キャリーケース 鍵。 スーツケースが開かない?鍵をなくした!旅先の鍵トラブル対処法

海外旅行でスーツケースに鍵は必要なのか?いらないのか?

キャリーケース 鍵

目次 飛ばし読みをしたい場合は開く• 海外旅行でスーツケースに鍵は必要!? さて、そもそもなのですが、スーツケースに鍵は必要なのでしょうか? これは当然なのですが、『スーツケースに鍵は無いよりはあったほうが良い』となるでしょう。 ですが、 個人的な意見ではありますが、スーツケースに鍵はどうしても必要とは言い切れないと思います。 そもそもなんで鍵をかけるのか??と言う事を考えてください。 『え??盗難対策でしょ??』と思いますよね。 まぁ、それはそうなんですが海外での泥棒さんをなめないでください。 『鍵なんか簡単に壊せるよ~!!』 『と言うかスーツケースごと持って行くし・・・』 と泥棒さんは言うでしょう。 そう盗難対策としてのスーツケースに良質の鍵をかけていても、残念ながら盗難の可能性はゼロには出来ないのです。 もちろん盗難対策のレベルは上がりますし意味が無いとは言いきれませんが。。 アメリカのTSAについて鍵が壊されるケースが続出!? ここで、アメリカ旅行に行く際に使用されるTSA対策の鍵についても説明しておきましょう。 アメリカのテロ対策で生まれた、TSAの鍵。 自分とアメリカの空港職員のみ開けられる鍵で、空港で危険な物を探し出すために生まれた制度ですね。 因みに僕も鍵はかけていませんでしたが、アメリカの空港で荷物をあさられました。 現在スーツケースの鍵は大概このTSAが標準で付いていますが、 現在 アメリカに行く場合はこのTSAすらかけてはいけないとなっています。 これを知らずに鍵をかけて預けて、鍵を壊されるケースも出てきているのです。 鍵をかけていなければスーツケース自体は守られるのに、鍵をかけたばかりにスーツケース自体もダメになる。。。 本末転倒な自体です。。 スーツケースのに鍵をかけない場合にやっておくべき事 さて、スーツケースには鍵が絶対必要と言う訳では無い事は何となく分かっていただけたと思います。 しかしながら鍵をかけない場合にやっておいたほうがいい事もあります。 スーツケースには絶対に貴重品を入れない これはそもそも論なのですが、 鍵をかけていようが、かけてなかろうが、スーツケースには貴重品を入れておかないのが鉄則です。 先ほども話したように鍵をかけていてもプロの泥棒にはあっさり盗まれますし、残念ながら空港職員の中には悪人やら出来心が働いてしまう方も中にはいるようです。 極端な言い方貴重品を入れて盗られてしまっても自己責任ですね。。 としか言いようが無くなってしまうのです。 荷物が散乱してしまわないようにする スーツケースの鍵には盗難対策以外の意味を持つ事もあります。 それは空港などで誤ってスーツケースが開いてしまう可能性を軽減させるためです。 場所にもよりますが、海外の空港でのスーツケースのあつかいと言ったらそれはそれは酷いものです。 飛行機から何度か様子を見ましたがバンバンに投げています。 バックであろうが、スーツケースであろうがお構いなしです。 そんな時ひょんな事からスーツケースが開いてお土産や可愛い下着が丸出しに・・・なんてなったら嫌ですよね。。 そんな事を防ぐ意味で鍵は有効かもしれません。 もし、鍵があってアメリカ以外の国に行く場合であれば鍵をかけても損は無いでしょう。 しかし、この場合であっても、 鍵が無い場合はスーツケースバンドでも十分ですし、開閉方法がファスナータイプであればそう簡単に開いてしまうことは無いですし、簡易的な南京錠でも対処はできます。 スーツケースの鍵にはお金をかけなくて良い! ここまででスーツケースの鍵の必要性は絶対では無いと分かっていただけたと思います。 仮にこれから買う方であったら、スーツケースの良質な鍵にお金をかける位なら、キャスターや軽さ等の他の機能にお金をかけた方が良いのでは?と個人的には考えますね。 もちろん防犯対策は少しは強化されますし、お気に入りのスーツケースに鍵が付いていれば全然良いと思いますけどね。 ただ、ドミトリーのような他の人と一部屋を共用するケースなどのように旅行スタイルによってはスーツケースの鍵が非常に役立つケースもあると思うので、その点はケースバイケースで考えてみてくださいね!.

次の

スーツケースの鍵をなくした時に試してほしい6つの対処法

キャリーケース 鍵

の由来は? と表記のある商品も紹介! の誕生 が初めて世に出たのは、1854年のことだと言われています。 というより当時は 『』が開発したオーダーメイドの木箱だったようで、この箱のことをトランクと呼んでいました。 用途としては、汽車や馬車移動時にこの木箱にドレスを入れて持ち運ぶための物だったようです。 この箱が売られるようになってさらに利便性を追求した結果、今のトランクと同じ革製の物になったとされています。 という名前は、このトランクにスーツを仕舞える機能がついたことで呼ばれるようになったようです。 つまり、はトランクからの派生品として世に出ててきた物だったのです。 トランクケースからへの進化 スーツ専用のトランクを初めて作ったのが『』 それをさらに改良して手持ち鞄としてのを作ったのが『』です。 この手持ち鞄型のが非常によく売れたので、1950年にジェラルミン製のより頑丈なが発売されました。 サムソナイトに習って、その他の旅行鞄会社もジェラルミン製鞄の売り出しをはじめます。 この手持ち鞄にキャスターが付くようになったのは、1972年。 サムソナイトの総代理店だった日本のスーツメーカーエース『』がキャスター付きのの発売をスタートさせます。 この頃はまだ横鞄にキャスターがついた状態だったようですが、これが次第に縦型に変化し、今のの形になったそうです。 は、現在もメーカーとして活躍している企業が開発、改良を繰り返して作られた鞄なのです。 昔のような手持ち型のスーツを入れられる鞄は、現在ではビジネスバッグという位置付けになってきています。 そのため、スーツを入れる機能がついていようがなかろうが、キャスターとハンドルがある形の鞄であればと呼ばれるようになっていますね。 の名称で売られているおすすめの商品 と表記されているおすすめの鞄としては『THE CASE FACTORY』から出ている【】が良いです。 これはグッドデザイン賞を受賞した商品で、非常に評価されている部分として形状記憶型フレームが挙げられます。 このフレームはハンマーでおもいっきりフレームを叩いても壊れることがなく、凹むこともない優れ物です。 フレームを壊して中の荷物を奪う盗難を防ぐことができるので、海外旅行などでも安心して持って行けますよ。 キャリーケースの由来は? との違いは? つまり運ぶための入れ物という至極単純な由来なのです。 のように男性が仕事の際にスーツを入れて持ち運んでいた鞄としての意味合いがないので、なんとなく世間では女性が持ち運ぶ旅行用鞄というイメージがあるようです。 とキャリーケースの違いをイメージだけでなく、もっと明確に言うならば はスーツを入れるための鞄に作られた鞄だったため、ビジネスバッグのような形のキャスターなし鞄のことをと言う人も未だにいます。 しかし キャリーケースというのは必ず、キャスターがついた鞄のことを指すようです。 キャスターがついている物だった場合は、どんな形をしていてもキャリーケースと呼べるようです。 との違いをもう一つ挙げるとするならば、キャリーケースという言葉は日本で作られた和製英語だという事実もあります。 このキャリケースと同じ意味合いを持つキャリーバッグという言葉もありますが、こちらも和製英語だと言われています。 ちなみに海外ではキャリーケースのことをキャリアーバッグ、トロリーバッグと呼んでいるため、和製英語のキャリーケースは海外ではまったく通じないのだそうです。 次にキャリーケースと表記されている鞄のおすすめはどんな物なのかを見てみましょう。 キャリーケースという名称で売られているおすすめの商品 専門店『』から出ているキャリーケース【】は、ソフトタイプのキャリーケースです。 可愛い物好きの女の子が喜びそうな鞄デザインになっています。 キャリーケース独特の雰囲気がなく、普通の鞄としても持ち運べます。 少々派手なデザインではありますが、シンプルな物はあんまり…と思われている方は気に入られるかと思います。 この他にもキャリーケース、キャリーバッグと表記されている鞄は、女性物が多いです。 可愛らしい旅行かばんが欲しい時はあえて、キャリーケース、キャリーバッグと表記して検索して見ると良いでしょう。 また、紹介したキャリーケースからもわかるように、 ソフトタイプののことも、キャリーケースと呼び分けている鞄メーカーも多いようです。 ソフトタイプのを探している時でも、キャリーケース、キャリーバッグと検索をかけてみましょう。 、キャリーケースの検索の絞込み 上の項目で書いたように、キャリーケース、キャリーバッグで調べると女性物の旅行鞄が検索に引っかかります。 特にキャリーバッグは女性が好む形の物が多く検索結果に出てきます。 キャスターとハンドルがついたおしゃれな旅行カバンや、色合いがカラフルな物を探したい時はキャリーケース、キャリーバッグで検索をかけて見ると良いかもしれません。 そういった女性向き、男性向きのイメージがあるために同じメーカーから出している商品だったとしても、表記が違っている場合もあります。 鞄ブランド『』の商品を例に出して見てみましょう。 『』ブランドから出ている商品は、必ずと表記されています。 プロテカは男女共に使えるブランドですので敢えてそのように表記しているようです。 では同じくエースから出ているブランド『』はどうでしょう? こちらは女性向けの鞄ブランドになっており、鞄項目の中には『キャリーバッグ』と表記されています。 同じ会社から出ている鞄だったとしても、女性向けかそうでないかで表記が変わることがこれで理解できましたね? に関して言えることは、キャリーケースもキャリーバッグもの一種類として数えられています。 と検索をかければ男女の向き不向きが関係しないもたくさん出てきます。 しかし、 と調べたからと言ってスーツを収納するガーメント機能が必ずついているわけではないので注意が必要です。 非常に境界線が曖昧な名称ですが、イメージの違い程度だと思っていただければ良いです。 キャスターがついてハンドルがある物は、であり、キャリーケースでもあるのですから。 まとめ とキャリーケースの違いは、由来、そしてイメージだということを理解していただけたでしょうか? 明確な違いがない分、旅行鞄選びの際に混乱してしまうかもしれませんが、あまり深く考える必要はないと思われます。 特に旅行鞄を店舗で選んで自分で買う場合は、店舗の方で使いやすかどうか、キャスターは動かしやすいかどうか…。 などを自分で確かめることができるので、と言えるでしょう。 トラベル用品レンタルをはじめてご利用の方へ 大きなスーツケースもレンタルならとってもお得! 旅行の日程によって使用するスーツケースのサイズは色々、購入しても保管場所が無い・・・。 そんな時はダーリングのスーツケースレンタルをご利用ください。 サイズやカラーなど、種類豊富なスーツケースをリーズナブルな価格でレンタルしております。 各ブランドメーカーのスーツケースを取り揃えております! 当店では少しでも多くのお客様のニーズにお応えするため、単なる価格追求だけではなく、「より良いスーツケースのレンタルで、より楽しいご旅行をしていた だくために」を合言葉に、1度は手に取って旅をしてみたい世界のトップブランドのスーツケースを幅広く取り扱っております。 超軽量で操作性が抜群の一品、セレブなスーツケースの代名詞とも言われるドイツ、リモワ社の「リモワ・サルサ」を筆頭に「サルサ・デラックス」「サルサ・エアー」をお手頃な価格帯で提供しておりますのでぜひご覧ください。 また、世界の名品としても名高いアメリカ、サムソナイト社からは、スーツケースの代表作「サムソナイト・パローネ」のレンタルをご用意させていただいております。 さらにスウェーデンからは、自国の国旗をモチーフしたスーツケース「イノベーター」のレンタル、イタリアからは、世界50ヶ国以上の地域で愛用されているスーツケース、「ロンカート・ウノ」のレンタルがあります。 他にもドイツではリモワ社と双璧をなすと言われている世界屈指のブランドメーカー、オールドクラシック風スーツケース「グローブ・トロッター」のレンタル、スーツケース業界の雄、世界4大ブランドの1社、エミネント社の「エミネント・リンク」と、1度は手に取って旅をしてみたい憧れのブランドスーツケースが勢ぞろいです。 さて、ここで当社から一つの提案がございます。 それは、今後これから新しくスーツケースのご購入を計画されているお客様へのもので、ご購入される前にぜひ1度当店のスーツケースをお試しでレンタルしていただき、ご旅行中にスーツケースの特長を肌でじっくりと感じていただいてから、その後に確りと品定めをした上で、ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか? また、スーツケースの他にも海外旅行に役立つ変圧器やプラグセットなど、各種トラベル小物も取り揃えております。 当店では皆様からレンタルでのご注文を心からお待ちしております。 消毒済クリーンマークがついています ベビー用品のレンタルで最も心配なことは、「商品が清潔で安全か」ということかと思います。 当店では、アルコール消毒を行い、さらにオゾン殺菌処理を加え、除菌・滅菌作業をしっかり行っておりますので、安心してご利用いただけます。

次の

キャリーケースの鍵の合鍵は作れる?無くしたり壊れたらどうする?

キャリーケース 鍵

アメリカやハワイ旅行でも使えるTSAロック付きの鍵付きスーケースについてご説明しています。 海外旅行ではスーツケースの鍵をかけない ??? 海外旅行ではセキュリティ面が気になるので、スーツケースには鍵をかけてから預けたいものです。 海外では盗難被害が多いので、勝手にスーツケースの中身を見られてしまう、中のモノを盗まれてしまうといったケースも少なくありません。 しかし、海外では9. 11同時多発テロの事件以降、空港のセキュリティが非常に厳しくなり、スーツケースに鍵をかけないようにと言われています。 というのも、空港のスタッフが怪しいと感じたときは荷物の中身を確認することがあり、鍵がかかっている場合は鍵を壊してしまうからです。 しかし、 アメリカが開発したTSAロック付きのスーツケースであれば、鍵をかけていても壊される心配がありません! 最近販売されているスーツケースのほとんどは、TSAロック付きのものが多いので、アメリカやハワイなどの海外旅行に行くときは、TSAロック付きのスーツケースを使ってみましょう。 鍵をかけても安心のTSAロックとは? 「TSAロック」は、アメリカ運輸保安局 TSA Transportation Security Administration によって認可・容認された鍵のことです。 状況によっては中身の目視検査が必要になり、鍵のかかったスーツケースは切断・破壊によって開封することが合法とされています。 そのため、鍵を壊されたときに荷物まで壊れてしまっても、持ち主は一切文句を言うことができず、修理費用・買い替えは全て自己負担になってしまいます。 しかし、TSAロックはそのような被害をなくすために開発され、目視検査が必要になった場合は、係員が鍵を開けられるシステムになっています。 これなら鍵をかけたままでも安心して荷物を預けられるので、海外旅行に行かれる方は、TSAロック付きのスーツケースを使ってみると良いでしょう。 TSAロックはレッドダイアモンドが目印 ご自分のスーツケースがTSAロックなのか分からない場合は、スーツケースの鍵穴付近にレッドダイアモンド(赤い菱形マーク)と言われるマークが付いればTSA認証の鍵と確認できます。 現在、アメリカ入国ではスーツケースの鍵をかけないか、鍵をする場合には「TSA」対応の鍵をつけることが義務付けられています。 TSAロックでない鍵がかかっている場合は、鍵の切断、またはスーツケースを破壊して目視検査を行うことになるので注意が必要です。 もちろん、 ハワイもアメリカの州ですので、例外は認められません。 メインランド以外の アラスカ、グアム、サイパンもこのルールが適応されますので、スーツケースの鍵穴付近を確認し、TSAの目印であるレッドダイアモンドが付いているかを確認しておきましょう! スーツケースの鍵の種類はいくつある? スーツケースの鍵のタイプは、スーツケースの種類によって変わります。 「フレームタイプ」と 「ジッパータイプ」で違う鍵の種類があるのでご紹介します。 スーツケースの開閉部分に金属が使用されていて、カチッと枠がはまるタイプのスーツケースとなっています。 フレームタイプの鍵には、「シリンダーロック」「マグネットロック」「ダイヤルロック」「カードロック」の4種類があります。 スーツケースがフレームタイプの場合 シリンダーロック 通常の鍵穴に差し込んで回すタイプの鍵で、使いやすく大半のスーツケースに採用されています。 を動画で 紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 マグネットロック 鍵のかけ方は、シリンダーロックと同じように回して閉めますが、鍵穴はなく窪みに鍵を合わせて回して使用します。 鍵穴が無い分、ピッキングされにくいという特徴がありますが、tsaに対応した機能はありませんので注意して下さい。 スーツケースがジッパータイプの場合 ダイヤルロック 何桁(3~4桁)かの暗証番号を合わせて解錠するタイプのロックです。 暗証番号は自分で設定できるようになっているので、自分にしかわからない番号を設定してください。 ダイヤルロックはファスナータイプでも採用されている鍵で、解錠するとファスナーのツマミ部分が外れ、スーツケースを開けられる仕組みとなっています。 を紹介した動画を用意しましたので、始めて使用する方はぜひ参考にしてみてください。 カードロック 専用のカードによって、ロックの施錠、解錠ができるものです。 TSAロックが設定できる物は少ないので、スーツケースを選ぶときは特に注意して下さい。 キャリーケースなどジッパータイプの簡易ロックの場合 スーツケースの開閉をジッパーで施錠するタイプとなっていて、ジッパー両方の引手に鍵をかける仕組みのスーツケースとなっています。 簡易式でも施錠の効果は十分に有るので忘れずに鍵を掛けましょう。 南京錠 南京錠のような形をした錠前で、シリンダーキー、または鍵タイプとダイヤルロックの2種類があります。 南京錠タイプの鍵はTSA採用のスーツケースも多く出回っていますので海外旅行に行くならTSAロックの付いたものを選ぶと良いでしょう。 シリンダーキー シリンダータイプの鍵に必要なキー、鍵穴に差し込んで回すタイプの鍵となっています。 簡単に施錠・解錠ができるので、ジッパータイプのスーツケースの場合も使いやすさを求めている方は、シリンダーキータイプを使ってみてください。 しかし、このタイプは施錠・解錠に必要な鍵を持ち歩く必要があるので、紛失しないように注意しましょう。 ダイヤルロック こちらはファスナータイプに多い、暗証番号をあわせることで解錠できるタイプの鍵です。 ご自分で暗証番号を設定できるので、海外旅行での盗難被害を防ぎたい方にはぴったりのスーツケースです。 また、暗証番号は再設定もできるので、セキュリティを重視するのであれば、定期的に変更しておくと良いでしょう。 セキュリティの性能は値段によって左右する スーツケースには様々な種類の鍵が付いていますが、tsa認証マークの付いた鍵であればセキュリティ検査では問題はありません。 そのため、スーツケースや鍵のタイプは、ご自分が使いやすいものを選んでも問題ないでしょう。 しかし、スーツケースに付いている鍵の性能は、値段によって左右されるといわれています。 値段の高いスーツケースであれば、当然ですが壊れにくい鍵が付いています。 しかし、安いスーツケースにはあまり丈夫でない鍵が付いている傾向があるようなので、海外旅行に行く場合はセキュリティ面に少し不安を感じるのではないでしょうか? スーツケースを選ぶときにセキュリティ面を重視される方であれば、当社で取り扱っている一流メーカーのスーツケースを選んでおけば、安心して海外旅行を楽しめるでしょう。 アメリカ便なら鍵は掛けられない? 「TSA」なら鍵をかけてもOKと一時期は、言われていましたが、現在アメリカへ渡航するとき米国系の航空会社では 「TSAロックでも、鍵はかけないで欲しい」と、インフォメーションしている会社が多いです。 理由としては、最悪の場合TSAの空港スタッフが合鍵を必ず携行していないことを考えて、最悪のことを考えで案内をしているようです。 つまり、「TSA」の合鍵がない場合、 鍵を壊してスーツケースを開けてしまう可能性もあるということからなのです。 また、日系の航空会社でも米国の各空港を出発または、乗り継ぎされる場合には預ける手荷物に施錠をしないことを求めています。 このルールは、アメリカに限ったことで、その他の国では鍵の取り扱いが違います。 また、ヨーロッパやアジアなどに行く場合は、鍵をかけてもスーツケースの中を勝手に開けてしまうということはありません。 鍵をかけないことで起きる災難と回避方法 アメリカへ行くときに、鍵をかけずにスーツケースを預ける方が無難ではありますが、一点だけ注意しておきたいことがあります。 ハードケースの場合、スーツケースの鍵をかけずに空港内のターンテーブルに乗せたとき、衝撃でパカッと開いてしまうことがあります。 もちろん、スーツケースに鍵をかけないからといって、必ず開いてしまうわけではありません。 ですが、万が一スーツケースが開いてしまった場合、中の荷物が飛び出してしまい、周りの方の迷惑になることも十分考えられます。 海外旅行でスーツケースに鍵をかけないときには、衝撃で中身が飛び出してしまわないように注意しておきましょう。 このような災難を回避するには、 がおすすめです。 最近では、スーツケースベルトにも「TSAロック」を採用したものがあります。 スーツケース本体に鍵をかけずに、TSAロック採用のスーツケースベルトを活用するということも、ある意味ありかもしれません。 なぜなら、仮に合い鍵を持たないスタッフがいた場合、スーツケースに鍵をかけていなければ、ベルトを破損するだけで済みますので、スーツケース本体に被害が及ばないと言うメリットがあります。 また、新しいスーツケースを購入するよりも、スーツケースベルトの方が安く手に入るので、金銭的な被害も最小限に抑えられるでしょう。 スーツケースの鍵が壊れたときの解決法方 海外旅行中にスーツケースの鍵が壊れてしまった場合、荷物を取り出すことができず困ってしまいます。 また、鍵の壊れたスーツケースがレンタル商品だった場合は、自力でこじ開けてしまうと壊れてしまうので、修理費用が発生するかもしれません。 そんなときは、スーツケースをレンタルした会社に問い合わせてみてください。 相談することで解決方法が見つかるかもしれないので、スーツケースを壊さずに済むかもしれません。 ですが、レンタル会社に相談しても鍵を開けられないこともあるでしょう。 最悪の場合は鍵を壊すという解決方法になりますが、レンタルスーツケースの場合は、スーツケースのプロが最終手段を教えてくれます。 当社のスーツケースレンタルはtsaを全ての商品につけていますので安心してご利用頂けます。 貴重品はスーツケースの中に入れない アメリカやハワイへの海外旅行へは、スーツケースがTSA対応のスーツケースでも、空港に預けるときには鍵をかけない方が良いとご紹介させて頂きました。 空港でスーツケースを預ける場合は「TSA」の鍵でも、かけないで預けた方がスーツケース本体の破損を避ける観点からすると、良さそうであるということになります。 スーツケースに鍵をかけないとなりますと、貴重品は中に入れないようにしましょう。 それは、預けた荷物の中身の盗難されるリスクを避けるためでもあります。 元々、チェックイン時に空港スタッフにスーツケースを預ける際に、「貴重品は入れないでください」と案内されることもあります。 つまり、預けるスーツケースの中身の安全性は、誰も保証していないからです。 しかし、「TSA」付きのスーツケースは必要ですし、持って行って決して無駄ではありません。 鍵をかけない方がいいのは、空港でスーツケースを預けるときだけの注意点です。 空港からの移動でスーツケースを預けることもあるでしょうし、ホテルに到着時、出発時にスーツケースを預けるときなどは、 しっかりと鍵をかけた方が中身の紛失・盗難を防ぐことができるからです。 アメリカやハワイ・グアムの旅行にはTSA対応のスーツケースのご利用をおすすめします。 >>>> スーツケースレンタルで初めて使うタイプの鍵は心配になりますが、そんな時には先ずこちらをご覧下さい。 色々なタイプのでは鍵の使い方を動画で判りやすく紹介していますので安心です。 Posted in , Tagged 投稿ナビゲーション.

次の