爬虫類 体表。 「トカゲ」と「カナヘビ」の違いは?

両生類

爬虫類 体表

動物の分類と特徴 早見表 類 ほ乳類 鳥類 は虫類 両生類 魚類 胎生 卵生 卵生 卵生 卵生 体温 恒温動物 定温動物 恒温動物 定温動物 変温動物 変温動物 変温動物 呼吸 肺呼吸 肺呼吸 肺呼吸 子:えら呼吸で水中に住む 親:肺呼吸とヒフ呼吸で水辺に住む えら呼吸 動物• ライオン• ネズミ• クジラ• フクロウ• ペンギン• スズメ• ニワトリ• トカゲ• サンショウウオ• イモリ• カエル• メダカ• マグロ• 変温動物は、外部の温度に合わせて体温を変えることができる動物です。 哺乳類・鳥類以外の動物。 間違いやすい動物分類 ほ乳類 カモノハシ・アザラシ・イルカ・シャチ・コウモリ・アシカ 両生類 サンショウウオ・イモリ は虫類 ヤモリ・カメ・ワニ・ヘビ 鳥類 ペンギン・ダチョウ 魚類 サメ・エイ・タツノオトシゴ セキツイ動物と無セキツイ動物の分類 脊椎動物(セキツイ動物)は、背骨を持つ動物のことで、魚類、鳥類、両生類、 爬虫類、哺乳類の5類からなります。 無脊椎動物(無セキツイ動物)は、脊椎動物以外の動物のことで、背骨を持たない動物のことをいいます。 脊椎動物(セキツイ動物) 無脊椎動物(無セキツイ動物)• 両生類• は虫類• 哺乳類• 脊椎動物以外のすべての動物。 節足動物、 軟体動物など 無セキツイ動物の分類 分類 生物 節足動物 昆虫類・甲殻類・クモ類・ムカデ類など 軟体動物 貝類、ナメクジ、イカ、タコなど 脊索 セキサク 動物 ホヤ・ナメクジウオなど 棘皮 キョクヒ 動物 ナマコ・ ウニ・ ヒトデなど 原生 ゲンセイ 動物 アメーバ・ ゾウリムシ・ラッパムシ・ツリガネムシなどの単細胞生物 扁形 ヘンケイ 動物 プラナリア・サダナムシなど 環形 カンケイ 動物 ゴカイ・ヒル・ユムシ 線形 センケイ 動物 カイチュウ・ギョウチュウなど 腔腸 コウチョウ 動物 クラゲ・イソギンチャク・ ヒドラなど 海綿 カイメン 動物 イソカイメン・ムラサキカイメンなど 節足動物 甲殻類,昆虫類,クモ類などを含む最大の動物群。 動物界の 4分の3,130万種以上を占めるといわれています。 体は頭部・胸部・腹部の3つ、もしくは頭胸部・腹部の2つの部分に区別することがで、体表は、丈夫な外骨格で覆われています。 昆虫類・多足類は肺がなく、 気管と呼ばれる管を通して空気を取り入れし、クモ類は 書肺と呼ばれる器官と 気管で空気を取り入れている。 甲殻類は えら呼吸をしています。 昆虫類・・・ バッタ ・セミ・チョウなど• 甲殻類・・・ エビ・カニ・ミジンコなど• クモ類・・・ クモ・サソリ・ダニなど• 多足類・・・ ムカデ・ヤスデなど 軟体動物 節足動物に次いで大きな動物群で、体は筋肉質で環節がなく、頭・足・内臓の三部からなります。 マイマイを除きほとんど えら呼吸をしています。 イカ・タコ・ナメクジ・マイマイ・アサリなど 魚類 脊椎 せきつい 動物の仲間で、からだの表面を硬い うろこでおおわれている。 変温動物で、 えら呼吸をします。 サメ・エイ・フグ・サケ・ハイギョ 両生類 脊椎 せきつい 動物の仲間で卵生・変温動物。 幼時は水中にすみ、えらで呼吸し、成長すると、肺と四肢を生じて陸上にも住むようになります。 成長して、えらと肺との両方で呼吸するものもあります。 体表はうろこ、毛などでおおわれず、乾燥を防ぐために多くの粘液腺を持っています。 イモリ・カエル・サンショウウオ は虫類 脊椎 せきつい 動物のなかまで、体にうろこや甲があり、手足は短いか退化している。 変温動物、卵生で、肺呼吸をします。 トカゲ・ヤモリ・カメ・ワニ・ヘビ カメなど水辺にいる生物は、両生類のイメージがありますが、爬虫類なので注意しましょう。 鳥類 脊椎 せきつい 動物のなかまで、恒温動物。 卵生・肺呼吸で、前肢が翼となります。 一般的には体表が羽毛で覆われ、歯はなく、くちばしを持っています。 ダチョウ・タカ・ワシ・スズメ・ペンギン ペンギンやダチョウも鳥類です。 哺乳類 脊椎 せきつい 動物のなかまで恒温動物。 普通は胎生で、子供は母乳で育ちます。 肺で呼吸し、皮膚に毛を持っています。 クジラ・イルカ・コウモリ・ネズミ・モグラ・カンガルー・ゾウ 空を飛ぶコウモリも哺乳類なので注意してください。 肉食動物と草食動物の特徴 肉食動物 草食動物 食べ物 他の動物を食べて生活している 草や木の葉などを食べて生活している 歯• 門歯:発達していない。 臼歯:とがっている。 犬歯:発達している。 門歯:発達している• 臼歯:発達している。 犬歯:発達していない 目 獲物までの距離を正確に知るため、目は前向きについている。 広い範囲を見渡し、敵からすぐに逃げれるように、目は横向きについている。 足 獲物を捕らえるため、鋭い爪がある。 ひずめがあり、長距離を走るのに適している 動物 ライオン、トラ、ヒョウ、ワシ ウサギ、ウシ、シカ、キリン、シマウマ 以上、『動物の種類・分類一覧|セキツイ動物・体温・呼吸など』を紹介しました。 動物は背骨をもつ 脊椎 セキツイ 動物と背骨をもたない 無脊椎動物の2つに分けることができ、簡単に説明すると以下のようになります。 脊椎動物・・・背骨をもつ動物のこと。 無脊椎動物・・・背骨をもたない動物のこと。 ペンギン、ダチョウ、サメ、カメなど分類で間違いやすい動物にも注意してください。 外敵から逃げる必要のある草食動物の子どもは、生まれてすぐに歩けるようになるものが多いです。 また、例外ですが卵を産む哺乳類がいます。 それは、オーストラリアのカモノハシです。 口の部分がカモのくちばしに似ているのでカモノハシといわれています。 このカモノハシは、2㎝ほどの小さい卵を産み、お腹に抱えて温めます。 このように紛らわしい動物の分類ですが、注意してしっかり覚えておくようにしましょう。

次の

TEXT3

爬虫類 体表

長い年月を経て様々な生物が進化を遂げていく中、約2億年前からその特徴的な姿をほとんど変えることなく今に生き続けているのが亀なのです。 多くの生物は環境に適応するために姿を変えてきましたが、その姿をほとんど変えることなく今に至っている亀は大昔から環境に一番適した姿を手に入れていたのかもしれません。 おっとりとした雰囲気から、もしかしたら意外と思う方もいるかもしれませんが、亀はヘビやトカゲと同じ爬虫類に属しています。 よって気温の影響を受け体温が変化する変温動物でもあり、さらには体の表面がうろこで覆われています。 うろこにより水分の蒸発を防げるので砂漠や草原地帯から森林地帯までと様々な環境で生活することができるのです。 水中で生活する亀の仲間にはうろこが退化してしまったものもいますが、乾燥地帯で棲息している亀ほど非常にわかりやすいうろこを持っています。 亀の体の仕組み 亀の体を構成する各パーツごとにそれぞれの特徴をみていきましょう。 亀の甲羅 亀の甲羅は背中側と腹側で分かれていて、それぞれ背甲と腹甲と呼ばれています。 甲羅は主に骨甲板と外側にある角質甲板と呼ばれる板状のうろこから形成されていまが、スッポンなど水中で生活する一部のカメには角質甲板は見られません。 また亀の中には甲羅の一部が蝶番になっていて、甲羅を折り曲げることのできる種類もいます。 セオレガメの仲間は背甲に蝶番があり、セマルハコガメなどハコガメの仲間は腹甲に蝶番があり甲羅を曲げることが可能です。 甲羅を曲げて体全体を完全に甲羅の中に収納することで外敵や乾燥から身を守ったり、より大きな卵を産むことができると考えられています。 亀の首 長く伸びたり引っ込めたりする首は亀の特徴の一つです。 亀の首はその納め方で2つの種類に分けられ、横に曲げたり折りたたんだりして甲羅に収める種類の亀を曲頸種といい、首を真っすぐ縦に収める種類を潜頸種と呼びます。 水生の亀の仲間には獲物を丸飲みするために首と頭が大きく進化し過ぎて甲羅に収まらないワニガメやオオアタマガメなどの種類もいます。 亀のくちばし 甲羅や首が特徴的な亀はあまり口元を意識されることが少なく、亀の口がどのようになっているのかは意外と知られていないものですが、実は亀には歯が無くくちばしが存在するのです。 くちばしは皮膚が変化したもので歯の無い亀が歯の代わりに食物を噛み切る際に使用します。 亀のくちばしの形状は主食とする食物の種類によって異なり、植物を主として食すリクガメ類は植物をすり潰せるように分厚いくちばしになっていますが、肉類を好むワニガメなどは薄く鋭いくちばしになっています。 亀の手脚 いかにも重そうな体を支える脚は太くしっかりしており表面はうろこに覆われています。 基本的に前脚は5本の指、後ろ脚は4本の指で構成されており、どのような生活環境に棲息するかによって形状は異なります。 陸上と水中の両方を住処とする半陸棲種は指の間に小さな水かきがついており、陸上のみで生活する亀の種類は分厚い皮膚と短い指先を備えています。 亀の尾 亀の尾はメスよりオスのほうが長く太くなります。 尾の付け根部分に総排泄孔と呼ばれる部分があり、そこから糞を排泄します。 ミズガメ類は主に水中で排泄することが多いので飼育環境下では水が汚れやすくなりますのでこまめに交換するようにしましょう。 亀の寿命 亀の体の作りや行動スタイルが関係しているのかどうかは定かではありませんが、亀はあらゆる生物の中でもトップクラスの寿命を誇っていることはよく知られているところです。 過酷な自然環境下ですら100年以上生きた例もあり、飼育環境下では30年以上生きることも珍しくはありません。 テレビなどで時どき取り上げられるゾウガメなどになるとその大きさや風貌からいかにも長生きしているように見えますが、日本でもよく見かけるミドリガメですら20年や30年は生きるものなのです。 流石に日本にはゾウガメは棲息しておりませんが、自然環境下において日本にも数種類の亀が棲息しており何十年も自然の中で生き抜いているものなのです。 亀の知識 関連記事• ペットにするならリクガメとミズガメ、どちらがおすすめなのでしょうか。 南西諸島は例外とし日本全国にはイシガメ、クサガメ、ミドリガメの3種類のカメが棲息しています。 亀を入手するには知り合いに譲ってもらうかショップでの購入になるでしょう。 亀には270種から300種ほどの種類が存在しますが、その棲息環境は種類によっても様々です。 リクガメはとても繊細で臆病な動物です。 カメの体の特徴といえばなんと言っても堅い甲羅に覆われた独特なスタイルでしょう。 室内でカメを飼育する場合にはケージをどこに置くかもしっかり検討しなければなりません。 リクガメが健康に生活できるようにリクガメを購入する前から飼育環境を整えておきましょう。 カメが元気にエサを食べる姿を見るのは飼い主として幸せな瞬間です。 カメには270種から300種ほどの種類が存在しますがその棲息環境は種類によっても様々です。 カメの飼育と世話• 種類別カメの飼い方• リクガメ特集• カメの病気と健康管理•

次の

【爬虫類の冬対策と温度管理・保温器具について】

爬虫類 体表

まとめ 両生類 爬虫類 例 カエル・ウーパールーパー・ イモリ トカゲ・ ヤモリ・カメ 幼少期の呼吸 エラ呼吸 肺呼吸 成熟期の呼吸 皮ふ・肺呼吸 肺呼吸 ウロコ ない ある 例外あり 卵 殻がない・ゼリー状 殻がある 例外あり 生活 水から離れられない 水から離れられる 両生類の特徴 【両生類】 カエル・オオサンショウウオ・イモリに代表される両生類は 幼体の時はエラで呼吸し、大人になると肺呼吸をします。 肺呼吸の他に皮膚呼吸も行うため皮膚はぬれている必要があります。 なぜ皮膚呼吸を行うために皮膚がぬれている必要があるのでしょうか。 皮膚呼吸は 体表面に生細胞を露出させて空気の出し入れを行なっています。 その生細胞は生きるために水分が必要なため 体が濡れている必要があるのです。 地上にいる時、 空気の出し入れが皮膚で行われますが、水分も皮膚から蒸発していきます。 長時間水のない場所にいると水分がすぐに抜けて、干物状態になってしまいます。 触った時に少しベトっとしているのは、水分がすぐに抜けないように守っている粘膜層があるためです。 さて、 両生類が皮膚呼吸を行うため水場を離れることができないことを説明しましたが 爬虫類はどうでしょうか。 爬虫類の特徴 【爬虫類】 爬虫類は 水分が皮膚から抜けて体が乾燥しないように皮膚を硬化させました。 角質化した皮膚が鱗のようになっているのはこのためです。 皮膚呼吸を諦め 肺を強くしました。 両生類の卵はゼリー状になっていますが、爬虫類の卵は殻があります。 両生類の卵は乾燥に弱いですが、爬虫類の卵は乾燥にも耐えることができます。 このことからも爬虫類の方がより地上の生活に適応していると言えることができます。 紛らわしい種類 イモリとヤモリの違い イモリとヤモリは一文字しか違いませんが全く別の生き物です。 形も似ていることからよく間違えてしまいますが、 ここで正しい知識をつけておきましょう。 イモリは両生類です。 田んぼや井戸の害虫を食べてくれることから井を守る、イモリと名付けられました。 日本ではアカハライモリが有名で、危険が迫ると耳のあたりからフグと同じテトロドトキシンという毒を出します。 毒はかなり弱いのでほとんど心配はいりませんが、 アカハライモリを触った後は手を洗うようにしましょう。 イモリの再生能力は生物の中でもかなり高く 尻尾以外にも 手足・指、目まで再生することが可能です。 ヤモリは爬虫類です。 家の害虫を食べてくれることからヤモリと名付けられました。 日本ではニホンヤモリが多く生息していて、家のガラスに張り付いていたりします。 ガラスに貼り付けるのは、 趾下薄板(しかはくばん)と呼ばれる手足にある細かい毛に ファンデルワールス力という引っ張る力が働いているため。 と言われています。 水分を抜けにくくする粘膜層があるイモリ 壁に張り付いているヤモリ カメは爬虫類か?両生類か? 海を優雅に泳ぐウミガメの姿を映画や水族館で見たことがあるかたは多いと思います。 ウミガメは水中で活発に動いている時は、 息継ぎを1時間に1回、寝ている時は3時間に1回ほどしますが、 息継ぎが必要なのは肺呼吸をしているためです。 海でも地上でも生活できるとなると、 両生類なのではないかと思われがちですが、カメは爬虫類です。 爬虫類の代表的な特徴である 「 生まれた時から肺呼吸」「 鱗がある」「 卵から生まれる」 という特徴を持っています。 ウミヘビは爬虫類か?魚類か? ウミヘビという動物の名前を聞いたことがあると思いますが 海の中で生活するウミヘビは海にいるので魚類なのでしょうか。 それともヘビなので爬虫類なのでしょうか。 実は、 ウミヘビには 爬虫類のウミヘビ科と 魚類のウミヘビ科 のグループ が存在します。 先に魚のウミヘビの方ですが、魚類のうなぎ目に所属するウミヘビ科がこれにあたり、 毒を持たない海水魚で ウツボやウナギの仲間であります。 魚なのでえら呼吸をしています。 次に爬虫類のウミヘビですが、 海水で住めるように適応したヘビで、神経毒をもっています。 海で効率よく泳げるように、 尻尾がオールのように平べったくなっていることが特徴で、 肺呼吸をしています。 肺呼吸をしているのでずっと海底にはいれず、 たまに呼吸をするために海面や陸上にあがってきます。 一生を水中で過ごすウーパールーパーは魚類か? ウーパールーパー(別名メキシコサラマンダー)は 一生を水中で過ごすことのできる水中生物です。 水の中で一生を過ごすので、魚類なのでは?と思ってしまうかもしれませんが、 実は カエルやイモリと同じ両生類です。 トラフサンショウウオ科の両生類のうち、 幼形成熟(ネオテニー)個体の総称をアホロートルと呼びますが、 ウーパールーパーはこの部類に入ります。 つまり、カエルで例えると、 オタマジャクシのまま姿を変えず、一生をオタマジャクシとして過ごす。 ということになります。 ウーパールーパーは一生を水中で過ごすのが通常の生涯なのですが、 なんと 稀に陸に上がることもあります。 サイロキシンという成長を促すホルモンを投与したり、 水位を下げて飼育をすることで陸に上がることを体が選びます。 このことを陸化と呼びます。 陸化が起きて地上で生活する時には、えら呼吸ではなく肺呼吸をするため 完全な両生類であると言えます。 なぜウーパールーパーは幼体のまま成長しないことを選んだか。 という疑問ですが、 一説では 幼体のまま水中で生活していたほうが寿命が長くなるためと言われています。 蛇足ですが、 白色のウーパールーパーが売られているのをよく見かけますが、 これはアルビノまたはリューシスティックで、 通常のウーパールーパーは黒っぽい色をしています。 終わりに いかがでしたでしょうか。 イモリとヤモリは名前だけでなく姿も似ていて紛らわしいですよね。 爬虫類と両生類もなんとなく似ている部分があり、どっちだったかな? と疑問に思うこともあります。 この記事を読んでそんな疑問が解決できたら嬉しく思います。 「爬虫類や両生類を飼育してみたい!」と思っている方は ぜひ即売会のイベントへ足を運んでみてください。 驚くほど多くの種類の生物が展示されていてとてもオススメです。 それでは、爬虫類・両生類のイベントを通して新たな発見・出会いがあることを願っています。

次の