七夕 飾り 種類。 おりがみ・七夕の飾り

簡単にできる七夕飾りの製作アイデア集|子どもと一緒に楽しもう

七夕 飾り 種類

(C)Shutterstock. com 七夕飾りの種類と意味 七夕飾りにはさまざまな種類があり、それぞれに意味や由来があります。 「 紙衣(かみこ)」は機織りの女神、織姫にあやかったもので「女子の裁縫の腕が上達するように」という願いが込められています。 織姫が使う織り糸を意味する「 吹き流し」という飾りの意味も同様です。 「 巾着(きんちゃく)」と呼ばれる袋状の飾りは、金運上昇のシンボルで、巾着の代わりに本物の財布を下げることもあります。 飾り作りで出た紙くずは、折り紙で作った「 屑籠(くずかご)」に入れますが、これも七夕飾りの一つで、質素・倹約・整理整頓の意味があります。 「 網飾り」は豊漁、「 千羽鶴」は家族の長寿と健康のシンボルです。 短冊の色にも意味がある 短冊に使われる色は、 青・赤・黄・ 白・黒(紫)の5色。 古代中国の陰陽五行説に基づいた色で、青は木・赤は火・黄は土・白は金・黒は水と、それぞれに万物を構成する五つの要素があてはめられています。 五行は「五徳」とも呼ばれ、青は仁・赤は礼・黄は信・白は義・紫は智といったように、人が持つべき五つの徳と関連しているとされています。 昔は、機織りの女神にあやかって、機織りなどの習い事の上達を願うのが慣例でした。 現代では、自由にさまざまな願い事を、七夕の短冊に書くことができます。 七夕飾りの製作アイデア 基本編 (C)Shutterstock. com 簡単に作れる、七夕飾りの製作遊びのアイデアを紹介します。 描いて、切って、貼り付けるだけなので、小さな子どもでも楽しく作れるものばかりです。 慣れたらアレンジを加えてみて。 マスキングテープで作る 笹飾り 七夕を飾る際の「 笹飾り」は、室内に入れると大きくてかさばり、落ちた葉っぱの掃除も大変。 本物の笹を用意しなくても、 緑のマスキングテープを使って、壁やドアに笹飾りを作ってみましょう。 茶・黄緑・緑色など、テープは2~3色あるとより実物に近くなります。 最初に笹の根っこと先端の位置を決め、その間を埋めるように緑のマスキングテープを貼っていきます。 細かい枝や葉っぱは、テープをハサミで切って形を作り、幹の完成後に全体のバランスを見ながら貼り付けていきます。 短冊や七夕飾りを飾るときは、テープを少し剥がしてから糸をくぐらせます。 織姫と彦星の人形 「 トイレットペーパーの芯」と「 千代紙」を使って、かわいらしい 織姫と彦星の人形を作ってみましょう。 まず、芯を半分にカットし二つに分け、千代紙を巻いて貼り付けます。 それぞれ、人形の胴の部分になるため、千代紙はそれぞれ織姫と彦星をイメージしたものを選んでください。 画用紙にクレヨンで顔を描き、ハサミで切り抜きます。 織姫は「飛仙髻(ひけんせい)」という独特の髪型をしていますが、この部分はカットした黒い画用紙などを付け足して作ります。 星形パンチなどで抜いた髪飾りを付けてあげると、さらにかわいらしくなります。 画用紙から切り抜いた顔をそれぞれの芯に貼り付ければ完成です。 簡単なのに華やか ちょうちん飾り ちょうちん飾りは、1枚の折り紙で簡単に作ることができます。 折り紙を半分に折り、山折りにした部分から、1cm幅で縦に切り込みを入れていきます。 上部は完全に切り離さず、1cmぐらいの余白を残しておいてください。 折り紙を広げた後、くるっと筒状に丸め、上と下をセロハンテープで留めれば完成。 上下におしゃれなマスキングテープを巻くと、よりちょうちんらしさがアップします。 七夕飾りの製作アイデア 応用編 (C)Shutterstock. com ハサミを細かく使って作る七夕飾りは、華やかで存在感があります。 子どもがうまくできない部分は、親がサポートしてあげてください。 切るだけで複雑な模様に 天の川 ハサミを使うことに慣れてきたら「 天の川」に挑戦してみてください。 ゴールドやシルバーなどのキラキラ輝く折り紙を使うと、より天の川らしく見えます。 まず、折り紙を裏向きの状態で縦半分に折り、さらにそれを縦半分に折ります。 次に、折り紙の左側からハサミで切り込みを入れていきます。 切り込み幅は約1cmが目安です。 小さな子どもが作業する際は目印を入れてあげるとやりやすくなります。 同様に、右側からも切り込みを入れていきましょう。 右側と左側の切り込みが互い違いになるイメージです。 最後に紙を開いたら完成です。 紙を勢いよく引っ張ると破れてしまうため、ゆっくりと形を整えながら開いてください。 貼り付けるだけ ボール飾り 小学生ぐらいになると、算数の授業で「コンパス」を使います。 円を描いた画用紙を切り抜いて「 ボール飾り」を作ってみましょう。 まずは紙で12枚の円を作るために、色画用紙に正方形のマス目を12個描き込みます。 マスの大きさは、できあがりのボール飾りの直径をイメージして、5cm程度にしてください。 マス目の端の縦1列に、コンパスを使って円を描いていきます。 円はマス目にぴったりとはまるようにしましょう。 ハサミで横1行ずつに切り離した後、各線で折って小さな正方形の形を作ります。 このとき、コンパスで描いた円が1番上になるように折ってください。 円にそって全体を切り抜くと、1度にたくさんの円が切り取れます。 切り取った円は、すべて半分に折っておきます。 半分にした円の片面にボンドを付け、それぞれを順番に貼り付けていくとボール状になります。 最後に形を整えれば完成です。 あわせて読みたい トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock. com 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

13種類の七夕飾りの意味とは!いつからいつまで飾ればいいの?

七夕 飾り 種類

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• 15種類の七夕飾り 1:短冊(たんざく) お願い事を書く短冊ですが、もともと短冊を使うようになったのは江戸時代に手習いや字の上達を願ったことからとされます。 なので短冊には 「学問や字の上達」という意味があります。 現在では、「〇〇が欲しい」とか本当に自由なお願いをするようになりましたけど、由来を考えれば勉学の向上を願うのが良いかもしれないですね。 短冊は細かく分けて5色あって、色ごとにも持つ意味が変化してきます。 短冊の色それぞれの意味についてはコチラのページをご覧になってみてくださいね。 で、作った「紙衣」 これ『裁縫上手くなりますように』という意味だと知りうりゃうりゃーと作ってる。 和柄の折り紙で作りたい… — 道 shihoru0901 織姫は機織りが上手であったとされているので、これにあやかり紙衣には 裁縫の上達や着るものに困らないように、という意味が込められています。 着物が飾りに使われるなんて少し不思議な感じがしますね。 口をしっかり締めることで、無駄遣いしないようにという戒めの意味があるそうですよ。 スポンサーリンク 4:投網(とあみ)・あみ飾り 網飾りは漁で使用される網を模した飾りなので、 豊漁祈願の意味があります。 また、網で魚をとるように、幸福も絡めとって集められるようにという意味も込められています。 5:屑籠(くずかご) くずかごは、飾りづくりをしたときに出た紙くずなどを入れてつるすので、 整理整頓をきちんとすることや清潔にすることを願う意味があります。 散らかしたものをそのままにしない、という意識を養うんですね。 6:鶴 鶴は昔から縁起がいい鳥で、長寿の象徴とされてきたことから 家族が長生きするようにとの願いが込められています。 鶴は、実際のところ20~30年くらいしか生きないのだそうですが、鳥にしては長生きですよね。 7:吹き流し 吹き流しは機織りが好きな織姫の織り糸を表しているので、 機織りや裁縫の上達の意味があります。 仙台七夕の吹き流しは有名ですね。 8:星飾り 星飾りは、 お願いごとが空まで届いて星が願いを叶えてくれますようにと言う意味です。 星は七夕の象徴のようなマークなので、お家でつくるときもあるといい飾りですよ。 9:輪つなぎ 輪つなぎは、輪っかをいくつもつなげて作ることから、 願いが消えずにつながっていくように、という意味があります。 いい人との関係がずっとつながって続いていくように、という願いも込められているそうです。 スポンサーリンク 10:菱飾り 菱飾りは天の川を表した飾りです。 七夕の日は梅雨時で実際に天の川を見れるかは微妙な所…なので、飾りで華やかにすると良いかもしれないですね。 11:ちょうちん 七夕飾り製作中。。 折り紙で作るときは、暖色系がいいかもしれないですね。 ^^ 12:ナス、スイカ ナスやスイカには 豊作を願う意味があります。 どちらも夏の食べ物なので、七夕の時期にちょうどいいですね。 13:貝かざり・魚 七夕飾り作り。 この懐かしいの、貝飾りという名前であった。 マカロニみたいでかわいい。 — 鳥彩子(ぷよ) toriayako 貝つなぎや魚には 海の恵みをたくさん受けらるように、という願いがあります。 昔は肉を食べることよりも魚や貝を口にすることのほうが多かったので、投網と同じで豊漁を願う意味が込められているのです。 14:三角つなぎ・四角つなぎ 子ども達と作った七夕飾りの 四角つなぎ、 色合いが何かに似てると思ったら NEWSのカラーだったww この色合いは可愛くて 個人的に好きかも• 15:笹 さいごに飾りとして忘れちゃいけないのは笹。 なぜ笹に飾り付けをするのかというと、笹は繁殖力や生命力が強い上、中に空洞ができているので神さまが宿るなどと考えられていたのです。 笹は神聖なものとして扱われてきたので、七夕でも笹を飾るようになったのです。

次の

13種類の七夕飾りの意味とは!いつからいつまで飾ればいいの?

七夕 飾り 種類

七夕飾りの種類と意味を知りたい… 子供が小さい頃は、幼稚園で作ってきてくれた七夕飾りをベランダに飾ったものです。 我が家なりのステキな七夕飾りを作ってみませんか? みんなでワイワイと折り紙で七夕飾りを折り、短冊に願いを書いて笹に吊るしましょうよ。 七夕が盛り上がりますね。 元々は、手芸や書道などの習い事が上達しますようにと願ったものですが、今は子供たちに自由に願い事を書いてもらいます。 七夕飾りは夜のうちに軒先(今はベランダですね)に飾り、裁縫の糸や天の川を表すそうめんや、野菜(ウリ、なす)や果物をベランダにお供えします。 夕食にそうめんを食べる地方もあります。 ステキな七夕のそうめん料理を作ってふるまうのもいいですね。 七夕飾りの種類と意味を知りたい 元々、七夕は中国の伝説と日本の古い行事が重なったものだといわれています。 天の川をへだてた牽牛(けんぎゅう)星と織女(おりひめ)星が、年に一度だけ会うことができるというロマンチックな日です。 七月七日の夕べにだけ逢うことを許された牽牛は、天の川を渡って織女に会いに来るという伝説ですね。 日本においては、古事記に出てくる「棚機津女(たなばたつめ)」を信仰していたことと重なり、中国から伝わった行事が広く受け入れられたようです。 ちなみに、七夕伝説の星の織女(織姫)はこと座べガ、牽牛(彦星)はわし座アルタイルです。 仙台七夕の七つ飾り 東北の三大祭りは「ねぷた」「竿灯」「仙台七夕」です。 京にあこがれ、わびさびを愛した「伊達政宗公」の気持ちが仙台人に受け継がれ、七夕祭りは紙で華やかな七夕飾りを作ります。 七夕飾りで有名な仙台には、七つ道具といわれる飾り物があります。 吹き流し• 巾着(きんちゃく)• 投網(とあみ)• 屑篭(くずかご)• 千羽鶴• 紙衣(かみごろも)• 短冊 華やかな素材で工夫された七つ飾りには深い願いが込められています。 吹き流し 上部にくす玉が飾られています。 織姫の織り糸を表していて、機織りや技芸の上達を願っています。 仙台の吹き流しは特にきれいで有名です。 外国の方にも絶賛されています。 巾着(きんちゃく) 巾着とは今でいう財布です。 節約、貯蓄の心を養いながら、富貴を願います。 (金運アップの願いを込めましょう。 笑) 口をしっかり紐で結び、無駄遣いを戒めます。 投網(とあみ) 網飾りは漁で使用される網を模したかざりです。 網を海に投げ入れて漁をしていたので、重要なたんぱく源である魚介の豊漁を祈願しています。 また、網で魚をとるように、幸運を呼び集めるという意味もあります。 屑篭(くずかご) 屑篭のなかには、七つの飾り物を作った後の紙屑などを集めていれ、ものを大事にする心や、清潔、倹約の心を育立てます。 整理整頓をきちんとできる人になれますように。 千羽鶴 鶴は縁起のいい鳥で、長寿の象徴です。 昔は家の長老の年の数だけ鶴を折り、延命長寿を祈願しました。 そして、折り紙を通じて、教わる心と教える心を学びます。 紙衣(かみごろも) 棚機女(たなばたつめ)が織り、神にささげたという衣です。 裁縫の腕が上がるようにと願います。 着るものに困らないようにという意味も込められています。 これはかわいいので、子供が喜びますね。 短冊 学問や書、手習いの上達を願っています。 早朝にカラトリ(里芋の親芋)の葉にたまった夜露を集めて硯に入れ、すった墨汁で詩歌を書いたそうです。 七夕飾りの種類と意味を教えて! 七夕飾りの種類はたくさんあります。 三角 つなぎ• 輪 つなぎ• 吹流し• ちょうちん• 貝 つなぎ• くす玉• スイカ• 織姫 彦星• あみ 飾り 七夕飾り 三角つなぎの意味 昔は三角形の布や四角形の布を使って飾りつけをしていました。 その名残で、 裁縫が上手になりますようにという願いが込められています。 七夕飾り 輪つなぎの意味 輪つなぎは、輪をいくつもつなげて作ることから、心に抱いた夢や願いが消えずにつながっていきますように、という意味があります。 いい人とのつながりがずっと続いていきますように、という願いも込められています。 七夕飾り 野菜の意味 野菜には豊作を願う意味があります。 習い事が上達しますようにという願いも込められているそうです。 宮中の人々が、野菜や果物をお供えして、詩歌などを楽しみましたが、それを庶民がまねをしたのが由来だといわれています。 七夕飾り 吹流しの意味 吹き流しは織姫が布を織るのに使う糸を表しています。 機織り(芸事)が上達しますようにという願いと、長い糸のように長生きできますようにという意味が込められています。 七夕飾り 短冊の意味 江戸時代になると、手習いや字の上達を願い短冊に書きました。 学問や字の上達を願う意味があります。 「五色(ごしき)の短冊」の五色とは「青」・「赤」・「黄」・「白」・「黒」です。 この五色に後から全てをまとめる「色」として、古くから「最上の色」と言われていた「紫」が加わり、その代わりに黒が使われなくなっていきました。 この五つの色は人が持っているべき五徳(ごとく)という教えも表しているとも言われています。 人間が正しくあるための心構えです。 仁・礼・信・義・智の五つで五徳です。 青:樹木や葉の色…木行 (仁:人間力を高める) 赤:燃え盛る炎の色…火行 (礼:両親、祖父母への感謝を表す) 黄:土や山、石などの色…土行 (信:人を信じる、友人知人を大切にする) 白:光輝く金属や鉱物の色…金行 (義:義務や決まり事を守る) 黒(今は紫):流れる水の色…水行 (智:学業の向上) 七夕飾りの意味 ちょうちん ちょうちんには、短冊や心を明るく照らしてくれるという意味があります。 明るい色の折り紙でちょうちんを作って、みんなの心を明るく照らしてくださいね。 七夕飾り 星の意味 星飾りは願いが空まで届き、叶いますようにという意味があります。 星の折り方もいろいろあるので、星をたくさん作って吊るしましょう。 七夕飾りの意味 貝つなぎ 貝つなぎには、海の恵みをたくさん受けられますように、魚や貝がたくさん獲れますように、といった 豊漁を願う意味が込められています。 七夕飾りの意味 くす玉 くす玉はシンプルにきれいですね。 くす玉は仙台に住まわれていた「森権五郎さん」が美しいダリアの花を見て、これを七夕飾りに使えないかと考えて、くす玉が七夕飾りになったといわれています。 七夕飾り 魚の意味 魚には海の恵みをたくさん受けられるように、という願いがあります。 豊漁を願う意味が込められています。 七夕飾り 笹の意味 笹は神聖なものとして扱われています。 笹は繁殖力が強く、生命力があるうえ、竹の中が空洞になっているので、神様が宿るといわれています。 笹の葉の形に折った折り紙などを連ねて飾る笹飾りは『 邪気を寄せ付けない』という意味が込められています。 七夕飾り 織姫と彦星 織姫と彦星のように、末長く仲良くいられますように、という意味が込められています。 1年に1度しか会えなくても、ずっとお互いを想い合う織姫と彦星にあやかって、『永遠の愛』を意味する場合もあるそうです。 七夕 飾り あみ 飾り あみ飾りは投網(とあみ)です。 てっきり、天の川かと思っていました。 (お恥ずかしい…) 豊漁を願い、幸せをたくさんつかみ獲れますように、という意味があります。 網飾りは魚を捕る漁網(ぎょもう)を表し、大漁を願います。 七夕飾りの種類と意味 まとめ 七夕飾りには、いろいろな意味がありましたね。 願いを込めて、折り紙で七夕飾りを折りましょう。 短冊に願い事も書きます。 みんなでワイワイと楽しむ七夕祭りはステキな思い出作りになりますよね。 七夕の短冊や飾り物は写真に撮っておくと、子どもの成長が見られていつまでも楽しめます。 七夕関連記事.

次の