豊四季 郵便局。 豊四季

豊四季駅前郵便局 (千葉県)

豊四季 郵便局

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月)• (44年) - の駅として、に開設。 千葉県営鉄道として開業した当初からの駅で、この一帯のを持つ有力者が駅のための土地を提供し、設置させたといわれている。 (4年) - により電気運転開始。 昭和初期から中にかけては十余二に建設された()の最寄り駅であり、軍事物資の輸送中継地点として機能していた。 駅本屋前の自動車転回用のスペースも当駅構内となっているのは、その名残りと見られる。 以降 - と共に東京のとして周辺の宅地開発が進み、一般的な郊外駅となる。 (昭和53年) - 化に伴い、当駅でのを廃止。 (20年) - を導入。 (平成28年) - 新設された急行の停車駅となる。 (2年) - 急行が通過となる。 代替として新設された区間急行の停車駅となる。 駅名の由来 [ ] 駅ホーム(2016年9月10日) 2面2線を有するで、駅本屋は北側(柏方面ホーム)にある。 駅の南側へは大宮寄り又は柏寄りのそれぞれやや離れたところにあるを迂回する必要があったが、2月に・併設の南北自由通路の完成、並びに南側の駅前の整備が行われた。 南側駅前ロータリーにはが設置されているが、駅舎は設置されていない。 1番線ホームにを併設した男女別のがある。 ホーム間を連絡するにも3月にエレベーターが設置された。 同じ頃に駅構内の案内板はを用いたデザインに一新、ホームにあった吊下式とは撤去され、駅名標・路線図・所要時間と一体型になった自立式案内板が設置された。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 東武アーバンパークライン 下り ・・・方面 2 上り ・・方面• 柏寄りに小さなと短いホームが存在するが、これらはを留置するための作業場であり、営業用としては使われていない。 利用状況 [ ] 2018年度の1日平均は 15,566人である。 近年の推移は下表のとおりである。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 1993年(平成 05年) 19,344 9,767 1994年(平成 06年) 19,755 9,997 1995年(平成 07年) 19,873 9,961 1996年(平成 08年) 19,584 9,799 1997年(平成 09年) 19,088 9,551 1998年(平成10年) 18,779 9,375 1999年(平成11年) 18,498 9,236 2000年(平成12年) 18,551 9,290 2001年(平成13年) 18,172 9,100 2002年(平成14年) 17,724 8,884 2003年(平成15年) 17,907 8,995 2004年(平成16年) 17,817 8,951 2005年(平成17年) 17,072 8,579 2006年(平成18年) 16,173 8,061 2007年(平成19年) 15,969 7,909 2008年(平成20年) 15,504 7,698 2009年(平成21年) 14,956 7,443 2010年(平成22年) 14,663 7,302 2011年(平成23年) 14,109 7,103 2012年(平成24年) 14,145 7,118 2013年(平成25年) 14,403 7,253 2014年(平成26年) 14,357 7,222 2015年(平成27年) 14,659 7,374 2016年(平成28年) 14,914 7,520 2017年(平成29年) 15,131 7,618 2018年(平成30年) 15,566 駅周辺 [ ] 駅本屋がある北側を中心に小規模なが形成されている。 駅北側には、が走り、徒歩約12分程度の駒木になどの学校施設があるため、学生向けのやが多い。 駅所在地は柏市であるが、流山市との市境が入り組んでいるため、流山市域の利用者も一定数存在する。 その関係で、駅前には柏市・流山市の共同案内図の他、の返却ポストも設置されている。 北側 [ ]• 柏市消防団 第2方面第7分団• 柏市消防団 第2方面第9分団• 豊四季駅前郵便局• 新豊四季店• 野々下店• 流山野々下店• ウエルシア薬局 柏豊四季店• 柏豊四季店• 流山店• 豊四季店• 流山・野々下水辺公園 バス路線 [ ] 最寄りは、南側の駅前ロータリーにある 「豊四季駅南口」で、が乗り入れている。 松ヶ丘・野々下ルート ・の共同運行• 流山おおたかの森駅西口行き• 野々下4号公園経由西口行き• 豊四季第一公園行き なお、開業前は北側に 「豊四季駅前」停留所があり、柏駅 - 富士見町 - 線の東武バスが発着していたが、開業後は「」が停車するのみであり、当駅からの乗車はできない。 ロケーション撮影 [ ]• 後半から前半にかけて放送された系列のテレビ番組『』では、夫婦役を演じるとが住む家の最寄り駅として舞台になった事がある。 番組冒頭に萩本が帰宅する際の舞台として、スタジオに当駅のセットも作られた。

次の

豊四季

豊四季 郵便局

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月)• (44年) - の駅として、に開設。 千葉県営鉄道として開業した当初からの駅で、この一帯のを持つ有力者が駅のための土地を提供し、設置させたといわれている。 (4年) - により電気運転開始。 昭和初期から中にかけては十余二に建設された()の最寄り駅であり、軍事物資の輸送中継地点として機能していた。 駅本屋前の自動車転回用のスペースも当駅構内となっているのは、その名残りと見られる。 以降 - と共に東京のとして周辺の宅地開発が進み、一般的な郊外駅となる。 (昭和53年) - 化に伴い、当駅でのを廃止。 (20年) - を導入。 (平成28年) - 新設された急行の停車駅となる。 (2年) - 急行が通過となる。 代替として新設された区間急行の停車駅となる。 駅名の由来 [ ] 駅ホーム(2016年9月10日) 2面2線を有するで、駅本屋は北側(柏方面ホーム)にある。 駅の南側へは大宮寄り又は柏寄りのそれぞれやや離れたところにあるを迂回する必要があったが、2月に・併設の南北自由通路の完成、並びに南側の駅前の整備が行われた。 南側駅前ロータリーにはが設置されているが、駅舎は設置されていない。 1番線ホームにを併設した男女別のがある。 ホーム間を連絡するにも3月にエレベーターが設置された。 同じ頃に駅構内の案内板はを用いたデザインに一新、ホームにあった吊下式とは撤去され、駅名標・路線図・所要時間と一体型になった自立式案内板が設置された。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 東武アーバンパークライン 下り ・・・方面 2 上り ・・方面• 柏寄りに小さなと短いホームが存在するが、これらはを留置するための作業場であり、営業用としては使われていない。 利用状況 [ ] 2018年度の1日平均は 15,566人である。 近年の推移は下表のとおりである。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 1993年(平成 05年) 19,344 9,767 1994年(平成 06年) 19,755 9,997 1995年(平成 07年) 19,873 9,961 1996年(平成 08年) 19,584 9,799 1997年(平成 09年) 19,088 9,551 1998年(平成10年) 18,779 9,375 1999年(平成11年) 18,498 9,236 2000年(平成12年) 18,551 9,290 2001年(平成13年) 18,172 9,100 2002年(平成14年) 17,724 8,884 2003年(平成15年) 17,907 8,995 2004年(平成16年) 17,817 8,951 2005年(平成17年) 17,072 8,579 2006年(平成18年) 16,173 8,061 2007年(平成19年) 15,969 7,909 2008年(平成20年) 15,504 7,698 2009年(平成21年) 14,956 7,443 2010年(平成22年) 14,663 7,302 2011年(平成23年) 14,109 7,103 2012年(平成24年) 14,145 7,118 2013年(平成25年) 14,403 7,253 2014年(平成26年) 14,357 7,222 2015年(平成27年) 14,659 7,374 2016年(平成28年) 14,914 7,520 2017年(平成29年) 15,131 7,618 2018年(平成30年) 15,566 駅周辺 [ ] 駅本屋がある北側を中心に小規模なが形成されている。 駅北側には、が走り、徒歩約12分程度の駒木になどの学校施設があるため、学生向けのやが多い。 駅所在地は柏市であるが、流山市との市境が入り組んでいるため、流山市域の利用者も一定数存在する。 その関係で、駅前には柏市・流山市の共同案内図の他、の返却ポストも設置されている。 北側 [ ]• 柏市消防団 第2方面第7分団• 柏市消防団 第2方面第9分団• 豊四季駅前郵便局• 新豊四季店• 野々下店• 流山野々下店• ウエルシア薬局 柏豊四季店• 柏豊四季店• 流山店• 豊四季店• 流山・野々下水辺公園 バス路線 [ ] 最寄りは、南側の駅前ロータリーにある 「豊四季駅南口」で、が乗り入れている。 松ヶ丘・野々下ルート ・の共同運行• 流山おおたかの森駅西口行き• 野々下4号公園経由西口行き• 豊四季第一公園行き なお、開業前は北側に 「豊四季駅前」停留所があり、柏駅 - 富士見町 - 線の東武バスが発着していたが、開業後は「」が停車するのみであり、当駅からの乗車はできない。 ロケーション撮影 [ ]• 後半から前半にかけて放送された系列のテレビ番組『』では、夫婦役を演じるとが住む家の最寄り駅として舞台になった事がある。 番組冒頭に萩本が帰宅する際の舞台として、スタジオに当駅のセットも作られた。

次の

豊四季

豊四季 郵便局

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月)• (44年) - の駅として、に開設。 千葉県営鉄道として開業した当初からの駅で、この一帯のを持つ有力者が駅のための土地を提供し、設置させたといわれている。 (4年) - により電気運転開始。 昭和初期から中にかけては十余二に建設された()の最寄り駅であり、軍事物資の輸送中継地点として機能していた。 駅本屋前の自動車転回用のスペースも当駅構内となっているのは、その名残りと見られる。 以降 - と共に東京のとして周辺の宅地開発が進み、一般的な郊外駅となる。 (昭和53年) - 化に伴い、当駅でのを廃止。 (20年) - を導入。 (平成28年) - 新設された急行の停車駅となる。 (2年) - 急行が通過となる。 代替として新設された区間急行の停車駅となる。 駅名の由来 [ ] 駅ホーム(2016年9月10日) 2面2線を有するで、駅本屋は北側(柏方面ホーム)にある。 駅の南側へは大宮寄り又は柏寄りのそれぞれやや離れたところにあるを迂回する必要があったが、2月に・併設の南北自由通路の完成、並びに南側の駅前の整備が行われた。 南側駅前ロータリーにはが設置されているが、駅舎は設置されていない。 1番線ホームにを併設した男女別のがある。 ホーム間を連絡するにも3月にエレベーターが設置された。 同じ頃に駅構内の案内板はを用いたデザインに一新、ホームにあった吊下式とは撤去され、駅名標・路線図・所要時間と一体型になった自立式案内板が設置された。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 東武アーバンパークライン 下り ・・・方面 2 上り ・・方面• 柏寄りに小さなと短いホームが存在するが、これらはを留置するための作業場であり、営業用としては使われていない。 利用状況 [ ] 2018年度の1日平均は 15,566人である。 近年の推移は下表のとおりである。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 1993年(平成 05年) 19,344 9,767 1994年(平成 06年) 19,755 9,997 1995年(平成 07年) 19,873 9,961 1996年(平成 08年) 19,584 9,799 1997年(平成 09年) 19,088 9,551 1998年(平成10年) 18,779 9,375 1999年(平成11年) 18,498 9,236 2000年(平成12年) 18,551 9,290 2001年(平成13年) 18,172 9,100 2002年(平成14年) 17,724 8,884 2003年(平成15年) 17,907 8,995 2004年(平成16年) 17,817 8,951 2005年(平成17年) 17,072 8,579 2006年(平成18年) 16,173 8,061 2007年(平成19年) 15,969 7,909 2008年(平成20年) 15,504 7,698 2009年(平成21年) 14,956 7,443 2010年(平成22年) 14,663 7,302 2011年(平成23年) 14,109 7,103 2012年(平成24年) 14,145 7,118 2013年(平成25年) 14,403 7,253 2014年(平成26年) 14,357 7,222 2015年(平成27年) 14,659 7,374 2016年(平成28年) 14,914 7,520 2017年(平成29年) 15,131 7,618 2018年(平成30年) 15,566 駅周辺 [ ] 駅本屋がある北側を中心に小規模なが形成されている。 駅北側には、が走り、徒歩約12分程度の駒木になどの学校施設があるため、学生向けのやが多い。 駅所在地は柏市であるが、流山市との市境が入り組んでいるため、流山市域の利用者も一定数存在する。 その関係で、駅前には柏市・流山市の共同案内図の他、の返却ポストも設置されている。 北側 [ ]• 柏市消防団 第2方面第7分団• 柏市消防団 第2方面第9分団• 豊四季駅前郵便局• 新豊四季店• 野々下店• 流山野々下店• ウエルシア薬局 柏豊四季店• 柏豊四季店• 流山店• 豊四季店• 流山・野々下水辺公園 バス路線 [ ] 最寄りは、南側の駅前ロータリーにある 「豊四季駅南口」で、が乗り入れている。 松ヶ丘・野々下ルート ・の共同運行• 流山おおたかの森駅西口行き• 野々下4号公園経由西口行き• 豊四季第一公園行き なお、開業前は北側に 「豊四季駅前」停留所があり、柏駅 - 富士見町 - 線の東武バスが発着していたが、開業後は「」が停車するのみであり、当駅からの乗車はできない。 ロケーション撮影 [ ]• 後半から前半にかけて放送された系列のテレビ番組『』では、夫婦役を演じるとが住む家の最寄り駅として舞台になった事がある。 番組冒頭に萩本が帰宅する際の舞台として、スタジオに当駅のセットも作られた。

次の