梨 泰 院 クラス。 在线观看

梨泰院Class線上看-小白影音

梨 泰 院 クラス

ビジネス復讐劇「梨泰院クラス」がヒット独走中 Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。 時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。 本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。 これまたロングランでNetflixの人気コンテンツランキング「今日の総合トップ10」入りしている『梨泰院 イテウォン クラス』です。 王道路線のサクセスストーリーに加えて、今どき感もたっぷり。 そんなヒットの極意が詰まった作品から今、韓国ドラマにハマる人が続出している理由も見えてきます。 1話あたり1時間強、全16話で構成されるなかで、基軸となるのがパク・セロイの宿敵である大手飲食会社「チャンガ」ファミリーに対する復讐劇です。 金と権力の亡者と化した因縁の相手との壮絶な闘いの様子はまるで韓国の『半沢直樹』とまで言われています。 象徴的な「土下座」がここでも話のフックとなって進んでいくからです。 復讐することを誓って、ワケあり仲間を味方に有言実行を果たしていくなかで、愛と青春物語も入り交じり、格差社会、ダイバーシティーといったテーマも扱い、盛りだくさんに展開されていきます。 やや欲張り気味でもありますが、古典と旬ものをうまい具合に調和させたヒューマンストーリーに仕上がっていることも人気の理由のひとつでしょう。 ヒットドラマに共通する目を引くロケ場所選びでも成功させています。 主な舞台はタイトルにもあるソウルの「梨泰院」エリアです。 観光名所のNソウルタワー 南山ソウルタワー のふもとにある異国情緒あふれる街は若者が夢をつかんでいく場所にぴったり。 オシャレスポットを背景にモデルばりの出演者陣が着こなすファッションまでも話題になり、ファッション誌で事細かに衣装ブランドが特集されているほどです。 極めつけに楽曲選びも定評があります。 オリジナルサウンドトラック OST には劇中の心情に合わせた「孤独や癒やし」を表現した楽曲がそろい、K-POP界の絶対王者BTSメンバーVのソロ最新曲も提供されています。 Vの『Sweet Night』は韓国国内ではもちろん、ワールドワイドのiTunesトップソングチャートでも1位を獲得。 ドラマ人気は音楽シーンでも注目されています。 ヒットの法則がそろいまくる『梨泰院クラス』はマーケティングに基づき世界水準のヒットドラマを狙って作られているのではないかと思うほどです。 登場人物の生き方から学びたいと思わせる能動的な思考力を生み出す描き方に至ってもその条件が満たされています。 それを裏付けるものとして、SNS上には印象に残った台詞が並んでいることが挙げられます。 『梨泰院クラス』は名言だらけでもあるのです。 生き方そのものやビジネスのヒント、モテる方法を集約した視聴者の心に響くせりふが並んでいます。 服役中の主役のセロイが言い放ったせりふ「俺の価値をお前が決めるな。 俺の人生は今から始まるし、願望は何でもかなえながら生きるから」など、その多くが共感を生んでいます。 また女性の登場人物にもしっかり焦点を当てています。 日本のビジネス復讐劇では女性は男性の見守り役にとどまりがちですが、女優キム・ダミが演じるチョ・イソは女性のエンパワーメントを具現化したような人物像です。 有名インフルエンサーで高知能ソシオパスといった役どころで、若手最注目俳優のキム・ドンヒ演じるチャン・グンス役と共にキーパーソンとなっていきます。 「私なら夢も愛もかなえられるはず」の名言もあり。 揺るぎない自信を持ってセロイを大物に仕立てていくさまはイソのサクセスストーリーとしても見て取れます。 セロイとイソと三角関係にもあるもうひとりのキーパーソン、オ・スア役は元アイドルで女優のクォン・ナラが扮し、依存体質から抜け出し自立する姿が描かれていきます。 登場する1人ひとりの人物像を丁寧に映し出し、言動からメッセージを伝える手法は世界市場で流通しているドラマと共通するものでもあります。 必ずやそれを意識して描かれているのだろうと思わずにはいられません。 原作はウェブトゥーン ウェブ漫画 発であることに納得がいきます。 ウェブトゥーンは韓国で急成長を遂げるジャンルで、もともと韓国のコンテンツ国際戦略のひとつとして世界市場を意識したストーリー力を高めるために推進されていった背景があるからです。 ウェブトゥーンではクリエイターの創造力が重視され、新たな韓国らしいコンテンツを生み出そうという狙いもありました。 ウェブトゥーン発のヒットドラマは過去に『ミセン』もあり、今後、Netflixで配信予定の注目作『Sweet Home -俺と世界の絶望-』もそうです。 『梨泰院クラス』の原作は、カカオが運営する韓国第2位のポータルサイト「Daum」で配信されていた同名タイトルのもので、日本では「六本木クラス」として日本版がピッコマで配信されています。 なお、原作者のチョ・グァンジン自らドラマの脚本も手掛けています。 世界市場を明らかに狙い撃ちしていると思う、もうひとつの理由もあります。 『梨泰院クラス』の制作は韓国のヒットメーカーであるJTBCが手掛けているからです。 JTBCは衛星チャンネルを運営するメディア企業のひとつで、韓国のリアルなお受験戦争を描いた『SKYキャッスル ~上流階級の妻たち~』などヒット作をここのところ連発させています。 JTBCのコンテンツ部門であるJTBC Content Hub は2019年11月25日に複数年にわたるコンテンツ配信契約をNetflixと結んだところ。 これはJTBCがゴールデンタイムに放映するTVドラマをNetflixで190カ国に配信できるようになる契約で、ドラマの共同制作やPRの共同展開なども含まれます。 つまりこれは、世界市場でも認められる面白いドラマを作る下地があるということ。 韓国ドラマファンという意識なく、次から次へと韓国ドラマを試しているのは、新しい作品だと思える要素があるからなのではないでしょうか。 国内市場だけでなく、世界で競争力を磨いて作られる作品が韓国ドラマにも増えていることが、ハマる人続出の理由になりそうです。

次の

復讐劇「梨泰院クラス」人気: エンタメ!Goody

梨 泰 院 クラス

「焼酎の味はどうだ?」 皆さんは『梨泰園クラス』というドラマを御存知でしょうか? イテウォンクラスと呼びます。 韓国のWEBマンガ原作のドラマで、同国ケーブルテレビで16話に渡って放送され、Netflixでも配信され、人気を博しています。 『大都市ソウルの中でもひと際ホットな街で、小さな飲み屋を開店させた前科者の青年とその仲間たち。 成功をつかむため、大物相手に無謀ともいえる戦いを仕掛ける。 』-引用 Netflix紹介ページ タイトルの梨泰園は、韓国ソウルの中にある街で、国際色豊かで人々のうねりがダイナミズムとなり活気を博しています。 日本で例えるなら六本木であると言われ、日本版WEBコミックは六本木を舞台にし、『六本木クラス』として公開されています。 この作品の主人公は『パク・セロイ』という頑固で真っ直ぐ、目標を決めたらそこに向かって突き進む、いがぐり頭の男性です。 2人で暮らしている父親のことを尊敬しており、料理の腕を褒められ喜ぶ描写があります。 シナリオはとても単純。 パク・セロイが頂点を目指して挫折を経験しながらも、諦めずに突き進んでいく。 そして仲間の協力、自分の人柄に惹かれた人たちの協力を得て、巨悪に立ち向かっていくというものです。 この作品のラスボスにして巨悪は、作中で韓国一位の外食企業として描かれる『長家(チャンガ)』の会長、「チャン・デヒ」。 老練で強かな経営者で、何度となくパク・セロイの前に立ちはだかります。 高校生のパク・セロイが転校した先の学校で幅を利かせていた、会長の長男とのいざこざから物語が動き始めるのですが、正直言って長男は小物感半端ないです。 その奥に控えている会長との因縁から全てが始まります。 この作品のキーとなる企業は、何と言っても長家です。 事あるごとに長家は作品に絡んできます。 長家は会長が一代で興した企業で、一代で韓国一位の外食企業に成長しました。 ここからはネタバレを交えての感想になりますので、人によっては読まないほうがいいかもしれません。 この作品は多くの要素を含みます。 韓国の格差社会、いじめ、公務員汚職、トランスジェンダー差別、児童虐待、多くの問題をパク・セロイという1人の男が頑固な姿を持ってぶった切っていきます。 この作品構造は水戸黄門であり、最近日本で流行したドラマで例えるならば半沢直樹です。 「おかしなことをおかしなことと、ハッキリ言う」キャラクターはやはり受ける傾向にあります。 作中のパク・セロイの行動は非常に一貫しています。 「自分から大切なものを奪った者に、復讐する」という行動理念のもと、作中時間で十数年単位の仕込みをしています。 そして、パク・セロイから大切なものを奪った長家を潰すため、会長を打倒するために愚直なまでに真っ直ぐに向き合っていきます。 作中で巨悪として描かれる会長、チャン・デヒも一方で奪われた者でした。 彼は動乱期の韓国で、自分のきょうだい全てを貧困により失う経験をしています。 そして、「自分の家族が決して飢えることがないよう」長家という大企業を一代で築き上げました。 かつて奪われたものが、誰かの大切なものを奪い、また奪われたものが復讐をしようとする構造は、悲劇の連鎖のようにも思えます。 セロイと会長の戦いは作中常に描かれ続けます。 会長はセロイの上手を行く。 そしてセロイはぶちのめされても、何度も立ち上がって会長の喉元に噛みつき続ける。 この作品はそれをくり返します。 会長は「長家」を存続させるためなら、何でもやり、計算高い存在でした。 しかし一方でセロイは非常に甘い部分もあり、その甘さにつけ込まれていました。 この作品の見所は、セロイと会長という全く性質の異なる存在でありながら、どこか似ている2人の戦いをハラハラしながら見届けることのできるところです。 視聴者はこの作品を通じて、セロイが何度もぶちのめされ、そして何度も立ち上がることに勇気を貰います。 明らかに弱い立場であるにもかかわらず、巨大な敵である会長に刃向かって行きます。 作品のシナリオは非常に簡単でわかりやすいです。 複雑に絡み合うこともありません。 セロイが挑む、会長が倒す、これを反復。 しかし、繰り返しの中でセロイは着実に力を得ていきます。 そして最後には……。 気になる方は是非視聴してみてください。 後悔はしないと思います。 僕は豆腐チゲと焼酎が飲みたくなりました。

次の

在线观看

梨 泰 院 クラス

ビジネス復讐劇「梨泰院クラス」がヒット独走中 Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。 時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。 本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。 これまたロングランでNetflixの人気コンテンツランキング「今日の総合トップ10」入りしている『梨泰院 イテウォン クラス』です。 王道路線のサクセスストーリーに加えて、今どき感もたっぷり。 そんなヒットの極意が詰まった作品から今、韓国ドラマにハマる人が続出している理由も見えてきます。 1話あたり1時間強、全16話で構成されるなかで、基軸となるのがパク・セロイの宿敵である大手飲食会社「チャンガ」ファミリーに対する復讐劇です。 金と権力の亡者と化した因縁の相手との壮絶な闘いの様子はまるで韓国の『半沢直樹』とまで言われています。 象徴的な「土下座」がここでも話のフックとなって進んでいくからです。 復讐することを誓って、ワケあり仲間を味方に有言実行を果たしていくなかで、愛と青春物語も入り交じり、格差社会、ダイバーシティーといったテーマも扱い、盛りだくさんに展開されていきます。 やや欲張り気味でもありますが、古典と旬ものをうまい具合に調和させたヒューマンストーリーに仕上がっていることも人気の理由のひとつでしょう。 ヒットドラマに共通する目を引くロケ場所選びでも成功させています。 主な舞台はタイトルにもあるソウルの「梨泰院」エリアです。 観光名所のNソウルタワー 南山ソウルタワー のふもとにある異国情緒あふれる街は若者が夢をつかんでいく場所にぴったり。 オシャレスポットを背景にモデルばりの出演者陣が着こなすファッションまでも話題になり、ファッション誌で事細かに衣装ブランドが特集されているほどです。 極めつけに楽曲選びも定評があります。 オリジナルサウンドトラック OST には劇中の心情に合わせた「孤独や癒やし」を表現した楽曲がそろい、K-POP界の絶対王者BTSメンバーVのソロ最新曲も提供されています。 Vの『Sweet Night』は韓国国内ではもちろん、ワールドワイドのiTunesトップソングチャートでも1位を獲得。 ドラマ人気は音楽シーンでも注目されています。 ヒットの法則がそろいまくる『梨泰院クラス』はマーケティングに基づき世界水準のヒットドラマを狙って作られているのではないかと思うほどです。 登場人物の生き方から学びたいと思わせる能動的な思考力を生み出す描き方に至ってもその条件が満たされています。 それを裏付けるものとして、SNS上には印象に残った台詞が並んでいることが挙げられます。 『梨泰院クラス』は名言だらけでもあるのです。 生き方そのものやビジネスのヒント、モテる方法を集約した視聴者の心に響くせりふが並んでいます。 服役中の主役のセロイが言い放ったせりふ「俺の価値をお前が決めるな。 俺の人生は今から始まるし、願望は何でもかなえながら生きるから」など、その多くが共感を生んでいます。 また女性の登場人物にもしっかり焦点を当てています。 日本のビジネス復讐劇では女性は男性の見守り役にとどまりがちですが、女優キム・ダミが演じるチョ・イソは女性のエンパワーメントを具現化したような人物像です。 有名インフルエンサーで高知能ソシオパスといった役どころで、若手最注目俳優のキム・ドンヒ演じるチャン・グンス役と共にキーパーソンとなっていきます。 「私なら夢も愛もかなえられるはず」の名言もあり。 揺るぎない自信を持ってセロイを大物に仕立てていくさまはイソのサクセスストーリーとしても見て取れます。 セロイとイソと三角関係にもあるもうひとりのキーパーソン、オ・スア役は元アイドルで女優のクォン・ナラが扮し、依存体質から抜け出し自立する姿が描かれていきます。 登場する1人ひとりの人物像を丁寧に映し出し、言動からメッセージを伝える手法は世界市場で流通しているドラマと共通するものでもあります。 必ずやそれを意識して描かれているのだろうと思わずにはいられません。 原作はウェブトゥーン ウェブ漫画 発であることに納得がいきます。 ウェブトゥーンは韓国で急成長を遂げるジャンルで、もともと韓国のコンテンツ国際戦略のひとつとして世界市場を意識したストーリー力を高めるために推進されていった背景があるからです。 ウェブトゥーンではクリエイターの創造力が重視され、新たな韓国らしいコンテンツを生み出そうという狙いもありました。 ウェブトゥーン発のヒットドラマは過去に『ミセン』もあり、今後、Netflixで配信予定の注目作『Sweet Home -俺と世界の絶望-』もそうです。 『梨泰院クラス』の原作は、カカオが運営する韓国第2位のポータルサイト「Daum」で配信されていた同名タイトルのもので、日本では「六本木クラス」として日本版がピッコマで配信されています。 なお、原作者のチョ・グァンジン自らドラマの脚本も手掛けています。 世界市場を明らかに狙い撃ちしていると思う、もうひとつの理由もあります。 『梨泰院クラス』の制作は韓国のヒットメーカーであるJTBCが手掛けているからです。 JTBCは衛星チャンネルを運営するメディア企業のひとつで、韓国のリアルなお受験戦争を描いた『SKYキャッスル ~上流階級の妻たち~』などヒット作をここのところ連発させています。 JTBCのコンテンツ部門であるJTBC Content Hub は2019年11月25日に複数年にわたるコンテンツ配信契約をNetflixと結んだところ。 これはJTBCがゴールデンタイムに放映するTVドラマをNetflixで190カ国に配信できるようになる契約で、ドラマの共同制作やPRの共同展開なども含まれます。 つまりこれは、世界市場でも認められる面白いドラマを作る下地があるということ。 韓国ドラマファンという意識なく、次から次へと韓国ドラマを試しているのは、新しい作品だと思える要素があるからなのではないでしょうか。 国内市場だけでなく、世界で競争力を磨いて作られる作品が韓国ドラマにも増えていることが、ハマる人続出の理由になりそうです。

次の