マグカップ 蒸し パン。 マグカップで材料を混ぜてチンするだけ。電子レンジでしっとりもっちり蒸しパンのレシピ

フライパンで作る蒸しパンの作り方

マグカップ 蒸し パン

電子レンジで作るラクラク 「マグカップケーキ」 スーパーのお菓子売り場を歩いていたときのこと。 子供達がマグカップで作るケーキの素を買いたいと言い出しました。 原材料をみると、家にあるものでできそう。 さっそく何度か自分で作り、完成したレシピを子供に見せると大喜び。 (喜んでいるが、ケーキを与えたわけでなく、与えたのは単なるレシピ…。 ) 最初のうちこそ、子供が作る横であれやこれやと助言しましたが、今ではおなかがへると、子供たちだけで各自がマグカップを用意して作りはじめてしまうというシロモノです。 簡単で、それでいて、木目の細かいしっとりとしたケーキに焼き上がりますので、朝食用のパンがなかったり、ご飯が炊けていないときにも、パパッと作れてしまうところが嬉しい、お勧めしたいケーキです。 作り方 【材料を混ぜ合わす】 できるだけ大きな直径のマグカップを用意します。 小麦粉とが均一に混ざるように、十分に攪拌します。 ベーキングパウダーは、溶かしたり焼いたりしたときに、二酸化炭素を発生し、生地に気泡を作ります。 均一に混ざっていないと、木目の細かい生地に焼き上がりませんから、しっかりと混ぜ合わせます。 【オプションを混ぜる】 バニラ味ならバニラエッセンスを入れ、コーヒー味なら小さじ1程度のインスタントコーヒーを小さじ1程度の湯に溶かして加えます。 他にも、抹茶小さじ1もGOOD。 【砂糖と卵、サラダ油】 砂糖を加えます。 もし、ブルーベリー味にしたい場合は、砂糖の代わりにたりすることで、いろいろなバリエーションを楽しむことができます。 ここに卵を割り入れ、サラダ油を加えます。 【混ぜる】 生地を混ぜ合わせます。 にもあるとおり、ベーキングパウダーは、加熱しなくても二酸化炭素が出始めていますので、混ぜはじめたら、時間をおかずに焼き始めます。 【電子レンジで加熱】 写真のように盛り上がるため、ラップはせずに、電子レンジで加熱します。 加熱時間は、800Wなら1分30秒、600Wなら2分、400Wなら3分です。 生焼けになるようなら、適宜時間を調整します。 トッピングには、ホイップクリーム、フレッシュフルーツ、あんこなど。 写真はプレーンタイプのバニラバージョンと、コーヒータイプのバージョンです。 他にも、抹茶味、ブルーベリー味、イチゴジャム味、バナナ味、あんこ味など、様々な味で作ることができます。 加えるジャムの量は大さじ2〜4の間であれば、おいしいかと思います。 【木目】 切り口の写真です。 まるで、一生懸命泡立てた、本格的なショートケーキの台そのもの。 こういったことを知っておくと、失敗が少なくなりますね。 この助剤の働きによって、重曹の欠点を改良したものがベーキングパウダーというわけです。

次の

失敗料理のリサイクル☆

マグカップ 蒸し パン

電子レンジで作るラクラク 「マグカップケーキ」 スーパーのお菓子売り場を歩いていたときのこと。 子供達がマグカップで作るケーキの素を買いたいと言い出しました。 原材料をみると、家にあるものでできそう。 さっそく何度か自分で作り、完成したレシピを子供に見せると大喜び。 (喜んでいるが、ケーキを与えたわけでなく、与えたのは単なるレシピ…。 ) 最初のうちこそ、子供が作る横であれやこれやと助言しましたが、今ではおなかがへると、子供たちだけで各自がマグカップを用意して作りはじめてしまうというシロモノです。 簡単で、それでいて、木目の細かいしっとりとしたケーキに焼き上がりますので、朝食用のパンがなかったり、ご飯が炊けていないときにも、パパッと作れてしまうところが嬉しい、お勧めしたいケーキです。 作り方 【材料を混ぜ合わす】 できるだけ大きな直径のマグカップを用意します。 小麦粉とが均一に混ざるように、十分に攪拌します。 ベーキングパウダーは、溶かしたり焼いたりしたときに、二酸化炭素を発生し、生地に気泡を作ります。 均一に混ざっていないと、木目の細かい生地に焼き上がりませんから、しっかりと混ぜ合わせます。 【オプションを混ぜる】 バニラ味ならバニラエッセンスを入れ、コーヒー味なら小さじ1程度のインスタントコーヒーを小さじ1程度の湯に溶かして加えます。 他にも、抹茶小さじ1もGOOD。 【砂糖と卵、サラダ油】 砂糖を加えます。 もし、ブルーベリー味にしたい場合は、砂糖の代わりにたりすることで、いろいろなバリエーションを楽しむことができます。 ここに卵を割り入れ、サラダ油を加えます。 【混ぜる】 生地を混ぜ合わせます。 にもあるとおり、ベーキングパウダーは、加熱しなくても二酸化炭素が出始めていますので、混ぜはじめたら、時間をおかずに焼き始めます。 【電子レンジで加熱】 写真のように盛り上がるため、ラップはせずに、電子レンジで加熱します。 加熱時間は、800Wなら1分30秒、600Wなら2分、400Wなら3分です。 生焼けになるようなら、適宜時間を調整します。 トッピングには、ホイップクリーム、フレッシュフルーツ、あんこなど。 写真はプレーンタイプのバニラバージョンと、コーヒータイプのバージョンです。 他にも、抹茶味、ブルーベリー味、イチゴジャム味、バナナ味、あんこ味など、様々な味で作ることができます。 加えるジャムの量は大さじ2〜4の間であれば、おいしいかと思います。 【木目】 切り口の写真です。 まるで、一生懸命泡立てた、本格的なショートケーキの台そのもの。 こういったことを知っておくと、失敗が少なくなりますね。 この助剤の働きによって、重曹の欠点を改良したものがベーキングパウダーというわけです。

次の

マグカップレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

マグカップ 蒸し パン

電子レンジで作るラクラク 「マグカップケーキ」 スーパーのお菓子売り場を歩いていたときのこと。 子供達がマグカップで作るケーキの素を買いたいと言い出しました。 原材料をみると、家にあるものでできそう。 さっそく何度か自分で作り、完成したレシピを子供に見せると大喜び。 (喜んでいるが、ケーキを与えたわけでなく、与えたのは単なるレシピ…。 ) 最初のうちこそ、子供が作る横であれやこれやと助言しましたが、今ではおなかがへると、子供たちだけで各自がマグカップを用意して作りはじめてしまうというシロモノです。 簡単で、それでいて、木目の細かいしっとりとしたケーキに焼き上がりますので、朝食用のパンがなかったり、ご飯が炊けていないときにも、パパッと作れてしまうところが嬉しい、お勧めしたいケーキです。 作り方 【材料を混ぜ合わす】 できるだけ大きな直径のマグカップを用意します。 小麦粉とが均一に混ざるように、十分に攪拌します。 ベーキングパウダーは、溶かしたり焼いたりしたときに、二酸化炭素を発生し、生地に気泡を作ります。 均一に混ざっていないと、木目の細かい生地に焼き上がりませんから、しっかりと混ぜ合わせます。 【オプションを混ぜる】 バニラ味ならバニラエッセンスを入れ、コーヒー味なら小さじ1程度のインスタントコーヒーを小さじ1程度の湯に溶かして加えます。 他にも、抹茶小さじ1もGOOD。 【砂糖と卵、サラダ油】 砂糖を加えます。 もし、ブルーベリー味にしたい場合は、砂糖の代わりにたりすることで、いろいろなバリエーションを楽しむことができます。 ここに卵を割り入れ、サラダ油を加えます。 【混ぜる】 生地を混ぜ合わせます。 にもあるとおり、ベーキングパウダーは、加熱しなくても二酸化炭素が出始めていますので、混ぜはじめたら、時間をおかずに焼き始めます。 【電子レンジで加熱】 写真のように盛り上がるため、ラップはせずに、電子レンジで加熱します。 加熱時間は、800Wなら1分30秒、600Wなら2分、400Wなら3分です。 生焼けになるようなら、適宜時間を調整します。 トッピングには、ホイップクリーム、フレッシュフルーツ、あんこなど。 写真はプレーンタイプのバニラバージョンと、コーヒータイプのバージョンです。 他にも、抹茶味、ブルーベリー味、イチゴジャム味、バナナ味、あんこ味など、様々な味で作ることができます。 加えるジャムの量は大さじ2〜4の間であれば、おいしいかと思います。 【木目】 切り口の写真です。 まるで、一生懸命泡立てた、本格的なショートケーキの台そのもの。 こういったことを知っておくと、失敗が少なくなりますね。 この助剤の働きによって、重曹の欠点を改良したものがベーキングパウダーというわけです。

次の