たかの しょう 力士。 大相撲 柏市出身力士隆の勝関幕内昇進に伴う表敬訪問(平成30年8月28日発表)

貴景勝光信

たかの しょう 力士

ここ最近、若手の日本人力士の活躍が目立ちますね。 今回はそんな中でも、「平成の大横綱」と呼ばれた貴乃花親方の愛弟子、 貴景勝関(たかけいしょう)についてご紹介します。 佐藤貴信という本名で馴染みのある方も多いと思いますが、一体どのような力士なのでしょうか。 お父さんや貴乃花親方との関係についてもご紹介します。 また、年齢に関しても22歳7ヶ月でこちらについては9番目の年少記録なのだそうです。 横綱昇進に向けて、まずは大関での順調に勝ち越しを決められるようになって欲しいですね。 頑張れ貴景勝関! Contents• 貴景勝ってどんな力士? まずは 貴景勝(たかけいしょう)関がどんな力士なのか、簡単にご紹介します。 貴景勝関は1996年産まれの22歳。 所属は貴乃花部屋で、2017年1月場所に新入幕入りを果たした将来有望な若手力士の1人です。 中学時代には中学生相撲選手権に優勝して中学生横綱のタイトルを獲得。 埼玉栄高校時代では全日本ジュニア相撲選手権の無差別級で2連覇を達成するなど、数多くの戦歴を残しています。 高校在学中から、 少年時代からファンだった貴乃花親方が師匠を努める貴乃花部屋に入門。 順調に番付を伸ばし、入門から1年足らずの2015年5月場所で幕下昇進、その1年後の16年5月場所では十両へ昇進。 そして2017年1月場所には新入幕入りを果たしており、今後の活躍に期待がかかる日本人力士の1人です。 ちなみに、貴景勝関の 出身地は兵庫県芦屋市で、兵庫県出身力士は北磻磨関に続く戦後24人目とのこと。 昇進を機に四股名を本名の「佐藤貴信」から「貴景勝光信」へと改めています。 また仁川学院小学校時代にはお父さんについて極真空手を習っていた時期もありました。 この件について本人は「 移籍して1カ月弱、そんなに迷いとかない。 千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)のもとで頑張っていきたい」と述べられています。 そして翌月の九州場所では、11日目で10勝1敗という好成績。 このまま初優勝となるか、結果が注目されています。 スポンサードリンク 貴景勝の父親はどんな人? それでは、 貴景勝関のお父さんはどのような方だったのでしょうか。 貴景勝関のお父さん、一哉さんは空手の指導者でした。 貴景勝関も小学3年の時までは空手を習っていて、食事の時も練習の時も常に一緒に過ごされていたようです。 とても仲が良い親子だったのでしょうね。 ちなみに貴景勝関の本名、貴信の名前の名付け親は一哉さんだそうです、「 男に産まれたからには天下を取れ!」という事で、戦国武将として有名な織田信長、そして後に師匠となる貴乃花親方からそれぞれ1字を貰ったのだとか。 一哉さんは貴乃花親方のファンでもあり、貴景勝関がまだ幼い時期から現役時代の貴乃花親方の取り組みを一緒に見ていたそうです。 空手そして相撲と、親子間の共通の話題があるのは素晴らしいですよね。 一哉さんと貴景勝関の親子の絆は、子供との関係について考える世の中のお父様方の理想の姿なんじゃないかな〜と思ってしまいます。 貴景勝関がはじめて貴乃花親方に出会ったのは小学四年生の頃でした。 この頃の佐藤家は、貴乃花親方の後援会に入会してるほどの筋金入りの貴乃花ファン。 小学五年生の頃には『いい四股を踏んでるから絶対に強くなる』と言われて、角界入りの意志をより強くしたと言われています。 そして2014年9月場所、貴景勝関は 高校在学中という状態で貴乃花部屋に入門します。 高校生のうちに相撲部屋に入門するケースは珍しくはないのですが、9月場所の時点で入門するのは異例の速さでした。 そして11月場所には番付に名前が載り、その場所で早くも序の口優勝。 角界では珍しい事例に、貴乃花親方も驚いたのではないでしょうか。 そして2016年3月、貴景勝関は幕下での優勝を果たし、 貴乃花親方が育てたはじめての日本人関取というキャッチコピーと共に十両昇進を果たします。 ちなみにこの時、貴乃花親方は当時まだ「佐藤」という四股名だった貴景勝関に与える四股名は決めていたようですが、貴景勝関の実力を引き出すために幕内入りするまで取っておいたそうです。 親方の期待の程が伺えますね。 そして2017年1月場所で、貴景勝関は新入幕入りを果たします。 この時与えられた四股名「貴景勝」は、貴乃花親方が好きな戦国武将、上杉謙信(うえすぎけんしん)の後継者、 上杉景勝(かげかつ)という武将の名前を由来とするものでした。 「日本人の誇りや心意気の気持ちを持って欲しい」という願いが込められているようです。 既に幕内力士として活躍している同部屋の貴ノ岩関と共に、貴景勝関も土俵で大いに活躍して欲しいですよね。 春場所は敢闘賞、そして秋場所は金星をあげ殊勲賞を受賞と、着実に結果を残している印象を受けます。 18年には三役常連、そして大関取りという声も上がってきそうですね。 引き続き見守っていこうと思います! スポンサードリンク この記事のまとめ 貴景勝関がどんな力士なのかを、お父さんや貴乃花親方との関係も踏まえてご紹介しました。 最近は日本人力士の活躍が増加している傾向にありますが、個人的にはこの貴景勝関にもっとも期待をしています。 貴乃花親方と同じ横綱になる日も、そう遠くはないのでは?という気もしますね。 そうなった時、貴乃花親方のファンだったお父さんがインタビューで何と言うのかも楽しみですね。 入幕後も、順調に勝ち越しを重ねてており、また三賞の受賞歴や金星の獲得数も豊富。 この勢いを維持すれば、優勝や大関昇進も十分可能だと言ってもいいと思います。 今後の貴景勝関の取り組みに期待したいですね。 本当におめでとうございます! 以下の記事では、 貴景勝関の生い立ちを、出身小学校・中学校・高校を交えながらご紹介しています。 興味があれば一度ご覧になってみて下さいね。

次の

大相撲 力士名鑑

たかの しょう 力士

スポンサードリンク 隆の勝の 出身 地 やプロフィールをご紹介! 出典:報知新聞 初土俵から8年半をかけ、 平成30年9月場所で新入幕を果たした隆の勝! 千葉県柏市の出身です。 均整の取れた体格とパワーあふれる押し相撲が魅力の新鋭です! 現在は相撲界に、高校、大学卒業後に入門して来る力士が多い中、今では珍しい 中学卒業で入門した叩き上げ力士です。 「舛ノ勝」の四股名でデビューし、入門から2年、17才で幕下に昇進するも、そこから約5年間33場所に渡り幕下と三段目で低迷していました。 辛抱の時期だったと思います。 平成28年4月に前の師匠(元関脇・舛田山)の定年に伴い、現在の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)に代わり、平成29年1月に心機一転、四股名の文字を 「舛の勝」に改名しました。 師匠と共に、貴乃花部屋や阿武松部屋へ積極的に出稽古をするようになり、一気に力を付けていきました! 平成29年11月に念願の新十両に昇進し、四股名を 「隆の勝」に改名しました! スポンサードリンク 隆の勝は両親(父・母)と6人兄弟の大家族! 出典:千賀ノ浦部屋 (新十両昇進披露会で家族8人で) 隆の勝は両親と 6人の兄弟(兄・姉2人・妹・弟)の4番目の大家族の中で育ちました! 今では、6人兄弟というのは珍しいですよね! 何だか羨ましい感じがします。 出典:NHK お父さんは、 石井 俊哉(いしい・としや)さん、57才です。 公務員をされているそうですが、隆の勝が相撲界に入るきっかけは、お父さんの影響が大きかったそうなんです! 隆の勝が小学生の時に、相撲を始めるように勧めたのはお父さんだったそうで、稽古に行くのを嫌がる隆の勝にいつもハッパをかけ、すでに 小学生の頃から相撲界入りを勧めていたのだとか! 熱血パパだったんですね! お母さんは、 石井 雅代(いしい・まさよ)さん、57才です。 お母さんは、何と 整体師さんをされていて、隆の勝が入門してからも体の手入れをずっとしてくれていたのだとか。 今でも、テレビで隆の勝の相撲を見ていると、どこか体を痛めたのではないか?ということはすぐにわかるそうで、 場所中でもすぐに駆けつけて治療してくれるそうですよ! さすがプロ、頼もしいですね! 力士の中でもお母さんが整体師さんという人は、今まで会ったことが無いので、これ以上に心丈夫な援軍はいないですよね! ご兄弟は 一番上のお兄さんが、 貴大さんで、29才(平成元年生まれ)。 すでにご結婚されて独立されているそうです! 二番目のお姉さんは、 温子さん、28才(平成2年生まれ)です。 温子さんはスポーツジムのトレーナーをされているそうですから、隆の勝にアドバイスを送ってくれたりすることもあるのでしょうか? 三番目のお姉さんは、 里佳さん、25才(平成5年生まれ)です。 里佳さんは、 整体師をされているお母さんのお手伝いをされているそうですよ。 ご家族揃って、スポーツ関係や治療に携わっておられるのですから、隆の勝にとっては本当に心強いですね! 四番目が隆の勝(平成6年生まれ)ということで、下に2人妹と弟がいるんですね。 五番目となる、隆の勝のすぐ下は妹さんで、 花奈さん、19才(平成11年生まれ)です。 六番目の弟さんは、 大晴さん、16才(平成14年生まれ)ですから、まだ高校生でしょうね! ご兄弟は、 隆の勝以外は皆とてもスリムな体型なのですが、隆の勝だけは子供の頃から人一倍大きい子供だったそうですよ。 6人兄弟とはさぞかし賑やかだったと思いますが、兄弟たちからもいつも励ましの言葉をかけられているそうで、兄弟仲はとてもいいそうです! 両親は本場所は直接会場に行って隆の勝の相撲を見ることは、とても緊張してしまうのでなかなか出来ないらしく、もっぱらテレビ観戦にしているそうですよ。 スポンサードリンク 隆の勝の 子 供時代の相撲との出 会い ~相撲界入門へ! 隆の勝は生まれた時は、 3700グラムの大きな赤ちゃんでした! 元気な子供だったそうですが、性格はどちらかというと優しく、控えめなタイプだったとか。 相撲は父の勧めで小学1年の時に始めて、大会に出場していきなり準優勝だったのですが、決勝で負けた相手が女の子だったことが悔しくて、「また出てやろう!」と心の中では思っていたそうです。 でもその敗戦からか、しばらくは相撲を取るのを嫌がった時期があったそうなのですが、 小学3年の時から柏相撲少年団に入り、本格的に稽古をするようになりました。 小学6年の時には全国大会にも出場して、「憧れの両国国技館で相撲を取ったのが嬉しかった!」と話していましたよ。 柏市立西原中学校に進学後も相撲を続け、 3年の時に全国都道府県中学生大会団体戦で3位に、関東中学個人で8強にもなる活躍を見せました。 父に背中を押されていたこともあり、中学2年の頃には相撲界入りを決断していたそうで、 卒業後、 千賀ノ浦部屋に入門しました! 入門後、17才で幕下に昇進した時は、若手ホープとして注目を集めたのですが、そこから 約5年間幕下と三段目から抜けられない低迷期があり、色々と迷いもあったそうです。 そんな時も 父から 「腐らず稽古をしろ!自分の相撲を取れば大丈夫!」とメールをもらい、ずいぶんと励まされたそうですよ! やはりどんな時も見守ってくれているのは家族ですよね! 師匠が現在の千賀ノ浦親方に代わってから、 師弟で一緒に出稽古に行くようになり、貴乃花部屋の貴景勝や阿武松部屋の阿武咲など、自分より年下ですでに幕内で活躍していた力士との稽古にとても刺激を受け、 毎日ドロドロになるまで稽古を積むようになりました。 出稽古に行くようになってからスタミナも馬力も明らかに強くなり、やはり、 自分より番付が上の力士との稽古が関取昇進への大きなきっかけになったと思います! 出典:デイリースポーツ 猛稽古が実り、 平成29年11月に新十両昇進、十両5場所目となる平成30年7月には13勝2敗という成績で、貴ノ岩との十両優勝決定戦にも出場し、惜しくも敗れて優勝は逃しましたが、この好成績で翌 9月に念願の新入幕を決めたのでした! 今後の幕内での活躍が本当に楽しみです! スポンサードリンク 隆の勝の愛称は「おにぎり」くん!ニコニコ笑顔の癒し系力士! 出典:千賀ノ浦部屋 隆の勝は今や寝て起きるたびに強くなっていく!と言われるほどの若手有望株ですが、 土俵上での凛々しい表情一転、ファンの間ではこの ニコニコとした可愛らしい笑顔も人気 となっているのです! ファンからは 「おにぎり」くんという愛称で親しまれているのですが、その名付けの由来は、相撲中継の放送に解説の舞の海さんが来ていた時に隆の勝を見て、 「隆の勝は表情がすごく癒し系で、おにぎりみたいで可愛い!」 と言ったことがきっかけのようで、それがファンの間に広まっていったようです! 特におにぎりが好きだからという理由ではありませんでした。 笑 確かに 丸い可愛らしい ニコニコのお顔立ちで温かい雰囲気のする隆の勝ですから、日本人なら誰もが好きな「おにぎり」の愛称はピッタリかもしれませんね! 子供の頃はお腹が空くとすぐに泣いていて、特に「白いごはん」が大好きでいつもモグモグと食べていたそうなので、やはり「おにぎり」には昔から縁があったのでしょうね。 笑 ちなみに一番好きな食べ物は肉で、中でも生姜焼きが大好きだそうですよ! 出典:千賀ノ浦部屋(5枚すべて) 千賀ノ浦部屋さんの写真はいつも温かい雰囲気でとてもいいですよね! 部屋がアットホームな感じが伝わってきます! 土俵上での力強い相撲っぷりと、土俵を下りた時のニコニコ笑顔のギャップの魅力に、これからますますファンが増えそうですね!.

次の

力士・裏方さん紹介

たかの しょう 力士

来歴 [ ] 6人兄弟の4番目で、他の兄弟は皆細身だったのに対し、伸明少年のみ体格に恵まれており、小学1年の時から地元の相撲大会に出場し、3年生の時に地元・千葉県の柏相撲少年団で本格的に相撲を始めた。 厳格な父の指導もあり最初は嫌がっていた稽古も積極的に取り組むようになった。 少年団での稽古は1日4時間、週2回から3回であったが、学年が上がるにつれて自主稽古が増え、ある時期には週に2、3回、家で30分間延々と四股を踏んでいた。 「中卒で大相撲に入るまでずっと通っていました。 稽古は厳しかったけど、小さい頃はとにかく相撲が楽しかった記憶があります」と本人は少年団時代を振り返っていた。 中学時代には全国中学校相撲選手権に千葉県代表として団体戦メンバーの1人として出場。 同じ団体戦メンバーにはがいた。 中学卒業と同時にに入門。 四股名は師匠の19代千賀ノ浦(元関脇・)の現役時代の四股名から一字貰った「 舛ノ勝」とした。 入門同期生には、らがいる。 3月場所で初土俵を踏み、は二番出世。 を1場所で、と5場所でそれぞれ通過。 この間2010年11月場所の負け越し(2勝5敗)以外は全て勝ち越し、7月場所でに昇進。 三段目でも2011年9月場所の負け越し(3勝4敗)以外は全て勝ち越し、5月場所でに昇進した。 に2回三段目落ちを経験したが1場所で幕下復帰をして、1月場所以降は幕下に定着した。 4月に師匠が20代千賀ノ浦(元小結・)へ代替わりし、部屋が出羽海一門から貴乃花一門へ移籍すると、貴乃花一門のやへ出稽古へ通うようになって良質な稽古を積めるようになり 、幕下上位へ定着した。 1月場所で、四股名を読みはそのまま「 舛の勝」へ変更した。 師匠の考えで、心機一転などの意味合いを込めた改名であったが、改名後は勝ち越しを続けて、同年9月場所で自己最高位となる東幕下3枚目の番付で6勝1敗としたことで、翌11月場所での新十両昇進が決まった。 柏市からの関取誕生は以来44年ぶり(麒麟児は旧出身)で、このことは柏市の広報でも伝えられた。 また、十両昇進に合わせて、20代千賀ノ浦の現役時代に因み、四股名を「 隆の勝」へ再改名した。 新十両昇進に際して隆の勝は「本当に夢みたい。 目標にしていた場所に上がれてめちゃくちゃうれしい」と喜びを見せる一方で、「同期の輝や、(年下の)やが活躍している。 負けたくない気持ち」と闘志を見せた。 「11月場所はまずは勝ち越し、あわよくば十両優勝を目標としている 」と抱負を述べた。 その後も勝ち越しを続け、5月場所は幕内昇進を伺う西十両3枚目まで番付を伸ばした。 直前の5月7日にで行われた幕内力士8人が集まって行われた合同稽古では時津風一門の横綱である鶴竜と5番取って1勝4敗、この日唯一鶴竜に土を付けた力士となった。 場所では序盤から黒星が先行して12日目に関取として初の負け越しが決定。 しかし残りを3連勝として1点の負け越しに抑えた。 番付を半枚落として迎えた7月場所は先場所から一転して持ち味の押し相撲が冴え、特に中日以降は7連勝とするなど13勝2敗の好成績を挙げた。 9日目から星の差1つで追走していたが千秋楽でに敗れたため優勝決定戦にも進出したが、引き落としで敗れて十両優勝は果たせなかった。 十両で13勝を挙げながら優勝できなかったのは2014年7月場所の以来4年ぶりとなる。 それでも続く9月場所は新入幕を果たし、東前頭14枚の地位を与えられた。 両国国技館内で内で行われた記者会見では「幕内はテレビでみる世界だった。 番付の一番上に名前が載り本当にうれしい。 めちゃめちゃ、うれしいです」と話し、師匠は「今はまだ通過点。 ぜひ、なってほしい」と自分が経験した三役力士への成長を願った。 9月場所は二桁白星と三賞受賞を目指していた が、13日目に6敗目を喫して二桁白星は不可能になり、この場所は8勝7敗に終わった。 三賞に関しては、そもそもこの場所は大相撲史上初の三賞すべて該当者なしという結果になっている。 この場所の勝った8番中3番は捕まってからの、2番は攻めあぐねた状況でのであった。 10月5日の秋巡業足利場所では巡業3日目で初めて稽古土俵に立ったに胸を出してもらい、8分間ぶつかり稽古を行った。 この日の稽古後に稀勢の里は「スタミナはあると思う。 (厳しい稽古を)普段からやっているんじゃないですか。 お互い良い稽古になる」と評価し、今後に期待した様子だった。 2019年4月20日の春巡業柏場所は御当地場所。 ぶつかり稽古では大関・に、たっぷりかわいがられ稽古をつけてもらった。 稽古後は、地元テレビ局や新聞社の取材が特別に設けられ、5人の兄弟はじめ家族全員が応援に駆けつけるなど、地元で晴れ姿を披露した。 2020年3月場所では、無観客の中9日目までに1敗と優勝争いにも加わり、最終的には12勝3敗の好成績で、自身初の三賞となる敢闘賞を受賞した。 取り口 [ ] 押し相撲が持ち味であり、関取昇進後は稽古と食事で体格と持久力を向上させた。 2020年3月場所は力のある突き押し、右を差して素早く寄る相撲も目立ったが、2020年5月に本人が語ったところによると「自分の相撲をつかみ始めたのは出稽古を積極的にするようになった3、4年前くらいからです」とのこと。 怪我に強い力士であるのも特徴であり、場所中でも痛そうだと整体師の母に判断されたら母がすぐ治療しに行くため、大きな怪我に発展しづらい。 エピソード [ ]• がに在籍していた頃「推しメン」として応援しており、十両昇進時に田名部との対談が実現している。 十両昇進を機にの描いた化粧廻しを使用している。 のファン。 ONE OK ROCK 2019年11月27日 福岡公演に参戦。 アリーナ席から4人ステージに呼ばれたうちの1人。 メンバーとのトークも楽しんだ。 その時の写真はTAKAのインスタに掲載。 「おにぎり君」というあだ名がありながら、梅干しが嫌い。 整体師の母に育てられていたが、「姿勢が悪くなるから」という理由で携帯ゲームは禁止されていた。 一方、テレビゲームは禁止されていなかった。 主な成績 [ ] 2020年3月場所終了現在 通算成績 [ ]• 通算成績:300勝224敗9休(60場所)• 幕内成績:41勝34敗(5場所)• 十両成績:85勝56敗9休(10場所) 三賞・金星 [ ]• 三賞:1回• 敢闘賞:1回(2020年3月場所)• 舛ノ勝 伸明(ますのしょう のぶあき)2010年3月場所 - 2016年11月場所• 舛の勝 伸明(ますのしょう のぶあき)2017年1月場所 - 2017年9月場所• 隆の勝 伸明(たかのしょう のぶあき)2017年11月場所 - 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ 2020年3月16日20時10分(2020年3月18日閲覧)• 刊 『』 2017年5月号(夏場所展望号)別冊付録 平成29年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑35頁• 時事ドットコム 大相撲 新星探査• 柏市 2018年8月29日(2019年11月11日閲覧)• Sponichi Annex 2018年5月10日 10:30(スポーツニッポン新聞社、2018年8月29日閲覧)• 日刊スポーツ 2018年8月27日16時43分(日刊スポーツ新聞社、2018年8月28日閲覧)• 毎日新聞 会員限定有料記事 毎日新聞2018年9月8日 地方版 (毎日新聞社、2018年10月1日閲覧)• 2018年9月24日7時10分 スポーツ報知(報知新聞社、2018年10月1日閲覧)• 『相撲』2018年10月号 p. 19-49• 日刊スポーツ 2018年10月5日19時8分(日刊スポーツ新聞社、2018年10月6日閲覧)• 日刊スポーツ 2019年4月20日17時2分(日刊スポーツ新聞社、2019年4月21日閲覧)• 千賀ノ浦部屋 2020年3月16日. 2020年4月4日閲覧。 十両優勝決定戦進出• 右膝前十字靱帯損傷のため3日目から休場、9日目より再出場、11日目から再休場• 無観客開催 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 日本相撲協会• takanosho1114 -• takanosho1114 -.

次の