山田裕太。 齋藤飛鳥&山田裕貴、制服で2ショットランウェイ キュートなポーズに歓声【GirlsAward 2018 A/W】

<NEXT>上越市塩屋新田出身 スポーツトレーナー 山田裕太さん

山田裕太

主人公・花垣武道(ハナガキタケミチ)は壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では年下の店長からバカ扱いされるどん底人生真っ只中のダメフリーター。 その事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落する。 死を覚悟した瞬間、タケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまった!過去に戻ったタケミチはヒナタの弟ナオトに遭遇、ナオトに「10年後ヒナタは殺される。 」と伝えたことにより、未来が変化した。 ヒナタは救えなかったがナオトは死を避け10年後刑事になっていた。 現代に戻り、刑事になったナオトに「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。 力を貸して欲しい!」と言われる。 タイムリープする方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手すること。 ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが関東最凶不良軍団・東京卍曾に挑む。 主人公・花垣武道(タケミチ)を演じるのは、北村匠海。 そのほか、東京卍會副総長・龍宮寺堅、通称ドラケンを山田裕貴、物語のカギを握る存在の橘ナオトを杉野遥亮、タケミチの天敵でキヨマサこと清水将貴を劇団EXILEメンバ-・鈴木伸之が務める。 さらに、タケミチの親友・千堂敦を磯村勇斗、裏で暗躍する東京卍曾幹部・稀咲鉄太を間宮祥太朗、タケミチが挑む東京卍曾の総長・佐野万次郎、通称マイキーを吉沢亮が演じるという超豪華キャストが集結した。 メガホンをとるのは英勉監督。 公開は10月9日に決定した。 特に武道が一番好きなキャラクターでもあったので、「もし映画化されるなら絶対僕がやりたい!」と思っていましたが、原作を好き過ぎるあまり少し不安でもあります(笑)。 ドラケン役:山田裕貴 コメント 最高に嬉しいです。 原作が大好きでずっと読んでいましたし、中でもドラケンが断トツで一番好きなキャラクターです。 原作を読みながら、勝手にドラケンのシーンで自分の声をあてて読んでいたくらいです(笑)。 髪型もドラケンをやるなら(原作の)あの髪型にしたい!と本当に剃り上げることになりました。 実際に仲良しでもある吉沢亮がマイキー役をやるということで、最強のマイキー&ドラケンコンビが見られると思います。 期待して下さい! ナオト役:杉野遥亮 コメント 橘直人を演じます。 武道がタイムリープをする中でナオトの世界線は僕が想像する以上の歪みや苦しみを伴っているんではないかと思います。 今を必死に生きようと奔走するナオトと、「ナオトの今」を創っていきたいと思います。 そして、24年間の中のベストオブ握手を北村匠海と交わしたいと思っています。 よろしくお願いします。 キヨマサ役:鈴木伸之 コメント 原作を知ったきっかけは、周りの友達がこぞって「面白い!」と言っていたことです。 だからお話をいただいた時は嬉しかったですし、実際読んでみるとただの不良漫画ではなく、主人公が時代を行き来したり、人間関係もしっかり描かれていて確かにすごく面白かったです! 映画化に今自分もワクワクしています。 外見もできる限り原作に忠実にしていくつもりなので、是非楽しみにしていて下さい。 アッくん役:磯村勇斗 コメント お話をいただいてから原作を読ませていただきましたが、物語自体の面白さと魅力的なキャラクター達に引き込まれて、読む手が止まらなくなりました。 過去では赤髪リーゼント、未来ではやせ細った(トーマンの)幹部になったりと、外見の変貌も多い。 大切な仲間=武道の心に何を投げられるかを考えながら、外見も内面もしっかり変化させて挑みたいです。 キサキ役:間宮祥太朗 コメント 原作は俳優仲間に薦められて、一気に読ませて頂きました。 登場人物は皆、喧嘩が強くて心の中に覇気を持っているけれど、僕が演じる稀咲(キサキ)にはその中でも特に容赦の無さみたいなものがある。 不良、仲間、友情。 シンプルで熱いお話なんですが、そこには暗い影も確実に落ちていて。 その象徴が稀咲だと思いますし、この群像劇の中で1人だけ独立したような存在になればいいなと思っております。 でも主演が別の作品でもご一緒した北村匠海君で、周りのキャストも素敵な役者さんが集まっていたので、楽しい現場になるだろうと思い、やらせて頂くことになりました。 マイキーの純粋過ぎるが故の危うさと、時折見せる刺すような冷たい目。 その辺を映画として見た時にオーバーになり過ぎないように、ちゃんと落とし所を見つけて演じられればと思います。 あとハイキック。 柔軟頑張ります。 英勉監督 コメント 真正面から撮らせていただきます。 生身の武道、マイキー、ドラケンはじめ愛すべきキャラクター達がみんなの為に命を張れる場所を提供してあげたいと考えてます。 何卒宜しくお願いします。

次の

<NEXT>上越市塩屋新田出身 スポーツトレーナー 山田裕太さん

山田裕太

ひとこと 【私はこんな仕事をしています】 主に、橋梁補修設計業務や橋梁点検業務に携わっています。 パソコンを使った図面作成などのデスクワークがメインですが、現地に行って実際に点検をしたりなどフィールドワークも行っています。 【一番印象に残っている仕事】 入社一年目に行った、橋梁補修設計業務です。 分からないことだらけでしたが、その分学ぶこともたくさんありました。 また、橋梁点検車と呼ばれる大型の機械に実際に乗っての作業も初めての経験でした。 先日、一部の工事が終わった現地を見に行きましたが、出来上がったものを自分の目で見ることができて、とても感動しました。 【私はこんなことに興味を持っています】 昔から、野球が好きです。 ここ数年はもっぱら見る専門ですが、夏はたまに試合にも参加しています。 もちろん、札幌ドームにも足を運んでいます。 保有資格 JABEEプログラム卒業 私の書いた記事•

次の

<NEXT>上越市塩屋新田出身 スポーツトレーナー 山田裕太さん

山田裕太

人物 [ ]• 幼少時代よりやとして映画『』、『』などに出演した。 『』に出演。 他にやなどが出演していた。 2001年にの舞台『』大阪公演で不祥事を起こして降板したの代役を務め、同年度の演劇新人賞を受賞。 以後、下記のように舞台でも精力的に活動している。 2005年に公開された『』ではとして出演した(越前リョーガ役)。 共演以前から、と交友関係である。 彼らは、自身のブログに頻繁に取り上げられている。 同じくホリプロ所属のとは堀越学園時代からの付き合いで、なんでも自分に聞こうとする新山は自分のことが好きなのではないかと思っていた。 2019年度で芸能生活35周年を迎える。 2020年3月にはその集大成として、自身初となる一人芝居「赤ずきんちゃんのオオカミ」をウッディシアター中目黒にて上演予定。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 第5楽章「愛のない結婚できますか? 」(1991年、) - 裕太 役• 第6回『きっとひとりで歩いていける』(1992年、フジテレビ) - 主演• 第55話「清の桃太郎鬼退治」(1992年5月31日、)• 『オムレツ』(1992年10月20日、フジテレビ) - 山田大二郎 役• 『』(1993年8月26日、フジテレビ) - 主演・島田典道 役• 第7話(1994年、) - 韋駄天小僧 役• 第2話(1995年、)• (1996年、) - 福本圭太 役• (1997年、NHK) - 野田次郎 役• 第6話(1997年、テレビ朝日)• 第6話(1997年、)• 「22」(1998年、日本テレビ) - 上田直樹 役• (1998年、関西テレビ) - 渡辺マサル 役• (1999年、フジテレビ) - 新井 役• 2 (1999年、日本テレビ)• (2000年、NHK) - 北山舷 役• (第2シリーズ)FILE. 05「あの子は殺ってない!? 雨の鴨川が見た真犯人!」(2000年11月16日、テレビ朝日) - 石坂公太 役• (2001年、TBS) - 高木透 役• (2002年、日本テレビ) - 上条達也 役• 私の青空2002(2002年、NHK) - 北山舷 役• 第3話(2002年、日本テレビ) - タクミ 役• オルファクトグラム(2002年、)• Pな彼女「カルロスに憧れて」(2002年、TBS)• 成り上がり(2002年、フジテレビ)• (2002年、フジテレビ) - 谷口オサム 役• (2003年、NHK) - 菰の十郎 役• (2003年、TBS) - 山口卓 役• (2003年、テレビ朝日)• 第15話「光る舟」(2004年7月13日、) - 茶髪 役• (2005年、TBS)• (フジテレビ)• 第9作 「あたらしい生き物」(2005年) - 金原英二 役• 第15作「男の夢」(2006年) - 石井 役• 「2」(2006年、TBS) - 刈谷努 役• (2007年、フジテレビ) - 前野和夫 役• 「」シリーズ(2007年、) - 加納元 役• 第6話(2007年、日本テレビ) - 福永右近 役• 土曜ワイド劇場「」シリーズ(2007年、朝日放送) - 青野信吾 役• (2008年、フジテレビ) - リュウジ 役• 第5回(2008年、フジテレビ) - 横山 役• (2009年、フジテレビ) - 仁礼勝平 役• 第3回(2009年、NHK) - 富沢 役• 第3シリーズ 第9話(2009年、テレビ朝日)• (2010年、フジテレビ)• (2010年、関西テレビ) - 金谷文則 役• 「」(2011年1月 - 4月、NHK) - 役• 第8話(2011年、) - 二ノ宮誠 役• 月曜ゴールデン「」(2012年3月5日、TBS) - 軽部明 役• 第4話(2012年、TBS) - 永瀬拓海 役• 第9シリーズ 第3話(2013年、テレビ朝日) - 根本徹 役• マッチング・ラブ(2013年、TBS) - ユウキ 役• () - 子吉 役• 大岡越前 最終話(2014年)• 大岡越前2(2014年10月 - 12月)• 大岡越前3(2016年1月 - 3月)• 大岡越前4(2018年1月 - 3月)• 大岡越前5(2020年1月 - 2月)• 特集ドラマ「」(2014年3月11日、NHK) - 町田 役• (2016年4月 - 6月、) - カルロス 役• (2016年、NHK総合) - 重吉 役• 「」「赤い博物館」(2016年8月29日、TBS) - 寺田聡 役• (2018年8月13日、TBS) - 政吉 役• 京都タクシードライバーの事件簿(2019年2月、TBS) - 鈴木英昭 役• ぼくらのショウタイム(2019年4月、メ~テレ)• (2019年12月、NHK総合) - たかしお兄さん 役• (2020年10月 - 、NHK BSプレミアム・) 映画 [ ]• (1991年4月20日公開、) - 大杉健 役• (1993年7月3日公開、松竹) - 愛川健太 役• (1997年11月8日公開、松竹) - 大石力 役• (2000年7月1日公開、スローラーナー) - ハサモト 役• (2001年10月6日公開、) - 明 役• (2001年11月10日公開、) - 三之助 役• (2002年公開)• (2002年3月2日公開、スローラーナー)• (2002年6月29日公開、ゼアリズエンタープライズ) - 大田 役• (2005年1月29日公開、松竹) - 越前リョーガ 役• (2008年9月27日公開、東宝) - 達彦 役• (2012年4月7日公開、シナジー/アーク・フィルムズ) - 野田雄介 役• 劇場版 ぼくらのショウタイム(2019年4月12日公開) Vシネマ [ ]• ドロップ・アウト しなやかな女豹(1992年、)• 首領 ドン (2020年) - 菊島要 テレビその他 [ ]• (1988年 - 1996年、フジテレビ) テレビアニメ [ ]• (2010年、テレビ東京) - 役 ゲーム [ ]• (2009年、) - 後藤さん 役 ラジオ [ ]• (1997年4月 - 9月、)• 山崎裕太のオールナイトニッポン(2015年4月、ニッポン放送) ラジオドラマ [ ]• 「自分からの手紙」(2005年8月27日、)• 「お茶の葉」(2013年9月8日・15日、) 舞台 [ ]• (、、)• (、2001年9月) - 主演• (、2002年1月) - 主演• (・・、2003年8月 - 9月)• (青山劇場・、2006年3月 - 4月)• (、、2006年6月 - 7月)• (青山劇場、2006年10月)• (青山劇場・NHK大阪ホール、2007年6月 - 7月)• (・・、2009年2月 - 3月、再演2011年3月 - 4月)• (、2011年8月)• (45周年記念公演、2011年10月 - 11月)• 池田屋・裏2012(天王洲 銀河劇場、2012年3月)• ART (・シアター・ドラマシティ、2013年8月 - 9月• サロメ (シアターウエスト、2014年2月)• 新・幕末純情伝(新国立劇場 小劇場、2015年1月)• 4BLOCKS(サンシャイン劇場、2015年4月)• 音楽劇 夜曲(東京芸術劇場、2017年12月)• 山崎裕太 35TH anniversary ヒトリシバイ 赤ずきんちゃんのオオカミ(ウッディシアター中目黒、2020年3月) PV [ ]• 「」 DVD [ ]• 少年たちは花火を横から見たかった(1999年8月7日発売)• w-inds. 「ageha」初回特典DVD(2005年6月1日発売) - PV主演• 任侠ドラマシリーズ 首領 第1巻(2020年2月25日発売) - 菊島要 役 WEBドラマ [ ]•

次の