胡蝶カナエ名言。 『鬼滅の刃』胡蝶カナエ(こちょうかなえ)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

「鬼滅の刃」の名言まとめました

胡蝶カナエ名言

鬼滅の刃-吾峠呼世晴 この奇策 胡蝶しのぶの執念 によって童磨は死亡することになります。 しのぶは当初の目論見通り、 童磨を道連れにすることに成功したのです。 なぜこのような戦略を胡蝶しのぶが練ったのかと言うと、そうでもしないと童磨を倒せないと既にわかっていたからです。 なぜなら、胡蝶しのぶの刀で1度に打ち込める毒の量は五十ミリ程度。 この程度の毒では上弦の鬼を倒すことは到底できません。 鬼殺隊の親方「産屋敷耀哉 うぶやしきかがや 」も 「童磨は倒せない」と 判断しています。 何はともあれ、 しのぶは「自分の命と引き換えに童磨を殺す」という目的を見事に果たしました。 胡蝶しのぶは死亡してしまいましたが、童磨との勝負には決して敗れていませんね。 胡蝶しのぶが死亡したシーンを振り返る 胡蝶しのぶは童磨に喰われるまでの間、蟲の呼吸を使いながら孤軍奮闘していました。 鬼滅の刃-吾峠呼世晴 胡蝶しのぶを死亡させた鬼について 胡蝶しのぶを死亡させた鬼は、十二鬼月「上弦の弐」にあたる鬼 【童磨 どうま 】です。 顔には、左目に「上弦」、右目に「弐」の文字が刻まれています。 童磨の特徴• 頭から血を被っている• にこにこと屈託なく笑う• 穏やかに優しく喋る• 武器は鋭い対の扇• 女を喰うことに異様な執着がある• 性格が意地汚い• 親友は上弦の参 猗窩座 胡蝶姉妹を死亡させた童磨ですが、最終的には後から駆け付けた「栗花落カナヲ」と「嘴平伊之助」の2人によって殺されます。 童磨は圧倒的な強さでカナヲと伊之助の2人をいなしていましたが、勝負の終盤でしのぶの毒が周り半死状態まで追い込まれます。 そして、毒が回り動きが鈍っているところをカナヲと伊之助の2人によって倒されました。 上弦の弐「童磨」に対して思うこと 胡蝶しのぶを死亡させた童磨なんですけど、正直、 ここまでで登場した鬼の中で最もゲスい鬼だと私は思いました。 なぜなら、 童磨には鬼になった背景が全く見えなかったからです。 というのも、鬼滅の刃でここまで登場した鬼には皆、 「何かしらの事情 ワケ 」があって鬼になっています。 例えば、で登場したの「堕姫 だき と「妓夫太郎 ぎゅうたろう 」に関しては、ひどい「差別」を受けた過去があります。 その他にも、累や猗窩座などにもしっかりと鬼になった理由がありました。 でも、童磨に関しては 「なぜ鬼になったのか?」という背景がほとんど描かれていないんですよね。 「鬼舞辻無惨に二十歳の時に鬼にしてもらった」とは書かれていますが、それ以外の理由に関してはほとんど掲載されていません。 童磨は自分で自分のことを 「ほとんど感情がない」と言っているので、おそらく、何となく鬼にしてもらったんだと私は勝手に解釈しています。 鬼として生きた方が 「メリットが多い」とか、その程度の理由でしょう。 つまり、そう考えると、 童磨は鬼滅の刃に登場する鬼の中で最もゲスイ鬼だと私は思うんですよ。 胡蝶しのぶのプロフィール 名前 胡蝶しのぶ こちょうしのぶ 階級 柱 蟲柱 誕生日 2月24日 年齢 18歳 身長 151cm 体重 37kg 趣味 怪談話 好きなもの 生姜の佃煮 CV 早見沙織 鬼殺隊の「蟲柱」胡蝶しのぶは、 鬼殺隊の中で唯一鬼の頭を切れない剣士。 ですが、 鬼を殺せる毒を作ったちょっと凄い人でもあります。 ちなみに、胡蝶しのぶの姉は"胡蝶カナエ"。 胡蝶カナエも童磨との戦いに敗れ死亡しています。 たた、幸いなことにカナエは童磨に喰われる事はありませんでした。 夜明けが近かったため、童磨はカナエを喰う事を諦め逃亡しています。 胡蝶しのぶが残した名言 「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」 富岡義勇に放ったこの名言。 胡蝶しのぶは可愛い顔してかなりの「毒舌」の持ち主です。 さらっと義勇に対して 「嫌わてますよ」と言えるのはおそらくしのぶだけでしょう 笑 「とっととくたばれ糞野郎」 童磨はカナヲに首を切られた後、胡蝶しのぶの思い・信念を知り恋に落ちます。 そして、「一緒に地獄に行かない?」と言います。 そんなあっけらかんとした童磨に対して、しのぶは「とっととくたばれ糞野郎」と言い放ちました。 関連記事: 胡蝶しのぶの強さ・呼吸と型 胡蝶しのぶが使う呼吸は 「蟲の呼吸」です。 「蝶屋敷で働いている女の子4人」• 神崎アオイ• 寺内きよ• 中原すみ• 高田なほ ただ、 「ちょっときつめの性格」も時々姿を表します。 実際に蝶屋敷の「機能回復訓練」では、炭治郎達をビシビシしごいていました 笑 また、胡蝶しのぶは優しさの裏に 「怒り」も合わせもっています。 この怒りは、最愛の姉を鬼に殺された絶望、鬼に大切な人を殺された人の絶望の叫びからくるもの。 絶望の叫びを聞くと 「自分の中の怒りが蓄積され膨らんでいく」と本人は言っています。 胡蝶しのぶは最終的に死亡してしまいましたが、自分のためすべき事を最後までしっかりと成し遂げた強い女性でもありますね。 胡蝶しのぶ死亡|ファンの反応 鎹烏が「胡蝶しのぶ死亡」って 言ったところで漫画投げそうになった — めい mei150118 鬼滅の刃アニメ版は見た。 は?なんで? 絶対デマやろ。 でもそのあとで善逸がカッコ良すぎてな。 上弦の陸に対して適当な穴埋めで入れたのが嬉しいんだなつってな。 まぁ実際、適当な穴埋めで入れただけは事実だと思うけど。 それではまとめです。

次の

胡蝶しのぶの悲しすぎる過去とは?笑顔の裏に隠された悲痛な想いに迫る!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

胡蝶カナエ名言

【鬼滅の刃】胡蝶カナエのプロフィール まずは現在わかっているカナエのプロフィールと生い立ちを簡単にご説明します。 はっきりしている情報といえば、幼少期に両親を鬼に殺されてしまったことから 「同じような思いを他の人にはさせない」という強い信念のもと 人喰い鬼を討伐する特別な力を持った剣士が集う「鬼殺隊」に妹・しのぶと入隊しました。 また、両親に虐待されたあげく人買いに売られそうになっている栗花落カナヲを 助け、そのまま引き取り一緒に暮らしていました。 その後鬼殺隊のメンバーとして活躍していましたが17歳のころに 鬼との戦いに破れ命を落としてしまいます。 カナエは「 鬼とは仲良くできる」という持論を掲げていただけに悲しい結末です。 出身地に関しては明言されていませんが、しのぶの出身地が 東京府 北豊島郡 滝野川村(現 東京都北区滝野川)とされていますので おそらく同じかと思われます。 見た目の特徴は長い髪に、頭の左右に蝶の髪飾りをつけている大変な美人ということで 人気が出るのもうなづけます。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエは柱だった? 続いてカナエは「柱」だったのではないかということが噂となっています。 「 柱」とは鬼殺隊の中でも 最高位に立つ剣士の総称です。 一般隊士とは隔絶した強さを持っており9名までしかなることができません。 カナエが「柱」だったことが判明したのが鬼滅の刃原作168話の 鬼殺隊メンバー・不死川実弥の回想シーンです。 ここでカナエが柱会議に出席していたことから元柱であったことが確定的となりました。 可憐な見た目とのギャップに驚いてしまいました。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエの死亡理由 カナエは鬼殺隊のメンバーとして活躍していましたが 17歳のときに鬼との戦いに破れて命を落としてしまいます。 カナエを死に追いやったのは十二鬼月上弦の弐である「 童磨」です。 十二鬼月とは鬼の始祖である鬼舞辻無残直属の12体の鬼のことで、 鬼の中でも別格の最強の集団です。 上弦の壱に近づくほど強く、下弦の陸に向かうにつれ力は弱くなるとされているので 「童磨」は鬼の中でNo. 2の力の持ち主ということになります。 これまでにも何人もの柱が上弦の鬼に殺されてしまい 上弦の鬼の顔ぶれは100年以上変わっていません。 最後には破れてしまいましたが カナエは 朝日が昇るまで「童磨」と戦ったとのことで 最後の最後まで諦めずに奮闘していた姿を思うと胸が痛いです。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエの強さ・柱としての実力 童磨との戦いには破れてしまいましたが カナエの剣士としての実力はどのくらいだったのでしょうか。 まずはカナエの剣士としての戦闘スタイルについてご説明します。 鬼殺隊のメンバーは「 全集中の呼吸」と呼ばれる特殊な呼吸法を習得し 自らの身体能力を高め、鬼と互角に戦えるように鍛えています。 「全集中の呼吸」にもいくつかの流派がありますが カナエが使っていたのは「 花の呼吸」という流派です。 技名に花の名前が含まれ、攻撃スタイルも華やかでカナエにぴったりの流派です。 しかしながら戦闘となると頼りなく感じてしまいます。 作中ではカナエの戦闘シーンは描かれておらず、 大人しそうな見た目からも戦っている姿が想像できません。 ですが強豪揃いの鬼殺隊に入隊し、その中でも「柱」という 最高位を獲得していること、また倒すことはできませんでしたが 鬼の中でも最強クラスの童磨と互角に戦い合っていることから 剣士の中でもトップクラスの実力者であったことが推測できます。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエとしのぶのエピソード 最後に仲の良かったカナエとしのぶのエピソードを振り返りながら カナエの過去と、いなくなってからも受け継がれているカナエの思いをまとめたいと思います。 ともに鬼殺隊に入隊する 幼少期に鬼に襲われ両親が殺されてしまいましたが、カナエとしのぶは駆けつけた 悲鳴嶼行冥によって助けられます。 悲鳴嶼行冥は鬼殺隊の中でも最強と謳われている柱でした。 二人は同じような悲しい思いをする人が増えないよう鬼殺隊に入ることを決意し 悲鳴嶼行冥の元を訪れ訓練を受け、無事に入隊しました。 とりわけカナエの能力は群を抜いていて、 カナエは柱まで上り詰めます。 カナエが鬼に破れ死亡 ある日カナエは、上弦の鬼「童磨」と遭遇し致命傷を負います。 死期が迫ったカナエはしのぶを守るために鬼殺隊を辞めるよう伝えます。 しかししのぶはカナエの死後も鬼殺隊を辞めず、逆に 姉の仇を打つことを決意します。 そして努力を重ねてしのぶも柱となります。 炭治郎との出会い カナエはどんな時も鬼をも憐む情け深い性格で、 「人間と鬼が仲良くする」ということを夢見ていました。 カナエの思いを胸に抱き戦い続けてきたしのぶですが 鬼への恨みが強いしのぶはカナエの思いを理解できないでいました。 そんなところへ主人公である竈門炭治郎が鬼殺隊に入隊してきます。 鬼となってしまった妹・禰豆子と支え合いながら鬼狩りをする炭治郎を見て 炭治郎にはカナエと同じ鬼を憐む気持ちを持っていることを感じとり 炭治郎に自分が叶えられなかったカナエの夢を託すようになります。 以上がカナエの主な登場シーンとなります。 カナエは誰に対しても優しく、しかし芯のある強い女性だったようですね。 鬼滅の刃はそれぞれのキャラクターの過去を知ると物語にさらに深みが出て 楽しめますので、ぜひ今後も注目して読んでみてください。 人気記事• 112,720件のビュー 2019年1月11日 に投稿された• 42,124件のビュー 2019年1月15日 に投稿された• 38,256件のビュー 2019年10月7日 に投稿された• 30,730件のビュー 2019年7月15日 に投稿された• 20,095件のビュー 2019年1月16日 に投稿された• 19,176件のビュー 2019年1月8日 に投稿された• 13,833件のビュー 2019年7月13日 に投稿された• 13,529件のビュー 2019年9月17日 に投稿された• 13,007件のビュー 2019年7月22日 に投稿された• 12,852件のビュー 2019年1月31日 に投稿された.

次の

『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

胡蝶カナエ名言

胡蝶カナエのしゃべり方 胡蝶姉妹カナエとしのぶ — 画像ボット CM7lsbyx6CAQK9h カナエは穏やかな笑顔が可愛らしく、ほんわかした雰囲気が癒しを与えるキャラクターです。 カナヲを人買いから保護する場面でも、自分の意思を持たないカナヲを心配するしのぶに 「まあまあ、そんなこと言わずに 姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ」となだめたり、 「そんなに重く考えなくていいじゃない カナヲは可愛いもの!」と甘やかしています。 そんな彼女の口調は表情同様に優しく読者を和やかにしてくれます。 一方で鬼の襲撃によって両親を亡くした過去があり、幼いながらも妹のしのぶを守ろうとする姉としての責任感や、人だけでなく鬼にさえも情けをかけようとする慈悲深さは登場人物の心を良くも悪くも動かします。 そんな彼女は傍にいる者にエネルギーを与える朗らかさと、辛い経験から強くなることを決心した揺るぎない信念を持つ優しくも強い魅力的な女性であることがわかります。 胡蝶カナエの名言・セリフまとめ カナエは物語が始まる前から故人であったため登場は主に回想の中で出番が少ないですが、その中でも印象に残るセリフを挙げていきたいと思います。 初登場時サイコパスだと言ってゴメンよ……。 — ぐんぐにる Gungnir3228 カナエの初登場は那多蜘蛛山での戦いの後にしのぶが蝶屋敷で炭治郎に自分の過去を語る場面(6巻50話参照)でした。 ですがきちんとセリフをもって出てくるのは カナヲの過去が明かされる 7巻の番外編が初めてです。 このセリフはカナエの人柄を紹介する際にも出てきましたが、命令されるまで何もできないカナヲに危機感を覚え険しい顔をするしのぶに対してカナエが言ったものです。 しのぶはカナエ同様に笑顔が印象的なキャラクターですが、昔は男勝りで今ほど穏やかな性格ではありませんでした。 番外編のカナヲの話めちゃ好き! — きくりん tanaka0906 これも 7巻の番外編の中で登場します。 一つ目に挙げた「しのぶの笑顔が好きだ」という言葉に続くセリフです。 しのぶに「理屈になってない!!」と怒られてしまいますが、カナヲについて対照的な捉え方をする二人のやり取りが微笑ましいですね。 カナヲにも明るく生きて欲しいという将来への期待が込められていて彼女の愛情深さが垣間見えます。 悲しい — 画像ボット CM7lsbyx6CAQK9h これは 141話で登場するしのぶの記憶の中にあるカナエのセリフです。 カナエの仇である上弦の弐の鬼・童磨に遭遇したしのぶが死に際の姉の言葉を思い起こします。 姉の最期に駆け付けたしのぶにカナエは余力を振り絞って鬼殺隊を辞めるように伝えます。 しのぶは仇を討つと言いますが、彼女の華奢な体では無理だと判断したカナエが妹の身を案じる優しく切ない名場面です。 血鬼術により肺がボロボロになり体も切りつけられて希望を失いかけた彼女に姉は厳しい言葉を送ります。 カナエのイメージにはないセリフですが、華奢な体で柱まで昇り詰めたしのぶが常に「しっかりしなさい。 泣くことは許しません。 立ちなさい」と己に投げかけ奮い立たせていた言葉だったのかもしれません。 一見ほんわかとした癒しのオーラが漂うカナエですが、しのぶにとっては一番の心の支えであり、どんな時でも力を与えてくれる強い姉だったのでしょう。 戦意を喪失しかけていたしのぶを奮い立たせようとカナエは厳しい言葉をぶつけます。 ですが、やはりカナエはしのぶにとって愛情深い優しい姉です。 最後は慈愛に満ちた言葉でしのぶを包み込みます。 胡蝶姉妹は鬼に襲われているところを岩柱・悲鳴嶼行冥によって助けられています。 その後、姉妹は命の恩人である悲鳴嶼の元へお礼と共に鬼狩りの方法を教わりに訪れました。 一時の感情で少女達に茨の道を歩ませるわけにはいかず断る悲鳴嶼にカナエは固い決意を示しました。 鬼は親の仇であるのはずなのに、彼女の言葉には深い慈しみとどうしようもない悲しみがあったのです。 他の隊士とは一線を画す彼女の特徴的な価値観がよく表れている一言です。 人でありながら、人を喰らい、うつくしいはずの朝日を恐れる。 鬼を一体倒せば、その鬼がこの先、殺すであろう人を助けられる。 そして、その鬼自身もそんな哀れな因果から解放してあげられる」 これも先程の続きで 小説「片羽の蝶」からの抜粋です。 鬼狩りの術を習いたいという悲痛の決意を悲鳴嶼に語っています。 人を喰らい生きる鬼も元々は自分達と同じ人間であったと聞いて、鬼も好きで人間を殺しているわけではないと考えているのでしょう。 大切な人を奪われたにもかかわらず、鬼にも鬼になった事情があるはずだと情けをかけるカナエからは仏のような愛と慈しみの深さが感じ取れます。 アナタが私たちにしてくれたように……アナタがしのぶを守ってくれたように、私も誰かの大切な人を守りたい。 そうすることで、悲しみの連鎖を止めたいんです」 こちらも 小説「片羽の蝶」から先程に続く名言です。 鬼を憎み、これ以上苦しむ人を増やさないために闘う隊士は多いです。 カナエも「しのぶと約束しました。 『私たちと同じ思いを、他の人にはさせない』と」と悲鳴嶼に語っています。 憎い鬼を殺し、人として普通にあるはずの幸せを守りたいと願うと同時に、鬼にも鬼としての苦しみを絶ってあげたいという想いが感じられる言葉ですね。 まとめ カナエとしのぶ — 画像ボット CM7lsbyx6CAQK9h 胡蝶カナエの印象的なセリフをいくつか紹介しましたが、いかがでしたか? 大切な人を失う辛さから人々を守るだけでなく、鬼すらも哀れな運命から救ってあげたいというカナエの悲痛な想いは炭治郎以上に深く強いものを感じます。 「鬼滅の刃」は最終回を迎えましたが、まだ終わりではありません! 映画も決まっており、もしかしたら続編も期待しても良いのではないでしょうか? 今後の作品の展開を楽しみにこれからも応援していきましょう!.

次の