アシックス エボライド。 アシックス グライドライド 1stインプレッション

アシックス、GLIDERIDE(グライドライド)のサイズ感と履き心地! レビュー

アシックス エボライド

ASICS アシックス アシックスが昨年発表した厚底シューズ「METARIDE」。 数か月を経て、コストパフォーマンスに優れる「 GLIDERIDE」が販売開始。 ナイキの厚底シューズが速さを追及しているのに対し、 アシックスの厚底シューズは「 ラクに長く」走るのがコンセプト。 実際に走ってみると、前部へ向かって傾斜のあるソールによって自然と重心が前方へと移り、坂道を降りていくような感覚になります。 ソールの傾斜に足裏で体重を掛ければ、身体がグングン前へ進んでいく。 この感覚を、体感しましょう! この記事では、アシックスの「 GLIDERIDE」を履いて走ってみたレビューをします。 部位ごとにパターン設計を変えることで優れたフィット感とサポート感が得られる。 グライドライドへ足を通すと、すぐに感じるのがまるで下駄でも履いているかのような 厚みのある靴底、そしてそこから つま先へ向かって急 勾配のついているソール。 歩いてみるだけでも自然と身体が前傾姿勢になり、前へ前へと脚が動いていきます。 実際に走ってみると、ステップ毎につま先が地面に接地するだけで、 自然と前へ走れてしまいます。 走りたくなってしまうシューズ 足裏の前足部から、中足部外側に向かって 重心が自然と移動する感覚が、開発コンセプト通り「コロンコロン」と音を立てるように 身体に伝わってきます。 一度シューズに足を入れてみると、この感覚が楽しくて 「 走りたくなってしまう」 ソールの傾斜だけではない 走り自体が変化する グライドライドである程度走ると、いつもと違う体の部位に疲れを感じます。 「臀部」です。 GUIDSOLE ガイドソール によって前傾姿勢が保たれる一方、身体全体の姿勢を保つために 背筋から臀部の筋肉等、 体の体幹回りをより利用するランニングになっています。 このため、 脚に掛かる負担が小さくなり、「もっとラクに、もっと長く」走る事ができています。 本当に「ラクに」走れてしまう。 正に開発コンセプトの「もっとラクに、もっと長く」が 実現されています。 開発コンセプト通り 「もっとラクに、もっと長く」 が実現されている。 デザインは秀逸。 走った時の走行感がそのままシューズの造形へと反映されており、シンプルな力強さを感じるデザインとなっている。 身体全体を使ったフォームによって脚の消耗を軽減している。 「もっとラクに、もっと長く」 が実現される、良くも悪くも独特の走行感。 慣れるのに少し練習が必要。 GLIDE RIDE はこんな人におすすめ• 10キロを超える距離を、脚の消耗を抑えて走るシューズを探している方• 日々のランニングに新たな刺激を加え、自分の ランニングをより向上させたい方 ASICS GLIDERIDE レビューまとめ この記事では ASICS GLIDERIDE についてご紹介しました。 ナイキの厚底人気に対抗すべく アシックスが開発した GUIDSOLE ガイドソール。 ナイキがより速く走るために開発を行ったのに対し、アシックスの 開発コンセプトは 「もっと ラクに、もっと 長く」。 アシックスシューズの強みを活かす、素晴らしいテクノロジーが開発されました。 ソールの傾斜に足裏で体重を掛ければ、身体がグングン前へ進んでいく。 この感覚を、体感しましょう! 正に自然と脚が、身体が前へ前へと進んでいくかのような走行感。 エリートランナーだけでなく、ランニングを始めたばかりのランナーにも大きな恩恵がある、アシックスの厚底シューズ、 「 ASICS GLIDERIDE」• ソールの一部に使用。 衝撃緩衝性に優れたGELをミッドソールに内蔵。 使用シーンに合わせて、踏み付け部、かかと部のふさわしい部分に使い分けています。 耐久性、クッション性、反発性の大部分を担う。 従来のE. エチレン酢酸ビニル共重合体:アシックスで採用されてきたソールのメイン材 より軽量化を実現し、反発性に優れたフォーム素材。 有機繊維を材料に添加することで軽量かつ優れた耐久性も実現。 ソールのメイン材であるFlyteFoamよりも硬質とする事で、着地時に足が左右へ倒れ込むのを防ぎ、安定した着地をサポート。 上部に凹凸を施し、ミッドソールを挟み込んだデュオマックス構造。 着地時にかかる力を分散させて足裏への負担を軽減。 より快適な走行が可能に。 ソール自体の不要なねじれを防ぐ。 ミッドソールの中足部を補強した構造。 運動時にねじれが生じやすい中足部の剛性をアップし、フットワークの安定性を高めます。 緩やかな溝がソールを縦断している。 着地時から蹴り出しまで安定した走りを実現させるために設計された構造。 直接地面に接する面に用いられる材。 従来のラバーと同等の軽量性、グリップ性をもちながら、約3倍 当社比 の耐摩耗性を発揮するアウターソール素材。 各テクノロジーを総合的に融合させる設計手法。 目的とする動作を行うための最適な設計思想のことをIGSと呼んでいます。 バイオメカニクスはもとより、材料力学・衝撃工学などの幅広い知見をもとにしています。 GLIDERIDE アシックス asics. com.

次の

アシックス エボライドのレビューとグライドライドとの比較

アシックス エボライド

それにはサポート力も必要なので、 足の保護には依然としてGT2000などのほうが有力。 元の参考記事 「クッションが向上し、サポートがやや付いたダイナフライト」 みたいになってるけどこの靴。 このブログのランシューコーナーイチ押しだった 「ダイナフライト(asics)」 も、最近では迷走し(?)、 ついには親元であるasicsから対抗シューズを出されて潰されましたね。 機能的には丸かぶりで。 「軽くて飛ぶ靴」という立ち位置はもろ被り。 これまでライドシリーズの上位モデルは価格帯的に被らなかったけど、今回このエボライドが出たことによってダイナフライトの立つ瀬がない。 この手の厚底靴の立役者はもちろんナイキの 「ヴェイパーフライ」 であり、その廉価版である 「ズームフライ」 ということだけど。 しかしこれらの靴はヒールカップがふにゃふにゃ。 加えて厚底だからちょっと足をくじきやすそう。 (ちゃんとフィットさせて履けばそこまでではないだろうけど、履いて足を動かした瞬間にカカトがズルっと滑落していった) その点、このエボライドは基本的なランシューのサポート力は保持しているので使いやすそう。 (ナイキからしたら中途半端なのかもしれないけど)ナイキの靴は「前足部で走るフォアフット走法」前提な感があるし、マラソンタイムを狙うようなガチ勢でもなければ、サポートあったほうが汎用性はあるでしょう。 やや涼しい? ダイナフライト3よりは通気性あるように感じたかな。 アシックスの靴は意外と熱籠もるんだけど、 その点エボライドはやや涼しいように体感。 蒸れ自体はあるんだけど。 グリップが効く アディゼロの「コンチネンタルグリップ」ばりに効いてくる 「エーハープラス」の効き目。 靴裏の仕様をサポート系よりグリップ重視にしてるので当然効く。 ダイナフライトがグリップ弱いことを考えるとこれまたロード対応力が高いね。 無駄に動かないから振れやすいコーナリングなどもしやすいし。 長距離をスピード出しやすい(?) 足を自分で回さなくとも靴底と半月形状が走らせてくれるのか、長い距離になるほど強いと思われるね。 それでいてGT2000のように多くの種類が揃っているわけではないから。 ダイナフライトなんかも1種類だったし、新しいランシューはこんなもんだろうけどね。 GT2000とは歴史が違うわけで、アシックスも市場評価定まっていない状況でいきなり多モデル対応とか金かけられないか。 ダイナフライトもそうだったけど、アディダスのマイクロフィット素材と比べれば差が大きい。 なんか気に入ってるのか統一塗装ができて安上がりなのかグランドシャークブルー的な地味色。 グレーを使うカラーはおしゃれになりやすいけどなんやかんやで「野うさぎ」みたいになっとるし。 さんざんウサギいじりさせてもらったけど。 その点アシックスの靴は世界中で売らなければいけないのだから当たり前だし。 (もちろん足の形がやや太めな人には合うやもしれない)つまり 「どこまで行っても自分みたいなスリム足にベストフィットするasics靴はない」様子。 つまり 「ところどころ空きが生じる作り」なんだよね。 足のアーチがないも何故か合うけど(笑)ニット素材と基本フォルムのフィット感が良いのだと思うけど。 あるいはニューバランスのフレッシュフォームテンポやら1080やら。 ハンゾーUはそうでもなかったかな(?) フライングニートマン・ムラクモ 元少年労働兵が家に還ってネットで生きていくニートブログの運営者。 「元少年労働兵」「18歳から無職ニート」「吃音者」「7年ベジタリアン」「歴史好き」「お馬好き」「RPG好き」「というかコーエーが好き」という「そこそこ個性あるやろ」との目論見にてネットの海に飛びこんだら 見事に埋もれました。 歴史や本やゲームが好きなどノーマル男子で果敢にも10年以上も無職ひきこもりを続ける無頼漢である。 その企画を実現させるためだけになんやかんやでここまで来ました。 もう夢と希望しかありません。

次の

グライドライド・エボライドを履いたランナーの声は?アシックス新テクノロジー搭載シューズの特徴

アシックス エボライド

ENERGY SAVING FAMILY(ライドシリーズ)とは アシックスの新たなテクノロジーが搭載されたランニングシューズのシリーズ ENERGY SAVING FAMILY(エナジーセービングファミリー)。 走行効率を追求して設計された、アシックスのテクノロジーとデザインを組み込んだ、 走行効率を追求したシリーズです。 正式名称ではありませんが、Runtrip Magazineではこのシリーズを紹介している記事で 『RIDEシリーズ(ライドシリーズ)』『RIDE兄弟』といった呼び方もしています。 2019年、アシックスが東京マラソンに合わせて発表したフラッグシップモデル 『METARIDE(メタライド)』が、RIDEシリーズの代表的なモデルですが、注目するポイントは ソール(靴底)の厚さです。 この厚さのあるミッドソールが接地時の衝撃を緩衝し、ストライドの効率を高めることで、長距離のランニングを快適にサポートしてくれます。 一歩踏み出す度に感じる、スムーズで効率的な足運びが、より楽に、より長く走れるよう後押しします。 つま先が弓状に反り上がったGUIDESOLE(ガイドソール) RIDEシリーズの最大の特徴は、GUIDESOLE(ガイドソール)。 ソールのつま先部分が反り上がり『ゆりかご』のような構造になっています。 重心が自然と前傾するような、走行効率を追求して設計されたアシックスの新しいテクノロジーです。 シューズ自体が意思を持って進むようだとアシックスは表現しています。 着地するごとにGUIDESOLEの構造により転がるように進みます。 アシックスの新しいチャレンジとしてデザイン・開発されたGUIDESOLEテクノロジーは、接地時の衝撃を緩衝し、ストライド効率を高めることで、長距離のランニングをサポートします。 この構造を使ってアシックスが目指したのは、速く走ることではなく、 エナジーセービング(疲労をためづらい)をすること。 GUIDESOLEが採用されたシューズは、無駄な力を使わずに、より長く、より楽に走れるようサポートするシューズだと言えます。 初心者にもおすすめアシックス「RIDEシリーズ」のシューズ ここまで、アシックス『RIDEシリーズ』に詰まったテクノロジーや開発の経緯をご紹介してきましたが、ここからはどのようなモデルが展開されているかご紹介していきます。 まずは、フラッグシップモデルのMETARIDEから。 METARIDE(メタライド) 出典: asics. com 2019年の東京マラソンをきっかけに、アシックスは全く新しいプロダクトを発表しました。 これまで業界として 『いかに速く走るランナーをサポートするか』に重きが置かれる風潮がありましたが(もちろん今もそれは変わりませんが)、そんな中でも『長く走れるようにランナーをサポートする』というコンセプトを打ち出しました。 それがこちらのMETARIDE(メタライド)。 ソールに独特の穴が空いているのが特徴です。 フルマラソンで最後まで走り続けたいランナーには、ぜひおすすめしたいシューズです。 GLIDERIDE(グライドライド) 出典: asics. com メタライドと同様のコンセプトで開発され、高い走行効率を持ちながら、クッション性を高めて幅広い層のランナーが履きやすいシューズ。 メタライドは315g(メンズ27cm)で、グライドライドは290gほど。 グライドライドは軽量になっているため、ビルドアップ走などでも、シューズの重さについて全く違和感がありません。 「楽に走れる」というシューズの構造上のサポートに加えて、軽量化によってスピードを出せるようになったのです。 速さではなくより長い距離を楽に走れるというコンセプトで作られていますが、初心者だけではなくマラソン3時間台のランナーにもオススメのランニングシューズです。 グライドライドの場合は、軽量化された分ストライドが伸び、動きが大きくなりやすいのです。 着地の衝撃は大きくなりますが、ソールのクッション性が非常に優れているため、吸収してくれます。 ソールの柔らかさは手で触るだけでもわかり、メタライドとの大きな違いと言えます。 対して、グライドライドは 16,000円(税別)と比較的購入しやすい価格であることも魅力です。 1万円以上の価格差があるにも関わらず、機能がぎゅっと詰まったグライドライドは魅力的なシューズと言えるでしょう。 ライドシリーズのランニングシューズを購入したいと考えている方は、ぜひグライドライドを購入して見てはいかがでしょうか。 RIDEシリーズを着用したランナーたちの声 アシックスの新シリーズとしてランナーから注目を浴びているRIDEシリーズですが、SNSでも多くのランナーが実際にメタライドやグライドライドを履いて走っているようです。 使用するシーンは、主にジョギングや長い距離を走るロング走が多いようです。 RIDEシリーズのシューズを履いたランナーは、その特徴に好印象を受けているようです。 また、初心者からフルマラソンなどを走るランナーまで幅広い層が使っています。 実際に履いたランナーからは 「グライドライドは足が自然に前へ出るように感じる」という声や、 「グライドライドは厚さがあるのに、重さをあまり感じない」という感想、 「反発が強い」という印象を受けたランナーもいました。 com こちらは、RIDEシリーズのモデルではありませんが、アシックスから先日登場した『NOVABLAST(ノヴァブラスト)』も、新感覚のシューズとして注目されています。 ナイキのリアクトやアディダスのBOOSTのようなソールが弾むものとしては有名ですが、ノヴァブラストには『FF Blast(FLYTE FORM Blast)』というソールが搭載されています。 クッション性がありながら、跳ねるような反発性を持った素材です。 ジョギングなど、ゆっくり走るときにこのシューズを履くと楽しく走れるでしょう。 これからランニングを始める初心者の方々へ向けて作られたシューズではありますが、ある程度走り込んでいるランナーも使えるシューズです。 実際に、速いペースにも対応できるので、ビルドアップやウェーブ走にも使えるかもしれません。 こちらもぜひ注目してみてくださいね。

次の