ボルタレン。 ジクロフェナク

ボルタレンゲルとバンテリンの違いを教えてください。腰痛には どちらが良...

ボルタレン

ボルタレン25mg錠 ジクロフェナク(: Diclofenac)は、系の(NSAIDs)の1種である。 主に解熱、のために用いられる。 日本では、塩の ジクロフェナクナトリウム(: Diclofenac sodium)が商品名「 ボルタレン」(: Voltaren、)がとして販売され、いくつかのがとして製造されている ほか、数カ国では(OTC医薬品)として承認されている。 、などでもナトリウム塩が用いられているが、少数の国では塩である ジクロフェナクカリウム(: Diclofenac potassium)も用いられる。 ジクロフェナクの安全性はかなり証明されているが、を起こす可能性もある。 Diclofenacと言う名前は、2-(2-(2,6- dichloro phenylamino)phenyl) acetic acidから命名された。 作用機序 [ ] ジクロフェナクのは短いが、効果は6〜8時間と長く持続する。 これは(synovial fluid)の特定の場所のみが高濃度になることによるものである。 ジクロフェナクは、(COX)を阻害することによって合成を抑制するため、解熱・鎮痛効果があると考えられている。 しかし、のでも同様の作用がおこるため、によってを起こす可能性がある。 また、経路(lipooxygenase pathways)を阻害し、の合成を妨げている可能性がある。 さらに、 A 2 PLA 2 を阻害している可能性もあり、これらがジクロフェナクの高い効果の原因であるかもしれないと考えられている。 ジクロフェナクの効果はNSAIDsの中でも非常に強力である。 使用対象 [ ] 現在用いられている用途 [ ] ジクロフェナクは、、、、、などの鎮痛目的で使用される。 さらに、小規模から中規模な後や、、、、、を和らげるためにも使用される。 ジクロフェナクを長期間服用すると胃にダメージを与え、を引き起こす可能性がある。 これを避けるため、とジクロフェナクの併合剤(商品名「オルソテック」 Arthrotec)が使用されることもある。 手術時後の炎症症状、合併症防止のため点眼薬が使用される事がある。 調査中の用途 [ ] ジクロフェナクはによる慢性痛や炎症の抑制にも用いられる。 その結果、の骨転移の鎮痛に対して良好な効果があり、より優れていることがわかった。 ジクロフェナクはオピオイドと結合させることができる。 ジクロフェナクと(それぞれ50 mg)の併合剤は、商品名「コンバレン」 Combarenとしてヨーロッパで癌に対して用いられている。 であるとの組み合わせが、何人かの癌患者に対する試験で効果的であることがわかった。 悪性リンパの発熱はしばしばジクロフェナクに反応する。 やによって発熱が治まった場合はジクロフェナクの投与は中止される。 長期間に渡って少量ずつ投与される場合はの発症を抑える可能性がある。 そのため、大腸菌によるの治療に利用できる可能性がある。 禁忌・注意 [ ] 禁忌 [ ] 以下の場合は原則用いてはならない。 ただし、、の判断で使用される場合もある。 ジクロフェナクに対するアレルギーを持つ場合• 重篤な血液異常のある患者、重篤な高血圧のある患者• 、もしくはその他のに対するアレルギーを持つ場合。 鎮痛薬や解熱薬でを起こしたことのある者。 、もしくは胃腸障害がある場合。 重い、、後期。 (、など)がある場合。 腎機能が低下している場合。 トリアムテレンを投与中の患者• 小児の、やなどのウイルス性疾患。 との相互作用で重症化するメカニズムが解明された。 注意 [ ] 以下の場合は使用に際して注意が必要である。 肝臓患者• 大きな(など)がある場合 副作用 [ ] ジクロフェナクはよく用いられている薬であるが、いくつかがある。 、かゆみ、皮膚障害、不快感、腹痛、まれにや様症状、肝障害や腎障害などが報告されている。 また消化管出血、穿孔などを起こすこともあり、注意が必要。 また、胃潰瘍、の患者および既往症のある者に対しては、症状を悪化させる可能性があるため充分な注意を必要とする。 その他、劇症の報告や鬱血性も報告されている。 他の薬との飲み合わせに注意が必要。 (抗リウマチ薬)、系抗菌薬、(抗凝血薬)、、薬その他。 は、などへのを増幅するため、すること。 報告されている副作用 [ ] 一般的な副作用は次の通りである:吐き気、消化不良、・出血、増大、、ふらつき、塩および体液停留、。 まれな副作用は次の通りである:、、、、、、。 心臓 [ ] 2004年、選択的COX-2阻害剤によってが起こったため、ジクロフェナクを含む他のNSAIDsの薬剤も同様の副作用を疑われた。 2006年4月までの論文と報告を分析した結果、非投与者に比べて心臓病のリスクが1. 63倍になることが判明した。 しかし、このリスクより薬が持つ利益の方が大きいため、状況に応じて投与されている。 74,838人のNSAIDs、もしくはの投与を受けている患者を調査した結果、ジクロフェナクによる心臓病のリスクが上昇しないことが2006年5月に報告された。 2006年9月、(FDA)のメディカルオフィサーにより、ジクロフェナクがのリスクを上昇させると結論付けられた。 胃腸 [ ] ジクロフェナクは胃や腸に対してダメージを与え、を引き起こす恐れがある。 このような症状が現れた場合は即座に使用を中止しなければならない。 肝臓 [ ] に対する副作用がごくまれに起こる場合があるものの、通常は可逆的である。 が突然発症し、死亡する可能性もごくわずかにある。 長期間投与する場合は、肝機能の変化を調べ続けなければならない。 ただし、短期間しか使用しない場合はあまり影響しない。 腎臓 [ ] で、ジクロフェナクに曝露された動物の死体を食べたが、急性を起こして死亡した。 NSAIDsは、薬物に敏感なヒト・動物の腎臓におけるプロスタグランジン合成によって起こる腎臓への影響に関係している。 腎臓ではCOX-1とCOX-2の両方が存在するため、選択的COX-2阻害剤を使ってもこの影響が出てしまう。 そのため、薬物に敏感なヒトは選択的COX-2阻害剤を使う場合でも予防措置を取っておかなければならない。 その他 [ ] ごくまれにへの影響(減少、無症、減少、など)がある。 これらは発見が遅れれば、や命に関わる恐れがある。 これは副作用の腎不全によるものである。 ハゲワシは、獣医によってジクロフェナクが投与された家畜の死体を食べる。 家畜にはジクロフェナクが蓄積されているため、これを食べたハゲワシが死亡した。 2005年3月、インド政府はジクロフェナクを段階的に排除することを発表した。 は高価ではあるが、より安全な代用品として候補に挙がっている。 インド亜大陸で10年間に数千万羽のハゲワシが死亡したが、これは同時に人間の健康も脅かしていることを意味している。 ハゲワシの数が減少したことでの数が各地で増加した。 野犬はのキャリアであり、人間へも狂犬病を感染させるため危険視されている。 ハゲワシの数が大幅に減少したため、に指定されている。 なお、ではジクロフェナクの使用が禁止されたが、徐々にハゲワシの数が回復しつつある。 脚注 [ ] []• KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes• Mazumdar K, Dutta NK, Dastidar SG, Motohashi N, Shirataki Y 2006. In Vivo 20 5 : 613—9. Kearney P, Baigent C, Godwin J, Halls H, Emberson J, Patrono C 2006. Meta-analysis of randomised trials. 332 7553 : 1302-8. Arthritis Rheum 54 5 : 1378-89. Graham D 2006. 296 13 : 1653-6. J Pain Symptom Manage 23 4 Suppl : S15-20; discussion S21-3. Oaks JL, Gilbert M, Virani MZ, Watson RT, Meteyer CU, Rideout BA, Shivaprasad HL, Ahmed S, Chaudhry MJ, Arshad M, Mahmood S, Ali A, Khan AA 2004. Nature 427 6975 : 630-3. プレスリリース , Press Information Bureau, Government of India, 2005年5月16日 , 2006年5月12日閲覧。 PLoS Biol 4 3 : e66. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - による「ボルタレンEX」「ボルタレンAC」の公式サイト(日本国内での使用に限定された情報).

次の

ボルタレンゲルとバンテリンの違いを教えてください。腰痛には どちらが良...

ボルタレン

ボルタレン25mg錠 ジクロフェナク(: Diclofenac)は、系の(NSAIDs)の1種である。 主に解熱、のために用いられる。 日本では、塩の ジクロフェナクナトリウム(: Diclofenac sodium)が商品名「 ボルタレン」(: Voltaren、)がとして販売され、いくつかのがとして製造されている ほか、数カ国では(OTC医薬品)として承認されている。 、などでもナトリウム塩が用いられているが、少数の国では塩である ジクロフェナクカリウム(: Diclofenac potassium)も用いられる。 ジクロフェナクの安全性はかなり証明されているが、を起こす可能性もある。 Diclofenacと言う名前は、2-(2-(2,6- dichloro phenylamino)phenyl) acetic acidから命名された。 作用機序 [ ] ジクロフェナクのは短いが、効果は6〜8時間と長く持続する。 これは(synovial fluid)の特定の場所のみが高濃度になることによるものである。 ジクロフェナクは、(COX)を阻害することによって合成を抑制するため、解熱・鎮痛効果があると考えられている。 しかし、のでも同様の作用がおこるため、によってを起こす可能性がある。 また、経路(lipooxygenase pathways)を阻害し、の合成を妨げている可能性がある。 さらに、 A 2 PLA 2 を阻害している可能性もあり、これらがジクロフェナクの高い効果の原因であるかもしれないと考えられている。 ジクロフェナクの効果はNSAIDsの中でも非常に強力である。 使用対象 [ ] 現在用いられている用途 [ ] ジクロフェナクは、、、、、などの鎮痛目的で使用される。 さらに、小規模から中規模な後や、、、、、を和らげるためにも使用される。 ジクロフェナクを長期間服用すると胃にダメージを与え、を引き起こす可能性がある。 これを避けるため、とジクロフェナクの併合剤(商品名「オルソテック」 Arthrotec)が使用されることもある。 手術時後の炎症症状、合併症防止のため点眼薬が使用される事がある。 調査中の用途 [ ] ジクロフェナクはによる慢性痛や炎症の抑制にも用いられる。 その結果、の骨転移の鎮痛に対して良好な効果があり、より優れていることがわかった。 ジクロフェナクはオピオイドと結合させることができる。 ジクロフェナクと(それぞれ50 mg)の併合剤は、商品名「コンバレン」 Combarenとしてヨーロッパで癌に対して用いられている。 であるとの組み合わせが、何人かの癌患者に対する試験で効果的であることがわかった。 悪性リンパの発熱はしばしばジクロフェナクに反応する。 やによって発熱が治まった場合はジクロフェナクの投与は中止される。 長期間に渡って少量ずつ投与される場合はの発症を抑える可能性がある。 そのため、大腸菌によるの治療に利用できる可能性がある。 禁忌・注意 [ ] 禁忌 [ ] 以下の場合は原則用いてはならない。 ただし、、の判断で使用される場合もある。 ジクロフェナクに対するアレルギーを持つ場合• 重篤な血液異常のある患者、重篤な高血圧のある患者• 、もしくはその他のに対するアレルギーを持つ場合。 鎮痛薬や解熱薬でを起こしたことのある者。 、もしくは胃腸障害がある場合。 重い、、後期。 (、など)がある場合。 腎機能が低下している場合。 トリアムテレンを投与中の患者• 小児の、やなどのウイルス性疾患。 との相互作用で重症化するメカニズムが解明された。 注意 [ ] 以下の場合は使用に際して注意が必要である。 肝臓患者• 大きな(など)がある場合 副作用 [ ] ジクロフェナクはよく用いられている薬であるが、いくつかがある。 、かゆみ、皮膚障害、不快感、腹痛、まれにや様症状、肝障害や腎障害などが報告されている。 また消化管出血、穿孔などを起こすこともあり、注意が必要。 また、胃潰瘍、の患者および既往症のある者に対しては、症状を悪化させる可能性があるため充分な注意を必要とする。 その他、劇症の報告や鬱血性も報告されている。 他の薬との飲み合わせに注意が必要。 (抗リウマチ薬)、系抗菌薬、(抗凝血薬)、、薬その他。 は、などへのを増幅するため、すること。 報告されている副作用 [ ] 一般的な副作用は次の通りである:吐き気、消化不良、・出血、増大、、ふらつき、塩および体液停留、。 まれな副作用は次の通りである:、、、、、、。 心臓 [ ] 2004年、選択的COX-2阻害剤によってが起こったため、ジクロフェナクを含む他のNSAIDsの薬剤も同様の副作用を疑われた。 2006年4月までの論文と報告を分析した結果、非投与者に比べて心臓病のリスクが1. 63倍になることが判明した。 しかし、このリスクより薬が持つ利益の方が大きいため、状況に応じて投与されている。 74,838人のNSAIDs、もしくはの投与を受けている患者を調査した結果、ジクロフェナクによる心臓病のリスクが上昇しないことが2006年5月に報告された。 2006年9月、(FDA)のメディカルオフィサーにより、ジクロフェナクがのリスクを上昇させると結論付けられた。 胃腸 [ ] ジクロフェナクは胃や腸に対してダメージを与え、を引き起こす恐れがある。 このような症状が現れた場合は即座に使用を中止しなければならない。 肝臓 [ ] に対する副作用がごくまれに起こる場合があるものの、通常は可逆的である。 が突然発症し、死亡する可能性もごくわずかにある。 長期間投与する場合は、肝機能の変化を調べ続けなければならない。 ただし、短期間しか使用しない場合はあまり影響しない。 腎臓 [ ] で、ジクロフェナクに曝露された動物の死体を食べたが、急性を起こして死亡した。 NSAIDsは、薬物に敏感なヒト・動物の腎臓におけるプロスタグランジン合成によって起こる腎臓への影響に関係している。 腎臓ではCOX-1とCOX-2の両方が存在するため、選択的COX-2阻害剤を使ってもこの影響が出てしまう。 そのため、薬物に敏感なヒトは選択的COX-2阻害剤を使う場合でも予防措置を取っておかなければならない。 その他 [ ] ごくまれにへの影響(減少、無症、減少、など)がある。 これらは発見が遅れれば、や命に関わる恐れがある。 これは副作用の腎不全によるものである。 ハゲワシは、獣医によってジクロフェナクが投与された家畜の死体を食べる。 家畜にはジクロフェナクが蓄積されているため、これを食べたハゲワシが死亡した。 2005年3月、インド政府はジクロフェナクを段階的に排除することを発表した。 は高価ではあるが、より安全な代用品として候補に挙がっている。 インド亜大陸で10年間に数千万羽のハゲワシが死亡したが、これは同時に人間の健康も脅かしていることを意味している。 ハゲワシの数が減少したことでの数が各地で増加した。 野犬はのキャリアであり、人間へも狂犬病を感染させるため危険視されている。 ハゲワシの数が大幅に減少したため、に指定されている。 なお、ではジクロフェナクの使用が禁止されたが、徐々にハゲワシの数が回復しつつある。 脚注 [ ] []• KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes• Mazumdar K, Dutta NK, Dastidar SG, Motohashi N, Shirataki Y 2006. In Vivo 20 5 : 613—9. Kearney P, Baigent C, Godwin J, Halls H, Emberson J, Patrono C 2006. Meta-analysis of randomised trials. 332 7553 : 1302-8. Arthritis Rheum 54 5 : 1378-89. Graham D 2006. 296 13 : 1653-6. J Pain Symptom Manage 23 4 Suppl : S15-20; discussion S21-3. Oaks JL, Gilbert M, Virani MZ, Watson RT, Meteyer CU, Rideout BA, Shivaprasad HL, Ahmed S, Chaudhry MJ, Arshad M, Mahmood S, Ali A, Khan AA 2004. Nature 427 6975 : 630-3. プレスリリース , Press Information Bureau, Government of India, 2005年5月16日 , 2006年5月12日閲覧。 PLoS Biol 4 3 : e66. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - による「ボルタレンEX」「ボルタレンAC」の公式サイト(日本国内での使用に限定された情報).

次の

ボルタレンEXテープ

ボルタレン

1.ボルタレンの特徴 まずはボルタレンの特徴を紹介します。 ボルタレンは、とても強力な解熱(熱さまし)・鎮痛(痛み止め)作用を持ちます。 頼れるお薬ですがその分副作用も生じやすいお薬になります。 ボルタレンはNSAIDsに属します。 NSAIDsとは「非ステロイド性消炎鎮痛剤」の事で、ステロイド作用を持たない炎症を抑えるお薬の事です。 炎症が抑えられると熱を下げたり、痛みを抑えたりといった効果が期待できるため、臨床では主に熱さまし(解熱剤)・痛み止め(鎮痛剤)として用いられています。 ボルタレンの最大の特徴は、その強力な作用にあります。 NSAIDsに属するお薬はたくさんありますが、その中でもボルタレンの効果は最強だと言っても良いでしょう。 もちろんお薬の効きには個人差がありますので誰にとっても最強の解熱鎮痛剤となるわけではありませんが、一般的にはNSAIDsの中でトップクラスの解熱鎮痛作用を持ちます。 またボルタレンは即効性にもある程度優れます。 発熱や痛みはつらい症状であるため、解熱・鎮痛作用は出来るだけすぐに欲しいものです。 ボルタレンは服用後30分以内に効果が発現する事が確認されており、即効性としても十分に頼れるお薬です。 しかし作用が強力であるという事は副作用も強力だという事になります。 特にNSAIDsでしばしば問題となる胃腸障害(胃炎・胃潰瘍など)が発生するリスクはNSAIDsの中でも高く、長期間使用するのにはあまり向かないお薬になります。 以上からボルタレンの特徴として次のような点が挙げられます。 【ボルタレンの特徴】 ・解熱・鎮痛作用は非常に強力 ・即効性にもまずまず優れる ・作用が強力な分、副作用も強い スポンサーリンク 2.ボルタレンはどのような疾患に用いるのか ボルタレンはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 添付文書には、次のように記載されています。 そのため用いる疾患は、発熱を来すようなもの、痛みを来すようなものになります。 難しい病名が書かれていますが、大きな認識としては「痛みや熱などが認められる疾患に対して、その症状の緩和に用いる」という認識で良いでしょう。 各種疾患に対するボルタレンの総合的な有効率は、73. 具体的には、• 関節リウマチに対する有効率は45. 変形性関節症に対する有効率は62. 変形性脊椎症に対する有効率は63. 腰痛症に対する有効率は73. 腱鞘炎に対する有効率は76. 頸肩腕症候群に対する有効率は65. 神経痛に対する有効率は72. 後陣痛に対する有効率は91. 骨盤内炎症に対する有効率は78. 月経困難症に対する有効率は81. 膀胱炎に対する有効率は86. 前眼部炎症に対する有効率は81. 手術後の疼痛・炎症に対する有効率は82. 抜歯後の疼痛・炎症に対する有効率は87. かぜ症候群に対する有効率は65. 咽喉頭炎に対する有効率は68. ボルタレンを始めとするNSAIDsを使用する際は、これらは根本を治す治療ではなくあくまでも対症療法に過ぎないことを忘れてはいけません。 対症療法とは「症状だけを抑えている治療法」の事です。 あくまでも表面的な症状を感じにくくさせているだけの治療法で根本を治している治療ではない事を忘れてはいけません。 例えば急性上気道炎(いわゆる風邪)の発熱・痛みに対してボルタレンを投与すれば、確かに熱は下がるし、痛みも軽減します。 しかしこれは風邪の原因であるウイルスをやっつけているわけではなく、あくまでも発熱や発痛を起こしにくくしているだけに過ぎません。 対症療法が悪い治療法だということはありませんが、対症療法だけで終わってしまうのは良い治療とは言えません。 対症療法に加えて、根本を治すような治療も併用することが大切です。 例えば先ほどの急性上気道炎であれば、ボルタレンを使用しつつも、• 栄養をしっかり取る• 十分に休養する• マスクで感染予防する など、ウイルスをやっつけるための治療法も併せて行う必要があります。 3.ボルタレンにはどのような作用があるのか ボルタレンは「非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)」という種類に属しますが、NSAIDsの作用は、消炎(炎症を抑える)事によって解熱(熱を下げる)と鎮痛(痛みを抑える)ことになります。 ボルタレンも他のNSAIDsと同様に中枢性の鎮痛作用と末梢性の消炎作用を有しています。 その作用機序について説明します。 炎症とは、• 発赤 (赤くなる)• 熱感 (熱くなる)• 腫脹(腫れる)• 疼痛(痛みを感じる) の4つの徴候を生じる状態のことで、感染したり受傷したりすることで生じます。 またアレルギーで生じることもあります。 みなさんも身体をぶつけたり、ばい菌に感染したりして、身体がこのような状態になったことがあると思います。 これが炎症です。 ボルタレンは炎症の原因が何であれ、炎症そのものを抑える作用を持ちます。 つまり、発赤・熱感・腫脹・疼痛を和らげてくれるという事です。 具体的にどのように作用するのかというと、ボルタレンなどのNSAIDsはシクロオキシゲナーゼ COX という物質のはたらきをブロックするはたらきがあります。 COXは、プロスタグランジン PG が作られる時に必要な物質であるため、COXがブロックされるとプロスタグランジンが作られにくくなります。 プロスタグランジンは炎症や痛み、発熱を誘発する物質です。 そのため、ボルタレンがCOXをブロックすると炎症や痛み、発熱が生じにくくなるというわけです。 ボルタレンはCOXをブロックする作用が強力であり、そのために強い解熱・鎮痛作用を有しています。 ちなみにCOXには、COX1とCOX2があります(正確に言えばCOX3もあります)。 このうち、主に炎症に関わっているのはCOX2であるため、COX2を集中的に抑える事ができると副作用少なく炎症だけを抑えることができます。 しかしボルタレンはCOX1もCOX2も非選択的に抑えてしまうため、強力な作用が得られる反面、副作用も少なくないのです。 スポンサーリンク 4.ボルタレンの副作用 ボルタレンにはどんな副作用があるのでしょうか。 またどの頻度はどのくらいなのでしょうか。 ボルタレンの副作用発生率は10. 同種のNSAIDsの中でも副作用は多めであり、服用の際には注意が必要です。 生じうる副作用としては、• 消化器症状 胃部不快感など)• 発疹 などが報告されています。 ボルタレンをはじめとしたNSAIDsでもっとも注意すべきなのが「胃腸系の副作用」です。 これはNSAIDsがプロスタグランジンの生成を抑制するために生じます。 プロスタグランジンは炎症を起こす作用とは別に、実は胃粘膜を保護するはたらきを持っています。 NSAIDsによってこれが抑制されると胃腸が荒れやすくなってしまうのです。 胃痛や悪心などをはじめ、ひどい場合は胃炎や胃潰瘍・大腸炎などになってしまうこともあります。 このため、NSAIDsは漫然と長期間使用し続けないことが推奨されています。 またボルタレンは調査によって• 男性(5. 年齢が上がるほど副作用が生じやすくなる ことが明らかになっています。 これらに該当する方はとりわけ副作用に注意しなければいけません。 重篤な副作用としては、• ショック、アナフィラキシー• 出血性ショック又は穿孔を伴う消化管潰瘍• 消化管の狭窄・閉塞• 再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少• 中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)• 紅皮症(剥脱性皮膚炎)• 急性腎不全(間質性腎炎、腎乳頭壊死等)、ネフローゼ症候群• 重症喘息発作(アスピリン喘息)• 間質性肺炎• うっ血性心不全、心筋梗塞• 無菌性髄膜炎• 重篤な肝障害(劇症肝炎、広範な肝壊死等)• 急性脳症• 横紋筋融解症• 脳血管障害 が報告されています。 これらは頻度は稀ではあるものの、絶対に生じないわけではありません。 特に使用が長期に渡る場合はとりわけ注意が必要です。 またボルタレンは次のような患者さんには投与する事が出来ません(禁忌)。 消化性潰瘍のある方(胃潰瘍・十二指腸潰瘍などをより悪化させる)• 重篤な血液の異常のある方(血液異常を更に悪化させる)• 重篤な肝障害のある方(肝障害をより悪化させる)• 重篤な腎障害のある方(腎障害をより悪化させる)• 重篤な高血圧症の方(浮腫や血圧上昇を更に悪化させる)• 重篤な心機能不全のある方(心臓の仕事量を増やし心不全を更に悪化させる)• ボルタレンに対して過敏症の既往歴のある方• アスピリン喘息またはその既往歴のある方(喘息発作を誘発する)• インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症の方(死亡率が他のNSAIDsと比べて高い)• 妊娠末期の女性(胎児の動脈管を収縮させてしまう可能性がある)• トリレテンを投与中の方(併用で急性腎不全が現れる事がある) また、NSAIDsは喘息を誘発する危険があるため、できる限り喘息の患者さんには投与しない方が良いでしょう。 5.ボルタレンの用法・用量と剤形 ボルタレンは次の剤型が発売されています。 ボルタレン錠 25mg これ以外にも、• ボルタレンSRカプセル(ゆっくり長く効くように工夫された剤型)• ボルタレンサポ(肛門から挿入する坐薬)• ボルタレンテープ(湿布) といった剤型もあります。 また、ボルタレンの使い方は適応疾患によって異なります。 また、頓用する場合には25~50mgとする。 なお、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 となっています。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として1日2回までとし、1日最大100mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 とされています。 いずれも空腹時の投与は避けるよう推奨されています。 これは空腹時に服用すると特に胃腸に負担がかかりやすく、胃腸系の副作用が生じやすくなってしまうためです。 6.ボルタレンが向いている人は? ボルタレンはどのような方に向いているお薬なのでしょうか。 ボルタレンの特徴をおさらいすると、 ・解熱・鎮痛作用は非常に強力 ・即効性にもまずまず優れる ・作用が強力な分、副作用も強い といった特徴がありました。 基本的にNSAIDsは、どれも大きな差はないため、処方する医師が使い慣れているものを処方されることも多々あります。 ボルタレンのメリットは、解熱(熱さまし)・鎮痛(痛み止め)の作用が強力である事に尽きます。 一方でデメリットは、効果が強力な分、副作用も多いという点です。 ここから、他のNSAIDsで効果不十分な時に、ややリスクを取りつつも使うお薬になるでしょう。 非常に頼れるお薬ではありますが、軽度の発熱や弱い痛みに対して最初から用いるべきお薬ではありません。 他のお薬を使ったけども十分な効果が得られない、でも解熱・鎮痛をする必要がある、といった際に検討されるお薬になります。 また副作用のリスクを減らすため、使用は必要最小限にとどめ、漫然と長期間・大量に服用しないように注意が必要なお薬になります。 カテゴリー• 247•

次の