ダイソー ブルートゥース。 600円のダイソーブルートゥーススピーカーであなたの毎日が変わる!

ダイソーのBluetoothイヤホンを改造してBluetoothレシーバー化してみた

ダイソー ブルートゥース

どうやらバッテリーが完全に放電している模様。 この手の製品で初回から電源が入らなかったのは初めてです。 大抵の製品はバッテリー残量が少ないながらも電源は入っていたのですが・・・。 説明書には初めて使用する際には約2時間の充電が必要とあったので、とりあえず充電してみると1時間もしないうちに終わりました。 音楽を再生させてみた 音楽再生中ノイズは全く感じられませんでした。 600円Bluetoothスピーカーの時は背後で常にジリジリとしたノイズが鳴っていたので、これは意外でした。 接続も安定しています。 で、問題の音質ですが「それなり」といったところです。 高音も低音もあまり出ていませんね。 全体的に音が籠もった感じに聞こえます。 イヤーピースを変えれば少しはマシになるかもしれませんが・・・。 そもそも300円のイヤホンに音質を求めるのは酷でしょう。 ボイスレコーダーでマイクの性能を確認してみましたがこちらは問題なし、音声入力の認識も普通に使えました。 これは300円という価格を考えれば仕方のないことです。 実際に連続で使用してみると1. 5時間程使用できました。 但しこれは室内で音量抑えめで使用した場合の結果ですので、屋外で音量を上げての使用であれば、パッケージ通り1時間程度になりそうです。 メインのイヤホンとして1日中外出先でガッツリ使用するのは厳しそうですが、ちょっとした散歩や家事で音楽を聞く程度なら全く問題ありません。 片耳イヤホンなので付けていても周囲の音は聞こえるため、両耳のものより安全です。 価格が価格なので、興味のある人は見かけたら即購入で良いと思います。 【おまけ】コーデックを調べてみました マニアックなネタになりますが、このイヤホンで使用されているコーデックを調べてみました。 300円という価格を考えればおそらく「SBC」だと思いますが一応。

次の

ダイソーのBluetoothイヤホンを改造してBluetoothレシーバー化してみた

ダイソー ブルートゥース

ダイソーのBluetooth(ブルートゥース)スピーカーといえば、防滴加工が施された「」が思い浮かぶ。 も発売されたが、思いのほかポンコツだったのも良い思い出だ。 そんななか、防滴ではない、ポータブルタイプのブルートゥーススピーカーが発売されていたので情報共有しておきたい。 予想してたよりも良かったぞ! まず価格は500円。 防滴仕様のモノより100円安いが、サイズは2倍強あるくらいのデカさを誇っている。 正確なサイズは、ヨコ12cmの、タテが7. 9cm、そして奥行きが3. 9cmだ。 より正確なスペックは説明書を参照してもらうとして…… 3. 5時間の充電で2. 5時間は動くという。 何にも接続しないでそれだけ動けば十分だ。 本体上部には再生や音量、音源入力先の切り替えボタンがあって…… 裏面には、電源スイッチ、充電用USBスロット、メディア用USBスロットにメディア用マイクロSDカードスロットがある。 んで、こちらのスピーカー、音源は3パターンに対応している。 まずは商品名にもなっているBluetooth(ブルートゥース)接続から試してみたが…… 特になんのトラブルもなく、電源オンしたらスマホに機器名が表示され、あっという間にペアリングできた。 そして、いざ再生してみると…… A post shared by rockethatori on Jan 15, 2020 at 2:15am PST おお……! ちょっとこれは予想外。 ぶっちゃけ、もっとスカスカのヘボい音が出ると思っていたのだが、 わりかし良い音が出ているなという印象を受けた。 音は高めで、スカーンと抜けるような感じ。 重低音的なサウンドではないが、逆にそれが聴きやすい。 音楽も良いけど、声……そう、 ラジオなんか聴きやすいのではないだろうか? そんな音質のスピーカーである。 あとは、思ったよりも音がデカく放てることも好印象。 ためしに最大の音量にしたところ、隣の部屋から「うるせー!」と壁ドンされるくらいの音量にはなった。 屋外で使ったとしても耳に入るであろう音量だ。 スピーカーの話はそれくらいにして、のこり2つの音源を試してみよう。 まずは、USBメモリから。 また、なぜかUSBメモリよりも、マイクロSDのほうが反応が早かったことも付記しておきたい。 転送速度の関係かなぁ……。 ともあれ、アンカーや、JBLなど、さまざまな有名メーカーのBluetoothスピーカーを使ってきた私だが、 アリかナシかで言えば「この値段なら、まあアリかな」といったところ。 なにせ500円。 Bluetoothスピーカーの入門用として買ってみるのも良いだろう。 「失敗した〜!」とは、ならないはず。 Report:100均評論家・ Photo:RocketNews24•

次の

小さいBluetoothコンポを作る+ダイソー300円スピーカー

ダイソー ブルートゥース

Contents• アンプは125円 amazonで購入しました。 で購入。 (11月4日現在、この店では安い商品の単品売りは止めたみたいです。 ) アンプのケースを作る にサイズを合わせて設計しました。 これを3Dプリンターで出力します。 ボリュームつまみが右側に来るように、基板を裏向けて、取り付けます。 バックパネルは上からスライドして、蓋で押さえつける構造。 3ピース構成です。 3Dプリンティング フィラメントはABS、ピッチ0. 2mmとして、[]で出力。 反りや割れがなく、上出来です。 が効いているようです。 バックパネル。 1mm程度のオーバーハングなら、サポート材無しでも綺麗に造形できます。 この程度のものでも出力に1時間程度掛かります。 組み付け まずはゴム脚作り。 1mmのゴムに両面テープを貼って、6mmのポンチで打ち抜きます。 底の窪みに貼り付けて、本体ケースが完成。 (底を上にした状態) アンプに100均で仕入れたケーブルと、マルツで買ったピンジャックをハンダ付け。 1本のUSBから5V電源を取り、アンプとBTレシーバー両方に供給する形にしました。 余裕です。 フタをしてアンプ完成です。 4つの凹みにはBTレシーバーのゴム脚が嵌ります。 5ミニプラグとマイクロUSB、ピンケーブルに交換したスピーカーを接続します。 あとはUSBから電源を取って、スマホをペアリングすればラジコや音楽が聴けます。 最初は丸七の100円スピーカーをピンケーブルに替えて使ってみたのですが、ショボい音。 電源を入れた時にポップ音が出るのと、ボリュームを上げた時にハムノイズが気になる(電源をBTレシーバーと共用したからかも?)以外は満足です。 スピーカー接続をRCAピンケーブルにしたのは、AVアンプに繋いで(ので)、音量バランス調整にも使えるようにしたかったからです。 ところが実際にAVアンプの入力端子に繋ぐと、歪みが酷くて使い物になりませんでした。 (満足度:90) ぴったりサイズのケースを3Dプリントすると、まるで最初からセット製品だったようなスタイルで素敵ですね。 このボリューム付きアンプモジュールは私も持っています。 ダイソー300円スピーカーにFMラジオ出力をつないだところ、なかなか良い音で鳴ってくれたので、右側スピーカーの右側面からツマミを出して取り付けようとしているところです。 ポップノイズ軽減対策をするには配線が細か過ぎるので諦める予定です。 このモジュールはボリュームがスイッチ付きでパソコンへ接続したままでも便利ですね。 モバイルバッテリーから電源を取る時にも小電流時に自動OFF機能付きならいちいち外さなくても良いです。 ボリューム無しの基板なら更に格安です。 薄型ボリュームを組み合わせれば大抵の隙間に内蔵出来て良いです。 ありがとうございます。 300円スピーカーが角丸の似た形なのもセット感が出ますね。 3Dプリンターは楽しいですよ~ ボリュームのスイッチはアンプ部のみなので、レシーバーの電源もコレを通すようにすれば良かったです。 可能なら手直ししようと思います。 HiLetgo PAM8403 10個セット は安いですね。 1個25. 5円ですか。 このアンプは2. 5Vぐらいから動くようなので、次は18650駆動のタイプを作ろうと考えています。

次の