スマホ 充電 熱い。 【熱対策】アンドロイドスマホが熱くなるときの冷却方法7つと原因

スマホの充電!コンセントが熱いのは危険のサイン!?│家具インテリアの図書館

スマホ 充電 熱い

スマホの充電器が熱いのは結構危険 基本的に電気が流れているんですから 熱が発生するのは当然のことです。 とは言え、通常はせいぜい 「あったか~い」と感じる程度で、 触れた時に明らかに「熱い」 と感じたり、 握っていられないくらい熱い 場合には注意が必要です。 あまりに温度が高くなってしまうと、コンセント周りのビニル部分が溶け出したり、変色したり、 最悪発火に至る場合もあるんです。 それが原因で、 機器の故障や火災にまで発展するってケースもあるくらい結構危険な状態です。 スマホの充電器が熱くなる原因 スマホの充電器が熱くなってしまう原因としては、以下の様なケースが考えられます。 コンセントの接触不良• タコ足配線• 充電器の劣化 中でも タコ足配線に関しては実際に使用している方も多く、これが原因の火災などはよくニュースで目にする機会もあるかと思います。 特に パソコン周りなんかはタコ足配線になりがちでホコリなども溜まりやすいため、火災の原因としてよく取りあげられており注意する必要があります。 こういったことにならないためにも、 自分の使用状況に合わせた予防策や対処法を用意しておきたいところです。 スマホ充電器の発熱の予防策と対処法 続いてスマホの充電器が熱くならないための予防策と、なってしまった場合の対処法についてまとめてみたいと思います スマホ充電器が熱くならないための予防策 コンセントを奥までしっかり差し込む コンセントがしっかり差し込めてなくて半差しになっていたり、形が歪んでしまっていてそもそも奥まで差し込めなかったりといった場合、必然的に コンセントの接触面が狭くなってしまいます。 狭くなったからと言って 流れる電流は変わらないため、その分 狭い領域に余計に負荷がかかってしまうため、温度が異常に高くなっちゃうわけです。 コンセント部が半差しになっていないかきちんと確認したり、変形してしまっている場合にはその充電器は使わないようにするのが無難かと思います。 タコ足配線を極力避ける よく問題になる タコ足配線ですが、世の中が便利になっていくにつれ必然的に電気もその分必要になります。 基本的にタコ足配線というのは 差込口を無理やり増やしてたくさんの機器を同時に使えるようにしているわけですから、 その分負荷がかかるのも当然ですよね。 とは言え壁のコンセント数にも限界があるので、やっぱりタコ足配線をどうしても使わざるを得ないって状況もあるかと思います。 そんな時にオススメなのが、 スイッチ式のタコ足タップです。 各差込口に電源ON/OFFのスイッチが付いてるもので、 使用している部分のみに電気を流すことができます。 こういった便利なツールなどを使って、 できるだけ同時に接続する機器を減らすようにすることで、充電器が熱くなったりと言ったトラブルを防ぐことができます。 充電器に異常がないか確認する 充電器の劣化による発熱も、十分起こりうるケースです。 接触部分が錆びてしまっていたり、 ケーブルが中で断線していたりすると、 電気が流れた時に負荷が余計にかかってしまうことがあります。 そういったちょっとした汚損・破損が原因で、うまく電気が流れずに発火した、なんてこともあるので 充電器に異常が無いかどうか定期的にチェックしておくといいかと思います。 スマホ充電器が熱くなってしまった時は もうすでに現状で、 スマホの充電器が握れないほど熱くなってしまっているといった場合には、 潔くその充電器の使用をストップしましょう。 もったいないからと言って使い続けていると、そこから大きな火事に繋がったりもするので、必ず 修理や買い替えを検討するようにしてください。 まとめ 今回は スマホの充電器が熱くなってしまう原因や予防策についてまとめてみました。 ざっくりと振り返ると、.

次の

スマホが熱い、充電の減りが早い、動作が重くなる現象が発生中。Google Play開発者サービスのバグが原因か

スマホ 充電 熱い

コンセントが熱くなりやすい家電製品とは? コンセントが熱い状態は、何かしらの問題が発生し、危険のサインを発信している可能性があります。 電気の間違えた使い方には、思わぬ危険が潜んでいて発火や火災の原因にもなります。 また、電力が強い家電製品は、コンセントが熱くなりやすい傾向があります。 下記のものを使用するときには特に注意しましょう。 〇ドライヤー 強いものだとおよそ1200Wもの電力がドライヤーに供給されます。 ひとつのコンセントからの電力であれば問題ありませんが、ひとつのコンセントから同時に複数の家電を使うと負荷が掛かり、熱をもち発火する危険があります。 〇スマホの充電器 スマホを充電器に差しっぱなしにしている状態は、電気が供給され続けています。 充電ができたらコンセントから抜くようにしましょう。 スマホに関しては、このほかにもさまざまな原因が考えられますので、次項でも「スマホ」に焦点を当ててお話しをします。 コンセントが熱い!スマホの充電器は純正品? スマホの充電中にコンセントが熱い状態になる原因のひとつに充電器の問題があります。 充電中は多少の熱が発生するものですが、「熱い!」と感じるくらいコンセントに熱をもつのは異常がある可能性が高いと言えます。 スマホの充電器は純正品を使用していますか。 充電器の品質はとても重要であるため、スマホ購入時にセットでついてくる純正品を使用することをおすすめします。 他のメーカーからたくさんの種類の充電器が安価で販売されていますが、中にはつくりが粗悪なものもあるのが実情です。 このような安価で粗悪なつくりの充電器は壊れやすく、充電器自体の故障が原因でコンセントが熱くなることがあります。 安価は魅力的ですが、壊れた充電器や適応していない充電器を使い続けることは危険です。 純正品の充電器が紛失してしまったりした場合は、新しく購入しましょう。 スマホを充電中のコンセントが熱い!タコ足配線をしている この項では、スマホの充電中、コンセントが熱い原因が「タコ足配線」にある場合についてお話しします。 お部屋の中で、複数の電化製品を使っている場合、「タコ足配線」でスマホの充電をしているという方も多いのではないでしょうか。 プラグの差し込み口が増やせる便利なタコ足配線ですが、使える電気の容量は変わりません。 そのため、1つのコンセントから容量をオーバーした電気を使い続けると、コンセントやプラグに大きな負荷が掛かります。 そして、コンセントが異常に熱くなり発火する危険性を伴います。 タコ足配線でスマホを充電中にコンセントが熱いと感じたら、即座に使用をやめましょう。 重要なのは、使用しているプラグの数よりも、使用できる定格容量を超えないことです。 また、タコ足配線に溜まったホコリが原因で発火する事例も多いので、その点も十分気をつけてください。 どうしてもタコ足がないと不便という方は、個別スイッチ式がおすすめです。 個別スイッチ式であれば、いちいちコンセントを抜き差しする必要がなく、それぞれ別スイッチで電気機器のオンとオフを管理できるので、タコ足配線よりも、安全で便利と言えるでしょう。 スマホを充電中のコンセントが熱い!充電しながらのスマホ操作 「スマホを使いたいけれど充電がない!」そんなとき、充電しながらスマホを使っていませんか。 よくあるパターンでは、就寝前ベッドで横になった状態での、充電しながらのスマホ操作です。 充電中にスマホを使い続けることは、長時間充電器が稼働している状態です。 そのため、充電器の熱が下がらず、コンセントにも伝わり熱い状態になります。 スマホの充電中は、できるだけ操作をしないようにしましょう。 そして、充電が終わったら速やかにコンセントを抜いて、負担が掛からないようにしてください。 また、ベッドに寝転がって充電しながらのスマホ操作は「ケーブルの断線」というリスクもあります。 コンセントのある位置とベッドの高低差によって、ケーブルがねじれたり引っ張られたりして、不自然な形に折れ曲がってしまいます。 この状態で使い続けると、見た目には分からなくてもケーブルの中で断線してしまいます。 ケーブルが断線すると接触不良となり、これもコンセントに熱をもつ原因になります。 接触不良については、次項で詳しくお話しします。 スマホを充電中のコンセントが熱い!コンセントの接触不良 ここでは、スマホを充電中、コンセントが熱い原因として、「接触不良」を起こしている場合についてお話しします。 スマホの充電ができたりできなかったりする場合にも接触不良を疑ってください。 築年数が経っている住宅では、壁コンセントが劣化している場合があります。 コンセントの内側にあるバネが弱くなると、うまく電源プラグが差し込めずに接触不良を起こしてしまいます。 さらに、よく見ないでプラグを差し込んだり、プラグの金属部分が曲がったり歪んでしまっている場合も、奥までしっかり差し込めていないことがあります。 半差しになっていると、必然的にコンセントの接触面が小さくなります。 接触面が小さくなったからと言って、流れる電流は変わりません。 小さい接触面に余計な負荷がかかると、コンセント付近が異常に熱をもってしまいます。 コンセントをしっかり奥まで差し込み、変形してしまっているプラグは使用しないようにしましょう。 コンセントではなく「スマホそのもの」が熱い!その原因は? これまで、スマホの充電中にコンセントが熱くなる原因についてお話ししてきました。 では、「スマホそのもの」が熱い場合はどうでしょうか。 充電と放電は大きな負担をかけるので、充電中にスマホの操作をすることはやめましょう。 スマホケースを外し、熱を逃がすようにしましょう。 最近では、防水性に優れたスマホも多く、内部の熱が放出されにくいものもあります。 また、使用中のアプリだけでなく、バックグラウンドで動作しているものも関係しています。 主な原因と対策はお分かりいただけましたか。 熱いままのスマホは、バッテリーの減りが早くなったり、故障の原因に繋がります。 熱いと感じたら、まずはスマホの使用をやめて放熱させてください。 それでも改善されない場合は、一度電源を切って様子を見てみましょう。 コンセントが熱い危険サインが出たら原因究明を! コンセントが熱い状態は、思わぬ危険が潜んでいるかもしれません。 「このくらい大丈夫」という油断は禁物です。 発火して、事故や火事を引き起こしてしまうかもしれません。 コンセントに「熱い」という危険サインが出たらすぐに原因を探ってみましょう。 原因が分からないときには、専門の業者さんに相談してみることをおすすめします。

次の

ワイヤレス充電器が熱くなる時の対処法|熱くなりにくいワイヤレス充電器は?|ナマケモノのスマホ研究所

スマホ 充電 熱い

Contents• スマホのバッテリーの減りが早い原因 朝、フルに充電したのに夜にはバッテリーが危うい...。 そんな経験、ありませんか? スマホのバッテリーの減りが早くなる原因はなんでしょうか?• バッテリーの寿命• アプリの暴走• スマホ本体の発熱 まず、 バッテリーの寿命は1〜2年と言われています。 意外と早いんですね。 最近のスマホは特に高性能なのでバッテリーに負荷がかかるので余計早いのではないでしょうか。 次に、アプリの暴走。 見落とされがちではあるのですが、バックグラウンドでアプリが動いていると当然バッテリーは消費されます。 例えば、LINEやFacebookなどは常に通信しているのでバッテリーも消費します。 そして、最後にスマホ本体の発熱。 「火傷しそうなほどスマホが熱い!」 そんな経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。 スマホが発熱すると、バッテリーの減りも早くなります。 ただ、中にはスマホにケースをつけていて、スマホの発熱に気がつかない場合もあるので注意して下さい。 バッテリー減り対策のためのスマホ設定 バッテリー減りを少しでも良くするための設定をご紹介します。 輝度を下げる スマホの画面が明るいとその分、バッテリーは消費します。 なので、ディスプレイの輝度を下げてみましょう。 あまり明るすぎても目も疲れるので、一石二鳥です。 アプリを完全に終了させる アプリを終了させる場合、ホームボタンを押すなどして終了させることが多いですが、これは画面が閉ざされているだけで、裏で待機し続けています。 なので、アプリは完全に終了させましょう。 iPhoneの場合は、ホームボタンを2回押して上へスワイプ。 Androidは画面下部の一番右端のアイコンを押すとマルチタスクメニューとなり、アプリを終了させることができます。 アプリの完全終了の仕方については、『』でご紹介しているのでご覧下さい。 使用していないBluetoothやWi-Fiを切る BluetoothやWi-Fiがオンになっていると、電波を拾おうとするので当然バッテリーは消費します。 Bluetooth接続をしていない時はBluetoothをオフにする、Wi-Fiを使用していない時はWi-Fiを切ることでバッテリーの消費を抑えられます。 GPSをオフにする GPSはマップやスマホを探すのにとても便利です。 そのために、GPSをオンにしていることもあるのではないでしょうか。 しかし、GPSをオンにしておくと、当然通信しているのでバッテリーは消費します。 盲点なのは、LINEです。 LINEもGPSを使用しているので、気をつけて下さい。 メーカーのバッテリー対策設定をする Galaxyには省電力モード、Xperiaにはスタミナモードなど、各メーカーはバッテリー対策設定があります。 これらの設定をすることもバッテリー消費を抑えるのに役立ちます。 スマホの発熱対策 「スマホの設定は色々やったけれど、それでもバッテリーの減りが早い」という場合は、スマホ本体が発熱していることがあります。 このスマホ本体の発熱は、スマホにケースをしていなければすぐに気がつきますが、ケースをしているとスマホが発熱していることに気がつかない場合もあるので要注意です。 スマホが発熱する原因は下記となります。 充電しながらスマホを使う• アプリが起動している• 高温の場所での使用• ケースやカバーで密閉されている まず、使用していないアプリは完全終了させるようにし、充電する時はスマホをいじらないようにしましょう。 これをするだけで、発熱原因の2つは取り除くことができますね。 また、スマホを置いている場所や使用している場所があまりにも高温の場合は、当然ですがスマホも熱を持ちやすくなります。 そして、最後のケースです。 ケースをつけていると、スマホの発熱に気づかないだけでなく、ケースにより熱が放出できないのでスマホ本体に熱がこもることになります。 人間もそうですが、熱が体内にこもってしまうと体調が悪くなりますよね。 スマホのケースはそれと同じで、熱を放出できなくなってしまうんですね。 特に手帳型ケースは背面だけでなく、ディスプレイ側もカバーされるので密閉状態になります。 なので、熱がこもりやすくなります。 特に夏は、気温が高いのでケースなどをしていると余計にスマホが熱くなる原因になります。 なので、スマホが熱いなと思ったら、ケースをしている場合はケースを外すだけでもかなり違います。 そして、ケースを外してそれでも発熱がひどい場合は一度スマホを再起動させましょう。 やってはいけないスマホ冷却法 スマホが熱くなったら、スマホを冷やすようにしなければいけませんが、絶対にやってはいけない冷却法があります。 水に浸ける• 冷蔵庫に入れる• 保冷剤や冷えピタで冷やす 最近のスマホは防水機能がついているからと、ついやってしまいがちですが、上記の方法はNGです。 まず、水に浸けたり、冷蔵庫で冷やす、また保冷剤などを使用すると、スマホ本体の急激な温度差で 内部結露が起きる原因となります。 スマホの冷却は空冷でなければいけません。 つまり、空気で冷やすことです。 スマホの冷却でバッテリー持ちは変わるか? ここまで、スマホのバッテリー持ち対策と熱対策についてご紹介しましたが、スマホの熱対策をすることでバッテリー持ちは変わるのでしょうか。 これは筆者の実体験ですが、Xperia XZのバッテリーの減りが異様に早くなっていました。 まだ購入して一年にも経っていないし、また、あまり使用せずに置いているだけでもバッテリーの減りは早かったのです。 一番最初にしたのはバッテリー対策です。 スタミナモードはオンにしていましたが、Bluetoothを切ったりGPSを切ったり、アプリを完全終了させたり。 それでも、効果はあまり見られませんでした。 この時、実は手帳型ケースを使用していたのですが、何気なくケースを外してスマホを触ってみると、火傷しそうなほどスマホが熱を持っていました。 そこで、ケースを外して裸のまま使うようにしたら、バッテリーの減りが緩やかになりました。 なので、スマホを冷却することでバッテリー持ち対策になるということがわかりました。 最近のスマホは高価なこともあり、傷をつけたりしたくなくてケースをつけるのですが、背面フィルムを貼ったり、ガラスフィルムを貼ったりすることで多少の対策にはなります。 「バッテリーの減りが早い」 「スマホの熱がひどい」 という時は、ぜひ上記の方法を試してみてください。 「全ての方法を試したけれど、全然改善されない」 という場合は、バッテリーや本体に問題がある可能性があるのでショップに持っていきましょう。 バッテリー交換や本体修理となった場合、有料となりますが、スマホが爆発したり火傷してしまうともっと大変なので、持っていくようにして下さいね。

次の