千葉 雄大 伊藤 沙莉。 千葉雄大&伊藤沙莉『いいね!光源氏くん』最終話、早くも「光くんロス」の声続々

名コンビ!?千葉雄大と伊藤沙莉が共演!!

千葉 雄大 伊藤 沙莉

俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第5話が2日に放送され、涙を流す伊藤沙莉の両頬を千葉が手で包み込むシーンにネットでは「切ない... 」「ドキドキしちゃう」とさまざまな声が寄せられた。 『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガをドラマ化。 「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディードラマ。 職場の後輩の結婚式に参加していた沙織(伊藤)は、同僚との会話の中で「光と同居している」とつい口を滑らせてしまう。 既婚者である光との同居に「不倫はないわ。 人としてのモラル捨てない方がいいよ」と指摘された沙織は、光との関係について思い悩むようになる。 平安貴族でない一般人との恋愛を真剣に考えなければならないと思った沙織は、同僚とともに婚活パーティーに参加。 しかし沙織は、男性との会話を楽しみながらも、自分が男性を光と比較してしまっていることに気づき、自己嫌悪に陥る。 帰宅後、沙織は自身について「人を見かけで判断する醜い人間なんだよ」とポツリ。 光が「沙織殿は美しい心を持っている」と励ますも、沙織は「いいって無理に励まさなくても」と素直に受け止められない。 すると光は沙織の両頬を手で包み込み「私の言葉が信じられんのか。 あの夜、誰ともわからぬ私を招き入れてくれた。 かように優しい心の持ち主が、醜いなどということがあろうか」と力を込めた。 ここで沙織が涙を流すと、光はプッと吹き出してしまう。 すかさず沙織が「いま人の顔見て笑ったでしょ」と指摘すると、光は「愛らしさに頬が緩んでしまったのだ」と慌てて弁解するのだった。 このシーンにネット上では「切ない... 」「顔が近い。 ドキドキしちゃう」「切なすぎて胸キュンすぎてどうしたらいいの」とさまざまな反響の声が寄せられた。

次の

#伊藤沙莉 X 千葉雄大

千葉 雄大 伊藤 沙莉

NHK総合の「よるドラ」枠にて好評を博しているラブコメディ『いいね!光源氏くん』が、23日に最終回となる最終絵巻「光くんばいばい?!」の放送を迎える。 同名の女性コミックがベースの本作。 『源氏物語』の登場人物、光源氏が地味に生きる現代のこじらせOLのもとに現れるという奇想天外な物語を、千葉雄大と伊藤沙莉の主演により、ふたりの魅力を最大限に引き出して成功した。 最終回を前に、制作統括の管原浩氏に、新たな光源氏を登場させた本作の魅力や、映像化の肝となった千葉と伊藤のキャスティング理由、現場でのふたりの様子、制作秘話などを聞いた。 』など、若者向けのイメージがありましたが、『いいね!光源氏くん』は老若男女を問わず人気になっています。 管原浩(以下、管原):今作ももともとは20代、30代の若い層を狙いたいと思って企画を選んだんです。 それが蓋を開けてみると、50代の女性の視聴が多かった。 普段朝ドラを観ている層といいますか。 「雅なイケメンに惹かれるのは、若い人だけじゃないんだな。 年齢層が上の女性たちも時めきたいんだな」と。 若い視聴者はあとから追いついてきた感じです。 男性の方も観てくれているのは、癒されたい人に響いたんでしょうね。 どうしてこの作品を実写化しようと? 管原:まず「光源氏が現実世界に現れる」という一目瞭然の面白さがいい。 ビジュアル的にも惹かれますし、企画募集の段階で、女性陣がすごく食いついてたんです。 僕なんかは「光源氏っていろんな女性に手を出すんでしょ? みんな観てくれるの?」と思っていたので女性スタッフに聞いてみると、「こういう雅なイケメンだったら許しちゃうんですよ」と。 「あぁ、そうなんだな」と勉強になりました(笑)。 それに原作がイケイケな感じではなくて、非常にキュートなので、そこに倣えば面白いものになるんじゃないかと思いました。 しかし、だからこそキャスティングが重要だったかと思います。 特に光源氏。 管原:そうですね。 実際に企画が動き出したのも、キャスティングの目途がついてからです。 イケイケのカッコよさではなく、キュートさや純粋さといった光源氏像を考えたときに、千葉さんなら愛くるしい和み系の光源氏になるだろうと思いました。 原作の絵柄とはちょっとイメージが違いますが、逆に実際の平安貴族は顔が少しふっくらしていますしね。 それから千葉さんは大河ドラマ『平清盛』で高倉天皇の役もされていて、雅さも出せるだろうと。 あと考えたのは沙織のキャスティングです。 管原:現在、千葉さんは一皮むけてよりいい役者さんになっていますが、キャスティング当初は千葉さんがどれだけコメディっぽい演技ができるのか、雅さと面白さを両立したお芝居ができるのか、正直未知数なところもあったんです。 なので沙織は、千葉さんの芝居を受け止めて、ちゃんと応え、突っ込んでくれる芝居のしっかりした人にしなければいけないと。 伊藤さんは子役時代から芝居の上手さに定評がありましたし、すごくハマりました。 管原:千葉さんのちょっとぽわんとした空気感と、そこに伊藤さんがハスキーボイスで突っ込むのがいい噛み具合になりました。 最初に本読みをしたとき、ふたりは初共演ですし、手探りな感じもあったんです。 千葉さんは、光源氏という超有名ではあるけれど、実際のモデルは誰も見たことがない人物をどう演じようかと迷っていましたし。 でも彼なりに膨らませていってくれましたね。 対する沙織はセリフの量がすごく多い。 伊藤さんも「こんなに心の声をバンバン言えるかな」と漏らしていました。 現場に入ってからは、千葉さんと伊藤さんが一緒に相談しながら作られていました。

次の

【エンタがビタミン♪】NHKドラマ『光源氏くん』最終回に「近年稀に見る多幸感」の評価 ヒロイン・伊藤沙莉が撮影裏話明かす

千葉 雄大 伊藤 沙莉

千葉と伊藤のコンビがいい味を出している『いいね!光源氏くん』(公式HPより) 新型コロナウイルスの感染拡大により、この春のドラマは放送延期になっている作品が多いが、放送開始した作品の中では注目ドラマもある。 その1つがNHKよるドラ『いいね!光源氏くん』だ。 コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 『いいね!光源氏くん』がいい味を出している。 このドラマのポイントは、と、主役の二人が元気よく自分の得意技を炸裂させていることだ。 物語は、ある晩、一人暮らしの地味なOL・沙織(伊藤)の部屋に突如、光源氏(千葉)が現れることから始まる。 当然、沙織は驚愕。 しかし、光はいきなり彼女を抱きしめて「道に迷うてしもうて…」などというのである。 ドラマが始まって約3分で出た出た千葉雄大の王子様演技。 千葉といえば、大河ドラマ『平清盛』では高倉天皇、人気シリーズ『家売るオンナ』で、中年女性顧客に「王子」とキャーキャー言われる営業マン役、昨年の『盤上の向日葵』では実業家から転身した謎めいた美男棋士役で注目された経歴を持つ。 つぶらな瞳に長いまつ毛。 そうでした、光源氏にはぴったりの俳優じゃありませぬか! なりゆきで彼を部屋に置くことにしたものの、きらびやかな平安貴族の装束から現代のジャージに着替えても「人前で烏帽子を脱ぐなどあり得ぬ」と50センチはある真っ黒な烏帽子をとらなかったり、両手の拳を腰に当てすり足のようにそろそろと街を歩く光に困惑する沙織。 さらに出勤中、妹の詩織()が部屋にやってきて光と遭遇したことを知り、猛ダッシュで帰宅することに。 待ってました。 伊藤沙莉の困惑ダッシュ! 3月に放送されたドラマ『三浦部長、本日付けで女性になります。 』でも、突然、女性の姿になるという課長()の決心をいち早く知って困惑、課長を追いかけるというシーンがあったが、そこでも慌てて手足をバタバタさせるダッシュで笑わせてくれた。 彼女は、こういうバタバタダッシュが抜群にうまい。 個人的には日本一だと思っている。 二位以下は誰かわからないけど。 とはいえ、単純なドタバタラブコメでないところもこのドラマの味。 常に時間に追われる沙織に光は問いかける。 「急がねば、生きてゆけぬのか…」 また、抹茶ラテフロートに感動し、カフェで突然、立ち上がった光が「若草の〜」と和歌を詠んで涙まで流すシーン(ちなみに光の背景はピンクの花びらが舞うアニメになってます)では、沙織は「感動すると出ちゃうものなの?」と聞いていたが、光は川のせせらぎなど日々の何気ないことを歌に詠んだらいいとにこにこする。 第二回のタイトルが「ひもなのに朝帰り」とすっかりひも扱いの光だが、現代人が忘れた豊かさを思い出させてくれる存在でもあるのだ。 これから光源氏のライバル中将()も現代に現れ、すぐさま現代になじみ(?)なんとホストになることに。 ヒョウ柄のふさふさコートに烏帽子という素晴らしいいでたちで、女子をメロメロにする中将様。 桐山漣の俺様モテ男もまた得意技。 テレビ画面の女優を見てうっとりとほおずりする光とともに、プレイボーイコンビ、光源氏と中将の動きに沙織がどうバタバタするのか。 「Aメロは五七五七七にしてみました」という岡崎体育の主題歌『ニニニニニ』とともに、若手俳優たちの得意技をとっくりと楽しみたい。

次の