ジュラルドン 対戦考察。 【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策

ジュラルドン 調整メモ

ジュラルドン 対戦考察

剣盾ランクマッチシーズン7で使用した構築を記事として残します。 前回使用した白銀の盾ジュラキッスはこちら 【使用パーティ】 レンタルパーティを登録しましたのでIDを載せておきます。 【パーティ結成経緯】 シーズン7にてリベロエースバーン解禁したため過去の構築はほとんど参考にならない中シーズン6で使用した白銀の盾ジュラキッスに関してはエースバーンの特性を変えるだけで戦える構築になるので前回の構築をベースに構築を作成。 エースバーンの使用率が上がることで素早さ種族値135が活かせる場面が出てくるのでヒヒダルマをタスキあくびダルマモードヒヒダルマにし、エースバーンはラムビルドの全抜き構成にしてアシレーヌ対策にばんのうがさドわすれトゲキッスを採用。 のはずでしたが構築製作者があくび起点作り構築の初心者でシーズン最終日前日まで安定して勝つことができなかったため最終的にほとんど前回の構築に似た感じになりました。 コスモパワーゴチルゼル相手にTODできるスペックがある。 今シーズン通してタスキでんじはおにびドラパルトの対策は思いつかなかったが被害を最小限に抑えるために持ち物をラムのみにした。 【基本選出】 前回の構築記事を参照。 【基本戦術】 ワンターンキル戦術 比較的先発で出るポケモンに対して想定外の技で一撃で突破することできる。 失敗すると即負けになるが、成功すれば有利に戦うことができるので早く決着をつけたい最終日において相性の良い戦術と言える。 具体的にはアシレーヌにダストシュートエースバーン、キョダイマックスリザードンにストーンエッジヒヒダルマ、タスキルカリオにゴツゴツメットガマゲロゲといった感じ。 【使用感について】 エースバーンをタスキにした関係で相手のダイマックスエースのエースバーンに弱くなった感じがする。 結局エースバーン同士の同速勝負になるのでメタモンと合わせて対策するのが戦いやすいのかな。 【後語り】 構築記事の見栄えを意識してシーズン最終日前日まで慣れないあくび起点づくり構築を使っていたためシーズン終盤で3回も順位を3000位くらいまで溶かすことになっていたが最終日使い慣れた構築に切り替えたら連敗することが少なくなった感じがする。 もう少し早く方針を変えるアイデアが出ていればもっと上を目指すことができたかもしれない。 ワンターンキル戦術については対策して構築変えた瞬間にほとんど想定した状況にならなかったのでポケモン対戦でよくあることになっていた。 参考程度に最終レートは1980。 tenku64.

次の

【ポケモン剣盾】ガラルルーキーズの徹底考察と最強構築!!【ソード&シールド】

ジュラルドン 対戦考察

こんにちは、ポケモット()です。 対戦環境では、初手から出され「ステルスロック」「あくび」「がんせきふうじ」などの優秀な補助技から後続のために起点作成をすることが多いです。 そんな起点作成として優秀なカバルドンは、相手に対策されていることも珍しくありません。 どうせカバルドンは起点作成型だろう。 3倍になる。 また、『すなあらし』によるダメージを受けない。 持ち物はいのちのたま、とつげきチョッキ、ゴツゴツメットやオボンの実、も候補です。 仮想敵に応じてカスタマイズお願いします。 A(252)/B(252)/S(4) (ステータス) HP(H) 215 攻撃(A) 180 防御(B) 170 特功(C) xx 特防(D) 92 素早(S) 68 (ポケモン育成論) 今回は攻撃型のカバルドンのため、性格は「いじっぱり」で確定。 火力と物理ポケモンに対して強く出るために、努力値ABを最大限まで振りました。 初手に出して、起点作為型カバルドンだと、相手に錯覚させるのがオススメです。 しかし、今回のカバルドンは初手に出すことを想定した攻撃特化のAB型のため、裏には特殊受けのポケモンを用意するのが良いでしょう。 ギャラドス• バンギラス• アーマーガア• ドラパルト• ミミッキュ などの強ポケモンに対して非常に強く出れます。 上記のポケモンは「ちょうはつ」を覚えていて初手から出てくることが珍しくありません。 カバルドン対策として初手で出してきた上記のポケモンに対して、相手の思考の裏を突く、攻撃型のカバルドンで壊滅させてやりましょう! また、サザンドラと対面すると何もできなく不利になるので、チーム単位で対策は必要です。 相棒としては、などがオススメです。 一応、「かみくだく」を「リベンジ」に変えるということでサザンドラへの対応は可能ですが、今回のカバルドンは物理アタッカー兼、物理受けのためサザンドラには突っ張ることはしないで、潔く交代するのが良いと考えています。 火力がもう少し欲しい場合は、持ち物を「いのちのたま」に変更してください。 Sは同族対決で先制を取れるように、余りだけ振りました。 ちなみにカバルドンは意外と素早さ種族値が高く、お互いにS無振りなら、ドサイドンやローブシンより早いです。 2%~72. 1%~36. 4%~62. 7%~44. 3%~88. 6%~64. 9%~41. 5%~29. 6%~106%)乱数 1発 カバルドンを相手に使われた時の対策(弱点解説) カバルドンは基本的に起点作成型が多いので、起点を作らせないために、「ちょうはつ」を覚えているポケモンを1体は入れておくようにしましょう。 また、「みず」「くさ」タイプの高火力のポケモンを入れておくことで、相手への牽制になります。 「あくび」対策として「ラムの実」を持たせることで、相手のカバルドンに最低限の仕事しかさせないことも可能です。 対策自体は可能ですが、逆を言えば対策をしていないと、相手に好き放題させれしまう可能性があるので、上記の対策をしておきましょう。 また、今回のカバルドンのように、相手の思考の裏を突く型は基本的には考慮しなくて良いです。 弱点のタイプを突く様に、チーム編成をしていたら、一緒に突破できます。 しかし、 カバルドンは高耐久のポケモンのため、「いのちのたま」「こだわりハチマキ」「こだわりメガネ」などを持たせて火力に自信のあるポケモンで相手をしましょう。 カバルドンの考察・まとめ カバルドンの強み、相手に使われた時の対策方法をお話ししてきました。 カバルドンはしてくることが見えるので、事前に対策さえすれば、ある程度対応可能なポケモンです。 それでもだと、分かっていても最低限の仕事はされてしまうのが、カバルドンの強いところですよね。 今回は相手の思考の裏を突く、ガチ攻撃型のカバルドンの紹介でした。 起点作成でも十分に仕事をするカバルドンを、攻撃型でも使ってみてくださいね。 なお、ガチ攻撃型カバルドンでも少しは起点作成したいと思うのであれば、「ストーンエッジ」を「ステルスロック」にすることをオススメします。

次の

【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策

ジュラルドン 対戦考察

今日から言語化記事にポケモンも取り入れていきます。 今流行りのローブシンを使ってみたい!使ってみよう! ローブシンの強み バンドリに強い ヒヒダルマをこんじょう発動マッパで倒せる タスキバイバニラの攻撃を耐えてドレパンマッパで倒せる トリル相手(ドサイドン、カビゴン)に打ち合える ドレインパンチで耐久できる こんじょう+かえんだま(どくどくだま)で採用することでおにびやねむりに恐れず戦える てつのこぶしで採用した場合でもこんじょうを嫌っておにびが飛んできにくい ローブシンの弱み 使用率トップのトゲキッスに弱い(参考:) Sが遅いので上から集中されやすい 他の格闘(カポエラー、ズルズキン)と違ってねこだましがないため器用に扱いづらい 器用に扱いづらいため、いかくを受けて腐ったり、ワザ範囲が狭いため削りきれないことがある 強みと弱みを意識して、ローブシンをうまく活かせる形でパーティを作っていきます。 パーティ作成 まずなんといっても格闘タイプを採用する上でバンドリに強く出れるのがいいところ。 一緒に入る可能性があるトゲキッス、トゲキッスとよく横に並び使用率も高い、バンドリドラパキッスに強いことが条件です。 加えて、2匹の並びも汎用性があるほうが望ましいです。 今回採用したのはジュラルドン+オーロンゲです。 ジュラルドン+オーロンゲ ジュラルドンはトゲキッスに強くドラパルトにも打点があるため条件に当てはまりました。 オーロンゲはダイマックスするジュラルドンのサポート役として採用します。 壁、電磁波、猫騙しのサポートに、ダイスチルやダイドラグーンによる物理方面に寄せた攻撃は相手にしていても面倒で、自分で使ってみたかったので良い機会です。 ジュラルドン+オーロンゲは、すじがねいりによるサイチェンこのゆび無視の攻撃とダイスチルのバフによって、このゆびキッス+ドラパルト、トリル+ドサイドン+サイチェン相手に問題なく戦えます。 苦手なドリュウズはローブシンが対処できるため問題ないと判断しました。 エルフーンが多かった時からねこだましが強いと思っていて、積極的に採用したいと考えていました。 最近はバイバニラの流行もあり、よりタスキ対策のねこだましの評価を上げていました。 ねこだまし持ちはズルズキン、カポエラー、トゲデマルと試しましたが、オーロンゲはよりサポート性能が高く、ダイマックスとローブシンを活躍させるのにもってこいなポケモンだと思いました。 使用感 ・壁ダイマックスがシンプルに強い 物理が多いので物理関連のバフとデバフは偉いし、オーロンゲもイカサマで打点になれる 特殊系統にも壁のおかげである程度打ち合えるようになる ・ローブシンの火力がすごい 素早さ操作にそこまで依存しないし回復と先制技で不利盤面もまくってくれるし、火力も高い 想定通り偉かったです もっと選出や隣を練ることでより格闘タイプを強く動かせるようになると思うので研究していきたいと思いました ・バクアウインディがキツイ ジュラルドンが上からデバフを受けるとキツイのを知らなかった これだとギャラドスを出してもおにびを受けるし解決しない ・ドリュウズ相手はもっと繊細に考えるべき 横にトゲキッスが居るがウインディが出てきてもおかしくない ギャラオーロンゲで出したい ドラパキッスドリュウインのスタン相手はウイン相手はねこだましが欲しい ドラパキッスで出されたら不利 ドラパ相手にギャラが殴られるしオーロンゲが下から殴ることになるのででんじはが欲しい とはいえラムも怖いし指でケアされるしワザスペないしで困る 現状は、相手がうまくてバクアウインディを出してきたらかなりキツイが、オーロンゲジュラルドンはある程度使われている並びなので対策されやすく面倒 ドラパキッスドリュウイン相手はどのパーティも選択を悩むかもしれないが、こちらから押し付けるよりかは対話して勝つというスタイルなので、対話材料が少ないと相手依存になってしまう これはオーロンゲジュラルドンに対しての理解度不足なのもあるが、ドラパキッスドリュウインなどのスタンに対してどこまで選択肢を妥協できるか 感想と今後の改善点 ローブシンは強いので他でも使っていきたい ジュラルドン+オーロンゲはたしかに強いがメタられやすくもあるので、残りの2匹も含めて完成しそうな雰囲気もしている ローブシンを活かすのに限らず、補完のアプローチだと数打ちゃ当たるになりがち、構築に求められる要素がどれだけあるかをきちんと見定めつつ、柔軟に戦えるようにうまく組みたい とはいえ試してみないことには分からないのが悩みどころ 精度が高い構築を組むためには環境を把握しつつ基礎を付けて、いいところを尊重しつつ悪いところのアプローチを柔軟に行っていける構築を組めるように、日々の発見を大切にする この記事も構築を組む上で気づいたことを言語化して振り返ることで確認できたことが多いと感じられるので、今後のローブシン入りの構築の糧にしていきたい 今思いついた改善点 言語化しているうちに浮かんできた! ドラパのデバフに強くドリュに打点があり、ウインディに強いポケモン… ミロカロス! 選出どうしよう…ウインディに強くなれたのでジュラルドンミロカロスで出していけそう そうなるとオーロンゲの技構成はある程度自由になるし、ローブシンじゃなくても良い… このあたりは次回に持ち越しにします。 To Be Continued...

次の