートはなくて、手紙だけ? 小山 だってすごい数、撮っていたから。 1年に10本くらい。 松竹に5年いて、50本。 岩下 すごい! 私よりも多いわ。 小山 志麻さんは主役だけだから。 私は誰かの妹とか、友だちとか、そういうのにも出てたので、忙しくて。 岩下 ええ、京都で『暗殺』という司馬遼太郎さん原作の映画を篠田が撮っていた時、周りは知らない人ばっかりだったんで、ある日先斗町のお料理屋さんに夕食に誘われて、それが初デート。 カウンターに二合徳利10本、ズラーッと並べてね。 小山 えーっ!! 酒豪なんですね。 岩下 当時はね。 女優の酒豪番付というのがその頃あって、横綱が宮城千賀子さんと清川虹子さん、私は東の大関でした。 でも、妊娠してからはぱったり、飲まなくなってしまいました。 小山さんは? 小山 私はだめ。 大島は酒豪でしたよ。 男同士でお酒飲んで議論するのが大好きで。 やっぱり番付があって、大島は横綱。 私がよく迎えに行くものですから、番付の下の呼び出しのとこに、「連れ出し、小山明子」って。

次の

小山明子、腰痛が悪化し“極秘入院”していた! 故・大島渚監督の壮絶介護が要因か

小山 明子

名前:大島渚(おおしまなぎさ) 生年月日:1932年3月31日 出身:岡山県玉野市 学歴:京都大学法学部卒業 職業:映画監督 二人の馴れ初めですが、大島渚さんは京大卒業後松竹に入社して助監督をしていた時に、女優をしていた小山明子さんと知り合ったそうです。 大島渚さんが「百貨店の物を何でも買ってあげるから」と、プロポーズしたそうですよ。 ベタ惚れだったんでしょうね。 1960年に二人は結婚しますが、1961年に旦那の大島渚さんが松竹を退社して独立。 小山明子さんは結婚したら女優を引退しようと考えていたそうですが、旦那の大島渚さんが無職状態となったため、引退できなかったそうです。 大島渚さんというと、怒鳴り散らすイメージがありますが、それはテレビだけで家庭で怒鳴るようなことは一切なくいい旦那だったとのこと。 映画監督だけあって、テレビではそういう演出をしていたのかもしれないですね。 1996年に大島渚さんは脳出血で倒れ、小山明子さんは介護に専念するために女優業はほぼ引退状態となります。 2013年に80歳で、大島渚さんは他界しています。 10年以上に及ぶ介護生活だったことがわかりますね。 小山明子の長男などの子供について 小山明子さんの子供は、息子が2人です。 長男が大島武さんで、次男が大島新さんです。 長男の大島武について 長男の大島武さんは、1963年生まれなので2020年で57歳です。 一橋大学社会学部を卒業していて、職業は経営学者です。 両親とはだいぶ毛色の違う職業ですね。 ロンドン大学でMBAを取得していて、かなり優秀な人であることがうかがえます。 現在、東京工芸大学芸術学部の教授を務めています。 一橋大学卒業後はいったんNTTに入社しますが、もともと小学校の先生になりたかったそうで、NTTを辞めて東京工芸大学女子短期大学部の講師になっています。 大企業をあっさりやめてしまうのですから、よっぽど教師になりたかったんでしょうね。 次男の大島新について 次男の大島新さんは、1969年生まれなので2020年で51歳です。 大島新さんは早稲田大学第一文学部卒業後、フジテレビに入社しています。 兄弟そろってかなりの高学歴ですね。 『ザ・ノンフィクション』などのディレクターを務めますが、1999年に退社。 1999年と言うと30歳の時ですから、若くしてフジテレビを辞めたんですね。 フジテレビ退社後はフリーとして活動していて、「情熱大陸」の演出やドキュメンタリー映画『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』の監督をするなど、多岐にわたって活躍しています。 現在は、テレビ・映画・CF等の映像の企画・制作を行う株式会社ネツゲンのスタッフも務めています。 スポンサーリンク 小山明子の若い頃がかわいい! ここでは、小山明子さんの若い頃の画像をご紹介します。 1967年なので、32歳の時ですね。 小山明子は今現在何してる?介護うつや乳がんに? 明日9日は女優の小山明子さんが「徹子の部屋」に出ますよ。 山本富士子さんとの再放送です。 介護はかなり大変だったらしく、61歳の時に介護うつになってしまい、髪は真っ白になり体重は15キロも落ちてしまったのだとか。 4度の入退院を繰り返して、うつを克服したそうです。 うつでの入院をマスコミにばれないようにするのが大変だったそうです。 芸能人はそういったことも気にしなければいけないので、大変ですよね。 2017年には乳がんになり手術を行っています。 2017年と言うと82歳ですから、手術はかなりの負担になったでしょう。 また、 2019年の8月には、脊柱管狭窄症の手術を受けています。 脊柱管狭窄症とは、脊髄が通っている脊柱管が圧迫されて、腰の痛みや足のしびれなどの症状が出る病気のようです。 長年介護生活をしていて腰を酷使したのが原因かもしれないですね。 現在は、.

次の

大島渚さん妻・小山明子さんの「介護うつ」の原因と克服のきっかけは?

小山 明子

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年2月) こやま あきこ 小山 明子 本名 大島 明子 (おおしま あきこ) 旧姓・ 臼井 生年月日 1935-01-27 (85歳) 出生地 国籍 身長 160 血液型 職業 ジャンル ・・ 活動期間 - 配偶者 (1960年 - 2013年死別) 著名な家族 長男: 次男: 主な作品 映画 『ママ横をむいてて』/『』 テレビドラマ 『』/『』 受賞 助演女優賞 『』 小山 明子(こやま あきこ、(昭和10年) - ) は、の。 生まれで育ち。 名は 大島 明子(おおしま あきこ)。 ・ 臼井。 夫はの。 叔父は社会運動史研究者の。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月) 卒業後、に出演し『家庭よみうり』のカバーガールになったのがきっかけで、スカウトされて入り。 ,、松竹映画『ママ横をむいてて』でデビュー。 当時、松竹の助監督だった大島渚と仕事を通じて知り合いに結婚した。 大島からのプロポーズの言葉は「百貨店の物を何でも買ってあげるから」。 翌年、松竹を退社。 のテレビドラマ『』()では、往年の情緒あふれる大阪の女性を演じ、同じく花登作の放送のテレビドラマ『』及びの続編『続・あかんたれ』でも、明治大正期に格式の厳しかったの成田屋のご寮さん・おひさ役を演じた。 に夫の大島がで倒れてからは、長時間拘束される女優業から距離を置いて、夫のに専念するようになる。 介護疲れと大島プロダクションの職員からの介護に関係した暴言を原因とするを発病するが克服した。 に個人事務所・小山明子事務所を設立し、介護をテーマにした講演会の講師やコメンテーター、執筆を中心に活動している。 特に著作では、『パパはマイナス50点』で、、第25回日本文芸大賞エッセイ賞を受賞し、には『小山明子のしあわせ日和』を出版している。 、大島がにより80歳で死去。 小山は大島の亡くなった翌日も、気丈に舞台の主役を務めた。 舞台終わりのインタビューでは、時折涙で声を詰まらせながらも亡き夫に対して「ご苦労さまでした。 もう何も悔いはありません」と応えている。 葬儀では喪主を務め、数多くの参列者へ感謝の言葉を述べていた。 2013年2月23日公開の映画「インターミッション」(監督)で四半世紀ぶりに映画出演を果たしている。 家族 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月) (昭和34年)からまで開催された「日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「日本映画見本市」に出席のため、3月1日、山梨稔(専務)、池広利夫(営業渉外部長)や()、()、(新東宝)、()、(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に松竹代表女優としてへ出発。 1日、ベルリン着。 ベルリンでの宿泊先は・ベルリン。 3日、記者会見。 4日、CCCスタジオ訪問。 5日、ベルリンを出発しミュンヘンに到着。 ミュンヘンでの宿泊先はケンピンスキー・ホテル・フィア・ヤーレスツァイテン()。 7日、記者会見。 9日、女優たちのサイン会が開催された。 10日、バヴァリア・スタジオ()見学。 11日の見本市終了後、・・・・・(香港以外順不同)に立ち寄り、26日、山梨(新東宝専務)、芦川、大空と4人で機で約1か月ぶりに日本に帰朝。 帰国時の4人の(屋根無し)での写真が現存する(小山はファッションとしての帽子と手袋をしている)。 当時はまだ海外渡航自由化の前で、大変貴重なヨーロッパ訪問となった。 現地で上映された日本映画は『』(第19回受賞作品)、『』(監督版)、『』()など。 主な出演 [ ] 映画 [ ]• ママ横をむいてて (1955年) - ナミキ• あこがれ (1955年) - 清水雪子• 振袖剣法 (1955年) - おきん• 新婚白書 (1955年) - 山口春子• 太陽は日々新たなり (1955年) - 外山純子• 花ふたたび (1956年) - 娘・まゆみ• 駄々っ子社長 (1956年) - 香月阿矢子• 君は花の如く (1956年) - 堀川和歌子• 青空剣法 弁天夜叉 (1956年) - おせん• 角帽三羽烏 (1956年) - 治夫の娘・木の実• 鶴八鶴次郎 (1956年) - お新• 「少年宮本武蔵」より 晴姿稚児の剣法 (1956年) - お孝• マリヤ観音 前・後篇 (1956年) - 妹・しのぶ• 阪妻追善記念映画 京洛五人男 (1956年) - 志乃• ここは静かなり (1956年) - 武田昭子 〈歯科医の義妹〉• 晴れた日に (1956年) - 雪路 〈佐竹雪子〉• 君は花の如く (1956年) - 堀川和歌子• 逃げだした縁談 (1957年) - 小島とみ江• 勢揃い桃色御殿 (1957年) - 千世• 白磁の人 (1957年) - 元羽つね美• 娘三羽烏 (1957年) - 保坂恵美• 花くれないに (1957年) - 若杉朝子• 悪魔の顔 (1957年) - 由利• 青い花の流れ (1957年) - 妹・真子• 情痴の中の処女 天使の時間 (1957年) - 娘・久美子• 女だけの街 (1957年) - スーツの娘• 花は嘆かず (1957年) - 夏川忍• 家庭教師と女生徒 (1957年) - 石原順子• 渡る世間は鬼ばかり ボロ家の春秋 (1958年)• 黒い花粉 (1958年)• その手にのるな (1958年)• 花嫁の抵抗 (1958年)• 花のうず潮 (1958年)• 女性についての一〇三章より 新妻と女秘書 (1958年)• どろんこ天国 (1958年)• 紅蝙蝠 (1958年)• 大願成就 (1959年)• 三羽烏三代記 (1959年)• 続々禁男の砂 赤いパンツ (1959年)• 「花粉」より 空かける花嫁(1959年)• ここに男あり (1959年)• 夫婦合唱 (1959年)• 「グッドナイト」より真夜中の処女 (1959年)• 愛を誓いし君なれば (1959年)• 幸福な家族 (1959年)• 禁男の砂 真夏の情事 (1960年)• 朱の花粉 (1960年)• 白い波涛 (1960年)• 痛快なる花婿 (1960年)• 断崖に立つ女 (1960年)• 死者との結婚 (1960年)• 彼女だけが知っている (1960年)• (1960年) フリー• (1961年、大宝)• 三代の盃 (1962年、)• 小さな冒険旅行 (1963年、)• 関東流れ者 (1965年、)• 続・兵隊やくざ (1965年、大映)• 若親分喧嘩状(1966年、大映)• 白昼の通り魔 (1966年、松竹)• 一万三千人の容疑者(1966年、東映)• (1967年、東映) - はる子• (1967年、東映) - いく• (1967年、) - 田川光子• (1967年、) - 明美• (1967年、松竹) - 谷川高子• (1968年、ATG) - 女• (1968年、大映) - 一の瀬秋子• (1969年、東映) - 五木正苗• (1969年、日活) - 西沢久代• (1969年、ATG) - 母• 人斬り唐獅子 (1969年、東映) - 皆川雅代• おんな極悪帖 (1970年、大映) - 梅野• 喜劇 おめでたい奴 (1971年、) - 仲居風の女• 儀式 (1971年、ATG) - 桜田節子• (1972年、東映) - 喬子• (1972年、東映) - 佳代• (1972年、ATG) - 大村ツル• (1976年、東映) - 岡部京子• (1976年、) - 「満左喜」の芸者• (1976年、東映) - 野本せつ• (1977年、東映) - 剣持佐和• (1977年、) - 河野径子• (1978年、東宝東和) - 西の家のお内儀• (1983年、東映) - 志藤千草• (1983年、東宝) - 早坂千枝• (1987年、) - 菜木の母• (2013年 オブスキュラ・東北新社)-アキコ役 テレビドラマ [ ]• 「霧の中の少女」(1960年12月9日)• 「女は同じ物語」(1961年1月6日)• 「女であること1 妙子の章」(1961年3月3日)• 「女であること2 音子の章」(1961年3月10日)• 「女であること3 さかえの章」(1961年3月17日)• 「女であること4 市子の章」(1961年3月24日)• グリーン劇場 第13回「怒りの果実」(1960年12月24日、TBS)• 愛の劇場「とかく女というものは」(1960年12月26日、)• NECサンデー劇場「今年も楽しく」(1961年1月1日、)• 月曜劇場「雪国」(1961年1月23日、NET)• 雑草の歌 第148回「すきま風」(1961年2月1日、)• 名勝負物語 第19回 - 第24回「花の講道館」(1961年3月23日、NTV)• ヤシカゴールデン劇場「わが町」(1961年4月12日、NTV)• 宮本武蔵一乗寺の決闘(1961年4月16日、)• 源氏鶏太シリーズ「喧嘩太郎」(1961年4月16日、TBS)• 検事(1961年、CX)• 山本周五郎アワー「修業綺譚」(1961年7月12日、TBS)• 文芸劇場 第1回「湖の娘」(1961年10月6日、)• (TBS)• 「家族会議(前編・後編)」(1961年12月15日・22日)• 「金色夜叉(後編) 赤樫満枝の巻」(1962年1月19日)• 「いつか極光の輝く街に」(1963年8月23日)• (TBS)• 第267回「はちのすの女たち」(1962年1月14日)• 第358回「燃ゆる限り」(1963年10月13日、)• 第513回「秋霜」(1966年10月2日、)• 第561回「女家族」(1967年9月10日)• 第564回「辻が花」(1967年10月1日、)• 日立ファミリーステージ「」(1962年2月20日・27日、TBS)• 丘は花ざかり(1962年、NTV)• 遥かな歌、遥かな里(1962年5月27日、NHK)• 月と手袋 (1962年7月25日、NHK)• 柔道一代 (1962年、TBS)• おかあさん2(TBS)• 第191回「私はかもめ」(1963年6月27日)• 第225回「悲しげに」(1964年2月20日)• 第282回「鍵はいくつに」(1965年4月8日)• 第308回「縞のある葉」(1965年10月7日)• 第338回「つばめ飛ぶ日に」(1966年5月5日)• 日本映画名作ドラマ「人情紙風船」(1963年7月14日、NET)• 第95話「帰ってきた娘」(1963年7月25日、TBS)• 悪銭 (1963年、)• 文芸劇場 第83回「夜の配役」(1963年8月23日、NHK)• (CX)• 第1シリーズ 第21話「春雷有情」(1964年)• 第4シリーズ 第19話「木枯の女」(1967年) - 八枝• 娘の結婚 第18話「舞いおりた花嫁」(1964年2月12日、NTV)• 女医(1964年、)• 父子鷹(1964年、TBS)• 雲をつかむ男(1964年、)• 女医記(1964年10月29日、NHK)• 第26話(1964年、TBS)• アジアの曙(1964年、TBS)• 白い魔魚(1965年、CX)• うなぎ繁盛記(1965年、NHK)• 弁慶(1965年 - 1966年、NTV)• 丹下左膳1(1965年 - 1966年、TBS)• (1965年、)• (TBS)• 第1話「ラッパの善さん」(1966年)• 第35話「翼あれば」(1967年2月26日)• 「先生初恋の人に逢う」(1967年5月27日)• 「ああ軍歌」(1967年12月10日)• 日曜日(1966年、NHK)• グランプリ劇場「宴(うたげ)」(1966年 - 1967年、NTV)• うしろ姿(1966年12月15日、NHK)• 女であること(1967年、MBS)• 夏の夜の十時シリーズ「死者との結婚」(1967年6月12日、NET)• 「淵の底」(1968年、NET)• 道頓堀(1968年、YTV)• 第8話「愛妾お伝の方」〜第10話「鼓の音哀し」(1968年、KTV) -• 第3話「バラ色の死」(1968年、NTV)• 第12話「あの竹薮をぬけて」(1968年、NET)• 第260話「二人の妻を持つ夫」(1970年、TBS) - 五木夫人• (1970年、NHK) - 稲見律子• (1970年、KTV) - 小田島優子• (1971年、TBS) - 辻口夏枝• (1971年、NET)• 第6話「僕の弟はロボットだ!」(1971年、)• (1971年、NHK)• (1972年、NHK) -• (1972年、NET) - おくに• 第2シリーズ 第9話「錦絵は十五夜に泣いた」(1972年、CX) - 山城屋お紺• (1972年、TBS)• (1973年、KTV)• (1973年 - 1974年) - 辻綾• 第4話「あんたこの親子をどう思う」(1976年) - お遊• 第2話「突如奥方と芸者の人格が入れ替わった」(1978年)- 琴路• (1974年、CBC)• (1974年、TBS) - 結城妙子• 第41話「殺しの投げ文」(1974年、NTV)- お沙江 役• (1974年、MBS)• 第15話「夫婦筋違橋」(1975年、NHK)• 第17話「綾姫御殿」(1975年、ABC) - くに• (NET)• 第2シリーズ 第24話「兇悪の献身」(1975年) - 水科あやか• 第2シリーズ 第54話「兇悪の砂丘」(1975年) - 牧原和子• 続・あかんたれ(1978年、THK)• (1978年 - 1979年、TBS)• 第87話「母・殺意のカンバス! 」(1978年、)• (1979年、THK)• 第三部「哀惜 母ひとり」(1980年、CX) - 滝川• (1982年、MBS)• (1983年、TBS) - 辰巳タカ• 第1話「大奥誕生」(1983年、KTV) -• (1983年、TBS)• (1984年、ANB)• (1985年、ANB)• 第1379話「消えた身代金」(1985年、ABC)• (1985年4月〜1986年3月、NHK、) -• (1989年、YTV)• (1992年、YTV)• (1994年、) -• (2007年、NHK) 著作 [ ] 単著 [ ]• 1988年11月『気だて気くばり気ばたらき』リヨン社、• 2000年12月『いのち、輝く! もう一度メガホンを 大島渚を支えた介護の日々』経済界、• 2005年9月『パパはマイナス50点 介護うつを越えて夫、大島渚を支えた10年』集英社、• 2010年10月『小山明子のしあわせ日和』清流出版、 共著 [ ]• 1987年2月 『仲よきことは、メイワクか 私たちの人生作法』(大島渚と共著)、文化出版局、• 1991年5月 『男と女のちょっと気になる話』(大島渚と共著)、三笠書房、 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の