プロ 野球 戦力 外。 プロ野球戦力外 通告クビを宣告された男たち|TBSテレビ

24歳でプロ野球をクビになった男が説く転身術

プロ 野球 戦力 外

出来高払いの契約をしている選手は、今後球団と個別に話し合う。 3の係数を乗じることで合意。 FAの資格条件はシーズン中に145日登録されていれば1年とカウントされる。 しかし、今季は120試合に短縮され、例年であれば約190日ある登録対象期間が今季は約140日にしかならないため、選手会が緩和策を求めていた。 今季の実数を1. 3倍すると、例年とほぼ同水準になる。 NPB通算596試合で打率2割6分2厘、106本塁打、345打点。 年俸2億円。 ドミニカ共和国出身。 今季28試合に登板し、17勝5敗、防御率2・62。 2年契約で、1年目の推定年俸は約3億4000万円。 背番号20。 ブラジル出身で188センチ、95キロの体格。 最速167キロ。 同年オフにホワイトソックスへ移籍。 5月からはナショナルズに移籍し89試合に出場し8本塁打、42打点でプレーオフ進出に貢献。 背番号024。 ドミニカ共和国出身。 93年12月30日生まれ。 25歳。 右投げ右打ち。 190センチ、81キロ。 背番号026。 ドミニカ共和国出身。 99年5月27日生まれ。 20歳。 右投げ右打ち。 183センチ、79キロ。 年俸420万円。 年俸460万円。 ドミニカ共和国出身で、レンジャーズ、ジャイアンツの傘下1Aなどでプレー。 身長196センチ。 今季はインディアンス3Aで25試合に登板、10勝6敗、防御率3・98。 昨年7月、伊藤光らとのトレードでDeNAからオリックスへ移籍。 今オフに戦力外通告。 長身から投げ下ろす150キロ超の直球とカーブ、スプリットを誇る本格派。 メジャー通算49試合はすべて救援で2勝0敗、防御率3・67の成績。 今季、韓国リーグで139試合に出場し、打率・305、28本塁打、113打点を記録した右打ちの強打者。 メジャーでは通算156試合で10本塁打ながら、マイナー通算180本塁打。 今季は先発で6試合登板するなど実働3年で78試合に登板。 1年契約で年俸8000万円。 マイナー通算は172試合で45勝39敗、防御率3・59。 1年契約で年俸約5500万円。 193センチ、122キロの巨漢で、メジャー通算92本塁打。 今季は大谷翔平のチームメートだった。 メジャー通算559試合に出場し、打率2割5分3厘、92本塁打、303打点。 今季2軍戦21試合登板で6勝3敗、防御率3・02はリーグ1位。 通算294試合100勝77敗、防御率3・72。 年俸は1500万円。 キューバ生まれで、プレミア12にもキューバ代表として出場。 184センチから150キロ台の直球とスライダーが武器。 ドミニカウインターリーグでプレー。 150キロ超の速球が武器の左腕。 メジャー経験無し。 背番号211、年俸は2500万円。 メキシコでプレー。 育成選手として契約。 最速155キロ。 19年に米大リーグ・マイナー通算248試合に登板し、40勝36敗、防御率3・86。 メジャー通算成績は通算35試合登板で1勝2敗、防御率4・88。 契約金約1650万円、年俸約6050万円プラス出来高。 ベネズエラ出身。 メジャー通算302試合出場で、打率2割5分7厘、17本塁打、82打点。 契約金3025万円、年俸6600万円プラス出来高。 190センチの大型右腕で大リーグ通算6勝6敗、防御率4・88。 150キロ前後の直球にカットボール、チェンジアップ、カーブを操り、今季はダ軍で9試合に登板し、0勝0敗、防御率9・15。 背番号25。 今季メジャーで36試合に登板。 1勝10敗、防御率5・61。 1年契約で、年俸は8800万円。 ベネズエラ出身、メジャー通算1437試合に出場し、打率2割5分8厘。 ロイヤルズ時代の14年には青木とともにプレー。 2年契約で年俸総額5000万円。 年俸600万円、背番号69。 東京・聖徳学園から16年育成ドラフト2位でソフトバンク入り。 今季は2試合に登板。 右投げ右打ちの米国人投手。 マイナーでリリーフとして活躍。 マイナー通算で、264試合に登板して18勝20敗15セーブ、防御率3・78。 背番号は52。 ドミニカ共和国出身で右投げ右打ち。 マイナー通算174本塁打。 背番号42。 2年総額で約8億8000万円プラス出来高2億2000万円。 背番号は10。 ダイヤモンドバックス移籍1年目の今季は137試合で打率2割6分、11年連続の2桁となる16本塁打、67打点をマーク。 08年に移籍したオリオールズでオールスター戦に5度選出されるなど球団の顔として活躍。 12年ドラフト4巡目指名でタイガースに入団。 身長198センチの長身、メジャー通算127試合に登板し、10勝10敗、防御率は5・11。 今季は73試合に出場し、8本塁打、打率2割2分3厘。 年俸2億2000万円から1億4000万円減の8000万円プラス出来高で合意。 1年契約で年俸5000万円。 デトロイト・タイガースでメジャーデビュー。 150キロ半ばの直球を武器にする右投げ右打ちのリリーフ型右腕。 1年契約で年俸3000万円。 背番号16。 名城大から10年ドラフト4位で中日入り。 14年オフに戦力外、トライアウトを経て15年に阪神入り。 今季のトライアウトにも参加。 メジャー通算8試合に登板している29歳の左腕。 193センチの大型左腕。 メジャー通算419試合出場を誇る。 専修大学を経て2015年にヤマハ入社。 2016年ドラフト4位で巨人に入団。 これまでの通算成績は62試合で1勝3敗、防御率3・86。 年俸1450万円。 背番号は99。 昨年まで3シーズンで通算303試合に出場、302安打(打率2割6分8厘)、69本塁打、192打点。 昨年は60試合で4番を務めるなど主軸として活躍したが、シーズン後には残留交渉がまとまらず、自由契約。 メジャー通算成績は、85試合に登板して4勝5敗、防御率4・58。 涌井は最多勝を3度獲得、通算133勝をしており、年俸は今季推定で2億円。 4年総額7億円以上。 国内FA移籍した鈴木大地内野手(30=ロッテから楽天へ移籍)、美馬学投手投手(33=楽天からロッテへ移籍)の人的補償として、ロッテは楽天から小野郁投手(23)を、楽天はロッテから酒居知史投手(26)を獲得。 背番号22。 背番号は130。 ドミニカ共和国出身。 188センチ、108キロの大型右腕。 1メートル93、100キロ。 広島での日本通算成績は3年間で175試合に登板し、10勝8敗2セーブ、92ホールド、防御率2・10。 今季はブルワーズでプレー。 4年4億8000万円プラス出来高。 背番号7。 出来高を含め3年5億円。 背番号15。 国内FA移籍した鈴木大地内野手(30=ロッテから楽天へ移籍)、美馬学投手投手(33=楽天からロッテへ移籍)の人的補償として、ロッテは楽天から小野郁投手(23)を、楽天はロッテから酒居知史投手(26)を獲得。 背番号は「00」。

次の

【日本ハム】宮台康平 戦力外になる?今年1軍、2軍登板なしで確実?退団後はどこに就職する?

プロ 野球 戦力 外

プロ野球戦力外・引退情報2002 プロ野球戦力外・引退・退団情報2002 公式に発表された情報に限ります。 チーム 日付 選手名 去就 G 09. 03 南真一郎 10. 03 真木将樹 10. 03 小野剛 イタリアパルマ 10. 03 安原政俊 引退 10. 03 田中健太郎 米国マイナー 10. 04 クレスポ レッズ 10. 10 武田一浩 引退 10. 10 趙成ミン 10. 14 鄭ミン台 韓国現代 10. 22 ワズディン パイレーツ 11. 12 アルモンテ? 松井秀喜 ヤンキース S 10. 01 池山隆寛 引退 10. 02 入来智 韓国ロッテジャイアンツ 10. 02 島田直也 大阪近鉄 10. 02 丹波幹雄 引退 10. 02 青柳進 引退 10. 24 高橋一正 アマ復帰 日立製作所 10. 24 リーゴ アマ復帰 ミキハウス 10. 24 代田建紀 千葉ロッテ 11. 11 ペタジーニ 読売? ニューマン 広島 D 09. 25 ブレッド 09. 25 呂建剛 中国天津 09. 25 曹竣揚 台湾統一獅子 09. 26 川添将大 引退 09. 26 辻田摂 10. 01 ゴメス 10. 10 久慈照嘉 阪神 11. 02 バンチ T 09. 09 星野伸之 引退 09. 26 伊藤敦規 引退 09. 26 遠山奨志 引退 09. 26 成本年秀 ヤクルト 09. 26 弓長起浩 引退 09. 26 西川慎一 広島 09. 26 川俣ヒロアキ 引退 10. 01 横田久則 引退 10. 11 ハンセル 10. 11 カーライル 10. 11 ホワイト 10. 14 舩木聖士 千葉ロッテ 10. 14 根本隆輝 引退 10. 14 吉田浩 アマ復帰 住金鹿島 10. 18 面出哲志 引退 10. 31 バルデス 中日 11. 部坂俊之 台湾中信鯨? 30 ロペス 09. 25 遠藤竜志 引退 09. 25 長崎元 引退 09. 27 スタニファー 10. 01 ベルトラン 10. 15 ディアス 11. 15 シュールストロム? マテオ YB 07. 30 ターマン 09. 17 ヤング タイガース マイナー 09. 25 光山英和 韓国ロッテジャイアンツ 10. 08 神田大介 10. 08 関屋智義 福岡ダイエー 10. 08 鈴木寛樹 10. 08 吉田好太 10. 08 井上純 千葉ロッテ 10. 16 グラン パイレーツ マイナー 11. 05 バワーズ 韓国現代ユニコーンズ 11. 28 ロドリゲス 韓国ロッテジャイアンツ L 10. 22 佐藤秀樹 ヤクルト 10. xx 原井和也 千葉ロッテ 11. 07 鈴木健 ヤクルト 11. 15 エバンス? 安藤正則 Bu 08. 25 ウィルソン ヤンキース マイナー 09. 20 盛田幸妃 引退 09. 22 ジョンソン 09. 25 バーグマン 09. 02 石毛博史 阪神 10. 23 奈良将史 引退 10. 23 市原圭 引退 H 08. 26 秋山幸二 引退 09. 16 ラジオ 09. 16 ペドラザ 読売 10. 01 鈴木平 引退 10. 01 土井雅弘 オリックス 10. 01 日笠雅人 10. 01 養父鉄 ホワイトソックス マイナー 10. 01 大野倫 引退 10. 01 森山一人 引退 11. 02 野々垣武 11. 02 広田庄司 引退 12. 02 笹川隆 台湾中信鯨 12. 02 バークハート 12. 02 カスティーヨ M 09. 26 ボーリック 09. 02 早川健一郎 阪神 10. 02 礒恒之 アマ復帰 住金鹿島 10. 02 信原拓人 10. 22 竹清剛治 10. 22 後藤利幸 10. 09 柴田佳主也 阪神 10. 09 今井圭吾 10. 09 原田政彦 10. 09 藤崎大輔 引退 10. 09 田中聡 阪神 10. 09 山地隆 引退 10. 09 村西辰彦 11. 02 オバンドー 12. 20 フリューリー BW 09. 21 セギノール 09. 01 田村勤 10. 01 新井潔 引退 10. 07 ヤーナル 10. 09 庄司大介 11. 22 余文彬 このページの著作権はKATO kato star. email. jp に帰属します。 無断転載を禁じます。 リンクはご自由にどうぞ。 リンクの際にで連絡をいただけると幸いです。

次の

プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達

プロ 野球 戦力 外

概要 [ ] その年に在籍していたプロ野球()のチームからを受け、崖っぷちに立たされた達に密着する。 崖っぷちの中で苦悩し、再起に向け奮闘する選手とそれを支える家族たちの姿が描き出される。 での詳しい成績、トライアウトの合否結果、引退するか手を挙げてくれる球団を探し続けるかという選手の決断まで紹介される。 かつて放送されていた『』や、ZONEの後継番組で現在も放送されている『』 と全くの同コンセプト。 番組のナレーションも同じくが担当している(2004年のみがナレーションを担当)。 放映リスト [ ] 2013年以降は『』の後枠での放送で定着している。 回数 年度 放送日 放送時間 第1回 2004年 16:00 - 17:00 第2回 2005年 23:25 - 翌0:29 第3回 2006年 (5日深夜) 0:00 - 0:53 第4回 2007年 2007年 23:59 - 翌0:52 第5回 2008年 12月30日 23:57 - 翌0:51 第6回 2009年 22:15 - 23:23 第7回 2010年 23:30 - 翌0:45 第8回 2011年 12月28日 23:25 - 翌0:48 第9回 2012年 21:00 - 22:54 第10回 2013年 12月30日 22:00 - 23:45 第11回 2014年 12月30日 22:00 - 23:39 第12回 2015年 12月30日 22:00 - 23:45 第13回 2016年 12月30日 第14回 2017年 12月30日 第15回 2018年 12月30日 23:00 - 翌0:30 第16回 2019年 12月30日 22:00 - 23:30 過去に取材を受けた選手 [ ] 動向は各年の番組取材時点のもので、放送前に明らかになっている場合および放送後に判明した場合も含む。 年度 名前 前所属 動向 2004年 引退 引退 巨人 巨人 2005年 巨人 引退 引退 引退 2006年 日本ハム(再契約) ソフトバンク () 横浜 () 巨人 2007年 巨人 巨人 西武 西武 引退 2008年 巨人 (社会人野球) 阪神 興農ブルズ(台湾) 横浜 引退 2009年 阪神 ロッテ ソフトバンク ロッテ () ロッテ オリックス 引退 2010年 ソフトバンク 引退 ソフトバンク 引退 ソフトバンク 西武 2011年 阪神 () ヤクルト (格闘家) 翌年のトライアウトに向けて練習 ソフトバンク (独立リーグ) 2012年 ヤクルト 引退 楽天 引退 ロッテ オリックス 楽天 巨人 (社会人野球) ロッテ 古木克明 (無所属) 海外でのプレーを模索 2013年 巨人 引退(ののコーチに就任) ロッテ 引退 DeNA 富山サンダーバーズ(独立リーグ) DeNA ソフトバンク(育成契約) 2014年 オリックス 中日 巨人 (社会人野球) DeNA 楽天 2015年 ロッテ (社会人野球) ロッテ (独立リーグ)を経てとマイナー契約 オリックス 引退(野球部監督) 2016年 ロッテ 引退 中日 引退(中日打撃投手) 2017年 巨人 深谷組硬式野球部(社会人野球) 巨人 日本ハム(かつて所属していた球団への復帰) 楽天 武蔵ヒートベアーズ(独立リーグ) 2018年 ソフトバンク 引退 ヤクルト 引退(阪神打撃投手) (独立リーグ) NPB球団からのオファーはなく、福井ミラクルエレファンツに残留 2019年 中日 引退 巨人 引退 (独立リーグ) NPB球団からのオファーはなく、栃木ゴールデンブレーブスに残留 『俺たちはプロ野球選手だった』 [ ] 2007年 [ ] 『波瀾万丈ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』 2007年9月13日 木 にTBS系で(22:00〜22:54)に放映されたドキュメンタリー番組。 制作であり、番組のナレーションもが担当した。 主にかつて『 プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』やでスポットライトを当てた元プロ野球選手たちの後日談であったが、番組の目玉は引退後の消息が語られることが少なかったとの現状紹介とインタビューと言える。 特にの栄光からの転落人生とその後の再生を支えた20年に及んだ現夫人との関係は再現VTRを交えて紹介された。 このようにゴールデンタイムという放送枠で野球ファン以外の視聴者も視野に入れての演出も見られた。 (の屋で修行後、2008年4月にうどん店を開業)• (野球関連の仕事を探してマスコミで就職活動後、野球解説者として活動開始。 その後、日本ハム投手コーチに就任)• (永住権を取得したアメリカでうどん屋を共同経営しつつ読書とバイクに勤しむ悠々自適の生活を営んでいたが、に死去)• (引退後のどん底生活の時に高校時代の恋人に再会して再婚。 一人娘も生まれ幸せな家庭を築く。 宮崎県都城市にて義兄が経営する仕出弁当屋に勤務)• (選手としての復帰を断念し引退、の育成担当に就任)• (お笑いの舞台に立つもお笑い芸人にはなりきれず… )• (工藤公康投手の根回しで単身アメリカに渡るがメジャーテストでは不合格、米独立リーグを経てBCリーグで奮闘。 NPB復帰を目指し2009年に、と共にロッテの入団テストを受けるも不採用) 2009年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』 2009年12月30日 水 23:30〜24:24にTBS系で第二弾『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』()が放映された。 この年は年末恒例の『 プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』の番組最後(昼間に放送された過去の番組を編集して構成された前宣伝番組内でも告知された)に告知されて一週間後に放映されるというスタイルをとった。 番組の目玉は現役時代人気選手だったとでの「巨人はロッテより弱い」という言葉で一躍有名になったの再現VTRや関係者の証言を交えたエピソード紹介に大半が割かれ、残りの三人は申し訳程度に紹介されただけだった。 特にとはエンディングロールが流れる中での現状紹介を急ぎで触れた程度だった。 尚、加藤哲郎についての放送の際、当時のチームメイトより、、対戦相手の巨人側より、のインタビューも放送された。 また、香川伸行に関してものインタビューが放送された。 (2度の離婚、末期の腎不全という生命の危機を乗り越え、健康器具販売「ハートケアライフ」の営業職として働いて家族5人を支える。 2014年に心筋梗塞により死去)• (プロ野球解説者の職も舌禍事件で失う、その後は焼肉店店長兼同じ系列のゴルフ場レストランアドバイザー)• (経営していた子供服店が不況で閉店後、エステティシャンの妻に支えられ、幼稚園児を対象にした野球教室開設準備中)• (格闘家を目指して修行中)• 條辺剛(先述の通り、うどん店「讃岐うどん 條辺」を埼玉県ふじみ野市に開店。 順調に営業中) 2011年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』 2011年3月24日 木 22:00〜23:24にTBS系で第三弾『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』()が放映された。 (一時、俳優として活動も、野球選手という呪縛からは逃れられず)• (トラック運転手として働きながら夜は母校・東洋大学で教員免許取得に向け勉強中)• (携帯電話販売の営業マンとして働く)• (小脳梗塞を患い平衡感覚が麻痺するも、独立リーグ球団総監督として後進の指導に当たる)• 香川伸行(先述の体調不良の影響で自宅のローンが返せず、自己破産)• (IT関連企業の役員)• (ビールのトラック運転手として働く傍ら、野球教室を開く)• (最愛の妻の死、独立リーグ球団からの解雇を乗り越え、農業を始める)• 條辺剛(うどん屋の近況報告) 2013年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』 2013年10月8日 火 21:00〜22:48にTBS系で第四弾『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』()が放映された。 なお、、のパートは同年6月の『プロ野球選手の妻たち』と同様にがナレーションを務めた。 (ステーキハウスを開業も閉店。 その後アルバイト・派遣社員を経て家業の米屋を継ぐ)• (実家に戻り父とともに漁師として働く)• (焼肉屋を開業し一人で切り盛りする)• (かつてのトレンディエースの二人の娘は芸能界へ)• (4度の戦力外通告を受け、現在は実家の一部屋を間借りしハローワークで仕事を探す日々)• 2008年 [ ] 2008年3月12日にTBS系「」枠にて放映された。 制作協力、番組のナレーションは。 夫妻(金の草鞋を履いてでも探したい10歳年上妻)• ・夫妻(球界一のセレブ妻)• 夫妻(元巨人投手の第2の人生 夫を支えた妻の20年愛)• 夫妻(第2の人生でどん底を味わいながら夢だった教師の道を志した夫の再生を支えた妻の物語)• ・夫妻(元妻が支えた大リーグでの成功)• ・夫妻(夫の大リーグ挑戦を支える元女子アナ妻)• ・夫妻(難病の夫を支えた吉本芸人妻)• 夫妻(夫との馴れ初めからプロ野球選手の妻としての心境を語る)• 番組のナレーションは。 ・夫妻• 一場靖弘・芽衣子夫妻• 夫妻、夫妻 2012年 [ ] 『女の波乱万丈人生SP プロ野球選手の妻たち』 2012年7月19日にTBS系「スパモク!! 」枠にて放映()。 番組のナレーションは木村佳乃(一部、)。 番組のナレーションは。 ・夫妻• 中村紀洋夫妻• 夫妻 2014年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント・プロ野球選手の妻たち2014』 2014年7月23日にTBS系「水トク! 」 枠(19:00 - 21:54 )にて放映。 番組のナレーションは木村佳乃(一部、阪井あかね)。 ・夫妻• ・夫妻• 夫妻 2015年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』 2015年5月20日にTBS系「水トク! 」 枠(19:00 - 21:54)にて放映。 番組のナレーションは木村佳乃(一部、阪井あかね)。 ・夫妻• 入来智夫妻• 辻内崇伸夫妻 2016年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』 2016年6月22日にTBS系「水トク! 」 枠(19:56 - 22:54)にて放映。 番組のナレーションは木村佳乃(一部、阪井あかね)。 夫妻 2017年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』 2017年7月17日にTBS系(19:00 - 21:53)にて放映。 番組のナレーションは木村佳乃(一部、阪井あかね)。 今江年晶 夫妻• 愛甲猛夫妻• 夫妻 2018年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』 2018年6月20日にTBS系(19:00 - 21:57。 ただし、全編ローカルセールス枠のため、一部地域では非ネット。 )にて放映。 番組のナレーションは木村佳乃と番組サポーターはと。 ・夫妻• 石井琢朗・詩織夫妻• ・夫妻• 松中信彦・恵子夫妻 2019年 [ ] 『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』 2019年6月26日にTBS系(19:00 - 21:57。 ただし、全編ローカルセールス枠のため、一部地域では非ネット。 )にて放映。 番組のナレーションは木村佳乃。 ・夫妻• ・夫妻 スタッフ [ ] 第16回(2019年12月30日)放送分• 総合構成:古井知克• 構成:谷田彰吾(第9回 - )• TM:榎芳栄• カメラ:石橋伸吾• VE:松本智• MA:久保田隆• 選曲:十川公男(第9回では音効)• TK:伊藤佳加• CG:鳥尾美里• 協力:、、、、、、、/、東京オフラインセンター• 制作協力:• リサーチ:Ring• 編成:白石徹太郎、造田雅之、高橋秀光、宮崎陽央• デスク:大島史子• AP:松形侑香(第15回ではAD)• 宣伝:小山陽介• 制作進行:宮本清彦• 取材協力:堀宏太朗、赤岩海• AD:鈴木美勇士、細野香織、監物康太、前田悠気、登坂勇生、斉木美緒、小川夏美、鈴木貴章、山口周作、笠井優一、押元海帆、向出渚、城本佑果• 総合演出:小杉康夫(第6回は演出、第9回以降は総合演出)• 制作:スポーツ局スポーツ番組制作部• 製作著作:TBS 過去のスタッフ• 構成:尾首大樹(第7回)• TM:小林敏之(第4回)、金澤健一(第9回)• カメラ:濵田耕平• VE:河津健祐• 編集:• CG:小垣貴裕• 音効:田中宏茂(第9回)• 協力:• (第4回)西武ライオンズ、、千葉ロッテマリーンズ• (第6回)、、、、• (第7回)福岡ソフトバンクホークス、埼玉西武ライオンズ、福岡市立こども病院、HBC、MBS、RKB• (第9回)、、、北区立中央図書館、• 第15回:、、、、、• 制作協力:• 編成:畠山渉(第4回まで演出)、佐々木威憲(第9回)• AD:• (第4回)長戸洋明、高橋淳(第7回は演出)• (第6回)菊池芳枝、竹田宗嗣• (第7回)石川亮介、中川雅大• (第9回)石塚達也、宮城貴志、杉川詠美• (第15回)榎本卓• デスク:椿美貴子(第4回)、池田仁子(第7回)• AP:小池由起・中村奈穂(2人共第7回)、清水由花(第9回)、佐藤江美(第6・9回ではAD、第15回ではAP)• 制作:菊野浩樹(第7回はプロデューサー、第9回はチーフプロデューサー、第15回は制作)• 取材ディレクター• (第6回)池田大作、福岡大司、碓井美也子、坂本茂敏• ディレクター:• (第4回)井内悦史、平野進• (第6回)甲斐大志郎• (第7回)堀江悟(第6回は取材D)• (第9回)尾崎啓二郎(第7回は演出)、上野山茂雄、永野泰数、林隆介• チーフディレクター:工藤渉(第7回はディレクター)• 演出:佐藤賢二• 協力プロデューサー:村口太郎(第6回は編成、第9回はプロデューサー)• 制作プロデューサー:、樽秀人• 統括:斉藤裕之(第4回までAP) 第回(2019年6月26日)放送分• 総合構成:古井知克• 構成:谷田彰吾、本松エリ• TM:榎芳栄• 編集:甲斐伸吾、山本研• MA:芝岡亜紗美• 選曲:井田栄司、高橋秀治• 協力:、、、、、、、川越東田町店、日野映像支援隊/、東京オフラインセンター• リサーチ:牧昭吾、松本智子• 編成:高橋秀光、宮崎陽央• 宣伝:小山陽介• デスク:大島史子• AP:松形侑香• AD:中島祥太、山口周作、松下紘奈、笠井優一、国井想哉、鈴木美勇士• 再現制作:梅原由紀子、長野友弘• 取材協力:林沙織、田中悦子、清水晧平• ディレクター:児山昌平、小林恵美、重原将司/津川晋一、宮本清彦、佐藤美紀• MP:細谷弘一• 協力プロデューサー:村口太郎• 演出:工藤渉、山田邦風、大塚英二• 統括:小杉康夫、飯田晃嘉• 制作:菊野浩樹• 総合演出:川上浩史• プロデューサー:後藤隆二、鈴木栄蔵、大久保徳宏• 制作:スポーツ局スポーツ番組制作部• 製作著作:TBS 過去のスタッフ 脚注 [ ]• スポーツ報知公式ホームページ• 同番組においても、当番組で取り上げきれなかった戦力外選手の特集を組んだり、当番組で取り上げた選手のその後や近況を扱うことがある。 この時、当時の妻・と長女も取材を受けた。 2012年にヤクルトに入団しNPBに復帰したが、2013年に再び戦力外通告を受けた。 2008年にソフトバンクから戦力外通告。 投手コーチとの兼任扱いで入団したが、2012年限りで退団し現役引退。 2009年オリックスから戦力外通告。 同年12月に格闘家に転身し、2011年に格闘家を引退。 2011年に西武から戦力外通告。 2012年は()と日本のクラブチームでプレー。 翌年はのハワイ・スターズでプレーしたが、同年限りで退団し現役引退した。 放送では不動産業界への転職を決意するまでの経緯を紹介していたが、放送後に女子プロ野球関係者からのオファーを受けたことから、2014年1月にイースト・アストライアのコーチに就任することが発表された。 放送後の2014年3月に入団が発表されたが、同年限りで退団し現役引退した。 2016年9月10日放送の『バース・デイ』で、富山サンダーバーズへの入団から現役引退に至るまで、その後の大型スポーツ量販店店員への転身までの経緯が紹介された。 放送後に投手コーチとの兼任扱いで入団が発表された。 放送では、武蔵ヒートベアーズへの入団記者会見の模様まで紹介していた。 しかし、本番組を視聴した日本在住のスカウト関係者が、複数のMLB球団へ中後の獲得を打診。 3球団のスカウトによる投球練習の視察を経て、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのに招待選手として参加した結果、マイナー契約の締結に至った()。 『バース・デイ』では2016年2月13日放送部で招待選手参加決定までの経緯、同年8月13日放送分でマイナー契約を経た後の近況が紹介された。 結局、MLBへの昇格には至らず2018年のシーズン途中にDeNAでNPBに復帰。 2019年限りで現役を引退するとともに、DeNAの球団職員へ転じた。 放送後の2016年2月に就任が発表された。 に再び12球団合同トライアウトに参加するも、その後いずれからもオファーはなく、自身のにて「ここで、野球プレイヤー引退致します」との意思を示した。 2018年の当番組では塚田貴之が高橋をファーストファウルフライに打ち取った場面が放送された。 育成コーチとの兼任扱いで契約したが、2019年限りで現役を引退すると共に退団。 2020年からは、巨人の二軍バッテリーコーチを務める。 博視の「視」は、正確には示へんの部分を崩さずに示と書く。 投手コーチとの兼任扱いで入団。 2017年にオリックスから戦力外通告。 2019年限りで退団した。 2018年に中日から戦力外通告。 東山紀之夫人。 当時、木村佳乃は産休中だった。 TBSに限り、18:57 - 19:00にもうすぐ枠も別途放送。 「敏晃」より登録名変更。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (2007年1月5日放送分)• (2007年12月30日放送分)• (2008年12月30日放送分)• (2009年12月23日放送分)• (2010年12月29日放送分)• (2011年12月28日放送分)• (2012年12月26日放送分)• (2013年12月30日放送分 Internet Archive)• (2014年12月30日放送分 Internet Archive).

次の