街へいこうよどうぶつの森 雷。 あつ森攻略|あつまれどうぶつの森

劇場版 どうぶつの森

街へいこうよどうぶつの森 雷

の第5作目。 この節のが望まれています。 シリーズ共通の概要・要素については「」を参照のこと。 操作 [編集 ] 本作では基本的にとを使用して操作をする。 のみの操作も可能。 なお、・は使用できない。 プレイヤーの移動はヌンチャクのコントロールスティックや、Wiiリモコンのポインター機能で行う。 また、今作では大抵の装備用アイテム(スコップ、つりざおなど)は、もちもの画面を開かなくてもWiiリモコンのの左右ですぐに変更することができるようになった。 ただし、メニュー画面の物品の選択やマイデザインの操作は、強制的にWiiリモコンのポインター機能を利用しなければならない。 にも対応しており、チャットをする場合はメニュー画面を開くことなく入力、送信が可能。 ともだちコードの入力や、後述のATMの金額指定など、数字のみを入力する場面においても使用可能。 村 [編集 ] これまでのシリーズ同様、プレイヤーが生活するメインの場所が「村」である。 村のデータは1台のWiiにつき1つのみ作成が可能で、へのデータの移動及びコピーは出来ない(そのため、Wi-Fiコネクションを使用しない通信では、後述の「DSを使ったおでかけ機能」を用いる必要がある)。 プレイヤーデータは1つの村につき4人まで作成可能。 プレイヤーが住む家は『』以前と同じく、1プレイヤーごとに違う家を持つことができる。 『』と同様に番地制は採用せず、地形は同じくドラム型である。 なお、『おいでよ どうぶつの森』で削除された「」が復活した。 また、十字キーの上を押すことで空を見ることができるようになった。 また、版と同じく、村にプレゼントの付いた風船が登場することがあり、道具のパチンコを使って打ち落とすことができる。 プレゼントの中にはアイテムが入っており、この風船でしか入手できないアイテムも多数ある。 以前「」と連動し、現実の天気と村の天気が同期する」との噂が流れていたが、そのような連動要素は製品には存在しない。 これは地域ごとに村の天気に偏りがあるため、それを避けるためと思われる(に住むプレイヤーの村には雪が降るが、では一切降らない、など)。 街 [編集 ] 本作では新たに「街」が登場する。 街へは村にあるバス停から、カッペイが運転するバスに乗って行くことができる。 街には以下のような施設が設置されている。 うらないのやかた ハッケミィに占ってもらったり、自分の村に関する「おまじない」を教えてもらうことができる。 イナリかぐ つねきちが営業している家具屋。 会員制であるため、入るには、ほかの誰かからの「紹介状」が必要。 グレイシーグレイス 高級な服やアクセサリー、家具を販売しているお店。 品揃えはシーズンにあわせて入れ替わる。 ビューティサロン スピーディ カットリーヌが営業しているお店。 DS版と同様にプレイヤーのヘアスタイルを変えられるほか、今作では顔をMiiに変えることも可能。 ハッピールームアカデミー本部 自分の部屋のインテリアについて評価をしてくれる。 また、月ごとに設定されるテーマにあった部屋を「モデルルーム」として展示もしている。 劇場 ししょーのネタを見ることができる。 そのネタからさまざまなリアクションを覚えることができる。 オークションハウス アイテムを出品して、自分やほかの村のプレイヤーと、オークションの形式でアイテムの売買ができる。 このほかにも、街にはシャンクの靴磨きやパロンチーノなど、様々な施設やサービスが用意されている。 これまでの作品では、つねきちのようなキャラクターは週に一回のみ、ししょーやハッケミィといったキャラクターはランダムで村を訪れていたが、本作では常に街で店を構えているため、営業時間内であればいつでも会えるようになった。 アイテム [編集 ] 前作までのアイテムに加えて、新しいアイテムが多数追加された。 また、インターネットやにて随時新アイテムが配信される予定である。 イベント [編集 ] 「」を参照 「」や「」など前作『おいでよ どうぶつの森』で削除されたイベントが一部復活し、「」などの新しいイベントも登場した。 また、「うおまさ」や「ゆうたろう」など、前作『おいでよ どうぶつの森』で削除されたキャラクターの一部が再登場した。 インターネットを利用した機能 [編集 ] 本作はとに対応している。 対応内容は以下の通り。 他の村へのおでかけ 前作『おいでよ どうぶつの森』と同様にニンテンドーWi-Fiコネクションを利用して、他の村へおでかけが可能(事前にともだちコードを交換する必要がある)。 今作も同時に4人まで同じ村に入ることができる。 またプレイヤー同士での文字によるチャットのほか、別売の「」を利用することでも可能。 このwiiスピークの同梱版も発売されている。 新アイテムの受信 WiiConnect24を利用して、それぞれ期間限定で、随時新しいアイテムが配信されている。 手紙を送信 前作までは自分の村の中の住民のみに手紙を送ることができたが、本作では他の村のほか・・などにも送信することが可能。 ニンテンドーDSとの連動 [編集 ] プレイヤーデータの引き継ぎ 前作『』のプレイヤーデータをコピーして今作に引き継ぐことができる。 引き継ぐことができるものは、プレイヤーの顔・アイテムのカタログデータ等々。 ベル(ゲームでの通貨)は移動できない。 なお、データを移動させても、DSにいるプレイヤーのデータや今まで集めたアイテムなどは消えることはない。 DSを使ったおでかけ機能 本作では、前述の通りWi-Fiコネクションを利用して他の村へ「おでかけ」ができるが、インターネット環境がない場合は、自分のWiiからDSにおでかけ用のデータを送信させ、そのDSを友達の家などへ持ち運び、そしておでかけ先の村でお出かけ用データを読み取ることでおでかけをすることができる。 なお、この機能はDSダウンロードプレイを利用するため、『おいでよ どうぶつの森』を持っていなくても利用できる。 その他 [編集 ]• 本作では「」が登場し、一部の店において、貯金残高から代金を支払うことが可能になった。 なお、クレジットカードという名称だが、支払いのシステムは現実世界におけるに近い。 Wii本体のバージョンが、SDHCカードに対応した4. 0以上であっても、本作では2GBまでのSDカードしか使用することができない。 Wiiリモコンの1ボタンを押すことで写真を撮影することができる。 撮った写真はに保存され、本作内の手紙に添付して別のプレイヤーに送信したり、『』やパソコンなどで閲覧したり、印刷することができる。 本作では任天堂やはは等からのてがみは全てゲーム開始直後にぺりおが配達してくれる仕様になった。 このシステムの導入に従い、過去作に比べてぺりおに会いやすくなっている。 評価 [編集 ] 任天堂社長であるはインタビューにて「どうぶつの森はニンテンドーDSで発売した『おいでよ』が高評価で、Wiiの『街へいこうよ』も期待されていたが、実はあまりうまくいかなかった。 我々からすると、すごく反省点が多いソフトだった」と述べている。 売上に関しても前作の『おいでよ』が全世界で1079万本 、国内で約523万本 の売上となっているのに対し、『街へいこうよ』は全世界で338万本 、国内では126万本 に留まっている。 アメリカABCニュースは、ミズーリ州のインターネット犯罪対策担当の話として、このゲームを所持している成人男性は子供に対する性的犯罪を意図しているとの報道を行うが、後に番組のディレクターが誤った報道であったことを認めた。 漫画版 [編集 ] 『』()2009年1月号から連載中。 街へいこうよ どうぶつの森 あつまれ! こもびれ村 作、連載。 脚注 [編集 ]• 2015年4月2日閲覧。 2015年1月2日閲覧。 任天堂株式会社 2009年5月8日. 2015年1月2日閲覧。 2015年1月2日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - このソフトのCMの中に、彼女のが数秒登場するものがある。 - 今作をモチーフにした対戦ステージ「村と街」が登場する。 - 前作で登場した対戦ステージ「村と街」が続投された。 また本作で登場したうんてんしゅ カッペイ が乱闘を支援する「アシストフィギュア」として登場している。 - 第7話に本作の映像が登場する。 外部リンク [編集 ]•

次の

おい森Wi

街へいこうよどうぶつの森 雷

の第5作目。 この節のが望まれています。 シリーズ共通の概要・要素については「」を参照のこと。 操作 [編集 ] 本作では基本的にとを使用して操作をする。 のみの操作も可能。 なお、・は使用できない。 プレイヤーの移動はヌンチャクのコントロールスティックや、Wiiリモコンのポインター機能で行う。 また、今作では大抵の装備用アイテム(スコップ、つりざおなど)は、もちもの画面を開かなくてもWiiリモコンのの左右ですぐに変更することができるようになった。 ただし、メニュー画面の物品の選択やマイデザインの操作は、強制的にWiiリモコンのポインター機能を利用しなければならない。 にも対応しており、チャットをする場合はメニュー画面を開くことなく入力、送信が可能。 ともだちコードの入力や、後述のATMの金額指定など、数字のみを入力する場面においても使用可能。 村 [編集 ] これまでのシリーズ同様、プレイヤーが生活するメインの場所が「村」である。 村のデータは1台のWiiにつき1つのみ作成が可能で、へのデータの移動及びコピーは出来ない(そのため、Wi-Fiコネクションを使用しない通信では、後述の「DSを使ったおでかけ機能」を用いる必要がある)。 プレイヤーデータは1つの村につき4人まで作成可能。 プレイヤーが住む家は『』以前と同じく、1プレイヤーごとに違う家を持つことができる。 『』と同様に番地制は採用せず、地形は同じくドラム型である。 なお、『おいでよ どうぶつの森』で削除された「」が復活した。 また、十字キーの上を押すことで空を見ることができるようになった。 また、版と同じく、村にプレゼントの付いた風船が登場することがあり、道具のパチンコを使って打ち落とすことができる。 プレゼントの中にはアイテムが入っており、この風船でしか入手できないアイテムも多数ある。 以前「」と連動し、現実の天気と村の天気が同期する」との噂が流れていたが、そのような連動要素は製品には存在しない。 これは地域ごとに村の天気に偏りがあるため、それを避けるためと思われる(に住むプレイヤーの村には雪が降るが、では一切降らない、など)。 街 [編集 ] 本作では新たに「街」が登場する。 街へは村にあるバス停から、カッペイが運転するバスに乗って行くことができる。 街には以下のような施設が設置されている。 うらないのやかた ハッケミィに占ってもらったり、自分の村に関する「おまじない」を教えてもらうことができる。 イナリかぐ つねきちが営業している家具屋。 会員制であるため、入るには、ほかの誰かからの「紹介状」が必要。 グレイシーグレイス 高級な服やアクセサリー、家具を販売しているお店。 品揃えはシーズンにあわせて入れ替わる。 ビューティサロン スピーディ カットリーヌが営業しているお店。 DS版と同様にプレイヤーのヘアスタイルを変えられるほか、今作では顔をMiiに変えることも可能。 ハッピールームアカデミー本部 自分の部屋のインテリアについて評価をしてくれる。 また、月ごとに設定されるテーマにあった部屋を「モデルルーム」として展示もしている。 劇場 ししょーのネタを見ることができる。 そのネタからさまざまなリアクションを覚えることができる。 オークションハウス アイテムを出品して、自分やほかの村のプレイヤーと、オークションの形式でアイテムの売買ができる。 このほかにも、街にはシャンクの靴磨きやパロンチーノなど、様々な施設やサービスが用意されている。 これまでの作品では、つねきちのようなキャラクターは週に一回のみ、ししょーやハッケミィといったキャラクターはランダムで村を訪れていたが、本作では常に街で店を構えているため、営業時間内であればいつでも会えるようになった。 アイテム [編集 ] 前作までのアイテムに加えて、新しいアイテムが多数追加された。 また、インターネットやにて随時新アイテムが配信される予定である。 イベント [編集 ] 「」を参照 「」や「」など前作『おいでよ どうぶつの森』で削除されたイベントが一部復活し、「」などの新しいイベントも登場した。 また、「うおまさ」や「ゆうたろう」など、前作『おいでよ どうぶつの森』で削除されたキャラクターの一部が再登場した。 インターネットを利用した機能 [編集 ] 本作はとに対応している。 対応内容は以下の通り。 他の村へのおでかけ 前作『おいでよ どうぶつの森』と同様にニンテンドーWi-Fiコネクションを利用して、他の村へおでかけが可能(事前にともだちコードを交換する必要がある)。 今作も同時に4人まで同じ村に入ることができる。 またプレイヤー同士での文字によるチャットのほか、別売の「」を利用することでも可能。 このwiiスピークの同梱版も発売されている。 新アイテムの受信 WiiConnect24を利用して、それぞれ期間限定で、随時新しいアイテムが配信されている。 手紙を送信 前作までは自分の村の中の住民のみに手紙を送ることができたが、本作では他の村のほか・・などにも送信することが可能。 ニンテンドーDSとの連動 [編集 ] プレイヤーデータの引き継ぎ 前作『』のプレイヤーデータをコピーして今作に引き継ぐことができる。 引き継ぐことができるものは、プレイヤーの顔・アイテムのカタログデータ等々。 ベル(ゲームでの通貨)は移動できない。 なお、データを移動させても、DSにいるプレイヤーのデータや今まで集めたアイテムなどは消えることはない。 DSを使ったおでかけ機能 本作では、前述の通りWi-Fiコネクションを利用して他の村へ「おでかけ」ができるが、インターネット環境がない場合は、自分のWiiからDSにおでかけ用のデータを送信させ、そのDSを友達の家などへ持ち運び、そしておでかけ先の村でお出かけ用データを読み取ることでおでかけをすることができる。 なお、この機能はDSダウンロードプレイを利用するため、『おいでよ どうぶつの森』を持っていなくても利用できる。 その他 [編集 ]• 本作では「」が登場し、一部の店において、貯金残高から代金を支払うことが可能になった。 なお、クレジットカードという名称だが、支払いのシステムは現実世界におけるに近い。 Wii本体のバージョンが、SDHCカードに対応した4. 0以上であっても、本作では2GBまでのSDカードしか使用することができない。 Wiiリモコンの1ボタンを押すことで写真を撮影することができる。 撮った写真はに保存され、本作内の手紙に添付して別のプレイヤーに送信したり、『』やパソコンなどで閲覧したり、印刷することができる。 本作では任天堂やはは等からのてがみは全てゲーム開始直後にぺりおが配達してくれる仕様になった。 このシステムの導入に従い、過去作に比べてぺりおに会いやすくなっている。 評価 [編集 ] 任天堂社長であるはインタビューにて「どうぶつの森はニンテンドーDSで発売した『おいでよ』が高評価で、Wiiの『街へいこうよ』も期待されていたが、実はあまりうまくいかなかった。 我々からすると、すごく反省点が多いソフトだった」と述べている。 売上に関しても前作の『おいでよ』が全世界で1079万本 、国内で約523万本 の売上となっているのに対し、『街へいこうよ』は全世界で338万本 、国内では126万本 に留まっている。 アメリカABCニュースは、ミズーリ州のインターネット犯罪対策担当の話として、このゲームを所持している成人男性は子供に対する性的犯罪を意図しているとの報道を行うが、後に番組のディレクターが誤った報道であったことを認めた。 漫画版 [編集 ] 『』()2009年1月号から連載中。 街へいこうよ どうぶつの森 あつまれ! こもびれ村 作、連載。 脚注 [編集 ]• 2015年4月2日閲覧。 2015年1月2日閲覧。 任天堂株式会社 2009年5月8日. 2015年1月2日閲覧。 2015年1月2日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - このソフトのCMの中に、彼女のが数秒登場するものがある。 - 今作をモチーフにした対戦ステージ「村と街」が登場する。 - 前作で登場した対戦ステージ「村と街」が続投された。 また本作で登場したうんてんしゅ カッペイ が乱闘を支援する「アシストフィギュア」として登場している。 - 第7話に本作の映像が登場する。 外部リンク [編集 ]•

次の

【実況】街へ行こうよどうぶつの森鬼畜な村で鬼ごっこ【ハムハム視点】 [ニコニコあっぷる]

街へいこうよどうぶつの森 雷

それは、前作の「おいでよ どうぶつの森」での情報です。 今作ではどうしても1週間経過するとカブは腐ってしまいます。 赤カブの場合は水をあげ忘れて腐ってしまった場合でも、 「銀のジョウロ」で水をあげると復活します。 銀のジョウロは、たぬきちの店で花のタネを50個購入すると郵便で送られてきます。 普通のジョウロとの効果の違いとしては、 1、枯れた赤カブに水をやると翌日復活する。 2、普通のジョウロよりも水をやれる範囲が広い の2つです。 範囲が広いというのは、普通のジョウロの水をあげる範囲は目には見えませんが、 十字状にあげていることになっているようです。 つまり、自分の立っているところ、前後左右の5マスです。 金、銀のジョウロだと自分の立っているところと周りのマス全部、計9マスにあげることができます。 カブでの金儲けは賭けですので、友達やネット掲示板を駆使して 自分の村が安値でも他の村で売らせてもらえるようにすることが肝要だと思われます。

次の