整形 外科医 の ブログ。 このブログについて

【副業】アソシエイトのみでは、まとまった収入は期待できない!?それでもGoogle Adsenseが最もよい理由。

整形 外科医 の ブログ

新型コロナウイルス感染症は、医師に想定外な影響を与えています。 それは、収入の劇的な減少です。 このことに関しては、開業医・勤務医を問わず深刻です。 まず開業医ですが、患者さんの受診抑制が顕著であることに加えて、自分やスタッフの安全確保が難しいため医療側からも受診抑制に舵を切らざるを得ない状況です。 このため、多くのクリニックや医療機関で医業収入の劇的な減少が発生しています。 この状況が長期化すれば死活問題になりかねず、経営者目線では暗鬱たる気持ちになります。 一方、勤務医も厳しい状況に追い込まれる人が増えています。 最も割りを食っているのは外勤が禁止された大学関係者です。 特に大学院生にとっては死活問題でしょう。 正規雇用の大学スタッフも苦しい状況です。 新型コロナウイルス感染症の最前線で戦っている人が、最も割りを食っている状況は信じ難いものがあります。 普通の感覚では、減給(院生は無給・無保障)の状況で命の危険を冒して医療に従事するなどありえないですが、ほぼすべての医師がまじめに遂行しているのは驚くべきことです。 このように医療業界は受難の様相を呈していますが、コロナ禍が過ぎれば元に戻るのかと言うと、そうとも言い切れないと考えています。 平時になれば、医療側は受診抑制姿勢を解除します。 しかし、患者さん側では受診抑制が習慣化する可能性を否定できません。 何と言ってもコロナ禍の数カ月程度では、受診抑制しても表面的には疾病の増悪等の問題が表面化しなさそうなので...。 こうなると開業医的にはキツイです。 一方、アルバイト枠を減らした医療機関も簡単には枠を復活させないことが予想されます。 アルバイト枠は収益性が低いため、患者数が戻っても復活するインセンティブは低いです。 こうなると、コロナ禍の縮小した医療体制が持続することになるため、医師全体の収入はかなり減少することになります。 これらはあくまで私の予想なのですが、新型コロナウイルス感染症は開業医の収益性を棄損し、勤務医のアルバイト・バブルを崩壊させるのかもしれません。 コメント一覧 2• 去年大学病院を辞めた医者• 2020年04月23日 22:06• いつも楽しくブログを拝見しています。 最近、空き時間が多いので時間潰しにオンライン医療相談アプリで相談者の回答をしているのですが気になったことがあります。 今はコロナの影響で無料相談にも対応していることもあって、医師からするとひどい質問が多いです。 例としては「1週間前から喉が痛くて心配。 他の症状はない」「昨日から鼻が詰まって喉が痛い。 熱はない。 」などです。 ほぼテンプレの「軽症なら市販薬などで経過観察でも良いが、症状が悪化したり長引くようなら受診するように」という回答で済むのですが、それでも相談者からは星5つ(満点)の評価がもらえます。 初めは星1つや2つも覚悟していましたが、平均で星4.5程度の評価をもらっているので、意外と相談者の満足度は高いようです。 今回のコロナ流行を機に、オンライン医療相談やオンライン初診が普及すれば、ますます受診する患者が減って一般のクリニックなどの打撃となるのではないかと心配しています。 自由気ままな整形外科医• 2020年04月24日 18:03• ただ、利便性をかんがえるとHT,HLP,DMなどはオンライン診療の比率が高まること必至でしょう。 そうなると、現在の診療点数では大幅な収入減になりますね.

次の

整形外科医のブログ : 不動産投資

整形 外科医 の ブログ

原油価格が史上初の ゼロ円!!!! (実際は値段ついてます。 ) になったので、原油先物市場がとても安くなっています。 というのも、コロナウイルスで経済がさっぱり動いていないので、原油の需要がだぶつき、みなさん買い込んでしまったので、貯蔵施設が ない 状態らしく、原油を買うとお金がもらえるレベルまで安くなってしまいそうです。 この状況がどういうことを表しているかというと、 おそらくは、ロシアの原油価格を下げるために始まった米国による石油価格競争戦争ですが、シェールガスのコストを今度は下げるべく、ロシアとサウジが米国への経済戦争のために?石油吊り下げ競争を開始したので、暴落が始まりました。 結果がこれです。 これが続くと何が起こるかというと、シェールガス関連のファンドが軒並み破綻するわけで、これが次の世界恐慌を引き起こすと?言われてます。 これ以上下がらないかなと思ったら、さらに下がりますので、すごいなーと思ってみています。 これ以上下がるんかなこれ。。 米国のコロナウイルスの現状は目を覆いたくなるような惨劇を挺していますが、米国がひさびさに素晴らしいなと思いました。 マスク装着が効果的かもしれないということが予想されたら即刻動いて、CDCが自分たちで作れる布マスクの方法を公開するというようなフットワークの軽さです。 布マスクを配るまでは、素人でも考え付きますが、pHD出身の人がいると、以下のようなことが計画をもって進めることができます。 マスクの機能には以下の3つの機能がありますが、 1、正面のフィルター 2、わきから出入りするエア 3、顔を触らないというブロック 布マスクは1で使い捨て不織布性マスク劣りますが、1については、コーヒーフィルターを使用することで改善することができるということを実験などで確かめたのかなと。 別に布マスクも、1は効果はほぼないけど、3は効果はあるよというメッセージでもよかったんではないかなとか。 安部首相は布マスク装着で情に訴えて、昔の給食マスクを出してきましたが、今は21世紀に生きているので、布マスクがフィルター機能が落ちることは国民は知っていました。 現代の日本人に粗末なものを使って寄り添うという行為は通じませんでした。 政治姿勢はべつに悪くはないと思ったのですが、政権に少しクレバーさが足りなかったかなと。 博士出身者だからこういうのができるというわけではないですが、なんとなくこのように計画立てたり実証したりするのについては博士は専門家だと思うので、そういう人材を軽視続けたからこんなになってるのかなと思ったりします。 そういう意味では、初期に布マスクの作り方をだしてた芸能人なんかも本来は称賛されてしかるべきなのか思いますが、惜しむらくは、これを博士とコラボやらなかったのが失敗だったのかもですね。 医療従事者は布マスクには一瞥もしませんでしたが、そいでいてマスク不足を解消できないんですから賢いだけのお利口さん的なんかなーと思ったりしました。 鳥取の方はよく知っている話ですが、 秀吉って、ビジネスと建築センスに優れた戦略家で、 鳥取を攻める時に事前に米を倍の値段で備蓄米ごと買いあげて、 兵糧攻めにして城を落としています。 いや、何を話しているかというと、 マスクです。 このような医療資材、どうしてないんでしょうかと。 ・多くのサプライチェーンが中国製 というのが大きなテーマだと思うのですが、 国内の在庫も回らないという部分ですよね。 国家備蓄の面でも重大な問題ですが、 それよりも ・生産設備をある程度確保しておく ・流通を確保して透明させる という戦略的な部分なのかなと思います。 とりあえずはどこの自治体とは申しませんが、 ・自分の国が危ないのに隣の国に不思議と支援をしたり、 ・医療機関などに配布せずになぜか票取りのために一般市民に配布してみたり、 なんというか、 首長って大事ですよねと。 どんなリーダーを選ぶかということで こうも危機管理で対応が変わるかと思うと、 本当に政治って大事ですよね! って思いますけどね。。 少なくとも市長や知事を革新系選ぶのだけは良い一手だと思わないし、 そういう自治体は住むのも危険なので躊躇したほうがいいなと思ってます。。 結構来るかなーって思ってましたが、やっぱり来ましたねー。 ほぼ現金にしておいたので良かったですが、それでも少し来るものがあります。 こういう来るなーってときは、全力で最低限のもの以外は、現金とかそっち系資金にしとく方がダメージ少ないですね。 勉強になります。 とりあえず底は、4月に中共が経済の復活を試みるニュースのところでしょうけど、ヨーロッパの医療崩壊が終わり、米国の医療崩壊が終わったところが底になるかどうかって感じですね。。 このウイルス大戦争、長引くかもですね。 自民党部会の4月ピーク説と中共の経済再開がどう出るかなーということで、3月は我慢の日々でしょうか。。。 結構予想外に日本の公衆衛生は優秀で、SARSでも新型インフルでもなぜか日本の被害が少ないというのは圧倒的にわが国の一般人の公衆衛生意識が高いから、貧乏人に対しても高度な医療を展開しているから。 という部分なわけですね。 だから他国ではばたばた貧乏人がたくさん死ぬ。 これも勉強になります。 そして来月にはおそらく我々が病院で悲鳴を上げていることも想像できますね。。 コロナウイルス騒動ですが、コントのレベルが上がってきました。 ・下船した人には感染した人はいない とか ・検疫をした後に感染はない とか、明らかにそうではないことが後で起こると、リスコミ的に大失敗して 国民との信頼関係が大幅に失われるわけですね。 (失われましたね。 ) はぐらかす方法もあるのに、意味が分かりません。 我々医療従事者が普段からこれやってることなのですが、 ・少しでも可能性があることを否定しない ・誤りや認識違いがあったら、とりあえず間違いと認め謝罪する。 この2つはリスコミの基本だと思います。 なんとなくこの基本ができていないので、 アニメのやばいフラグばかり立てる不思議な大臣だなーと思っています。 なんとなく危機管理ができなさすぎるので、 厚生労働省と大臣、副大臣が感染してトップ交代になるかなー と思って成り行きをみています。 はやくトップが変わったほうが良いかもですが、 そろそろ人事が変わっても有効な対策が打てるタイミングではなくなってきています。 もっとたくさん公衆衛生的な政策はあるのに、 どうしてなにもやらないんだろうというのが素人ながらの感想です。 ピークを早く収束させて、オリンピックしたかったのかな?というのが感想です。 SARSの時の教訓って、みもふたもないんですが、 隔離の為に逃げた人を呼び戻すために当局がとった行動は 給料保障というか、金銭的な保障を出したんですよね。 これでわりとみなさん隔離に応じた。 保証は政府が支援します。 いや、もう月曜日、みんな出勤しちゃった後ぢゃないですか!!! 本日、やっとこ大臣が休んでください発言していただきましたが、 なんとなく対応が遅い気はします。 自分的には計画停電みたいに千葉の電車止めるのんかと思ってたので肩透かしです。 大陸本土は既に交通封鎖をしないとピークが保たれない状況のようですので、 このピークスピードだと武漢のスピードになっている気がするので、 シミュレーション持ってる先生は、どれくらいでピークになるか、 計算してほしいなと思ってます。 新型コロナウイルスですが、 もちろんやっぱり死亡率低くて、そこまで心配することないのかもですが、 感染スピード異常に早くないですかね? 今回は、 検疫官がいきなりウイルスに感染したり、 厚生労働大臣が咳をしながら会見したり、 もはやコントの様相を呈していますが、 みっともなくないですか? もちろん、公衆衛生が機能せず、変な隔離施設をポンと作る国よりは、 マシかと思いますが、 なんか我が国は後進国になったなーと、実感します。 いや、なによりも国民の劣化が激しいのです。 政治家にしろ、金銭は重要で、経済被害は人も殺しますが、 全体的な経済被害をどうして考えなかったのかな? という部分で非常に不可解です。 僕の予想はこれまで当たってきていますが、 患者さんたちがいっぱい死なないように。 今回はどうか外れてくれますように。 検査体制が薄いのは、また別問題だから、それを厚くしないと結局問題が起こるとは思います。 軽症例でパンクするのは馬鹿げていますが、疑わしいのに敢えてスルーというのは非常に困ります。 日本はまだ大陸から移動を受け入れていますが、米国はしっかりキャンプまで作ってますね。 先進国との差は、このように先読みして行動できるか、とか 危機に至るまでに計画できているか、 そのような政策を国民が支持しているか、 そのような政策を提示的する政治家を普段から支持しているか、 というところかと思いますので、日本は本当に後進国になったなと思います。 佐藤正久議員とか、一部の議員しか、交通の遮断や検査の拡大について言及できない状況は かなり危機的な状況かと思います。 日本に拡大したらまず日本から出国できなくなるので、かなりまずい状況に一時的に陥るので、 そろそろ、その時の円高?に備えておく必要があるかもしれませんね。。 いやですね、あのヒポクラテスとかそういうの、あんまり興味なかったんですが、 あの杖です杖。 これ、なんか意味わからなかったんですよ。 ですからへびが一本だろうが二本だろうが興味がなかったんですが、 一本だと アスクレピオスの杖 ギリシア神話に出てきた名医アスクレピオスの杖で、 医療の象徴 2本だと、 カドゥケウスの杖 ギリシア神話のヘルメス神が持つ杖で、 商業や交通のシンボル ってことで、 かなり意味合いが異なるということで、これ、かなり要注意ですね。 こういうところで教養が幅を利かせますね。 blogランキングへの投票・リンクになります。

次の

整形外科医のブログ : 不動産投資

整形 外科医 の ブログ

有名なブロガーの先生方も同じようなこと言ってるから、間違いないって(キリっ) そもそもGoogle Adsenseって? ざっくり言うと、Googleが運営している、広告業です。 ブロガーが広告収入を得るには、ブログに広告を貼るわけですが、収入を得る方法には大きく分けて2パターンがあります。 「クリック型」と「成果報酬型」です。 クリック型は、広告をクリックされた時点で収入が発生します。 一般的に成果報酬型よりも単価は低く設定されています。 次に、成果報酬型ですが、これは広告を起点として閲覧者が商品を購入した時にはじめて、ブロガーに収入が発生します。 よって、 「買ってくれなきゃ、クリックしてもダメ」ってわけです。 一般的には、保険加入や証券会社の口座開設・サロンの新規会員加入は単価が高く設定されている印象です。 (あとは、私がゲロが出るくらい大好きなマンションwww) 余談ですが、医師で「キャリア相談」や「働き方」などと銘打っている人の中に、医師の人材派遣・転職サービスと組んでいる人間を見かけます。 彼らも、当然紹介料をもらっており、 転職が成功した場合には医師の1ヶ月分くらいの給料ほどのお金が動くとも言われています。 転職やキャリアに悩まれた先生方は、参考にする分には問題がないと思いますが、このような背景を持っている医師の言うことという、いわば利益相反を含めて聞くべきだと思います。 ちなみに、私は利益相反に反対しているわけではありません。 聞き手側に知識があれば特に問題ないと思います。 しかし、転職は大きな転機です。 儲けようとしている人に踊らされて転職して後悔しても、助言した(儲けた人)人は何の責任も負いません。 人生の中で、たくさんの人間を巻き込みながら行う転職にもかかわらずです。 その点を含めて、よく熟孝されればいいと思います。 厄介なのは、利益相反がないように見せかけれてしまうところだと思います。 なので、この手の成果報酬型の医師転職案件は、個人的には掲載を断っています。 目先の収益よりも個人の信用の方が重要と考えるためです。 情報があふれるなか、「情報利用の責任は利用者」になっていると言えます。 ちなみに、 私が利用しているGoogle Adsenseは、先生方の日頃検索している内容に準じた広告が掲載されます。 別に、私がその広告をプッシュしているわけではありませんし、成果報酬ではないので利用されてもされなくても、私には特にメリットはありません。 (クリック時の数円の収益のみです) Google Adsenseは収入的にはかなり厳しい!それでもコレ推な理由 Google Adsenseは、一昔前と比べるとかなり収入は厳しくなりました。 有名ブロガーの方々も同意見です。 それでも、 私個人としてはGooogle Adsense一択だと思います。 理由は、 閲覧者の興味をブロガーが考える必要がない点につきます。 Google Adsense以外のアフィリエイトサービスを利用したことがある人だとわかると思いますが、決定的な違いは、 ブロガーが広告を選択する必要がない点です。 一般的なアフィリエイトサービスは、記事の内容に合わせて、掲載する広告を変更します。 「この記事だから、この商品に興味あるでしょ?」と言った具合ですが、これが非常に面倒です。 また、広告は広告主が案件を取り下げた時に消去しないといけないため、アフィリエイト事業主からのメールに目を光らせる必要があります。 時間のない医師にとって、費用対効果がでない面倒なものは継続できません。 Google Adsenseが無理なら・・・。 では、ブログを続けて他にどうやって収益を得るか? 答えは、自分のコンテンツを売り込むことだと思います。 私は、セルフ出版した本があります。 匿名で作成している以上、「本物かどうか?」懐疑的になられるのは間違い無いと思います。 確かに、実名をだして、専門医資格をならべ、AOのなんちゃらかんちゃらで、推薦者は〇〇先生!と書けば一気に信用が上がりますが、匿名だからこそ、思い切れる出版物があると考えていますし、匿名だからこそできる表現もあると考えます。 実名を出すと、どうしても「その業界に恥じぬような内容にしなくてはいけない」という、いわば余計な思考が働き、読者の分かりやすさをないがしろにしてしまいます。 読みやすさと、学術的表現は必ずしも両立できません。 まとめ 新型コロナウイルスの影響で、広告業であるGoogle Adsenseにもすくなからず影響があります。 広告主である企業が傾いているために他なりませんが、それらの影響をうけにくい自分だけのコンテンツの重要性が浮き彫りになりました。

次の