東京 グール 実写 キャスト。 映画『東京喰種トーキョーグール』 公式サイト

東京喰種(実写化)のキャストは誰?ネット上の予想や反応をチェック

東京 グール 実写 キャスト

脇を固める魅力的なキャラクターに、5人の実写キャストが抜擢されました。 若手イケメン俳優の白石隼也や、雑誌「セブンティーン」で活躍する古畑星夏、さらにauのCMで話題になった俳優の前野朋哉、お笑い芸人のダンカン、劇作家から映画監督まで幅広く活躍する岩松了が出演するとのことです。 白石隼也演じる西尾錦は、カネキらと同じ学校に通い人間のように振る舞う喰種。 人間の裏切りによって姉を失ったことから人間のことを憎んでいます。 古畑星夏演じる小坂依子は、トーカの親友で彼女が喰種だとは思っていません。 前野朋哉演じる草場一平は、20区で活躍する捜査官。 またダンカン演じる小倉久志は、喰種より喰種のことを知っていると豪語する喰種研究家です。 岩松了演じる嘉納明博は、カネキを半喰種にした張本人。 カネキが鉄骨から落下し瀕死状態のときにリゼの臓器を移植し半喰種と化しました。 物語を進める上で重要な役目を負っているキャラクターたちの活躍に注目です。

次の

【東京喰種トーキョーグール】実写映画ネタバレ感想<月山や有馬は登場するのか?> | Comic Media

東京 グール 実写 キャスト

この度、美食家(グルメ)と呼ばれる謎に満ちた喰種・月山習に狙われる美しいオッドアイモデルとして、マギーの出演が決定! マギーが演じるのは、人気モデルのマーガレット役。 美しいオッドアイを持つ彼女は、美食家(グルメ)と呼ばれる史上最悪の喰種・月山習に目をつけられてしまいます。 さらに月山は、人間と喰種のハーフであるカネキにも異常な執着を持つようになり…。 カネキVS月山、互いの生と正義をかけた手に汗握る極上のバトルアクションに、ぜひご期待ください! マギー【マーガレット 役】コメント 今回初めて映画に出演させていただいたのですが、オファーを頂いた時は、素直にとても嬉しかったです。 元々原作も大好きで、友達もこの作品に関わっていたので、私もその一員になれると思うと感慨深かったです。 普段はモデルのお仕事をさせていただいているのですが、演技のお仕事は見せ方や考えることが全く違うように思いました。 ですが、普段のモデルのお仕事と変わらず、身体のラインの見え方や表情の見せ方には注意しました。 撮影現場では、私は終始緊張していましたが、共演者の方々が現場を温めて和ませてくださったので、馴染みやすかったです。 私はほんのワンシーンですが、「東京喰種 トーキョーグール【S】」に参加させていただけてとても嬉しかったです。 まず<東京喰種>の世界観を存分に楽しんでいただきたいです! とてもインパクトのあるシーンになっていると思うので、そこも楽しんでいただけたら嬉しいです! 投稿者 投稿日: カテゴリー , 原作でも人気のキャラクター・イトリ役として、新たに女優の知英(ジヨン)が出演することが決定! 四方やウタの幼馴染で、バー「Helter Skelter」を経営している情報通の喰種・イトリ。 映画初登場とあるキャラクターで、主人公カネキが必要とする情報の交換条件として、月山が主宰する「喰種レストラン」の調査を依頼するという役どころ。 どこか妖しい色気が漂う謎の喰種・イトリを演じることで、女優・知英の新境地にも期待が高まります! 知英【イトリ 役】コメント イトリを演じさせてもらいました、知英です。 本番前のリハーサルでは監督と主役の窪田さん他キャストさんたちとシーンについてじっくり話し合いました。 窪田さんには現場でイトリのキャラクターとしての細かい提案をしてもらったりと、とても助けられた部分があり感謝してます。 読者の皆さんから愛されてるキャラクターの一人でもありますのでプレッシャーもありましたが、現場のみんなでイトリを作り上げられたのかもしれません。 独特な店内のセットでの撮影での魅惑のイトリを見てほしいです。 そして今後のイトリがどうなって行くのか、、 撮影は終わりましたがとても楽しみに思います。 投稿者 投稿日: カテゴリー , この度、本作より新たに注目の若手実力派女優・森七菜と木竜麻生が出演することが決定! トーカと同じ学校に通う親友・小坂依子(コサカ ヨリコ)に森七菜。 ニシキの恋人・西野貴未(ニシノ キミ)を演じるのは、木竜麻生。 喰種であるトーカやニシキにとって、人間を想う気持ちに揺れる理由となる依子と貴未。 カネキにとっても、それぞれの気持ちを知り、人間と喰種の共存をより強く願うきっかけを与える、重要な役どころ。 フレッシュなキャスト2人が演じる姿は必見! 森七菜【小坂依子 役】コメント 今作からの参加ですが、「東京喰種」の特別な世界観を大切に、小坂依子を演じさせていただきました。 イメージが完成しているキャラクターを演じるのは難しかったですが、窪田正孝さん、山本舞香さん、監督を始めとするスタッフの皆さんに助けていただきながら心地よく撮影させていただき、すごく楽しかったです。 「東京喰種」チームに参加させていただけて幸せでした。 私自身完成がとても待ち遠しいです。 木竜麻生【西野貴未 役】コメント この度、『東京喰種2』に西野貴未役として参加させていただきました。 「東京喰種」という人間と喰種の生きる世界の中、彼女を通して、私自身の大切にしたいものを改めて考えさせられたような気がしました。 作品に参加することが出来て、嬉しく思います。 ありがとうございます。 投稿者 投稿日: カテゴリー , この度、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」の店長・芳村役を村井國夫、あんていくの手伝いをする喰種・四方蓮示役を、栁俊太郎が前作に引き続き、演じることが決定! 半喰種となってしまったカネキを「あんていく」に迎え、温かく見守っている芳村と四方だが、新たな強敵・月島との熾烈な闘いが繰り広げられる本作において、どのように2人が関わってくるのか、期待が高まります! 村井國夫【芳村 役】コメント 長らくお待たせいたしましたが、東京グールの第2弾の公開も近くなってきました。 ファンの方は首を長くしてお待ちだったでしょう。 今回の見所は、何と言っても窪田君と松田君の対決でしよう。 2人の鬼気迫る、演技の対決、私も楽しみです。 公開まで、今暫くお待ち下さい。 後悔はさせませんよ。 栁俊太郎【四方蓮示 役】コメント 前作に続き四方蓮示役を演じさせて頂きました。 今作は月山とのバトルですが、好きだったストーリーなので出来上がりが個人的にもわくわくしています。 再び皆さんに東京喰種をお届けできることをとても嬉しく思います。 劇場に足を運んで頂けたら嬉しいです。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 原作でも人気のキャラクターであり、4区でマスク屋を営んでいるウタ役を、前作に続き、坂東巳之助が演じることが決定! 前作では半喰種となってしまったカネキのためにもマスクを作り、カネキを気にかけてくれていたウタでしたが、本作では、喰種が集う「喰種レストラン」にも一噛みしているような、怪しい表情を見せます。 そしてウタがいるこのバーは一体誰が集っているのか…。 普段の姿からは想像できな変貌ぶりで、常に赫眼状態、刈り上げにピアス、そして全身タトゥーという個性的なウタをかっこよく演じる姿は必見です! 坂東巳之助【ウタ 役】コメント 前作に引き続きウタを勤めさせていただき、光栄に思います。 凝りに凝ったタトゥーもピアスも健在、前回はおやつだった美味しい目玉は今回おつまみになりました。 徐々に、しかし確実に動き(蠢き?) 始めていくウタさんに是非ご注目ください。 投稿者 投稿日: カテゴリー 喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、カネキやトーカにとっても妹的存在である笛口雛実(フエグチ ヒナミ)役を、前作に引き続き、幅広い層から支持を受ける注目の若手女優・桜田ひよりが演じることが決定! 前作では母親を亡くし、辛い思いをしたヒナミでしたが、本作ではその悲しみを乗り越え、少し大人になった姿にも、期待が高まります! 桜田ひより【笛口雛実 役】コメント 前作に続いて、笛口雛実役として出演させて頂きます。 雛実としてこの作品に呼んでいただけたことがとても嬉しく、ワクワクしながら現場に向かっていました。 悲しい出来事を乗り越え、少しだけ大人になった雛実に再び出会えたこと、演じられたことは夢のような時間でした。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 主人公カネキの親友ヒデこと永近英良(ナガチカ ヒデヨシ)役を、前作に続き、メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のカイこと小笠原海が演じることが決定! 新たな強敵・月山との熾烈な闘いが繰り広げられる本作において、カネキが唯一心を許せる貴重な存在のヒデ。 再び思い入れのあるキャラクターを務める、小笠原の熱演っぷりにもぜひご期待ください! 小笠原海/超特急【永近英良 役】コメント 再びヒデとして東京喰種の世界に帰ってくることができて原作の大ファンとして心から幸せな時間でした! あの現場の熱量を毎回楽しみにしており、今でも恋しく思います。 ヒデという人物が親友カネキにとっての柱、そしてそっと寄り添える光であれるように、という気持ちで演じさせていただきました。 今作では勝手にカネキと月山さんとで三角関係だと思っていました…(笑) 前作よりもクレッシェンドしている喰種の世界を皆様に堪能してもらえることを楽しみにしています。 投稿者 投稿日: カテゴリー カネキが通う大学の先輩にして喰種の西尾錦(ニシオ ニシキ)役に、前作に引き続き、注目の若手俳優・白石隼也が演じることが決定! あわせて公開された場面写真では、月山と対峙する、緊迫のシーンが映し出されています。 前作ではカネキと対立し熾烈な闘いを繰り広げたニシキですが、本作では、最愛の恋人・貴未を守るために月山に立ち向かい、カネキとも共闘する姿が描かれます。 アクションだけでなく、人間と喰種の間に芽生えた愛情に揺れるという役どころで、劇中ではロマンス溢れるシーンにも挑戦。 より感情豊かになったニシキ役に期待が高まります! 白石隼也【西尾錦 役】コメント ニシキ死んじゃったね、と映画を観た方からよく言われましたが何とか生還することが出来ました。 彼は不死身なのです。 実写でグールをやる意味は何か、改めて正対し撮影に挑みました。 続・東京喰種ではなく新・東京喰種をお楽しみに。 投稿者 投稿日: カテゴリー この度、実写映画続編『東京喰種 トーキョーグール2 仮 』の製作が 決定、新キャストも解禁! 大きな話題と反響を巻き起こした映画『東京喰種 トーキョーグール』が、2019年さらに進化したエンターテイメント超大作として誕生します! 窪田正孝【金木研(カネキ ケン)役】 金木と再会できて幸せに思います。 スイ先生の東京喰種は新たな感性や感覚、出会いを与えてくれました。 金木は正直扱い辛くやっかいな奴だけど、人には決して感じ得ない世界を魅せてくれます。 新たな東京喰種の「一肉片」の作成に精進して参ります。 松田翔太【月山習(ツキヤマシュウ)役】 東京喰種の異様な世界にこれから浸れることを嬉しく思います。 監督を始めとするスタッフの仲間や、窪田くんを中心にキャストの皆さんと、この撮影を楽しめたらなと思っております。 月山が具現化するとどうなるのか、巧妙なCGや本格的なアクションも含め彼の独特な精神性を表現できたらなと思っております。 撮影開始が待ち遠しいですね。 山本舞香【霧嶋董香(キリシマ トーカ)役】 参加出来てとても嬉しいです。 今回、「東京喰種トーキョーグール2(仮)」からの参加ですが、世界観を大切にしつつ霧嶋董香として皆様の期待に応えられるよう、そして愛されるように監督とセッションしながら撮影できたらと思いますので見守っていただけると嬉しいです。 アクションも凄く楽しみでしっかりと練習して臨めたらと思っています。 そして、東京喰種のチームの皆様と少しでも早く溶け込めたらなと思ってます。 宜しくお願いします。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 投稿ナビゲーション.

次の

窪田くんと富美加ちゃんと最後に洋次郎【映画 『東京喰種 トーキョーグール』実写キャスト・ レビューまとめ】

東京 グール 実写 キャスト

ここでは本作のあらすじ・キャスト・監督をまとめて紹介する。 (編集部・中山雄一朗) あらすじ 主人公・花垣武道(はながき・たけみち)は壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では年下の店長からバカ扱いされるどん底人生真っ只中のダメフリーター。 その事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落する。 死を覚悟した瞬間、タケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまった。 過去に戻ったタケミチはヒナタの弟ナオトに遭遇、ナオトに「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことにより、未来が変化した。 ヒナタは救えなかったがナオトは死を避け10年後刑事になっていた。 現代に戻り、刑事になったナオトに「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。 力を貸してほしい」と言われる。 タイムリープする方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手すること。 ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが関東最凶不良軍団・東京卍曾に挑む。 [PR] 花垣武道(はながき・たけみち)/タケミチ役:北村匠海 リアルタイムで「面白い漫画No. 1」と思っているほど大好きな原作だったので、タケミチ役でお話をいただいた時は今までとはまた違った高揚感がありました。 特にタケミチが一番好きなキャラクターでもあったので、「もし映画化されるなら絶対僕がやりたい!」と思っていましたが、原作を好き過ぎるあまり少し不安でもあります(笑)。 龍宮寺堅(りゅうぐうじ・けん)/ドラケン役:山田裕貴 最高に嬉しいです。 原作が大好きでずっと読んでいましたし、中でもドラケンが断トツで一番好きなキャラクターです。 原作を読みながら、勝手にドラケンのシーンで自分の声をあてて読んでいたくらいです(笑)。 髪型もドラケンをやるなら(原作の)あの髪型にしたい! と本当に剃り上げることになりました。 実際に仲良しでもある吉沢亮がマイキー役をやるということで、最強のマイキー&ドラケンコンビが見られると思います。 期待してください! [PR] 橘直人(たちばな・なおと)/ナオト役:杉野遥亮 橘直人を演じます。 タケミチがタイムリープをする中でナオトの世界線は僕が想像する以上の歪みや苦しみをともなっているんではないかと思います。 今を必死に生きようと奔走するナオトと、「ナオトの今」を創っていきたいと思います。 そして、24年間の中のベストオブ握手を北村匠海と交わしたいと思っています。 よろしくお願いします。 清水将貴(きよみず・まさたか)/キヨマサ役:鈴木伸之 原作を知ったきっかけは、周りの友達がこぞって「面白い!」と言っていたことです。 だからお話をいただいた時は嬉しかったですし、実際読んでみるとただの不良漫画ではなく、主人公が時代を行き来したり、人間関係もしっかり描かれていて確かにすごく面白かったです! 映画化に今自分もワクワクしています。 外見もできるかぎり原作に忠実にしていくつもりなので、ぜひ楽しみにしていてください。 [PR] 千堂敦(せんどう・あつし)/アッくん役:磯村勇斗 お話をいただいてから原作を読ませていただきましたが、物語自体の面白さと魅力的なキャラクターたちに引き込まれて、読む手が止まらなくなりました。 過去では赤髪リーゼント、未来ではやせ細った(トーマン=東卍の)幹部になったりと、外見の変貌も多い。 大切な仲間=タケミチの心に何を投げられるかを考えながら、外見も内面もしっかり変化させて挑みたいです。 稀咲鉄太(きさき・てった)/キサキ役:間宮祥太朗 原作は俳優仲間に薦められて、一気に読ませていただきました。 登場人物は皆、喧嘩が強くて心の中に覇気を持っているけれど、僕が演じる稀咲(キサキ)にはその中でも特に容赦の無さみたいなものがある。 不良、仲間、友情。 シンプルで熱いお話なんですが、そこには暗い影も確実に落ちていて。 その象徴が稀咲だと思いますし、この群像劇の中で1人だけ独立したような存在になればいいなと思っております。 [PR] 佐野万次郎(さの・まんじろう)/マイキー役:吉沢亮 大人気漫画の実写化はやっぱりプレッシャーがすごいので、最初は悩みました。 でも主演が別の作品でもご一緒した北村匠海君で、周りのキャストも素敵な役者さんが集まっていたので、楽しい現場になるだろうと思い、やらせていただくことになりました。 マイキーの純粋過ぎるが故の危うさと、時折見せる刺すような冷たい目。 その辺を映画として観た時にオーバーになり過ぎないように、ちゃんと落とし所を見つけて演じられればと思います。 あとハイキック。 柔軟頑張ります。 監督:英勉 真正面から撮らせていただきます。 生身のタケミチ、マイキー、ドラケンはじめ愛すべきキャラクターたちがみんなのために命を張れる場所を提供してあげたいと考えてます。 何卒よろしくお願いします。

次の