ミッドサマー 映画 グロ。 ミッドサマーは怖いしグロいから年齢制限あり?グロシーンの感想・評価まとめ

【ミッドサマー】気持ち悪いシーンと映画の内容を解説

ミッドサマー 映画 グロ

2月21日に公開され、わずか全国106館の上映にもかかわらず興収ランキング初登場7位を記録し、SNSでもバズりにバズっている映画『』。 いろんな感想やら考察やら激論が飛び交っているのですが、その中でもネットでタイトル検索して上位に出てくるのが『 ミッドサマー グロい』というキーワードなんですね。 つぶやきをピックアップしてみるとこんな感じです。 この方はおそらくホラー上級者でしょうね。 All Rights Reserved. 話題のグロ描写はその風習にかかわってきます。 なんというか、死体の損壊の仕方が妙にリアルでゾワゾワ来るんですよね。 同じ回を見ていた観客も何人かその場面前後で途中退場していました。 この場面までは特に残酷描写はないのですが、そこからどんどん映画がやばい様相を呈していくので、ある意味 象徴的な場面だったと思います。 ただグロいだけでなく陽光がさんさんと降り注ぐ白夜のスウェーデンでそんなことが起きるから余計にショックなんです。 しかしここを乗り越えればとんでもないグロ描写はもうほとんどありません。 ただ、一か所終盤に とんでもないこの世の地獄みたいな拷問を受けている人は出てきます。 劇中、ホルガの人々は血が濃くなるのを避けるため、 旅行者としてきた人を歓迎して誘惑し、外部の血を入れていることがわかります。 そのためにある人物がホルガの若い娘からアプローチを受けるのですが、なにせ現代の価値観が通じないカルト教を信奉している人々なので、その迫り方もエキセントリックすぎて忘れられません。 そしてクライマックス手前、ただエロいだけではなく 頭がおかしくなりそうな描写が次々出てきて度肝を抜かれました。 こんな異様な濡れ場見たことないですし、ずっと口あんぐり、最後には劇場が笑いに包まれていました。 でも独特な雰囲気カメラワーク音楽で凄く腕握りしめて見てたし変な汗かいた。 — めりー Lythe1226 モザイクなしではいわゆる男女の結合部が映っているらしいのですが、実はそこにも「我々と決定的に違うホルガの価値観」がわかる描写があるんだそうです。 『ミッドサマー』Twitterの映画ファンの反応は? 『』はグロいのか、グロくないのか? そもそも面白いのか面白くないのか? これだけバズっている中で賛否両論いろんな意見が出てきています。 「ミッドサマー グロ」で検索したうえで、大雑把に『ミッドサマー』にハマった人、ハマらなかった人で分けて感想Tweetをまとめてみました。 想像以上にやばかった。 何を見せられているだろう……のオンパレード。 気が狂うかと思った(褒めてます) ある程度グロ耐性ないとしんどいと思われるし、友達と見るべきじゃないしカップルなんてもっての外ですね!!!! ということでみんなミッドサマーを見よう。 — あずま urkrm 観てきた 白昼の悪夢のような内容 グロシーンがありながらホラーとも言い難い 不穏な空気が流れるも太陽がサンサンと照ってとても明るい なんとも不思議な映画 後半のある儀式でコメディ?となりました 観た人の受け取り方で変わる映画だと思います — シマクマ shimakuma001 映画 「ミッドサマー」 みた!! グロ大丈夫な人にとっては癒し映画じゃないですかね。 お歌とお花ああいう意味わからんカルトに巻き込まれてく話好き。 グロすぎない綺麗な画面で2時間半があっという間だった。 最後の笑顔で終わるのはすごい良かった — ごみ tkgmgmg42731 自分の価値観や住む世界とあまりにもかけ離れていてスクリーンと自分との間に取り払えない明確な境界線を感じた。 全てのシーンは怖くないしグロくもない。 ただ「こんな世界が私の知りえない場所で存在しているかもしれない」という冷めた目で160分見続けた。 良い体験だった。 とにかく賛の人も否の人も語らなくてはいられない映画のようですね。 グロ描写に関する意見も、「グロくてよかった」「グロすぎてダメだった」「思ったよりグロくなくて残念」など千差万別です。 グロもエロもあり衝撃的でどっと疲れる映画ではありますが、絶対に見ていただきたい作品です。 見る前と見た後では世界の見え方が変わるかもしれませんよ。

次の

ミッドサマーの無料映画動画をMixdropやUpstreamでフル視聴!

ミッドサマー 映画 グロ

脚本も手掛け、自身の恋人との破局からもインスピレーションされたという本作は、ジャンル映画の真骨頂というべき位置づけになった映画でした。 注目の若手俳優たち 主演はいま再注目の女優、フローレンス・ピュー。 第92回アカデミー賞でも助演女優賞にノミネートされました。 その他にも、 『シング・ストリート』のジャック・レイナーや、 『メイズ・ランナー』のウィル・ポールターなどが出演しています。 この二人 『デトロイト』でも共演していたのですが、いい意味で何かが起こしてくれそうな役柄が多いんですよね。 特にウィル・ポールターは一癖ある嫌な奴の役が似合っていて大好きです。 配給は話題のA24 本作の配給は面白い映画を数多く排出している映画プロダクション「A24」。 関連記事 『ミッドサマー』はグロい怖い?いや、不快です• 何より、 サブリミナル的にグロいシーンを突然のカットで切り込んでくる辺りが憎いなーと思いました(上手いです)。 具体的なグロい場面について知りたい方はネタバレ以降で解説しています。 怖さについて 一応ホラー映画というジャンルでもある本作ですが、いわゆる怖さというものは感じませんでした。 ただ、 「怖さよりも気持ちが悪くなる不快さ」が怖さ以上の不気味で不穏な空気を作っているのです。 一番印象的なのは、 冒頭とそれ以降の映像のギャップ。 ボニーの妹が両親もろとも心中するという不幸な出来事を薄暗い映画で描く序盤と対象的に、スウェーデンのホルガ村へ移ってからは、白夜で白昼の映像が続きます。 そしてそこで行われる奇祭と、その場所のギャップが気持ち悪さを促進させます。 詳しくはこの後ご紹介しますが 決して「怖い」映画ではないです。 【ネタバレ感想】見事な伏線とカタルシス• ダニーとクリスチャンの恋愛• 家族を失ったダニーの精神的トラウマ どちらにしてもラストでは主人公ダニーの変化を感じることになります。 まずは、ダニーと彼氏のクリスチャンの関係性。 4年以上も付き合いながらも誕生日を忘れるクリスチャン。 一家心中というトラウマを抱えたダニーをクリスチャンは支えているようでそうでもない。 惰性で付き合っているようなクリスチャンに不安を感じるダニー。 さらに、 家族を失ったことのトラウマが彼女を苦しめます。 しかし、ホルガ村のコミューンはそんな彼女を受け入れてくれます。 それが顕著に分かるのが、クリスチャンが赤毛の少女マヤとセックスしているところを見てしまった後のシーン。 号泣する彼女の泣き声に合わせて周りの女性達も一緒に泣き叫ぶのです。 このシーンの気持ち悪さと言ったら。 ホルガのコミューンが彼女を受け入れ、彼女の気持ちとリンクした瞬間でした。 そして、 恋人クリスチャンを生贄に選択するラスト。 これによって 彼女のクリスチャンへの依存から解放されるとともに、ホルガ村の人とリンクすることで家族を失ったダニーは新たな家族を手にするのでした。 気味の悪いラストなんですが、ラストカットの彼女の笑みを見るとこれまでの苦しみからの解放を否応なく感じるんですよね。 まさにカタルシスです。 今後の彼女がどう生きていくかを想像させる終わり方にしていたのはさすがでした。 新たな家族と共にコミューンで生きていくのか。 それとも我に返って復讐をするのか。 そして、この物語の引き金となった大学の友人ペレに関しても、彼のダニー対する想いと 「両親が炎に包まれて死んだ」という言葉から、この ダニーの物語は避けられなかったのではと思うと背筋がゾクゾクしました。 その他にも徹底した伏線と細かな演出が散りばめられている本作。 ありがたいことに、本作の伏線の数々とその解説は公式HPで公開しているのでそちらをご覧いただければよく分かると思います。 映画『ミッドサマー』のグロい場面 本作はR15+の割にはグロい映画でした。 恐らく慣れていない方だと、結構ショックを受ける方も多いのではないでしょうか。 『ミッドサマー』に登場したここがグロかったというシーンを挙げてみます。 『ミッドサマー』のグロシーン.

次の

ミッドサマーのレビュー(ネタバレなし)頭がおかしい狂ったホラー映画好き必見!

ミッドサマー 映画 グロ

「ミッドサマー」の登場人物・キャスト ダニ: フローレンス・ピュー 心理学専攻の学生。 妹が両親を道連れに自殺して以来、 心に大きな傷を抱えている。 クリスチャン: ジャック・レイナー 人類学専攻の学生。 ダニとは4年付き合っているが、 その関係は冷めかけている。 ペレ: ヴィルヘルム・ブロムグレン クリスチャンの学友のスウェーデン人。 人里離れた村の出身であり、 故郷の祝祭に友人たちを招待する。 ジョシュ: ウィリアム・ジャクソン・ハーパー クリスチャンの学友。 北欧の伝統文化を研究しており、 論文執筆の調査のため ペレの故郷を訪れる。 マーク: ウィル・ポールター クリスチャンの学友。 学業には熱心でないようで、 祝祭の最中でも態度が悪い。 「ミッドサマー」のネタバレあり感想 注意!ここから先、グロテスクな表現が含まれます 「ミッドサマー」の内容を ひとことで表すならば、 真っ昼間から繰り広げられる悪夢 これに尽きるでしょう。 舞台は夏のスウェーデン。 夜9時を過ぎても太陽は沈まず、 闇のやってこない世界です。 緑は生い茂り、 花は咲きほこり、 空はどこまでも青い。 そんな美しい自然を背景に 人がばったばったと惨死していく とんでもない映画でした。 飛び降り死体の ぐちゃぐちゃになった頭部を 大写しにする映画とか、 もうどうなってんですか。 監督はあたまおかC しかしどうにも、 前作「へレディタリー」に比べて 間延びしている感じは否めません。 とにかく淡々と儀式が進み 淡々と人が死んでいくので、 物語上の起伏があまりないんですよね。 この手の映画、普通なら 主人公たちが逃げようとして 村人が追いかける、みたいな 筋書きになるところですが 「ミッドサマー」ではみんな 人類学研究の調査に来てるので、 逃げようという気にならない。 ただただ異文化を受け入れ、 儀式を理解しようとしている。 それが新しくもあるのですが、 エンタメとしては成立してない ようにも感じました。 映画初心者はお断り、 完全にマニア向けのカルト映画として 楽しむのが正解のように思えますね。 ……では感想はこのくらいにして、 次は考察編にうつります! ポイント1: ダニの部屋の内装が示す意味とは? 物語の伏線は、 スウェーデンに飛ぶ前から すでに張られていました。 まずダニの部屋に飾られている絵。 バイキングの少女と巨大な熊が 印象的に描かれています。 これはダニとクリスチャンの 関係性を象徴していると言えるでしょう。 熊はその後も画面に登場します。 オリの中に閉じ込められている熊。 火に包まれる熊の絵。 そして、熊の毛皮を着て焼かれるクリスチャン…… クリスチャンとの関係を 克服する過程が、 すでに画面の中で語られ始めていたわけです。 アリ・アスターはほんとに芸が細かいよ また、 ダニの部屋にやたらと 植物があるのにも気づいたでしょうか。 ペレの従兄弟から ドラッグをもらって以降、 ダニは植物の力を強く 感じるようになっていきます。 しかし彼女は最初から、 植物に惹かれていたんですね。 部屋の中にあるのは葉っぱばかりでしたが、 スウェーデンに来ると芝生や樹木、 そして花々からエネルギーを受け取っていく。 最終的には 全身を花で包まれた 「5月の女王」として覚醒するのです! ポイント2:「アテストゥーパ」の儀式は実在した? 「ミッドサマー」のヤバさを 一瞬で示してくれる "アテストゥーパ"の場面。 72歳を迎えた老人が、 崖の上から身を投げて死ぬ という恐ろしい儀式です。 ぐちゃぐちゃの頭部の大写し、エグいことやるわ これは決して 映画のなかだけの作り物ではなく、 古代北欧の伝説をもとにしています。 北欧に詳しい人にとっては 有名な儀式のようで、 ジョシュは儀式の中身を 知っているような素振りを 見せていますね。 ペレはおそらく 「うちの故郷では いまだにアテストゥーパを やっているぞ。 見に来ないか?」 とでも言って、 ジョシュを誘ったのでしょう。 ポイント3: 何度も登場するルーン文字、その意味は? 村の中では 「R」に似たルーン文字が 何度も登場します。 これは北欧に実在する文字で、 イチイの木を象徴しているそうです。 これは架空の文字のようです。 僕の解釈ですが、 「R」は死、鏡文字の「R」は生を表している のではないでしょうか。 長老たちが飛び降りる崖、 その上の碑文には「R」が掘られています。 一方で、 ペレがダニにプレゼントした似顔絵の 右下には鏡文字の「R」」が書かれていました。 生と死は表裏一体、 同じものだという考えが この文字に象徴されていると 考えられます。 同じような意味では、 乾杯の儀式も 生と死が対称になっていました。 生と死の対称性、ほかにも探せば見つかりそう! ポイント4: サイモンはなぜあんな殺され方をしたのか? ペレの従兄弟が連れてきたサイモン。 物語中盤で行方不明になりましたが、 鶏小屋の中で 背中を大きく切り裂かれた 惨殺死体となって発見されました。 実はあれ、 ブラッドイーグル(血のワシ)と呼ばれる 古代北欧の処刑方法なのです。 実在の処刑方法なのか、 伝説上のものなのかは 専門家でも意見がわかれるそうですが。 ただの空想ではなく、 冒頭の「アティストゥーパ」と同様、 北欧の伝承をもとにしているんです。 ちなみにですが、 よく見るとサイモンの肺が 動いてるんですよね…… もしかしたら、 クリスチャンがサイモンを 発見した時点では、 彼はまだ生きていたのかもしれません。 こっっっっわ! ポイント5: "命を捧げる"ことに意味はあるのか? 「ミッドサマー」では、 命に関する異質の価値観が提示されます。 老いさらばえて死ぬのは悪いこと。 若い世代のために命を捧げることが 喜びである、と語られるのです。 一般社会に住む我々には とても理解しがたい考えですが、 ダニにはある意味救いになっています。 突然死んでしまった妹、 その巻き添えを食って 殺された両親の死にも 意味があったと考えられるからです。 しかし! ここから先が アリ・アスターの意地悪なところ。 最後の最後で、 自ら死ぬことを志願した若者が 悲鳴をあげながら炎に包まれる 場面を入れてくるんですね。 ほらー! やっぱり死ぬのって怖いじゃーん!! ヨボヨボになっても寿命が尽きるまで生きるべきか、 信仰の中で自ら時期を定めて死ぬべきなのか。 「ミッドサマー」は 全然答えを示してはくれません。 観客自らが死について 考え続けざるを得ないように 作られた結末なんですよ。 ポイント6: なぜダニは最後に笑ったのか? 主人公のダニが、最後の最後で 実に意味ありげな笑顔を浮かべて、 「ミッドサマー」は終わります。 あの笑顔の意味は なんだったのでしょうか? 僕の意見では、 形だけの家族から離れて 本当の家族を手に入れられたから ではないかと思います。 ダニを支えてくれるはずの クリスチャンとは、 ずっと関係がギクシャクしていました。 恋人であるとはいいつつ、 付き合った記念日も 誕生日すらも覚えてません。 一方で、ダニを親身になって 支えてくれたのはペレです。 ダニと妹や両親との関係性は はっきりとは描かれません。 しかし、 最後に幻覚として現れた両親ですら、 ダニに声をかけない点を見ると、 彼女は家族の中でも孤立していたのでは ないかと思われます。 ずっと寂しい思いをしていたんだね ダニは儀式の中で 「5月の女王(May Queen)」に選ばれ、 村人たちから大きな祝福を受けます。 また全身を花飾りで覆われ、 物語序盤から感じていた 植物のパワーを受け取るのです。 極めつけには、 形だけの恋人だった クリスチャンを葬り去り、 過去から完全に決別します。 一見バッドエンドですが、 ダニにとっては完璧な ハッピーエンドになっている。 これが「ミッドサマー」という 映画の正体なのです。 まとめ 〜カルト映画の新たな古典が誕生した〜 「ミッドサマー」、実に恐ろしい映画でした。 ホラー映画としてのカタルシスはなく、 真夏の太陽のもとで ひたすらおぞましいものを映すという、 とんでもない芸当をやってのけてくれました。 正直なところ 物語の面白さとしては 「へレディタリー」が上かと思うのですが、 「ミッドサマー」もまた カルト映画の古典として語り継がれることに 間違いはないでしょう。 お行儀のいい映画ばかりが もてはやされがちな昨今のこと、 こういう劇薬のような映画も たまには観ておきたいものですね。

次の