ファフナー 6 号機。 蒼穹のファフナーEXODUS エグゾダス スロット新台(6号機)

蒼穹のファフナーEXODUS 6号機スロット新台 打ち方,スペック 導入日 ゲームフロー

ファフナー 6 号機

天井恩恵解析 【天井条件】 1. CZ失敗1~10回 【天井恩恵】 1. フェストゥム強襲 2. エグゾダスループ 3. そして、777Gに到達すると強制的にエグゾダスループに突入します! CZスルー天井に関しては1~10回のいずれかに振り分けられ、 天井到達時にはVバトル突入が確定となります。 なお、その時点の正確なハマリゲーム数は液晶に表示されているので、天井狙い稼働の際にはそちらで確認してください。 CZスルー天井に関しては、正確な失敗回数を把握できないと狙い目を決めるのが難しいです。 ただ、液晶ゲーム数上にある「ウルドのコア」の大きさや色でCZ失敗回数を示唆しており、 赤色になれば天井到達間近とのことなので、ウルドのコアが赤色なら狙ってみようと思っています。 実際にゾーン直前で放置されているようなシチュエーションはまずないでしょうし、ゾーン狙いはできないと思っておいた方がいいかもしれません。 やめどき 蒼穹のファフナー エグゾダスのやめどきは、 ボーナス・AT終了後の有利区間移行と高確に滞在していないことを確認してからやめということで。 ボーナス・AT終了後には液晶ゲーム数の部分が「CHANCE」と表示されていますが、「000」と表示されれば有利区間に移行したことになります。 また、有利区間移行時は高確スタート確定とのことなので、液晶演出を観察しながら状態転落の確認をしてからやめた方が良さそうです。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の

6号機 リセット判別 一覧|ENARE|note

ファフナー 6 号機

レア役無駄引きなし!毎G手に汗握るゲーム性! 今作はレア役のヒキがとても重要! 通常時はレア役で高確移行、CZ「フェストゥム襲来(強襲)」、ボーナス直撃を抽選を行いますが、主に弱レア役で高確移行とCZを抽選し、強レア役でボーナス直撃の抽選をしています。 内部状態が大当りの鍵を握っていて、実戦上、高確にさえ上げてしまえば高頻度でCZに当選したので小役のヒキが超重要! 「孟蘭盆祭りステージ」や「ウルドの泉ステージ」移行時は高確のチャンス。 また、有利区間移行時の1Gがとにかくアツい! リール左下にあるG数カウンターに1G目が表示されたタイミングでレア役を引ければ、ボーナス終了後のAT期待度がアップ! レア役を引いた場合は即ヤメ厳禁! ボーナス当選まで粘って良しの内部状態に移行する可能性があるので、G数カウンターリセット後は気合でレバーを叩くべし! 以上のように小役のヒキや内部状態などを意識しながら、パチスロ本来の楽しみが味わえるのも本機の魅力のひとつと言えます。 ヒキ弱やハマりも怖くない!救済機能の数々! 「そもそもレア役が引けないよ!」 そんなヒキ弱でもご安心ください。 『ファフナー』と言えば「ゾロ目G数」のゾーンですが、本作でもしっかり継承されています。 55G、111G、222G、333G、444G、555Gのゾロ目G数はCZ当選のチャンス! G数でのCZ当選はハマればハマるほど当選率アップの上、CZ複数獲得の期待度もアップします。 実戦上、最初に訪れる55Gのゾーンでも約50%でCZに当選したので、小役が引けなくてもチャンスは十分にあります。 G数でのCZ当選時も即ヤメは厳禁! しばらく様子見することをオススメします。 「CZが全然クリアできない…」 そんな方も安心の「CZ失敗回数天井」といった機能も搭載されています。 規定回数CZを失敗すると期待度約50%の「Vバトル」に当選! 失敗回数が規定回数に近づいているかはG数カウンター上部の「コア」に注目。 大きさや色が変化すれば規定回数が近い証!? 規定回数に到達していなくても、CZを失敗するほどボーナス当選時のAT期待度がアップするので、コアの大きさを見て立ち回るというのも有効かと思います。 前述した通り、ハマればハマるほどCZの当選率と複数当選に期待できるので、失敗回数天井と合わせてAT当選率が上昇する仕様となっています。 超強力な天井機能、「EXODUS LOOP」! 「ハマりが怖くないとはいえ、青天井はさすがに…」 ご安心ください。 本機の天井は2段階用意されていて、第1天井は555Gで発動! 555G到達時はボーナス期待度約87%のCZ「フェストゥム強襲」に当選しますので、比較的早くボーナス当選の大チャンスが訪れます。 しかし、本当の天井はこの後に存在します。 555G消化で当選する「フェストゥム強襲」でボーナス非当選だった場合、「EXODUSゾーン」に突入します。 その後、スペシャルAT「EXODUS LOOP」に必ず当選! EXODUS LOOPはセット数管理型のATで、セット数上乗せを含めた継続率は驚愕の約98%と超強力! 他にもメインAT「蒼穹作戦」中の特化ゾーンや、前作でもおなじみの役物を使ったV抽選など見どころ満載です! 基本的なシステムやゲームフローなどは解説動画で詳しく説明していますので、まだ見ていない方はぜひご視聴ください! この記事の関連情報 関連する機種•

次の

中古機相場.com

ファフナー 6 号機

パチンコ専門誌『グリーンべると』のweb版「WEB GreenBelt」によると、日本電動式遊技工業協同組合(以下、日電協)がパチンコ・パチスロ業界誌記者に向け「パチスロ6. 1号機」の概要を説明したと報じた。 18年の規則変更により施行されたパチスロ6号機の基準・解釈が変更されたことを受け、新しい基準である「6. 1号機」が登場することとなる。 5号機、5. 9号機とそれぞれ特徴が異なる仕様の機械だったが、同じ5号機のくくりでもその性能差は非常に大きいものであった。 これは通常、内規が変更されたために起こる、いわば「緩和」の要素が強いのだが、では今回6号機から緩和された内容とはどういったものであるのか、その詳細を紐解いていこう。 6号機時代に突入し、現在までその動向を観察してきた日電協が、パチスロ機における自主規制の見直しを行った項目は大きく3つある。 まずは「ペナルティ規制の緩和」で、6. 1号機からはペナルティを実行しても良いとなったのだ。 このペナルティ規制緩和の主な目的はベースを抑えることで、現在市場にある機械よりも約5~10Gほどベースを下げることができるようだ。 一見すると罰則というユーザーライクを否定するような機能にも思えるが、この障害が結局はみんな大好き出玉や射幸性に跳ね返るのである。 また、今回のペナルティは当該ゲームのみで発生させる運用になるようで、いわゆる「ペナ止め」のような嫌がらせや不利益をこうむることはないという。 次は「スタートレバー、ボタン等を使用した演出の緩和」。 これまでリールを回すためにスタートレバーを叩き、その時にしか演出を発生させることができなかったのだが、6. 1号機ではどのタイミングで叩こうが、スタートレバーを作動させることで演出を発生させることが可能となった。 要は、スタートレバーもボタンも本来の目的以外での使用を禁止されていたのであるが、この緩和により「リール回転中にレバーを叩いて上乗せ演出を発生させる」といったことができるのである。 また、これに関連し、疑似遊技も再び認められるようになった。 上記の説明とあわせ、演出の幅が大きく広がり、それぞれの特徴とマッチした多様なゲーム性の構築を期待できるだろう。

次の