おむつ 消費 税。 【消費税増税】日用品は軽減税率8%の対象外!化粧品・おむつ・生理用品も値上がり

消費税のカラクリで損する?介護ベッドとキャスターの同時購入|おむつ図かん

おむつ 消費 税

消費税8%据え置きは「食品」と「新聞」だけ 消費税が10%になると、収入の大部分が生活費となる所得の低い人ほど、家計が苦しくなるおそれが出てきます。 (専門的なことばで、逆進性といいます) そのため、食品など、どんな人でも必ず買うものに対してだけ増税せずに家計へのダメージを抑える仕組みがあり、これを「軽減税率」といいます。 今回も、お酒や外食など一部を除き、飲食物は8%で据え置きと発表されました。 もし軽減税率の対象を完全に食品だけに限定すれば、特に問題にはならなかったのかもしれません。 しかし、「新聞」も消費税8%据え置きになることが広まると、 「低所得者層のためというなら、もっと生活必需品を対象にすべき!」 「新聞だけどうして?」 「おむつや生理用品は贅沢品や嗜好品じゃない」 「こんなことだから少子化が止まらないのでは?」 という不満と疑問がSNSを中心に噴出したのです。 ちなみに、EU諸国では税率20%前後という国が多いのですが、意外なことに新聞はほとんどの国で10%以下または非課税となっています。 しかし今回の日本の場合では、書籍やコンビニなどにある新聞は対象ではなく、週2回以上宅配される新聞限定で、「それっておむつや生理用品よりも生活に欠かせないもの?」と疑問を感じた人が多かったようです。 ミルクは8%?10%?おむつは今後対象になる? 育児中のママ・パパ世代にとって気になるのはやはりミルクやおむつなどの消耗品代ですよね。 ネットでは「赤ちゃんの粉ミルクも対象外」という書き込みをちらほら見かけますが、これは間違いです。 筆者が確認のため国税庁に問い合わせたところ、 「ミルクは食品なので8%です」 とはっきりと回答がありました。 続いて、おむつは今後対象品目にならないのかたずねてみたのですが、 「対象品目の変更は国会での改正が必要ですので、現状ではご案内できません」 とのことでした。 増税による負担増への対策 10月予定の増税に向けて、消費の落ち込みを和らげるために次のような対策と予算が発表されています。 プレミアム付き商品券…1723億円 住民税が非課税の世帯や2歳以下の子どもがいる世帯は、最大2万5000円分の商品券を2万円で買うことができます。 次世代住宅ポイント…1300億円 消費税増税で負担が増える時期に新築やリフォームを行った人に、35万円分(新築)、または30万円分(リフォーム)のポイントが贈られ、家電やグルメなどの商品に引き換えることができます。 すまい給付金…785億円 現在、年収が510万円以下の人が住宅を購入すると、上限30万円までの現金が給付されていましたが、775万円以下の人/上限50万円まで拡大されます。 マイナンバーカード活用ポイント制度…119億円 マイナンバーカードを持っている人に、買い物に使えるポイントが加算されます。 しかし、大きな買い物をする人向けの給付金や一時的なポイントよりも、長期間購入するおむつや生理用品、トイレットペーパーといった生活用品や光熱費の方が重要と考える人も多くいます。 国会審議でも、野党から「水道料金や電気料金などを対象にしないのか」という質問が出ましたが、 「どこまでが必需品でどこからがそうでないのかは線引きが難しく、あれもこれもと軽減税率(8%のまま)にすると、社会保障のための増税という本来の目的が果たせない」 という主旨で「慎重であるべき」という返答がされています。 海外の生活必需品、税率はどうなっている? ところで、海外ではおむつや生理用品について、税率はどうなっているのでしょうか?• アメリカ…消費税ではなく「売上税」。 州ごとに税率は異なります。 ここ数年、ニューヨーク州、イリノイ州、フロリダ州などで生理用品の売上税は廃止されました。 インド…2018年、生理用品の税金12%が廃止になりました。 イギリス…食料品、書籍・新聞・雑誌、子ども用衣料、生理用品は税率0%です。 フランス…標準税率20%、新聞は2. 医療費や教育費は非課税です。 ドイツ…生理用品には19%の税金がかかります。 対して本は7%なので、本に生理用品をセットしたジョークのような商品が発売され、カンヌ広告祭で賞を取ったことでも話題になっています。 おむつはどの国でもほとんど軽減税率の対象になっていないようですが、生理用品は非課税や軽減税率という国がかなりあります。 また、おむつの税率は軽減されないものの、検診や出産費用・子どもの医療費や教育費が非常に安いなど、国ごとの福祉政策が違うため、実質的には子育て費用の負担感が日本より軽い国もあります。

次の

消費増税、必需品『おむつ』が軽減税率外。財務省「判断の線引き難しい」|おむつ図かん

おむつ 消費 税

介護保険法のどの事業に該当するかで同じサービスでも異なる課税関係 介護サービスの消費税の課税関係で,まず留意したいのが,非課税の対象となる範囲の定め方だ。 というのも,非課税の対象範囲を定めた消費税法別表第一第7号イでは,以下を非課税としており,「食事の提供」などの各サービスについて,一律に非課税にするといった定め方はしていない。 介護保険法の規定に基づく 1.居宅介護サービス費の支給に係る居宅サービス 2.施設介護サービス費の支給に係る施設サービス 3.その他これらに類するもの すなわち,介護保険法の規定に基づく一定のカテゴリーの事業を非課税としており,同じサービスであっても,その事業が介護保険法でどのように規定されているのかによって,課税関係は異なることになるからだ。 例えば,このうちの「2.施設介護サービス費の支給に係る施設サービス」のカテゴリーに該当する事業(介護福祉施設サービス等)では,食事費は,自己選定による特別なものを除き非課税となる。 一方で,「1.居宅介護サービス費の支給に係る居宅サービス」や,「3.その他これらに類するもの」のカテゴリーでは,その中のどの事業に該当するかによって,課税か非課税かが異なる。 一定のサービスに該当すれば保険給付の対象か否かは関係なし このうち,「特定施設入居者生活介護」が含まれるのが,「1.居宅介護サービス費の支給に係る居宅サービス」のカテゴリーだ。 具体的には, 第1項において,介護保険法第8条第2項から第11項までに規定された下記10種類の「居宅サービス」があげられている。 ただし,特別の居室の提供その他の財務大臣が指定する資産の譲渡等は除かれている(平成12年2月10日大蔵省告示27号)。 これらの「居宅サービス」を受けた場合,介護保険法の規定に基づき保険者(市区町村)から一定の範囲内で居宅介護サービス費が支給されることになるが,実際に支給(保険給付)される部分以外のサービスも非課税となる。 消費税法で規定する「居宅介護サービス費の支給に係る居宅サービス」は,介護保険法の規定に基づき居宅介護サービス費という費用が支給されるものを非課税範囲として示しているのではないからだ。 従って,要介護者等の自己負担となる費用の1割相当部分はもちろん,居宅介護サービス費に係る支給限度額を超えて指定居宅サービス事業者が提供する指定居宅サービスも非課税となる。 この「日常生活に要する費用」は,通所先又は入所先において,看護・介護サービスの提供と同時にそれらのサービスの一部として事業者側から提供されることが一般に想定されるサービスであって,要介護者等もそのサービスを日常的に受けることを期待していると一般に考えられるものに係る費用であり,当該費用に係るサービスは,「居宅介護サービス費の支給に係る居宅サービス」等の一環として行われるものだからだ( )。 食事提供は特定施設入居者生活介護の中に含まれないサービス これを踏まえて,「特定施設入居者生活介護」に「食事の提供」が含まれるかどうかについて考えてみたい。 この点,まず,介護保険法第8条第11項等の規定をみると,「特定施設入居者生活介護」とは,有料老人ホームなどの一定の施設(特定施設)に入所している要介護者に対して行われる,一定の計画に基づいて行われる入浴・排せつ・ 食事等の介護 ,洗濯,掃除等の家事,生活等に関する相談及び助言,その他の特定施設に入居している要介護者に必要な日常生活上の世話,機能訓練及び療養上の世話をいい,「食事等の介護」は含まれているものの,「食事の提供」は含まれていない。 次いで,「日常生活に要する費用」に係るサービスに該当するかどうかだが,介護保険法第42条第1項では,この費用について,「通所介護,通所リハビリテーション,短期入所生活介護,短期入所療養介護及び特定施設入居者生活介護に要した費用については, 食事の提供に要する費用 ,滞在に要する費用その他の日常生活に要する費用として厚生労働省令で定める費用」と規定しており,「食事の提供」に要する費用が含まれている。 このため,「食事の提供」は,「特定施設入居者生活介護」に含まれ,非課税取引に該当するとも考えられそうだ。 従って,有料老人ホームで行われる特定施設入居者生活介護における「食事の提供」については,非課税取引に当たらないということなる。 この点,『消費税法基本通達逐条解説』(浜端達也編,一般財団法人大蔵財務協会)の通達6-7-1の解説の参考「介護サービス別消費税の課税関係」では,特定施設入居者生活介護の課税関係を下記のように図示している。 すなわち,「食事の提供」は,日常生活に要する費用(日常生活費)にも含まれておらず,下記の「居宅介護(予防)サービス費の支給に係る居宅サービス」のいずれにも含まれていない。 つまり,特定施設入居者生活介護におけるサービスとして,そもそも想定されていないサービスとなる。 なお,図中の網掛け部分は,「居宅介護(予防)サービス費の支給に係る居宅サービス」の中には含まれるものの,「特別の居室の提供その他の財務大臣が指定する資産の譲渡等」に該当するため,課税の対象となる。

次の

おむつに係る費用の医療費控除の取扱いについて(情報)|国税庁

おむつ 消費 税

介護サービスの消費税は難解です。 医療機関のように、保険が効くものは非課税、保険が効かないものは課税という甘い認識は禁物です。 今回は、 デイサービス(通所介護)や デイケア(通所リハビリテーション)の消費税区分について説明いたします。 基本的に介護保険が効くものは、消費税も非課税という認識でOKです。 介護保険が効かないものでも、消費税が非課税となるものが多くあることに注意が必要です。 なお、老健などの介護施設サービスでは、 理美容代は「その他の日常生活費」に含まれて非課税売上ですが、 デイサービスの理美容代は課税売上になります。 実務で、上記を課税にしている事例も見かけます。 介護の消費税については、下記の書籍が大変分かりやすくまとまっています。 これさえあれば、介護の消費税で大きく誤ることはないと思います。 メディカルマネジメントプランニンググループ 余談ですが、意外と経理課の職員よりも、窓口で実際料金を受け取られている職員の方が、領収書にも消費税を表示するため、詳しかったりします。 判断が難しい事例は、領収書を見せてもらうと分かりやすいと思います。

次の