皇帝 の 一人 娘 漫画。 【スカッとした話】娘『父親いらねーよ!』俺「じゃあ出てけ!俺お前の父親じゃないしw」娘『え…?』→結果www【漫画動画】

皇帝小説一覧

皇帝 の 一人 娘 漫画

漫画アプリ・ピッコマ、コミコで連載中の「皇帝の一人娘」 原作YUNSULさん 小説・황제의-외동딸 、漫画RINOさん。 かわいい絵柄にパンチの効いたセリフが面白い、転生&恋愛ファンタジー漫画です。 主人公のリアを中心に、彼女と関わる人との心の交流を描いています。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、リアに心酔するイブリンという令嬢が、グレシットの誕生パーティに出席し、リアを賛美しつきまとう。 あまりにも熱烈にリアを褒めて振り回すので、リアはタジタジで対応しきれない。 グレシットは何故かイブリンを見て緊張する。 その後、ペルデルの授業に参加したリアは、カイテルがペルデルを誘って前皇帝イバンに対し下剋上を行ったことを教えてもらうのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「皇帝の一人娘」154話のネタバレ カイテルから誘われたペルデルは、始めは断るつもりだったが、国が滅びそうだったことと、仲が良いのが皇帝になったほうがいいかと思い、カイテルに協力することにしたのだそうだ。 ペルデルなら負け戦はしないだろうが、下手したらヴィテルボ一族が処罰されかねないことだ。 今のアグリジェントがあるのは、自分の努力があったからだと嬉しそうなペルデル。 こうやって色々学ぶにつれ、いかにペルデルが優秀な宰相なのかがわかる。 崩壊寸前だった帝国をここまで立て直したのだ。 困難な道のりだっただろう。 いっそ一から国を作った方が楽だったに違いない。 彼は心からこの国を愛しているのだ。 リアはペルデルに、ありがとうと微笑む。 照れるペルデル。 いつもなら自信過剰でうざいくらいだが、今日のペルデルはいつもと違う。 彼は、自分の子供には彼が見てきたような国を見せたくないと思ったからだと言い、そしてその願いは叶いつつあると話す。 確かに彼のおかげで、リアや双子は安心して成長してこれた。 リアは、最近は何か問題はないかと彼に尋ねる。 彼女としてはなんとなく聞いただけだが、ペルデルの表情を見ると何かありそうだ。 実は今戦争になりそうだと、彼の口から思いがけない言葉が飛び出した。 神物による認証を受け、正式に皇位を継承したプレツィアの新しい皇帝が、たった3年でプレツィアの政権を掌握し、プレツィアを統一した。 その皇帝とは、リアが7歳の時に会った、ハーベルである。 あれ以来会っていないが、まさかそのようになっているとは想像もつかなかった。 実はペルデルが、反皇帝勢力に加勢していたのだと言う。 いずれプレツィアから手をひくべきだとは思ってはいたが、今ではないと思っていたのだという。 南大陸で勢力を振るっていた大帝国が簡単に滅びたことが気になり、ためらっていたのだ。 しかしながら、ここまで早く統一されるのも彼は望んでおらず、時期が早すぎて困惑しているのだと。 そんなことでペルデルがそこまで悩むとは思えない彼女は、他に何かあるのではと突っ込む。 ペルデルはため息をつくと、プレツィアがアグリジェントからの独立を希望しているのだと言う。 戦争もいとわないという宣戦布告までしてきたので、カイテルは生意気なレギオンの息の根を止めると怒り心頭で、なだめるのに苦労したとのこと。 では本当に戦争になってしまうのかと、リアが不安がると、そんなに簡単に戦争にはならないというペルデル。 しかし、アグリジェントはこれまで戦争が頻発していたので、その言葉は信用できないと思うリア。 ペルデルは、今度プレツィアの使節団がくると言い、今回の交渉で全てが決まるのだと話す。 その交渉はペルデルが行うのであろう。 国のために苦労する宰相を見て、心苦しい彼女は、何か手伝えることはあるかと尋ねる。 彼は、いつも通りカイテルをお願いしますと頼むのだった。 その後、庭園にてリア、双子、グレシットが話をしていた。 国を護るためなら仕方ないけど戦争は反対だと、りんごをかじるヴァル。 サンセも同意している。 しかし彼らが反対したところで、戦争が起きないわけじゃない。 どうか、明後日ある使節団の交渉がうまくいくようにと彼女は祈る。 皇宮の外にでるなとカイテルから言いつけられている彼女は、使節団を出迎えることもないだろう。 ふと、グレシットがぼーっとしていることに気づくリア。 最近様子がおかしい時があり、悩みでもあるのかと彼女は考える。 ヴァルは理由を知っているようなので、今すぐ問い詰めようと考えると、イブリンがやってきた。 リアが手入れした庭園を見に行っていたのだが、見終わったようだ。 イブリンはいつも通りリアにべったりである。 まぁでも自分の言うことはよく聞いてくれるしと、少し諦めモードのリアなのだった。 漫画「皇帝の一人娘」154話の感想 独立しようと宣戦布告してきたハーベル皇帝率いるプレツィア。 生意気なレギオンの息の根を~と書いてあったので、ハーベルの名前の一部かと思い過去話見てみましたが、ハーベル・ランツフッド・ユルトスがフルネームでした。 レギオンとは誰なのでしょう・・・? プレツィアから使節団がくるそうですが、リアとハーベルは再会できるのでしょうかね。 美しく成長したリアを見て、彼はどう思うのか等見てみたいです。 子供の頃の話ですが、ハーベルはリアに敵対心はなく、むしろ好意があるようだったので、戦争にならず平和に話がまとまるといいですね。 また、わかりやすくイブリンに惚れているグレシット。 彼らの恋の進展もみてみたいものですね。 それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

漫画「皇帝の一人娘」133話の作品内容のネタバレと感想

皇帝 の 一人 娘 漫画

出典元: 原作の小説:황제의 외동딸(原題) 全5巻+外伝1巻が出版されており、完結しております。 累計部数8万部に到達した人気のロマンスファンタジー小説です。 洗練された表紙絵とユーモアなストーリー、そして姫要素があり、代理満足を得るにちょうどいいとの評価のようです。 漫画「皇帝の一人娘」原作の内容・結末のネタバレ 原作は既に完結しているので、リアが一体どうなったのか、一番人気のアシシはどうなるのかは調べることはできました。 ですが、せっかくコミカライズされ読みやすく、キャラクターに愛着も沸く作品もある今、先読みしてしまうと面白さが半減してしまうかもしれません。 それでも先が気になって仕方がない、原作は原作、コミックはコミックと割りきれる方だけお読みいだだければと思います。 漫画「皇帝の一人娘」の原作|リアとアシシについて 原作では二人の仲はあくまで主従関係のままです。 そもそも年齢が20歳は離れていると思われる二人が結ばれること自体が無理ですね。 それでもリアは、歳が離れていなければアシシと結婚したと思うと語ります。 アシシはリアの護衛騎士として務めあげ、その後リアの娘の護衛騎士も務めあげます。 ファンとしては残念な結末ではあるのですが、年齢的に仕方がないですね。 漫画「皇帝の一人娘」の原作|リアの伴侶について ペルデルの甥っ子である、アヒン(ホアヒン)が伴侶になります。 作中でリアが頬を赤らめる描写があるので、規定路線だったようです。 リアは彼と一男一女をさずかります。 コミックだと銀髪で青い目の少年で描かれています。 アヒンは北部スヘルトーヘンボスの次期皇帝なんですよね。 聖痕が体によりくっきり出ているものが皇帝になる国で、彼は顕著にでていたため内定されたそうです。 が、ペルデルの姉である母親が反対し、アグリジェントに逃げてきたようです。 そして二人は出会い、彼が帰国後も10年後にばったり出会い、家出したリアに同行し、おでこにキスしたりもして・・・と続きます。 作者的にはペルデルとアシシを足したのがアヒンだそうです。 漫画「皇帝の一人娘」の原作|ドランステの正体 ナイフの精霊だそうです。 カイテルが幼い頃に胸に刺さったナイフらしく、今は折れているので破片を集めているのだそう。 またリアの精神が子供のものではないことに気づいている唯一の存在だそうです。 漫画「皇帝の一人娘」の原作|ペルデルについて 作中ではカイテルやリアに馬鹿にされている宰相ペルデル(フェルデル)ですが、実は以前カイテルが起こしたアグリジェント皇室殲滅を仕掛けた張本人です。 シルビアとの約束で、生まれてくる次の世代の子どもたちのためによりよい世界を作るとし、アグリジェントを作り変えていくのでした。 帝国のためを思い、尽くしてきた人物のようです。 また同時に第6皇子を手助けしていた反逆者でもあります。 この皇子が生きていたことで、帝国に愛着のないカイテルを皇帝の座に座らせ続けることができたということだそうです。 ちなみに第6皇子の子供が、ティレニアがカイテルの子と言って連れてきたゼーランドです。 感想 リアとアシシはやっぱり、という感じでしたね。 以前にアシシがリアに送ったネックレスは、恋人か主君が受け取るもので、リアは主君としてなんだろうけど恥ずかしがっていました。 そういうのも含めて、二人の恋愛要素はチラホラでていましたよね。 また伴侶となるアヒンとの初々しい交流が見もののようです。 上ではざっくりと説明しただけですが、アグリジェントから帰る際リアの髪を持ち帰るのですが、二人してドキドキしてしまうらしくかわいいです。 こういう付き合いたてのカップルのやり取りは、ほんわかしていいですよね。 ドランステも想像通りでしょうか。 リアの内面を知っている唯一の存在として、お互いを支え合っていける親友の立ち位置なんですかね。 恋人役、人気としてはアシシがダントツで突き抜けているので、そこに収まるしかないのかなという。 ペルデルは普段の扱いの酷さからは信じられないほど、実は熱く有能な人物でしたね。 物語を一番動かしているのは彼のようです。 今後コミカライズされていく中でどのような変化を遂げるのかとても楽しみです。 漫画はとても読みやすいですしね。 まとめ ・リアの伴侶はアシシではなくアヒン ・ドランステは剣の妖精 ・ペルデルが裏の主人公 ネタバレは以上です。 各エピソードをまとめたものがにあります。 よければ参考にしてみてください。 それではここまで読んで下さってありがとうございました。 また次回もお楽しみに.

次の

皇帝の一人娘

皇帝 の 一人 娘 漫画

漫画アプリ・ピッコマ、comicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL 小説・황제의-외동딸 、漫画RINO 突然、血の皇帝と呼ばれる暴君の娘として転生してしまったアリアドネ 通称リア。 子供殺しも厭わない彼の元で生き抜いていくために、愛嬌を武器に生き抜いていく。 かわいい絵柄にパンチの効いたセリフが面白い、転生&恋愛ファンタジー漫画です。 主人公のリアを中心に、彼女と関わる人との心の交流を描いています。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、リアの家出についてくるというハーベル。 置いていくならばらすぞと言うので同行することに。 アシシ、ヴァル、グレシットをお伴に、アグリジェントからなるべく早く離れるよう、馬を飛ばし、浮遊船のあるアンシップまで移動。 アグリジェントでは皇都が封鎖され、リア探しが行われているそうだ。 ヴァルとアシシは夕食をとる場所を探しに行ったので、ハーベルと二人きりになってしまい、リアは気まずくなるのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「皇帝の一人娘」170話のネタバレ ハーベルに見つめられ、気まずくなったリアは、初めて家をでたので自分でやることが多く大変だ、と話題を作ってみる。 後悔しているのかと聞かれ、そうではなく、宮から出て人々の暮らしを見たのは初めてなので、楽しいのだと答える。 実際に目にした世界は想像していたものと違い、この世はパラダイスでもなければ、人が親切なわけでもないし、想像と現実の差が面白いと説明する。 前世も現世もさほど違いなくてほっとする。 アグリジェントへの幻想は薄れたが、おとぎ話に出てくるお姫様にならなくていいのだとわかり、肩の荷が降りた気分だ。 ハーベルは、カイテル皇帝がリアを閉じ込めていた理由、わかった気がすると言う。 その理由は何か聞いてもはぐらかすので、イラっとするリア。 そして一行は浮遊船乗り場へ。 浮遊船は文字通り、帆を張った船だった。 設備の整っていて、速度が速く、陸路で3年、海洋船で3ヶ月かかるアンシップとスヘルトーヘンボス間の移動が、たった3日しかかからないという。 ヴァルは何度乗っても楽しめると言い、リアも浮遊船を楽しむ。 旅慣れしているハーベルは理解できないようだ。 一方、アシシは船酔いをしており、口を押さえながら青ざめていた。 アシシは馬以外の交通手段は、全て乗り物酔いをする体質だったのだ。 辛いなら客室で休んではどうかとリアが声をかけるが、皇女様の傍にいなくてはと言い、吐き気をこらえるのだった。 そうしてようやくスヘルトーヘンボスに到着。 スヘルトーヘンボスには薄い膜がかかっており、それは北帝国の象徴である聖王の守護膜である。 ここは北帝国で栄えている都市の一つ衛星都市ロルランで、ここから上に1日馬車で進めば、帝国の首都イルミネンにでるそうだ。 首都にいくと顔見知りに会う危険があるので、1日観光したらすぐ他の都市に移動したいと言うリア。 ヴァルはリアに、アシシおじさんと観光してこいと言って、自分はハーベルと宿探しをすると勝手に決め、ハーベルを連れていった。 アシシとハーベルが一緒にいると空気が悪いので、ナイス判断だった。 残ったリアとアシシ。 二人きりだとデートみたいだ。 市場を見ようとリアが声をかけると、アシシは、陛下が心配しているはずですと、彼女に言う。 わかっていると、答えるリア。 皇女様は心配でないのかと聞かれ、心配だけど帰りたい気持ちではない、思いっきり楽しめれば帰りたくなるかもと正直に話す。 アシシは、陛下もきっと黙ってはいないだろうと言うので、帝国の体裁のために家出したことはいいふらしたりはしないだろう、こっそり探して諦めるのではないかと言う。 諦めることはないだろうと言うアシシ。 世界が終わってもカイテルが私を諦めることはないかもしれないと同意する彼女は、楽しんだらちゃんと帰るから心配しないでと、アシシに話す。 アシシはわかってくれたようだ。 ところで、どうしてリアの家出にあっさり協力してくれたのかと彼に聞くと、ペルデルに頼まれたからだと答える。 ペルデルは、皇女様のようにご自身の考えをお持ちで好奇心旺盛な方は、閉じ込めておくべきじゃない、もっと自由にできるよう力にならないといけない、何をしてもやり遂げるお方だからお前が傍で力になって差し上げろと、アシシに頼んだのという。 ペルデルが自分のことをそんなに考えてくれたなんてと、リアは温かい気持ちになる。 私も同じように考えておりますと言うアシシ。 おそらく陛下もそうだろうが、子の巣立ちを見届けるのがまだ嫌なのだろうと言う。 子離れできないカイテルに、ため息をつくリア。 じゃあアシシは寂しくないのかと聞くと、彼は驚いた顔をして無言になった。 そしていきなり観光案内をすると言って、リアに背を向けスタスタ歩き始めた。 ちょっと待ってとリアが呼んでも、アシシは速歩きでどんどん進む。 追いかけるリアは、高貴そうな銀髪の青年にぶつかってしまうのだった。 漫画「皇帝の一人娘」170話の感想 ハーベルはよくリアをじーっと見るので、彼女は気まずいようです。 二人きりになってしまいましたが、別に何もありませんでしたね。 ただ彼女のことをよく知りたいようです。 そうしてどんどんアグリジェントから離れていくリア一行。 乗り物酔いして護衛できなそうな護衛騎士アシシを連れ、アヒンのいる北帝国スヘルトーヘンボスまでやってきました。 アヒンは、ペルデルの甥っ子で、スヘルトーヘンボスの次期皇帝なんですよね。 リアとはアグリジェントで会ったことがあり、彼のふんわりした態度にリアのいつもの調子が崩され、彼女は対応に結構苦労していました。 リアの髪を触ってみたいという彼に、彼女は髪を触らせて、お互い赤面するというやり取りもありましたね。 今回の話の終わりで、リアが銀髪の青年にぶつかってますが、それがアヒンでしょうね。 ハーベルの恋敵が出現です。 というかアシシはリアを置いていってはダメでしょう。 それだけリアの言葉にパニックになったのでしょうけども。 子離れを認めたくない彼女を溺愛するカイテルとアシシ。 一方、常に先を見据えているおおらかなペルデル。 彼女は3人の父とも言える存在がいて幸せですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の