ポケモン剣盾はがね弱点。 弱点保険ウーラオス(水)【ポケモン剣盾】【育成論】

弱点保険ウーラオス(水)【ポケモン剣盾】【育成論】

ポケモン剣盾はがね弱点

レイド用におすすめのポケモン 『効率周回向けのおすすめポケモン』と『高難易度の攻略におすすめのポケモン』に分けて紹介していきます。 効率周回向けのおすすめポケモン 効率周回向けのポケモンとして5種類紹介します。 この5種類を育てて使い分けていくのが良いでしょう。 ムゲンダイナ 最初に紹介するのは、ストーリーをクリアした方ならみんな持っているであろうムゲンダイナ! 専用技の『ダイマックスほう』はダイマックスしたポケモンにダメージが2倍になる効果があり、レイドバトルの攻略にはもってこいの性能となっています。 ドラゴン技の通らないフェアリータイプには『ヘドロばくだん』、半減してくる鋼タイプには『かえんほうしゃ』で打点が持て、伝説のポケモンであることから耐久も申し分ないです。 とりあえず、ムゲンダイナさえ育てておけばほとんどのレイドに参加できるので、まだ何も育てていないという方はこのポケモンを育てておくと間違いないでしょう。 持ち物は『こだわりメガネ』がおすすめです。 ザシアン 『くちたけん』を持たせたザシアンの専用技である『 きょじゅうざん』は、ダイマックスしたポケモンにダメージが2倍になる効果があり、レイドバトルの攻略にはもってこいの性能となっています。 また、バトル開始時に攻撃が1. 5倍になる『ふとうのけん』の特性を持っており、短期決戦にとても向いているポケモンです。 フェアリータイプ以外にはムゲンダイナ、フェアリータイプにはザシアンといった使い分けをするのも良いでしょう。 ウオノラゴン 完全無欠に見えるムゲンダイナですが、『ダイマックスほう』のモーションが長いのが難点です… ウオノラゴンは、そんなモーションまで効率化したいという方におすすめのポケモンとなります。 ウオノラゴンの『 エラがみ』は先制を取ると威力2倍で撃つことができ、モーションもとても短くなっています。 ソロプレイでは戦闘アニメーションをオフにすることができますが、マルチプレイではオフにできないので、野良のマルチに参加するときにおすすめのポケモンの1匹です。 持ち物は『こだわりハチマキ』がおすすめです。 ニャイキング ニャイキングはフレンドと4人で周回する際の最適解となるポケモンです。 夢特性である『 はがねのせいしん』は、味方の鋼タイプの技の威力を1. 3倍にする効果があり、4人揃うと『アイアンヘッド』の火力がすさまじい火力になることは容易に想像できるかと思います。 持ち物は『こだわりハチマキ』がおすすめです。 ジジーロン ジジーロンは、マックスレイドバトルの画面を一々チェックするのが面倒くさいといった方向けのポケモンです。 1度ボタンを押せば3ターン継続する『 さわぐ』をタイプ一致で撃て、特攻の種族値も135と申し分ない高さです。 ですが、連射コントローラーがあれば他のポケモンでも放置プレイが可能になるので、今後何度もレイドバトルを行うことを考えると、買ってしまうのも悪くないと思います。 2020年4月現在、ルナアーラやネクロズマ過去作から連れてこないといけないためハードルは少々高いですが、キョダイマックスできるカビゴンのレイドが再度開催されたように、ミュウツーレイドも再び行われる可能性があるので、用意しておいて損はないと思います。 ミュウツー ミュウツーは高い素早さを誇り、『リフレクター』『ひかりのかべ』の両壁を貼れ、『ちょうはつ』や『いのちのしずく』でサポートも可能なポケモンです。 オーロンゲのような『いたずらごころ』持ちと異なるのは、種族値の高さもそうですが、「悪タイプのポケモン」や「サイコフィールドの状態」でも変化技を入れられる点が大きな差別化要素となります。 ミュウツーはポケモン剣盾では入手できないものの、「3DSのウルトラサンムーン」や「Switchで遊べるピカブイ」で入手することができます。 ポケモンGOを遊んでいる方なら、ピカブイと連動させることでGOから連れてくることも可能なので、入手はそれほど難しくありませんね。 マーシャドー マーシャドーは専用技の『 シャドースチール』で攻撃しながら相手の能力上昇を奪うことができ、ミュウツーレイドのイベントでも活躍していました。 幻のポケモンのため入手はとても難しいですが、育てておいて損はないポケモンでしょう。 ヌケニン ヌケニンの専用特性である『ふしぎなまもり』は効果抜群ではない攻撃を無効化するという強力な特性です。 ヌケニンで完封できるレイドというのは考えにくいですが、一般ポケモンなので用意も容易であり、育てておくといいと思います。 まとめ レイド用のポケモンとしては、ムゲンダイナが有名ですが、ウオノラゴンやニャイキングも用意しておくと、より効率的に周回することができます。 高難度のレイドバトルでは、ルナアーラやミュウツーの活躍が期待できるので、時間があるときにでも過去作を進めてみるといいかもしれません。

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

ポケモン剣盾はがね弱点

ナットレイで止まるポケモン多すぎ サイクルの王者ナットレイがまた対戦環境で流行っている模様です。 そんな私も前シーズンから使用させてもらっています。 今日はこのナットレイに対してものすごい思うことがあるので書いていこうと思います。 タイプによる耐性が優秀すぎる ナットレイの「くさ」「はがね」タイプは 弱点が4倍「ほのお」2倍「かくとう」のみ 耐性が半減「ノーマル」「みず」「いわ」「でんき」「エスパー」「いわ」「ドラゴン」「はがね」「フェアリー」 4分の1「くさ」無効「どく」 なんと弱点2つに対して、耐性が10個もあります。 少しやばいのがドラパルトやゲンガーのたたりめですが、まあそこも含めてケアしてあげてください。 とにかくほのお技を受けないように立ち回るのがナットレイを使用するにあたりとても大切なことです。 ほのおサブウエポン持ちに気を付けろ ほのおタイプはもう見た目でほのお技を打ちに来たとわかるので回避できますが、サブウエポンでほのお技を覚えるポケモンは見た目でわかり辛いのでしっかり把握しておきたいところです。 フェアリータイプやドラゴンタイプ フェアリータイプは今作でほとんどサブウエポンで炎技を覚えるようになりました。 フェアリータイプが苦手なはがねタイプへの打点として搭載している可能性が非常に高いです。 ドラゴンは火をはくと言うイメージ通り、ドラゴンタイプもほとんどが炎技を覚えます。 例えば「ドラパルト」も物理型だったら受けれますが、物理型でも「火炎放射」「大文字」が搭載されていることが多いので警戒した方が良いでしょう。 ほのおのパンチやほのおのキバ持ち 三色パンチや三色キバと呼ばれる、サブウエポン専用に作られたであろう物理技も沢山のポケモンが習得できます。 環境では「ホルード」「カビゴン」「シルヴァディ」「ドサイドン」など様々います。 とにかくドサイドンに後出ししてきたポケモンが炎技を覚えるか覚えないか把握しておかないと、一撃で落とされてしまうこともよくあるので気を付けてください。 かくとう技を使ってくるほとんどのポケモンが物理アタッカーと言う点と、4倍弱点ではないので「つるぎのまい」などの積み技を積まれない限り一撃では落ちないです。 ナットレイがかくとうタイプに対しての有効打がないので殴りあいで負けてしまう場合が多いです。 「てっぺき」などの防御アップする積み技を搭載していればなんとかなることが多いので、炎技ほど怖くないです。 ドリュウズやラプラスへの負けパターンはほぼ1撃技です。 一撃技を読んでダイマックスを打つ行動はあまり強くない場合が多いので、一発は一撃必殺技を確認してからダイマックスすることが多いです。 1発目の一撃技で落ちてしまったらもうかなりきついです。 ここら辺のギミック系ポケモンはもう気づいた時には遅いのですがハマったら諦めましょう。 かといって後続に引いてしまっても後手になってしまうので、ナットレイ相手に積み行動をされた場合、ナットレイをダイマックスさせて対応しなければいけないこともよくあります。 ナットレイの持ち物について 「食べのこし」 ナットレイの回復ソースは、やどりぎのタネのみなので「たべのこし」を持たせることでHP管理が非常に楽になります。 長く場に居座ることが多いナットレイには非常に相性がいいアイテムです。 「まもる」「やどりぎのタネ」を採用して耐久する型が一番多い型でしょう。 たべのこしの回復量と含めて体力が半分以下に削られている場合でも、受けることができるポケモン相手なら充分に相手ができる。 「オッカのみ」 炎技持ちにも絶対に1度は動けるナットレイ 最近実況者が動画で紹介して数が増えた「オッカのみ」型は、ほぼ確実に1撃で落とされてしまう炎技を1回耐えるので、炎技もちの前で一度は動けると言うのが大きいです。 主に「トゲキッス」や「ニンフィア」などのフェアリータイプの前でドヤ顔でジャイロボールを押せる点が1番の利点。 「たべのこし」持ちとは違い、受け性能が下がります。 体力が削られてしまっている場合は押し切られてしまう場合もあるし、せっかくオッカのみが発動しても炎技で倒されてしまうのでHP管理には気を使ってください。 ナットレイと同時選出すべきポケモン 炎技が受けれるポケモン ナットレイの弱点の炎技を受け出しできる炎、水、岩タイプのポケモン。 「ヒートロトム」「ドヒドイデ」「ギャラドス」「バンギラス」「ギガイアス」などのポケモンを同時選出しましょう。 かくとう技も同時にケアできるとなお良いです。 バンギラスやギガイアスなどはかくとう技が抜群なので相手の構築次第では一貫を作られてしまうので気を付けてください。 炎技もちに「やどりぎのタネ」を入れることができれば、受け出ししたポケモンにやどりぎの回復を入れることができるのでとっても良いです。 ナットレイでなんとかなるポケモン トップメタでは「ギャラドス」「水ロトム」はほぼ完璧に受けることができ、「ラプラス」「ドリュウズ」「カビゴン」「ミミッキュ」などにも型によっては相手ができます。 相手としては「ナットレイ」を倒せるポケモンを必ず選出しなければいけないので、選出を読みやすくナットレイを選出しなくてもナットレイは影で仕事をしてくれる仕事人です。

次の

【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論と弱点・対策まとめ【弱点保険型】

ポケモン剣盾はがね弱点

素早さが遅め 素早さの種族値61と速くないので、多くのポケモンから先手を受けやすい。 絶対に先手を取りたい場合は「こだわりスカーフ」や「りゅうのまい」などを活用しよう。 バンギラスの多い弱点を利用し、火力を底上げさせる型となっている。 優秀な耐久をダイマックスで更に強化 バンギラスは種族値が優秀で耐久力も高い。 ダイマックスすることによってHPを増やせるため、さらに高い耐久力を持つことが可能となった。 4倍弱点ではあるが耐久が高いため、サブウェポンでは倒せない場合が多い。 格闘タイプの一致技での撃破を狙うのがおすすめだ。 物理型が多いので火傷に弱い 基本的に物理型が多いため、攻撃力が半減する火傷状態になると強さを活かせない。 火傷状態を与える「ねっとう」「やけど」を活用し、バンギラスの攻撃力を下げてしまおう。 対策におすすめのポケモン ポケモン 概要 ルカリオ タイプ一致技で4倍弱点を狙える ダイマックス状態で低乱数1発 バンギラスのタイプ一致技が半減以下 ギルガルド インファイトで4倍弱点を狙える ダイマックス状態で2発 バンギラスのタイプ一致技が半減以下 ドヒドイデ 物理耐久が高い ねっとうで火傷を狙える 長期戦に強い バンギラスの与ダメージ計算 努力値が252で技を使った場合、相手のポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。 ストーンエッジ ポケモン 通常時 ダイマックス ギャラドス (HP:252、防御:252) 乱数1発 乱数2発 サザンドラ (HP:252) 2発 4発 ドラパルト (HP:252) 2発 乱数3発 ヌメルゴン (HP:252、防御:252) 乱数2発 乱数4発 かみくだく ポケモン 通常時 ダイマックス ミミッキュ (HP:252) 乱数2発 乱数4発 ドラパルト (HP:252) 乱数1発 乱数2発 サーナイト (HP:0) 2発 乱数3発 関連スレッド.

次の