初心者 コード。 3つのコードで童謡や唱歌を練習

【ウクレレ初心者】4つの簡単なコードさえ覚えれば、58曲弾けるようになるって本当?

初心者 コード

「」では、ドレミファソラシドを単音で弾く方法、そして弦の押さえ方を紹介しました。 今回紹介するのは コードです。 コードとはずばり 和音(わおん)のこと。 コード演奏では、左手でいくつかの弦をいろいろな形で押さえ、それらを同時に鳴らします。 ウクレレ演奏の基本中の基本ですが、これができれば弾き語りや伴奏もできてしまうので、ウクレレ初心者がまっ先に覚えたい内容です。 そして、世の中の名曲と呼ばれる曲には、実は 簡単な4つのコードさえ覚えれば弾けてしまうものがたくさんあります。 この記事では、• 超簡単な定番コード4つ• コード演奏の右手の動き• キレイな音を出すための弦の押さえ方• 定番コード4つで弾ける2曲の練習動画と、そのほか58曲のリスト などなどを紹介します。 ウクレレのコード演奏での右手の動かし方 実際に左手でコードを押さえる前に、まずは右手の音の出し方を確認しましょう。 ウクレレの右手を使った音の出し方にはいろいろありますが、定番なのは単音弾き・ストローク・アルペジオの3つです。 単音弾き 親指、または人差し指や中指を使って、弦を1本ずつ・1音ずつ弾くこと。 主旋律やメインフレーズに使われます。 ストローク 右手を上下に一気に振り抜いて、4本の弦全てを同時に鳴らすこと。 弾き語りの伴奏からソロウクレレまで使われ、ウクレレ演奏の基本となる奏法です。 アルペジオ 複数の弦を、1本ずつ流れるように順番に弾くこと。 それぞれの音の余韻が重なり合うように弾くことで、美しく情緒のある印象を出せます。 静かな曲によく使います。 コード演奏ではまず ストロークをマスターします。 親指を使ったストローク ストロークは、弦を 親指か 人差し指で弾くのが一般的です。 最初に 親指を使ったストロークにチャレンジしてみましょう。 親指を使ったストロークは、主に ダウンストローク(=4弦から1弦にむかって、下方向に弦を鳴らすストローク)で使います。 【親指を使ったストローク】• まずは基本の持ち方で、右手首の力を抜いてブラブラと動かしてください。 このときに手首の力が抜けなかったり、ウクレレ自体が大きく動いてしまうようであれば、ウクレレの持ち方を見直す必要があります。 (ストラップを使ったり、膝の上で弾く場合は気にしなくて大丈夫です)• 次に、手のひらの力を完全に抜いて、親指と人差し指を写真のような形にします。 (力を抜くと、人差し指は自然にカーブするはずです)• 次に、残りの3本の指を、力は抜いたまま軽く握りこんでください。 あるいは、人差し指よりちょっとだけ外に開きます。 (どちらでも好きなほうで大丈夫です)• この状態で、まるで 人差し指についた水滴を払うかのように、サッと手を振ります。 このとき、「手を振ったら、人差し指の爪が弦をなでていた」という感覚で弦を鳴らしてみてください。 全ての弦がほぼ同時にうまく鳴ります。 弦にあたるのは爪の横側です。 弾くところはネックの根もととボディの境目あたりの、ちょっとボディ寄り。 (ネック側に寄りすぎると、人差し指がネックに当たって引っかかってしまう)• リズムにのって、均等なペースで繰りかえし振ってみましょう。 慣れてきたら、下に振った手が上に返ってくるときにも、人差し指が弦をなでるように弾いてみましょう。 これが アップストロークです。 アップストロークでは、指の右写真の部分が弦にふれます。 ダウンとアップが均等なリズム、音量になるように繰りかえし練習しましょう。 【演奏動画】 POINT2 「ドアノブを回すように」と言う表現をよく見かけますが、これだけだと余計な力が入ってうまく弾けません。 スナップを効かせて人差し指の水を払うイメージの方が近いでしょう。 いますぐできる、4つの定番コードを弾いてみよう それでは待ちに待った コード(和音)の演奏に挑戦してみましょう。 ここでは初心者でもすぐに押さえられる、4つの簡単なコードを紹介します。 簡単ですが、とても多くの曲で使われているコードです。 ウクレレのコード一覧表を見ると数えきれないほどの種類のコードがありますが、実際にはめったに使わないものがほとんど。 まずはこれから紹介する4つのの基本的なコードで、音を鳴らす楽しみを知ってください。 右手は親指を使ったストロークでそれぞれ鳴らしてみて、慣れてくれば人差し指を使ったストロークにチャレンジしてもOKです。 C(シー) ドの和音である、基本の C(シー)コード。 押さえ方もシンプルで、薬指で1弦3フレットを押さえるだけ。 写真では人差し指と中指が被って見えますが、弦を押さえているのは薬指だけです。 簡単なコードですが、それでも次のポイントをしっかりチェックしておきましょう。 POINT• 指が太めの人だと少しきゅうくつに感じるかもしれませんが、指を柔軟にすれば押さえられます。 練習前に指をストレッチしておくと良いですね• 指先のどの部分で押さえると、他の弦を邪魔しないか、人・中・薬指それぞれで研究しましょう。 力がもっとも安定して伝わる、軸のようなポイントが見つかるはずです ウクレレのコードを指で押さえるコツ いかがですか?慣れないと、左手の指で弦を押さえるのが結構難しいですよね。 キレイな音を出すためには左手の指のフォームがとても重要。 とくに できるだけ少ない力でしっかりと弦を押さえるのがポイントです。 そのために気をつけないといけない項目は次の5つ。 指は曲げて、指板に立てるように弦を押さえる 指の関節はゆるく曲げて、指先が指板に立つように弦を押さえましょう。 こうすることで、適切な力(一番リラックスした状態)で押さえることができます。 握りこんでしまったり親指が指板に飛び出たりすると、左手がスムーズに動かせません。 また指がうまく立てられずに音が不安定になってしまいます。 フレットの近く(サドル側)を押さえる たまに「フレットを押さえる」という表現を聞きますが、弦を押さえるとき厳密には フレットとフレットの間を押さえます。 たとえば、「3フレットを押さえる」というときは2フレットと3フレットの間を押さえます。 このとき、 できるだけ 3フレットに近い場所を押さえるのがコツです。 ここで基礎的な話をひとつ。 弦を押さえると、弦はフレットに触れます。 これによりフレットからサドルまで、つまり弦の振動する部分の長さが変わり、音程も変わります。 このときフレットとフレットの間の サドル側のフレットに近い部分を押さえることで、• 押さえる力が小さくても、弦とフレットが触れ合う• 弦とフレットの触れ合う部分が安定する といった理由で、美しく安定した音が鳴らせます。 指は曲げて、指板に立てるように弦を押さえる• ネックは握りこまない• フレットの近く(サドル側)を押さえる• 弦を上下にずらさない• 左手の爪は切っておく 4つのコードをつなげて鳴らしてみると・・・ コードの指の形をそれぞれくり返し練習して、なにも見ずともすぐにその形に出来るようにしましょう。 慣れてきたら、CからAm、AmからF、そしてFからG7と、コードからコードへ移動する練習をしてみましょう。 指をできるだけ滑らかに動かして、コードの合間に音が途切れる時間をできるだけ短くするのが重要です。 最初は難しいと思いますが、どれだけゆっくりでもいいので「これなら確実にできる」というくらいのスピードで、くり返し練習してみてください。 余裕がでてきたら少しずつスピードを上げていきましょう。 そうするうちに必ず上達します。 4つのコードで弾ける曲リスト 「名曲と呼ばれるポップソングは、たいてい4つのコードで弾けてしまう」と言われるほど、このコード進行は定番です。 ちなみに、この4コードを並べ替えたりするだけで弾ける楽曲は以下のとおり。 夢の中へ(井上陽水)• ルージュの伝言(荒井由美)• ともだち(吉田拓郎)• 知床旅情(加藤登紀子)• 僕の胸でおやすみ(かぐや姫)• 竹田の子守唄(赤い鳥)• 日曜日よりの使者(ザ・ハイロウズ)• おどるポンポコリン(ちびまるこちゃんエンディング)• スタンドバイミー(ベン・E・キング)• カントリーロード(ジョン・デンバー)• アロハオエ• タフワフワイ• 青葉城恋歌• 雨あがりの夜空に• きらきら星• ちょうちょう• しずかな湖畔• 夜汽車• ロンドン橋• ジャンバラヤ• 夕焼小焼• ふるさと• たき火• ハッピーバースデー• 茶色の小瓶• 森のくまさん• ジングルベル• 春の小川• 春が来た• 夏は来ぬ• われは海の子• 虫の声• 野ばら• 浜千鳥• 故郷を離るる歌• 故郷の廃家• スワニーリバー• 雨降りお月さん• モーツアルトの子守歌• サントワマミー• Let It Be(ビートルズ)• Please Mister Postman(マーヴェレッツ)• Can You Feel The Love Tonight(from The Lion King (エルトン・ジョン)• Paparazzi(レディ・ガガ)• Pokerface(レディ・ガガ)• With Or Without You(U2)• She Will Be Loved(マルーン5)• No Woman No Cry(ボブ・マーリー)• Take On Me(アーハ)• Africa(トト)• If I Were A Boy(ビヨンセ)• Complicated(アヴリル・ラヴィーン)• たった4つのコードでこれだけたくさんの曲が弾けるのですから、ヤル気がでてきますね。 さらにコードの種類やストロークのバリエーションを増やしていくと、ありとあらゆる曲が弾けるようになります。 ウクレレのコードの覚え方 ただコードの種類を増やすと言っても、コードの種類はまさに無限ほどもあります。 なにかコードの覚え方のコツがあれば良いのですが・・・残念ながら、初心者におすすめできる裏技のようなものはありません。 例えば、「ルートさえ覚えれば、そこから5度と7度の場所を押さえれば良いだけ!」なんてアドバイスもできなくはありません。 しかしこの時点ですでに「ちょっと何言ってるかわかんないんですけど・・・」となってしまいませんか?基礎的な音楽知識がないとかなり飲み込みずらいです。 管理人もこれを理解したのは弾き始めて1年くらい経ってからでした。 おすすめは、まずAからGまでのメジャーとマイナーだけ先に全部覚えてしまいましょう!ひたすら弾いて暗記して、あとは好きな曲に出てくるコードをその都度覚えるのが一番挫折しない方法です。 そうやってるうちにちょこちょこ音楽理論の勉強もすれば、ルートとか7度とかがなんのことかわかってくるはずです。 少なくとも4つの定番コードが弾けるようになったら、脱初心者は目の前!頑張りましょう!.

次の

エレキギター初心者向けのメジャーコード弾き方講座と練習方法

初心者 コード

このページの目次• ギターコードとは コードとは、日本語で「和音」のことだ。 複数の音がきれいに調和するように、それぞれの弦を押さえ、いっぺんに音を鳴らす。 すると音が重なって美しい伴奏になる。 コードがあることで演奏に深みが生まれ、曲に色が付く。 「和音」というと難しく聞こえるかもしれないが、ギターコードは手の形さえ覚えてしまえば簡単にできるので、難しいことは考えなくて構わない。 この記事でも、複雑な説明は一切抜きにして、できるだけ分かりやすく解説している。 ここでは、まず初心者が覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。 それから、それぞれのギターコードをひとつずつ具体的に説明する。 注:ここで取り上げる「コードダイアグラム」の見方がわからないという場合は、別の記事に解説をする予定なので、そちらを参考にしてほしい。 初心者が最初に覚えたい5つのギターコード では、初心者が最初に覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。 以下の5つだ。 ・Cコード(シー・コード) ・Amコード(エイ・マイナー・コード) ・Dmコード(ディー・マイナー・コード) ・Gコード(ジー・コード) ・Em(イー・マイナー・コード) 読み方は通常のアルファベットと同じだ。 ただし、「m」は「マイナー」と読む。 「Am」なら「エイ・マイナー」だ。 では、1つずつ詳しく見ていこう。 Cコード(シー・コード) Cコードの押さえ方は以下の図の通りだ。 左側の数字は「弦の番号」、横の数字は「フレットの番号」、〇(丸)が「押さえる場所」で、〇(丸)の中の文字は「使用する指」を示している。 細かいことなので、あまり気にしなくても良い。 一度この通りに押さえてみて欲しい。 はじめは難しいかもしれない。 ポイントは 指先を使って、できるだけフレットの近くを押さえることだ。 押さえられたら、右手で6弦から順に弦を1本ずつ弾いてみて欲しい。 それですべての弦が鳴れば、Cコードはクリアだ。 Amコード(エイ・マイナー・コード) 次はAmコードだ。 Amコードの押さえ方は以下の図の通り。 この図をみて一度この通りに押さえてみて欲しい。 初めてでもそれほど難しくないかと思う。 実はこれ、 Cコードの薬指を3弦2フレットに移動するだけでできるのだ。 CコードからAmコード、AmコードからCコードへのコードチェンジ(押さえ変え)のときには人差し指と中指はそのままで、薬指だけを移動するとスムーズにつながるので覚えておくと良い。 point:CコードとAmコードの違いは薬指だけ!! ここまで問題ないだろうか。 どれも単純なコードばかりなので解説は短いが、もし難しい部分があれば急がずにゆっくり練習を重ねて欲しい。 Dmコード(ディー・マイナー・コード) 次はDmコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 これもAmコードと同じマイナーコードだ。 マイナーコードは一般的に「暗い響き」と言われる。 AmもDmも、やや暗い印象があるのを感じられるだろうか。 Dmは1・2・3弦だけを押さえるので、押さえにくく感じる方もいるかもしれない。 ポイントとしては、 親指をネック裏にしっかり回して、親指で6弦を掴むようにすると人・中・薬の三本の指が下方に下がり、押さえやすくなる。 Gコード(ジー・コード) 続いてGコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 今回取り上げている5つのギターコードの中では一番押さえにくいかもしれない。 1弦と6弦の間隔が広いので、指を大きく開く必要がある。 もし、上記の指の配置で難しいときは、自分のやり易いように、使用する指を変えてもよい。 筆者は「Cコードへのコードチェンジがスムーズにできる」という理由で上記の押さえ方をオススメしている。 薬指と中指の位置関係がCコードと同じだからだ。 この形のまま、押さえる弦だけ変えれば、Cコードへ簡単に押さえ変えられる。 Emコード(イー・マイナー・コード) 最後はEmコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 これは今回取り上げた中で一番簡単なギターコードだ。 たったの2本指でできてしまう(実はEmの系統で1本で押さえられるコードもある!)。 使用する指は自分のやり易いように変えても構わない。 これができれば、5つのギターコードはすべて完成だ! 初心者向けギターコードのまとめ 5つのギターコードをすべて弾いてみてどうだっただろうか。 中には弾きづらいものもあったかもしれないが、じっくり気長に取り組んで欲しい。 最初は誰でも難しく感じるが、時間をおいて挑戦すると、簡単にクリアできたりするものだ。 また、5つのギターコードが全て弾けたら、今度はこれら以外のギターコードを覚える必要も出てくる。 そのときはできるだけ、 お気に入りの曲の中で演奏しながら、繰り返し弾いて覚えると手っ取り早い。 とにかく楽しんで、楽な気持ちで練習することが上達への近道だ。 もっと他のコードも知りたいという方はを参考にしよう。

次の

コード表(ダイアグラム)の見方!

初心者 コード

まずはコードを正しく押さえるためのコツをチェック 全ての弦がきれいになるようにコードを抑えるには指の位置感覚を身につけるのと練習が重要ですが、それだけではなくがいくつかあります。 弦はフレットの近くで押さえる 一つ目のコツとしては 弦はフレットの近くで押さえるという点です。 例えば4弦の2フレットを押さえる時に1フレットと2フレットのちょうど中間を押さえるのと2フレットに近くで押さえるのとでは上手く鳴らすのに必要なチカラが違うと思います。 おそらくフレットの近くで押さえるほうが僅かなチカラでも十分なはずです。 押さえる弦が多いコードほどこの部分を意識することが重要になってきますので意識してみましょう。 指の第一関節を曲げて押さえる 二つ目のコツは 指を立てて弦を押さえることです。 イメージが付きづらいかもしれませんが上の写真のようなコードの押さえ方です。 指の第一関節をしっかり曲げて指を立てています。 よくギターを初めて間もない時はコードを押さえる指がすぐ疲れてしまい、第一関節がしっかり曲がっていない指が寝ている状態でコードを押さえてしまうものです。 指を寝かせてしまうとその分別の弦も触れてしまう可能性が高まります。 せっかく頑張って押さえていても他の指で中途半端に触れられてしまえば上手く鳴ってくれません。 難しいコードを弾いているほどこの2つのポイントが意識して弾けるかが重要になってきます。 躓いた時には必ず確認するようにしましょう。 初心者向けの定番コードとコードの押さえ方のポイントについては、別の記事で詳しくまとめていますので、気になった方はぜひご覧ください。 コード移行がしやすい曲 コードには沢山の種類がありますが、その中でもコードを構える指の位置関係の似ているコードがあります。 そういったコードを繋げることでコード移行がし易いなっている曲がありますのでコードを押さえるのに慣れてきたら練習しましょう。 Fコードは確かに難関ですが非常に明るくきれいな和音を鳴らすコードであり、たくさんの曲に取り入れられています。 早い段階で上手く鳴らせるようになっておくと確実に重宝しますので、何度も鳴らして自分の中でのコツを掴んでいきましょう! 弾きごたえのある曲 ややコード構成は難しいですが弾き語りを気持ちよく出来る曲を集めています。 自分の好きなリズムで弾いて楽しみましょう。 4本の弦を押さえるB7に初めは苦戦すると思いますが、同じく序盤に出てくるD7コードの指の形に小指が加わったものなので、慣れてくれば問題は無いでしょう。 しかし中盤から出てくるF m7-5やBm7-5はやや難易度が高いのでここは練習あるのみです。 これからギターを始めようと考えていた方はさらに挑戦してみたくなったのではないでしょうか。 ギターをまだお持ちでない方にはReReレンタルが提供する『エレキギター入門セットレンタル』というサービスをおすすめします。 このサービスは Gibson直系ブランドのEpihoneの入門モデルセットを1ヶ月13,780円(税込)でレンタルできるサービスです。 教則DVDもついているのでご紹介した簡単な曲以外にも練習することができます。 教則DVD以外にもギターアンプやチューナー、ヘッドホン、ピックなどもついたとってもお得なセットです。 届いたその日から練習を始めることができるとことも嬉しいですよね。 ギターを購入すると数万~数十万はかかるので、まず最初の手始めとしても費用を抑えたスタートができるので安心です。 もちろん延長も可能です。 しかも日あたり100円からできるのであと2週間、あと1ヶ月練習したいと思ったときも気軽に延長ができる金額なのも嬉しいですよね。 周りにギターの経験がある方はその方からでももちろんいいと思いますが、おすすめなのはレッスンに行ってみることです。 プロの講師からマンツーマンで直接アドバイスを受けることができ、自分では気づかなかったクセを発見できたり、練習方法を身につけたりすることができます。 では60分のプロ講師とのマンツーマン体験レッスンを無料で受けることができます。 関東200か所以上のスタジオで受講できるので、家の近くや仕事帰りなどとても行きやすいですね。 無料でアドバイスを受けることができると思って、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。 ギターをあっという間に上達できるかもしれませんよ。

次の