吉田 カレー 荻窪。 荻窪の人気カレー専門店・吉田カレーの店主に聞く

吉田カレー (杉並区) 最新のレストランの口コ(2020年)

吉田 カレー 荻窪

テイクアウトは店の状況によって提供できないこともあるというように店内の張り紙に掲載されていました。 もし店に行ってテイクアウトをやっていなかった場合は残念ですが、諦めて店内でいただきましょう。 吉田カレー(荻窪)でテイクアウトしてみました【口コミ】 吉田カレーに初来店したのは4月末の金曜日、時間は18:50でした。 その際シャッターの外に列は無く、階段を上ると店内に入るドアの前に2名の人が待っておりわたしは 3番目。 1番目の人はすぐ中に入っていったので、入れるまで10分程度だったと思います。 いつもシャッター外まで並んでいたのを考えると だいぶ空いていたほうです。 (タイミングで差が激しいんですよね・・・) キッチンから中に入るよう言われ、早速店内に入ると、まずは店主のひとが注文を受け付けてくれました。 (これが厳しいと有名な店長さんか・・・ちょっとドキドキ) カレーの準備ができるまではカウンターに座って待機。 ほかのお客さんも静かに黙々と食べているので店内は静かだった(笑)ウワサ通り。 そして、カウンターで待ってから15分ほどでカレーの準備ができ、店内を出ました。 階段で待っている間に壁に貼られたルールをチェックしてから入ったので、特に怒られたりとかはありませんでした。 よかった(汗) 入り口の階段のところには、さらに4名ほど列ができていました。 【荻窪・吉田カレー】メニューや料金は? テイクアウトメニューでは【ルー】と【トッピング】を選ぶことができたので下記を選択しました。 なお、テイクアウトの場合お米は付いていません。 「mix」でも結構辛めなので、 辛いのが苦手な人は「甘」にしておいたほうが良さそうです。 お肉はキーマまたは豚から選択可能。 また、野菜の漬物、アチャールも追加しました。 2人分で合計2,900円。 カレーにしては若干高め、、、という思いは否めないですが、それだけ素材にこだわって作られているので仕方ないですよね。 荻窪・吉田カレー、テイクアウトでいただいてみました 自宅に帰ってご飯を準備し、早速いただいてみました。 荻窪の吉田カレー(テイクアウト)の味はどう? カレールーがとにかくフルーティー!! 実は、事前にネット上の評価を読んでいてフルーティーだということを知っていたのですが さらに想像を上回るフルーティーさ。 バナナやりんごの甘みかなと思いました。 個人的にバナナ単品で食べるのはあまり好きでないのですが、そこまで強くはないので特に問題なく食べられましたよ! またキーマは、ひき肉の旨味が口中に広がって美味しかったです。 臭み全くゼロ。 「アチャール」って、インドの漬物だったんですね。 吉田カレーさんではじめていただきました! キャベツや人参などのしっとりつけてあって、ちょっぴり酸っぱいような甘いような・・・と思いきや、色々なスパイスの旨味が弾ける感じ!とにかく 一言では言い表せない味です。 ルーやキーマは割とこってり系なので、時々チャールを挟むと口の中がさっぱりリフレッシュします。 アチャール、はじめて食べたけど ほんと美味しくてハマってしまいました。 スパイス好きは絶対注文した方がいいですよ!! 吉田カレー(荻窪)テイクアウトの口コミまとめ 荻窪の吉田カレーをテイクアウトで購入してみた口コミ(体験談)をご紹介してみました。 まだ食べたことがない方はぜひ、テイクアウトまたは店内で食べてみてくださいね。 ところで吉田カレーを食べた後、スパイスの影響なのか、額からかなりの汗が出ました・・・(汗) わたしは冷え性持ちなんですけど、食べたあとは体の芯からポカポカと暑すぎるくらいなったんです。 単純に味が美味しいということだけでなく、体が欲するカレーだなと感じました。

次の

荻窪_吉田カレーに行ってきました

吉田 カレー 荻窪

インスタグラムで魅力的なカレーの投稿があって気になっておりました吉田カレーを食べるべく、平日のオープン時間を狙っていってきました!こんにちわ東京カレーマガジン()です。 吉田カレー 荻窪 キーマカレー MIX 並 豚 中華アチャール — CURRY RANGER rangercurry3 荻窪にある吉田カレー お客さんへ注意が多いらしい 吉田カレーのことを事前に知らべていると、前情報でいろいろ気難しそうな情報が飛び交っておりますが、お店の方が自分のスタイルで自分のペースでやられているので、怒られないようにだけ気をつけようと思います。 オープン時にはすでに行列 荻窪駅に着いて吉田カレーの方に向かって歩いていると、そろそろお店だろうってところで行列が目に入りました。 即座にセブンに入りコーヒーを買って並ぶ覚悟を決めた。 ホールスパイスを使った中華アチャール これもおいしかったです!パリパリと食感がありながら、味がしっかりと染み付いていて、中華風っていうのがまたご飯を進ませます。 なんなら、別でご飯茶碗が欲しいくらいですね。 肝心のソースは、甘口のルーは果物が溶け込んでいて、佐世保の米軍カレーを彷彿とする甘い旨味。 辛口のルーは、じわじわくる辛さで、ふたつを混ぜることによって、また違ったおいしさでした。 ついに、卵を割ってしまいました。 一度では割れず、何度もスプーンで切るようにしてようやく割れました。 とても濃厚な黄身です。 これまたキーマと卵をからめながら濃厚なキーマを頂きました。 吉田カレー、、、一皿で何種類の味を提供してくれるのだろうか、、、。 驚きのホスピタリティ 店内にはいろいろな注意書きがたくさん書いてあります。 お客さんは待ってる間にそれらの張り紙を熟読し、粗相のないように、、と気をつけるわけです。 人によってはわずらわしく思う人たちも多いかもしれませんが、全ては店員さんが一人で、運営していくなかで、営業していくためのガイドラインといった感じだと思いました。 そんな中、、、驚きのスプーンが、、、。

次の

荻窪_吉田カレーに行ってきました

吉田 カレー 荻窪

荻窪の吉田カレーとは 荻窪駅北口から青梅街道を青梅方面へ5分ほど歩いた先にある人気カレー屋。 野菜と果物をベースに動物系の旨味成分のスープを加えた体に良いカレーが特徴で味も絶品である。 開店前には2時間以上待ちの行列になることもあるので、待ち時間を短くしたいなら1時間前くらいに並ぶのがオススメ。 吉田カレーへの行き方 荻窪駅北口を出るとブックオフが見えるので横断歩道を渡ってブックオフの方まで行く。 あとはブックオフ前を左に曲がり4分ほど歩いた先に吉田カレーがある。 お昼に行けば必ず行列ができているので近くに行けばすぐにわかるだろう。 看板が小さくシャッターが半分閉まっているので緑色の店舗の写真を事前に覚えておかないと見落とす可能性があるので注意。 吉田カレーのメニュー 吉田カレーのカレーは甘口or辛口orMIXの3種類のみMIXは甘口と辛口が半々。 辛口は一般的なカレーの中辛程度でそれほど辛くない。 サイズは大・並・小・ライス無しの4種類。 食べ残しは数百円の罰金になるので注意。 おそらくネット上にアップされている写真の多くがキーマカレーのため、これがデフォルトだと勘違いして注文する客がたまにいるのでキーマカレーがデフォルトになったのだろう。 ちなみにキーマカレーに乗っている生卵は追加トッピングではなくキーマカレーを注文すれば付いてくる。 メニューにも書かれてあるが 追加注文は受け付けていない。 着席後すぐに注文を聞かれることもあるので、あらかじめ店内に貼ってあるメニューを確認して注文内容を決めておくのが暗黙のルール。 無添加・無化調の絶品カレー 吉田カレーのルーには小麦粉を使っておらず、無添加・無化調で体にやさしいのが特徴。 私はこの日は並のMIXでトッピングは豚・中華アチャール・納豆を付けた。 中華アチャールとはニンニク、しょうが、ねぎ、にんじん、キャベツ、複数のスパイスなどを混ぜたものだ。 塩分控えめの福神漬のような役割でカレーの味を引き立てる。 豚肉はとても柔らかくスプーンで簡単に崩れるのでカレーとよく絡んで非常においしい。 テイクアウトも可能なのでルーといっしょに持ち帰るのも良いだろう。 ドリンクのバナナミルクも注文。 吉田カレーのバナナミルクはバナナを2本以上使用しているので、どろり濃厚 🍌 カレーの締めに飲むとバナナの甘味がより引き立つ。 繰り返しになるが 追加注文は受け付けていないので飲む場合は先に注文しておこう。

次の