クローム キャスト ワイファイ 接続。 クロームキャストの初期設定方法

ChromecastのセットアップをPC(Windows・Mac)で行う設定方法

クローム キャスト ワイファイ 接続

機材としては、Chromecastとテレビスマートフォンやパソコンだけです。 Chromecastは、スタンダードな「Chromecast」のほか、高画質の4K Ultra HDやHDRにも対応した「Chromecast Ultra」と、「Chromecast Audio」という音楽専用のデバイスもあります。 Chromecast Audioは、オーディオ機器などに接続して使う音楽機能に特化したデバイスなので、スマートフォンやパソコンの画面をミラーリングすることはできません。 ですから、スマートフォンやパソコンの画面をテレビに映すために必要な機材としては、ChromecastとChromecast Ultraが対象となります。 テレビは、HDMIの入力端子があることが条件です。 もちろん、動画配信サービスで4Kコンテンツを楽しむためには、Chromecast Ultraであること、4K対応テレビであること、4K対応のサービスを契約していることが条件になります。 スマートフォンやパソコンについては、必要スペックは公開されていません。 OSについては、パソコンはWindows 7以降、またはOS X 10. 9以降、スマートフォンはAndroid 4. 2以降かiOS 9. 1以降となっています。 環境としては、インターネット環境が必要です。 有線LANに接続可能なのはChromecast Ultraだけですので、Chromecastは無線LAN環境が必要となります。 ただし、無線LANルーターの設置場所によっては、壁や床によって電波が届かなかったり、周囲の電波と干渉し合ったりすることがあります。 もし、無線LANの環境が悪いようであれば、Wi-Fi環境を整えてみてはいかがでしょう。 もちろん、有線LANでつなげるChromecast Ultraを購入する手もあります。 しかし、価格としてはChromecastが4,980円なのに対して、Chromecast Ultraは9,000円と、約2倍近くになります。 ご自身にとって最適なタイプをきちんと検討しましょう。 Chromecastを使うには、初期設定が必要です。 ここでは、スマートフォンを例として、Chromecastのセットアップ方法をご紹介します。 機材の設置 まずは、Chromecastから出ているHDMIケーブルを、テレビのHDMI端子に挿します。 HDMI端子はテレビの裏面や側面にあることが多いです。 続いて、Chromecast 本体にACアダプターをつなぎ、電源ケーブルをコンセントに挿しましょう。 テレビ画面を確認 接続が完了したら、正しく接続できているかどうかテレビ画面を見て確認します。 写真のようにセットアップを促すメッセージが表示されていたら接続成功です。 このとき、何も映っていなかった場合は、テレビの入力設定がChromecastを接続した端子と同じか確認しましょう。 もし、入力端子のセレクトが間違っていなかった場合は、ケーブルがきちんと接続されているか確認します。

次の

iPhoneをChromecast(クロームキャスト)にミラーリングする方法・接続設定解説

クローム キャスト ワイファイ 接続

index• クロームキャストって何?できることは? クロームキャストとはグーグルから発売されている製品になります。 製品の特徴としては「スマートフォンの映像を大画面テレビに映し出すことが出来る」という性能を持っています。 今でこそ動画というコンテンツが当たり前の世の中になっていますので商品価値はかなり高まっていますがひと昔前までは使っている方も少なく、メディアで取り上げられることもありませんでした。 そんな中2020年2月から新型コロナウィルスの影響で外出自粛を強いられて各家庭で動画や映画を見る方が増えたことにより需要が急増しました。 一時期電気屋さんやネットショップからも姿を消しました。 任天堂スイッチも同じ現象が起きましたね。 量産は中国になるので中国のロックダウンの影響を大多数の製品が受けてしまったのはまだ記憶に新しいかと思います。 少し話がずれましたが、クロームキャストで出来ることをまとめましたので、参考までにどうぞ。 ・YouTubeやニコニコ動画のテレビ視聴 ・携帯アプリをテレビに投影してプレイ ・某動画配信サービスをテレビで視聴 ・スマホで撮った写真や動画を大画面に投影 などなど、わかりやすく言えば携帯の画面をテレビに映し出す「ミラーリング」が出来るということになります。 スマホとテレビを繋いで画面を映し出すケーブルとかも安価で購入出来ますが、繋ぎっぱなしや画面を消せないなどの不便があるためあまり人気にはなりませんでしたね。 今回紹介するクロームキャストは一度ミラーリングしてしまえば画面を消しても他アプリを開いても電話をしても繋いだ携帯がその場になくてもテレビには映ったままにすることが出来るので、バッテリー消費も抑えられるのが最大の特徴です。 値段や種類は?ウルトラってなに? 現在までに発売されているのは3代目まであります。 新しければ新しいほど再生処理の速さやWi-Fiの受信速度も良くなるので購入するなら最新型が良いですが、某フリマアプリでは初代も2代目も安く購入出来るのでコストを抑えたい方はそちらでも十分だと思います。 初代「H2G2-42」 解像度1080p 本体差し込み型 IEEE802. 4GHzのみ対応 発売当初価格:4200円 2代「NC2-6A5」 解像度1080p ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:4980円 3代目「GA00439」 解像度1080p ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:5072円 初代と2代目は結構な性能差がありましたが、2代目と3代目にはほとんど差がないため、新たに購入する方向けに発売されたのかな、という印象がありますね。 2代目と3代目の間に「クロームキャスト ウルトラ」というものが存在していますが、ウルトラってなに? ウルトラ「GA3A00403A14」 解像度2160p()ハイダイナミックレンジ ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:9980円 ウルトラは4Kに対応していることが判明しましたね。 値段も倍近く変わってきますので、3代目で十分かと思いますが映像を一番にしている方にはオススメなのがウルトラになります。 クロームキャストの使用方法 HDMIケーブルをテレビに挿入して、本体から出ている電源ケーブルをコンセントに挿せば準備は完了です。 この状態で接続ができていれば挿入したHDMI端子に入力切替をすればchromecastという表示がテレビ上でされています。 ミラーリングの方法 YouTubeやU-NEXTなど各サイトにこのようなマークがアプリ上に表示されていれば画面を転送する準備がOKだよってことです。 接続するとマークが青くなり、電波の部分が下から上に動くモーションが発生します。 そうすれば動画の再生ボタンの押すとテレビで再生されます。 こちらが接続完了の青いマーク この時テレビはこんな感じ。 筆者はU-NEXT使用していますのでこの画面。 あとは見たい動画を再生すればテレビで再生されます。 この時スマホはもう他事やっても構いません。 クロームキャストの類似品にご注意!! 廉価版と思われてる方も多いと思いますが、「Miracast」という形がchromecastにそっくりの製品がフリマアプリやネットショップを中心に出回っています。 ただ、かなり似せてきている感がありグーグルのクロームキャストの廉価版と勘違いしそうですが、まったくの別物です。 失敗したくない方は間違えないようにしてください!.

次の

Xperia の画面を、Android TVの大画面で映せるんです!(Android TV)

クローム キャスト ワイファイ 接続

index• クロームキャストって何?できることは? クロームキャストとはグーグルから発売されている製品になります。 製品の特徴としては「スマートフォンの映像を大画面テレビに映し出すことが出来る」という性能を持っています。 今でこそ動画というコンテンツが当たり前の世の中になっていますので商品価値はかなり高まっていますがひと昔前までは使っている方も少なく、メディアで取り上げられることもありませんでした。 そんな中2020年2月から新型コロナウィルスの影響で外出自粛を強いられて各家庭で動画や映画を見る方が増えたことにより需要が急増しました。 一時期電気屋さんやネットショップからも姿を消しました。 任天堂スイッチも同じ現象が起きましたね。 量産は中国になるので中国のロックダウンの影響を大多数の製品が受けてしまったのはまだ記憶に新しいかと思います。 少し話がずれましたが、クロームキャストで出来ることをまとめましたので、参考までにどうぞ。 ・YouTubeやニコニコ動画のテレビ視聴 ・携帯アプリをテレビに投影してプレイ ・某動画配信サービスをテレビで視聴 ・スマホで撮った写真や動画を大画面に投影 などなど、わかりやすく言えば携帯の画面をテレビに映し出す「ミラーリング」が出来るということになります。 スマホとテレビを繋いで画面を映し出すケーブルとかも安価で購入出来ますが、繋ぎっぱなしや画面を消せないなどの不便があるためあまり人気にはなりませんでしたね。 今回紹介するクロームキャストは一度ミラーリングしてしまえば画面を消しても他アプリを開いても電話をしても繋いだ携帯がその場になくてもテレビには映ったままにすることが出来るので、バッテリー消費も抑えられるのが最大の特徴です。 値段や種類は?ウルトラってなに? 現在までに発売されているのは3代目まであります。 新しければ新しいほど再生処理の速さやWi-Fiの受信速度も良くなるので購入するなら最新型が良いですが、某フリマアプリでは初代も2代目も安く購入出来るのでコストを抑えたい方はそちらでも十分だと思います。 初代「H2G2-42」 解像度1080p 本体差し込み型 IEEE802. 4GHzのみ対応 発売当初価格:4200円 2代「NC2-6A5」 解像度1080p ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:4980円 3代目「GA00439」 解像度1080p ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:5072円 初代と2代目は結構な性能差がありましたが、2代目と3代目にはほとんど差がないため、新たに購入する方向けに発売されたのかな、という印象がありますね。 2代目と3代目の間に「クロームキャスト ウルトラ」というものが存在していますが、ウルトラってなに? ウルトラ「GA3A00403A14」 解像度2160p()ハイダイナミックレンジ ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:9980円 ウルトラは4Kに対応していることが判明しましたね。 値段も倍近く変わってきますので、3代目で十分かと思いますが映像を一番にしている方にはオススメなのがウルトラになります。 クロームキャストの使用方法 HDMIケーブルをテレビに挿入して、本体から出ている電源ケーブルをコンセントに挿せば準備は完了です。 この状態で接続ができていれば挿入したHDMI端子に入力切替をすればchromecastという表示がテレビ上でされています。 ミラーリングの方法 YouTubeやU-NEXTなど各サイトにこのようなマークがアプリ上に表示されていれば画面を転送する準備がOKだよってことです。 接続するとマークが青くなり、電波の部分が下から上に動くモーションが発生します。 そうすれば動画の再生ボタンの押すとテレビで再生されます。 こちらが接続完了の青いマーク この時テレビはこんな感じ。 筆者はU-NEXT使用していますのでこの画面。 あとは見たい動画を再生すればテレビで再生されます。 この時スマホはもう他事やっても構いません。 クロームキャストの類似品にご注意!! 廉価版と思われてる方も多いと思いますが、「Miracast」という形がchromecastにそっくりの製品がフリマアプリやネットショップを中心に出回っています。 ただ、かなり似せてきている感がありグーグルのクロームキャストの廉価版と勘違いしそうですが、まったくの別物です。 失敗したくない方は間違えないようにしてください!.

次の