グーグル ハング アウト ミート。 Googleハングアウトの設定方法と使い方【ウェビナーにおすすめ!】

Googleハングアウトとは?使い方まとめ

グーグル ハング アウト ミート

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? Googleカレンダー連携で、即座に会議URLを発行できる容易さは素晴らしいです。 また、会議スタート時の起動の速さも申し分なく、他のウェブ会議システムのそれと比べ物になりません。 改善してほしいポイントは何でしょうか? アンケート機能を持たせたり、デフォルトでデジタル背景を変更できる機能はほしいところです。 今はアドオンのツールで代用しておりますが、PCが重くなるのでそこがネックです。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 起動が早いのでちょっとした立ち話ライクなディスカッションも、画面共有しながらしやすいです。 ビジネスを前にすすめる意思決定の早期化を実現できております。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? もともとG-suiteでの提供からスタートしたので、社内会議などおけるセキュリティの堅牢性は評価できる。 また、基本的なオンライン会議としての機能は満たしているので、社内でのミーティングや会議などで使用するぶんには支障はない。 コロナによる在宅が推奨されるようになってから、G-suite以外へも解放されてきており、徐々にではあるが認知も広がっている。 会議内でのチャットや録画、画面の共有、googleカレンダーとリンクしてのファイルの共有など、一般的な機能は有している。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 改善を有するポイントは以下の通り。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? zoomを経験した後では何もかにもが劣っている。 会社のシステム部署がただただgoogleに固執しているだけで、その割を使用Sる従業員が食っている状況なのがイラつく。 検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください 導入しない方が良いです。 メリットはありません。 コスト面でも勝っているところはありません。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 今まで色々なテレビ会議システム?を利用してまいりましたが、一番回線が安定しているように思います。 会議中瞬断や音声がノイズが入ることはありませんでした。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 操作の仕方がいまいち分かりずらい所があり背景をぼかす等は出来ますがもう少しやり方等の説明しているページがあると良いと思いました。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 今回のような事態でリモートワークを行う際にフルに活用させて頂きました。 ドキュメントの共有、録音等もできるので議事録なども後から作成できるのでMTGに集中して議論する事ができました。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 2020年5月現在でサービス名称がGoogle Meetに変わっているが、これは法人向けにはG Suiteの一部として提供されている。 G Suite中の他のサービス(GoogleカレンダーやGmail)から、Web会議を数クリックで手軽に設定・参加開催できるのが非常に良い。 改善してほしいポイントは何でしょうか? Web会議の参加者をタイル表示するとき、他のサービス(ZOOMなど)と比べて同時表示数が少ない。 これは2020年5月現在の状況であり、将来的には改善されると思われる。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? リモートワークであっても、デスクトップに表示した各種資料を複数人で共有しつつ会議ができるのは非常に効率が良い。 会話だけなら電話でもできるが、資料を参照できるのが重要である。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? googleアカウントがあれば、簡単に参加が可能なとこが良いい。 Web会議で利用も出来るのでいままで一つの場所に集合して会議を実施しておりましたが、拠点間テレビ会議を利用しています。 又、社員候補者の面談も今までは、本社に来て面談を実施しておりましたが、ハングアウトを利用して面談を実施しております。 改善してほしいポイントは何でしょうか? Web会議を実施するときに、事前に予約を入れておかないと実施できないところが少し面倒。 ネット環境にもよるのでしょうが、少しレスポンスが悪い気がします。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 拠点間は、Web会議を利用してコミュニケーションを取れるようになりました。 個人面接などは、ほとんどの方がGoogleアカウントを持っているのでWebを利用して行うことが出来、相手の表情も分かるので電話会議とは格段に違うと思います この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 他事業所との遠隔会議にて使用している。 Googleカレンダーに予定を入れておくと自動で参加できるのがとても便利。 画面共有をしながらだと話が通りやすいので会議がスムーズにできるようになった。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 画質は正直そこまで良いわけではないが、不満はない。 音声についても、多少途切れたり遅れが生じたりするが、以前よりは改善されていると思う。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 最近はテレワークをすることも増えてきて、ミーティングだけではなくコミュニケーションツールとしても役に立っている。 直接話すことでチャットや何通もメールをやり取りする手間が省けるようになった。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 主に会議で使用しています。 音声の品質もとても良く相手の声が聞き取れないなどということは滅多にないです。 (相手の環境によるかもしれませんが) URLを共有することで簡単に会議に参加できるのもいい点だと思います。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 贅沢かもしれませんが、画質がもう少しだけよかったらいいなと感じることはあります。 しかし、無料で使わせてもらっているので、そこまでの不満ではないです! どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? いいポイントで書いた通り基本的には会議で使用していますが、先日研修で導入したときにとても便利だと感じました。 検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください これから、遠隔の会議などが増える予定のある人はインストールしたほうがいいと思います。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 社内外とのやり取りでGoogleカレンダーへ関係者を登録しているメンバーは簡単に接続可能となるためテレワーク社員との情報共有が容易になった 改善してほしいポイントは何でしょうか? デザイン性が要求される制作物に対しての打合せには手描きでの情報共有も発生するためもう少し機能追加していただけると作業効率が上がりそうです どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 社内でGoogleアカウントを必須にしているためクライアントとの打合せ中に至急現場への確認が必要になった際に直接意見交換が可能となり情報の齟齬が減り工数削減につながった この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? Googleカレンダーから簡単に参加できる点。 また画面共有の際に、ウィンドウやアプリの指定ができる機能が、直感的に使いやすいGUIな点。 改善してほしいポイントは何でしょうか? デバイス起因なのでしょうがないかもですが、接続先のITリテラシーが低いと、マイクやカメラのONを設定してもらうのに時間がかかってしまうので、簡単なレクチャー機能があるといいかもしれません。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? コロナによって、社内打ち合わせだけでなく、社外取引先とのTV会議が増えましたが、ハングアウトで問題なく打ち合わせできています。

次の

Googleのビデオ通話『ハングアウトMeet』を使う方法と手順

グーグル ハング アウト ミート

Contents• 私が実際に行っているハングアウトMeetでの複数会議室への接続方法とは!? 私がミーティングを行う際に使用するWeb会議システムは、以前Skype(スカイプ)を利用していましたがメールやスケジュール等、仕事をする上で便利なツールがひとまとめになったGoogle社のGmailを使うことがきっかけに色々なサービスを利用するようになりました。 ハングアウトMeetの使い方は他ウェブサイトでも沢山紹介されていますが、私が遭遇した困ったシーンを例に複数会議室への接続を説明いたします。 実際に私がWeb会議ミーティングを3つ会議室準備を行いGoogleカレンダーより各チームメンバーへ朝10:00よりログインしてもらうように配信しました。 この時に各チームメンバーにアジェンダと今後の方針等を話すつもりでいました。 その時に4つめの会議室を準備し各チームに9:30頃にログインしていただこうかなと考えたのですが、私が話すために会議室のログイン、ログアウトを各チームにさせるのも面倒だろうなと思いました。 極力接続の手間を相手にかけず会議室を移動できないものかと少し考えました。 ここまでの問題点として• 各チーム別に3つの会議室を作ったが各チームメンバー全員へ会議をはじめる前に私が全員へ話す必要があった。 (私が全員に話すことがあることを忘れていた・・・)• 現状のハングアウトMeetの設定で複数会議室への接続ができるのか戸惑った。 簡単にまとめると上記2つになります。 私はこのままだと一度、Web会議室のキャンセルと再度会議室の組み直しが必要だとひとりで思っていました。 なぜそう思ったのかと言いますと、Web会議の接続先は複数人で同時に開催できるが会議室Aと会議室Bに会議室Cに対しては同時にログインできないと考えていました。 実際、私が物理的に会議室を複数渡り歩くこともあり体はひとつですから参加する時間に合わせて入退室を行う必要があります。 ハングアウトMeetを使った会議室への接続も同じで入退室が必要なことだと感じていました。 ですので1会議室ごとで個別に私がログインして話そうかと思っていました。 下図は私が想定していた順番にアクセスして会議で話す想定で、最初に会議室Aにログインする。 ウェブカメラもマイクも1つの会議室しか認識しないと思っていましたが、しかしそこはさすがG SuiteのハングアウトMeetだなと感じる解決方法が1つありました。 G SuiteのハングアウトMeetは複数会議室への同時アクセスが可能です! 物理的な考え方で複数会議室への出入りを考えていたのですが、実は同時に複数会議室へのアクセスがハングアウトMeetでは可能だったのです。 同時に複数の会議室へアクセス可能でした。 2019. 10現在。 参加方法はいたって簡単で、3つの会議室へアクセスすることで可能でした。 すごく単純で難しく考える必要はありませんでした。 手順は以下の通りです。 まずはGoogleカレンダーより会議日程を入れます。 Googleカレンダーより会議室を複数準備する。 会議当日になる前に自分のウェブカメラとマイクの動作確認はしておきましょう。 また、参加するメンバーにもウェブカメラとマイクに問題がないかの確認はメールやメッセージで行いましょう。 当日はGoogleカレンダーより会議をクリックして会議室A,会議室B、会議室Cをクリックします。 会議室A、会議室B、会議室Cの「ミーティングに参加」をクリックすることで複数同時にハングアウトMeetの会議室に接続できます。 同時に会議室へアクセスしてみましょう。 この接続方法はウェブカメラとマイクの処理が少し重たい感じはしますが、少しスペックに余裕がある、もしくは他のソフトウェアを使用しないようにする等、少し工夫することで実現可能だと思います。 映像が必要なければ、音声のみで繋げるのもよいかもしれません。 今回行った接続方法の特徴として自分は3つの会議室の音声、映像が同時に見えますが、それぞれの会議室の音声、映像は別の会議室には見えないことです。 このようになることで以下のことが別途実現できました。 それぞれの会議に同時に出席できる。 会議を同時にある程度きくことができるため、会議進行時にアドヴァイスをすぐできる。 会議終了時にそのまま、それぞれの会議のまとめを議事録提出前に少しきくことができる。 同時に参加できることで会議内容や会議後の報告、質問等がスムーズにできるようになりました。 ただし、少しやりにくいシーンもありました。 それぞれの会議室で徐々に内容がヒートアップすると声も大きくなり、音声が重複し内容が少し聞きづらい。 この点はマイクのオン・オフで少し調整しながらの参加が必要かもしれません。 まとめ!こんなシーンで複数会議への同時アクセスが役に立った!! 今回は複数会議室設定で失敗したと思ったことが、反対に良い面がでてきてよかったと感じています。 良かったことは以下の通りです。 同時に複数会議への出席で同時に自分が発言する場合、別途ハングアウトMeetで会議室を準備する必要性がない。 同時複数接続はGoogleカレンダーからのハングアウトMeetへの参加が簡単。 会議の進行内容がわかるため報告や議事録など提出前に内容が少し把握できるため会議後も進行が行いやすい。 私の思い込みで失敗した会議設定は考え方ひとつで便利な接続方法として活用できました。 これはG SuiteのハングアウトMeetの機能に助けられたことですが、考え方を柔軟にすることでこんな接続方法できるのか?と実際に実験してみてよかったと思います。 1対1の接続や複数人接続の会議方法はなんとなくわかっても複数会議室への同時アクセスは今まで考えたことはありませんでした。 それぞれ別の会議室へ同時アクセスすることは便利な面も多いと思いますので、Web会議をする場合の参考になればと思います。 人気記事• Googleサイトを利用して無料のWebポートフォリオを作ろう! デザイン関連の就職には履歴書、職歴が... G SuiteのハングアウトMeetを使用して複数の会議室へアクセスしてみましょう。 デザイン制作をし... 職務経歴書は書いたことがない方には、どのようなことを書けばよいか分からないことだと思います。 職務経歴書は、... デザイン系の就職活動では、履歴書や職務経歴書と同じくらい重要になる書類が、ポートフォリオです。 未経験の... 紙面デザインは見た目のレイアウト基本をしっかり作ることがバランスの良い紙面作りになります。 ここではマー... 簡単作成!アニメキャラをタペストリーにする作り方をご紹介します! アニメキャラクターのグッズでタペス... PCで便利なGoogle手書き検索!あれ?メニューが消えて検索できない!実は「手書き入力」に変更されていた!... 挨拶状は、レイアウトルールや文章の書き方等があり難しそうと思われるかもしれません。 実は基本のポイントを... 封筒のかっこいいデザインは簡単だと思っていませんか?実は、デザインを封筒に印刷を行うにあたり印刷機械の都合... デザインにおける余白の役割は、見た目の美しさを出すと同時に要素同士を分かりやすいグループとして成立させ... カテゴリー• 最近の投稿•

次の

Googleハングアウトとは?使い方まとめ

グーグル ハング アウト ミート

Google Meet(グーグルミート)とは Googleが提供するテレビ会議ツールが「Google Meet(グーグルミート)」です。 本記事ではGoogle Meetの特徴や使い方などの基本を解説していきます。 Google Meet無料提供へ Google MeetはもともとG Suiteユーザー対象の有料サービスでしたが、 Googleは2020年5月から一般向けに無料提供を順次開始すると発表をしました( )。 新型コロナウィルスの影響によるものです。 今までGsuiteユーザー以外には利用されづらかったGoogle Meetを使う機会が増えることが想定されます。 無料解放で使える主な機能 今回の無料提供で解放される主な機能は以下です。 無料で使える機能としては非常に魅力的であるといえます。 大規模会議を実施可能(最大参加者数は250名)• 録画機能が利用可能に• ライブストリーミング機能が利用可能に Google Meet(グーグルミート)の使い方 早速Google Meetの使い方を説明します。 といってもほぼ直感で使えるユーザーインターフェースですので難しい説明は不要です。 Google Meetの使い方は大きく2つの方法があります。 Googleカレンダーから使う• Google Meetのサイトから使う Googleカレンダーから使う カレンダーツールとしてGoogleカレンダーを使っている方は多いかと思います。 Google MeetはGoogleカレンダーからほぼワンクリックで立ち上げが可能です。 以下に使い方を説明します。 Googleカレンダーで予定を設定する。 「Google Meet のビデオ会議を追加」をクリック クリックすると、瞬時に「Google Meetに参加する」というリンクが生成されました。 ミーティングの参加者はこのリンクをクリックすると瞬時にGoogle Meetが立ち上がります。 あとは、カメラや音声の設定をするだけでテレビ会議を開始することができます。 Gmailなど、G suite 利用でないGoogleアカウントの場合は「Googleハングアウト」での利用となるため表示が少し異なります。 Google Meetサイトから使う 次にGoogle Meetのサイトからテレビ会議を開催する場合を解説します。 以下のGoogle Meetサービスページにアクセスします。 ミーティングを開始する場合は、画面中央右の「ミーティングに参加または開始」をクリックします。 すると以下のような表示がされます。 ミーティングコードまたはミーティングのニックネームを入力します。 「続行」を押すとそのままミーティングが始まります。 Google Meetは大人数の会議でも使えるの? Google Meetでは 最大250人まで のテレビ会議参加が可能です。 会社の総会やセミナーなどの大規模な会議にも利用ができます。 Google Meetは画面共有はできるの? Google Meetでは もちろん画面共有が可能です。 画面右下の「今すぐ表示」をクリックするとあなたの画面を共有することができます。 全画面共有かウィンドウ共有を選択することができます。 Google Meetで動画中にチャットはできるの? Google Meetでは チャット機能も付いています。 画面右上のチャットアイコンをクリックすると、参加メンバーでチャットを行うことができます。 資料リンクを送ったり、メモを共有したりということが可能です。 Google Meetで録画はできる? Google Meetで画面録画は可能ですが、従来は「G Suite Enterprise」 と 「G Suite Enterprise for Education」プランを契約しているチームのみ使える機能となっていました。 しかし、 2020年9月30日までG Suiteユーザーであれば録画機能も利用可能 になっています。 5月以降順次ロールアウトしていくとのことです。 Google Meetでバーチャル背景は設定できるの? 例えば、ZOOMなどではバーチャル背景の設定機能が人気です。 Google Meetにはそのような機能はあるのでしょうか。 Google Meet単体機能としては 残念ながら設定ができませんが、 次で説明するサービスを使うとバーチャル背景への変更も可能になります。 Snap Camera(スナップカメラ)を利用すればGoogle Meetでも背景変更が可能 前述の通りGoogle Meet単体ではバーチャル背景の設定はできませんが、 Snap Camera(スナップカメラ)というツールを利用するとGoogle Meetでも背景変更が可能になります。 続いて、具体的に Google MeetとSnap Cameraを連携させる方法を説明します。 Snap Camera(スナップカメラ)をダウンロード Snap Camera(スナップカメラ)は デスクトップアプリとなりますのでダウンロードの必要があります。 以下のサービスサイトから「Download」をクリックして、 規約チェック と メールアドレス入力 を行い、ダウンロードを進めます。 インストールが完了するとアプリが立ち上がります。 「ビデオ接続」「マイク接続」を許可して進めます。 バーチャル背景を選択する 様々なバーチャル背景がありますので選択します。 バーチャル背景以外にも様々なエフェクトを利用することができます。 以上でSnap Camera側の設定は終わりです。 Google Meetで設定をする 続いてGoogle Meet側の設定に移ります。 にアクセスします。 画面右上の「歯車」ボタンをクリックします。 動画の設定画面に移りますので、「Snap Camera」を選択します。 これでGoogle Meet側の設定も完了となります。 そのまま会議に参加するとSnap Cameraで設定したバーチャル背景でテレビ会議を行うことができます。

次の