ご 不明 な 点 が ご ざいましたら ご 連絡 ください。 ご不明な点がございましたら /文例・敬語の使い方・意味

「ご不明な点等ございましたら」意味・使い方・ビジネスメール例文

ご 不明 な 点 が ご ざいましたら ご 連絡 ください

目上の人と話す際、あるいはビジネスシーンにおいて「ございましたら」という言葉が用いられる事は頻繁にあります。 しかし、「ございましたら、とはどういう意味か」と尋ねられたら、皆さんはしっかり相手に説明する事はできるでしょうか。 普段、当たり前のように使用している言葉だからこそ、意味を聞かれると難しいものです。 この「ございましたら」という言葉は、仮定の意味を含めています。 仮定とは「もし~だったら」と未来のことを指しています。 また、この「ございましたら」は「ある」という言葉の敬語表現でもあります。 そのため、「ございましたら」は、「もしこの先、~がある場合には」という意味を持っている言葉です。 「ありましたら」という言い方も丁寧語としては成立しますが、「ございましたら」という敬語表現の方がより丁寧で親切な印象を受けます。 したがって、ビジネスシーンでは、「ございましたら」を用いると良いでしょう。 何かございましたら ここからは「ございましたら」の基本的な使い方についてご紹介します。 まず、よく使用される例として「何かございましたら」という使い方が挙げられます。 この「何か」には、「用事がある時は」や「わからないことがある場合には」といった意味が含まれており、困ったとき、不安な時といった状況が含まれます。 また、この「何か」に「ございましたら」という丁寧な敬語表現を付け加える事で、「よろしければ」といった柔らかいニュアンスが含まれます。 それにより、相手側も何かあったときには気軽に連絡ができるよう配慮している言葉とも言えるでしょう。 ご連絡ください 先ほど紹介した「何かございましたら」の後には多くの確率で「ご連絡ください」という言葉が付け加えられます。 これはビジネスシーンでよく使用される言葉の例の1つで「何かございましたらご連絡ください」と繋げて使われる事が多いです。 しかし、この言葉を交わすと同時に名刺を渡す際には、「何かございましたら」と「ご連絡ください」の間に「こちらに」を入れる事でより丁寧な相手にわかりやすい説明となります。 このように連絡下さいと相手に伝える際には、共に自分の連絡先を相手に伝える事でより親切な対応となります。 忘れずに自分の連絡先を伝えましょう。 お申し付けくださいなど ビジネスの商談の際ではなく、ホテルなどのサービス業では、「何かございましたらご連絡ください」ではなく、「何かございましたらお申し付けください」と使われる事が多いです。 この際、「何か」ではなく、「わからないことがございましたら」や「ご用がございましたら」といった言葉に言い換えられる事が多いです。 しかし、後者の「ご用がございましたら」に関しては、少々尊敬語に使われる「ご」と「ございましたら」を同時に使用する事で、少々くどいように感じてしまう人もいます。 気になるようであれば、ここでは「ございましたら」ではなく、「ご用がありましたら」と丁寧語に直して使用すると違和感ないでしょう。 「ございましたら」の敬語・謙譲語・丁寧語の使い方 「ございましたら」は「もし~があるならば」といった未来を仮定した敬語表現であるという説明をしてきました。 また、ビジネスシーンにおける使い方や、サービス業でよく使用される使い方も合わせてご紹介させて頂きました。 その際、軽く敬語について触れましたが、皆さんは覚えているでしょうか。 ここでは「ございましたら」の敬語表現について、より詳しく見ていきます。 敬語にもいくつか種類がありますので、「ございましたら」は何に属するのか、また「ございましたら」よりも丁寧な敬語表現は存在するかなどを確認していきましょう。 「ありましたら」の丁寧語 まず先ほどもご紹介したとおり、「ございましたら」は「ある」を敬語表現に直した言葉です。 さらにここまでにも何度か登場しました「ありましたら」をさらに丁寧にした言い方です。 したがって、「ございましたら」は敬語の種類に当てはめると「ありましたら」の丁寧語が適切とされています。 この「ありましたら」という言葉の丁寧語として、もう1つ「おありでしたら」という言い方が存在します。 皆さんの中にも耳にした事があるという方がいらっしゃるのではないでしょうか。 この言葉も丁寧語として使用される事がありますが、正しくは間違った敬語表現です。 「おありでしたら」ではなく、「ございましたら」、または「ありましたら」を用いる方法が正しい敬語表現です。 実は「ございましたら」は謙譲語 ここまで「ございましたら」という言葉は「ありましたら」の丁寧語であるという話をしてきましたが、実は「ございましたら」という敬語は謙譲語にも当てはまるとされています。 詳しく見てみると、「ありましたら」という言葉はそもそも「あれば」の丁寧語です。 敬語表現の1つである「ありましたら」を謙った言い方に直した言葉が「ございましたら」となります。 この「ございましたら」は「ございます」自体が謙譲語であるため、それの活用形ということでこちらも謙譲語に当てはまります。 基本的に丁寧語よりも尊敬語と謙譲語の方がより敬語として強い表現であるとされているため、より丁寧に言いたい場合は「ございましたら」を使うべきであると結論づけられます。 尊敬語の場合は名詞に「ご」を付ける もしも相手に尊敬語として使いたい場合には、「ご~ございます」が使用可能です。 「ご」は尊敬の意味を含める接頭語です。 したがって、この「御(ご・お)」を名詞に付ける事で、尊敬語の表現として使用する事ができます。 例えば「相談」に尊敬の意味を含めるならば「ご相談」となります。 これを見ると「尊敬語と謙譲語の組み合わせで二重敬語になってしまうのでは」と思われる方もいるでしょう。 しかしこの場合、具体例を見てみるとわかりますが、「ご質問がございましたら」という例文では、尊敬語と謙譲語の文章が一旦区切られている事がわかります。 したがって、二重敬語ではなく、正しい敬語表現として使用する事が可能です。 一般的にビジネスシーンでも「ご不明な点がございましたら」というように使用される事は多いです。 もちろん、「何かございましたら」と簡潔に、しかし正しい敬語表現として使う方法も正しい敬語表現です。 「ございましたら」と「おありでしたら」の違い ご質問 まずは相手に対して「質問があったら」という意味で使われる事があります。 この場合は「ご質問がございましたら」と使われる事が多く、謙譲語ではなく尊敬語として使用される事がほとんどです。 このように相手が行う行動に対して「ございましたら」を使用する場合は、先ほど紹介したように「ご~ございましたら」と尊敬語に直して送信すると良いでしょう。 不明点 続いて「わからない事がありましたら」という内容を打つ際に使われる例文が、「ご不明点がございましたら」という使い方です。 この「ご不明点」の前に「何か」を付ける事もあります。 「わからないことがありましたら」と言ってしまうと少々聞きにくいですが、「ご不明点がございましたら」ならば聞こえが柔らかく、相手も質問しやすいでしょう。 お時間など.

次の

送付のお知らせメールの文例集(社外向け)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

ご 不明 な 点 が ご ざいましたら ご 連絡 ください

ご連絡賜りたく存じます。 よろしくお願い申し上げます。 ご連絡賜りましたら幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ご連絡くださいましたら、もし不在の場合でも、折り返しお電話でご回答させえていただきます。 よろしくお願い致します。 ご連絡くださいますようお願い致します。 …適当にアレンジして、しっくりくる感じにしてから使ってください。 前者二つはかなり丁寧な感じ。 個人的な好みでは後者2つのどちらか。 あまりに丁寧だと、 意味をとらえるのに脳みそを0.001ミリくらい余分に働かせなければなりません。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社...

次の

ご遠慮なく /文例・敬語の使い方・意味

ご 不明 な 点 が ご ざいましたら ご 連絡 ください

納品に際しましては細心の注意を払っておりますが、 万が一、不都合な点などございましたらご連絡ください。 至急対処させていただきます。 このたびは大変やりがいのあるお仕事をさせていただきましてありがとうございました。 また何かございましたら全力でがんばりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいた します。 簡潔にまとまっているメールだと思います。 報告とは別の、 自分のコメントを段落で区切ったことでメリハリもつきますね。 いつも、大変お世話様になっております。 お手数でもよ ろしくお願いいたします。 今後も、貴社のお役に立てるようスキルアップに励む所存でございますので、今後ともど うぞよろしくお願いいたします。 また、なにかございましたら、是非お声をかけていただ けるとありがたく存じます。 どうぞよろしくお願いいたします。 美文です。 私としましては、全力を傾けて作業いたしましたが、 担当者さまにご確認いただき、 不都合がありましたらご連絡ください。 何分次の作業があり、 全面的に張り付いての修正作業は難しい状態ですが、 出来る限りの対応を取らせていただきます。 修正作業時間として1日当たり2時間程は割けるよう 作業計画しております。 (修正作業が無ければ私の自由時間です。 ) また、私にお手伝いできることがありましたら、 是非お声をかけていただければと思っております。 最後になりましたが、 今回の作業にあたっては何かとご配慮いただき ありがとうございました。 それと気になったのは、「何分次の作業があり、」とありますが、同クライアントの業務を想定してのことですか? もしも、他のクライアントの仕事であれば、相手にとってあまり気分のいいことではないでしょう。 達五郎と申します。 納品につきましては、本メールに添付しております。 内容をご確認の上ご不明な点などございましたら お手数ですが達五郎までメール又はお電話にてご連絡 いただけますでしょうか?連絡先は下記の通りです。 何卒、宜しくお願い 致します。 ありがとうございました。 ほっしーです。 こちらの納品にて、このおしごと最後となります。 まだ、チェック後の手直しなどは残っておりますが、 ひとまず、長い間、本当にありがとうございました。 不備な点などございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。 今週は、自宅にていつで も作業できる状態です。 また、少々、気が早いお話ではありますが、今後、このようなお仕事がございましたら、 是非、ご一緒させていただけたら、、、と考えております。 その節には、どうぞよろしくお願い致します。 以上、今後ともどうぞよろしくお願い致します 感謝の意などが盛り込まれていて、印象のよいメールだと思います。 フォロー姿勢について、今後のお仕事への意欲についてなどもあり、大変よいと思います。 かおりーぬです。 先ほど最終分を納品いたしました。 これにて作業終了となりますが、不備などござい ましたら、お手数ですが、下記番号へご連絡くだ さい。 今後ともよろしくお願いいたします。 かおりーぬです。 先ほど最終分納品いたしました。 これにて作業終了 となります。 不備がありましたら早急に修正いたしますので、 恐れ入りますが、下記までご連絡ください。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 090-1111-1111(本人携帯) かおりーぬ aaaaa so-net. jp その1 通常の納品連絡としては、よいかと思います。 ただ、今回のテーマは完了の報告で、言わば締めくくりの挨拶にあたりますから、 お礼やお詫び、今後の抱負など一つの締めくくりとして盛り込むとよいでしょう^^ また、シグネチャ部分に日付が入っていますが、これよりも納品日を本文に記載してあげる方がより親切と言えます。 フォロー対処も記載されていてより親切にもなりましたね。 ただ、件名で前回の「(最終分納品の連絡)」にあたるものを省いたのは、残念でした。 受信時に一目でわかるような件名を心がけたいものですね。 この度はご依頼いただきまして、 大変ありがとうございました。 先ほど 最終分を納品いたしました。 ご不満な点がございましたら、すぐにお直しいたしますので、 なんなりとお申し付けくださいませ。 まだまだ至らぬところが多いかと存じますが、 お役に立てるよう、日々努力して参りますので、 今後もなにとぞよろしくお願いいたします。 納品とはオーダーの完全品の提供ですので、不具合・不備による修正はもちろん報酬内となるのでしょうが、「やり直してもいいよ」というのでなければ、 意味をしっかり踏まえたうえで表現するように心がけたいですね。

次の