パチンコ 良台。 P

【パチンコ】小当たりラッシュ性能ランキング!台選びの参考に

パチンコ 良台

賞球は10個。 「319は重いよ... 」という方で小当たりラッシュを楽しみたい方にオススメの機種です。 確変突入率・継続率はどちらも60%。 通常時は15%、右打ち中は30%で小当たりラッシュ突入です。 賞球は13個。 小当たりラッシュ突入率と小当たりラッシュの強さのバランスの良い台です。 賞球は10個。 小当たりラッシュと言えばガンツのイメージではないでしょうか。 9なので確変中にかなりハメられます。 さらに小当たりラッシュ中の大当たりは確変・通常問わず10R1,500発取れるので出玉感もバツグン。 そして賞球は15個。 小当たりラッシュ突入率約57%で賞球15個の破壊力は間違いありません。 シンプルな小当たりラッシュの性能としては 文句なく現行機No. 期待を込めて第1位に! 特徴としては 2R確変だった場合に小当たりがつく点です。 大当たりは10R or 小当たりラッシュしかないのでどっちに転んでもオイシイ展開となっています。 さらにはパチンコ業界初!? の新しい出玉トリガー「新生モード」というのが搭載されているらしいです。 以上パチンコの小当たりラッシュ機のランキングでした。

次の

パチンコの朝一の台選び!勝てる確率が上がる遊技台の選別の仕方

パチンコ 良台

梅「遅くなってすまないよ!お疲れ様です!最近は良い台打ててる?」 A「お疲れ様です!軍団プロが減ったので勝てる台を取るのは楽になりましたね。 」 H「上手い人が減ってますね。 」 梅「やっぱり期待値の高い台が減ってるんだろうね。 7月は『牙狼 冴島鋼牙』『必殺仕置人』とビッグタイトルが豊富だけど、狙い目は変わるかな?」 A「変わりそうですね。 導入までは『真・花の慶次2 漆黒の衝撃』や『真・北斗無双』がメインの立ち回りだとは思いますが。 」 H「そうですね。 変わるんじゃないですかね。 」 梅「『慶次漆黒』の方が割りを食いそうな気がするね。 出玉性能が高い『真・北斗無双』は減台されつつ、大事に使われると予想してる。 」 H「そうですね、減台されつつ大事に使われるでしょうね。 」 梅「おい!さっきからHはコメント内容薄いよね。 人の後をなぞってるだけよでしょ?ダメよ。 自分なりの意見に価値があるんだから。 新台がホールデビューすると、甘く使われる日が減る等、多少扱いに変化があるかもしれません。 電サポ中の玉減りが大きい台なので、節玉はしっかりしましょう。 方法は2019年6月の記事を参照に。 ・ 記事 『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』 アタッカーの性能が優秀。 オーバー入賞を取りやすいので、思った以上に高い期待値になる事も。 長期に渡って高稼働の機種なので、機械代は回収されており、今後も厚遇される事が期待出来ます。 デビュー予定の新台とスペックが異なるところも甘い扱いが続く要素ですね。 『CR真・北斗無双』 店舗によっては、まだまだこの機種をメインで推すところも。 元々の出玉性能が高いので、そこそこ回る新基準機よりも期待値が高くなる事もしばしば。 4円交換のお店なら大体250玉あたり18. 5回転以上の台を狙います。 梅「今回の大穴機種は『設定付きパチンコ』を紹介しようかと思ってさ。 以前はメイン機種で良い台が無かった時は、甘デジで技術介入して勝ってきたけど、今は『設定付きパチンコ』の方がチャンスがある気がして。 」 A「そうですね。 設定付きパチンコは全体的に盛り上がってるとは言い難いですが、力入れてる店も増えてますしね。 良く狙う機種はありますか?」 梅「『北斗7天破』は大事に使ってる店が多いから、狙う事が多いかな。 あとは設定付きの『海物語 IN JAPAN2 』かな。 設定LOWでもボーダープラスの台を狙って、HIGHならラッキーという立ち回りかな。 」 A「なるほどです!設定付きなら、メイン機種が今一つだった時にちょうど高設定ぽい台が空いてたりもありますしね。 」 梅「そう!それに『海物語 IN JAPAN2』はさ、アタッカー性能が良いから上手く打てば出玉多く取れてオイシイ。 それにユーザーに年配の方が多くて、良い台が落ちてる確率が高いしね。 」 梅「後は、今後のメインの立ち回りに影響するかもしれない、7月の新台について話そうかな。 」 A「導入台数も多いし、どちらも今後のメインになる可能性はありますよね。 」 梅「『ぱちんこ 新・必殺仕置人』の方は試打させて貰ったよ。 ボーダーはちょっと高めだけど、確変時の消化スピードは『真・北斗無双』並みに速いのよ。 」 A「そんな台を出せるんですね!?」 梅「速いって事はその分、通常時を回せるはずだから、期待値は稼ぎやすいよね。 そこはプロ好み。 技術介入性は低いけど。 」 A「となると、単純に回る台を打たなきゃダメですね。 」 梅「そうね。 250玉で24〜25以上回る台を見つけたいところね。 逆に『牙狼 冴島鋼牙』の方はボーダーが低いから、打つハードルは低いかな。 Hはずっと黙ってるけど何か言いたい事ないの?」 H「長くて飽きてました。 僕はサッとわかるのがいいんですよ。 」 梅「最後に記事の意味をぶっ壊す事を言ってくれたね。 もういいよ!7月は新台打て!チャンス多いはずだから!以上!簡単でしょ!」 H「あざっす!」 というわけで、今月の会議は終了!怒っても怒っても足りないH。 この人はきっとハマってもハマってもイライラしない為に、パチンコの神が生み出した試練が具現化したものなんだろう。 朝一など、当たりが無く、投入金額がわかる状況であれば、データカウンターのスタートと残り現金残高をみれば、概ね千円あたりの回転数がわかります。 データカウンターのスタートが80で、現金残高の表記が60なら、上皿打ち切った時点で四千円分回してる事がわかりますね。 大体千円で20回転の台。 こうした情報を他のプロに与えない為に、朝一は財布などで残高を隠したりする人がいます。 どのくらい出玉が取れているのかを細かく把握しなければ、期待値はわかりません。 ですので、パチプロは大抵、大当りや電サポ開始時に上皿の玉を一定数に調整し、そこからの玉数の増減で出玉を正確に測ろうとします。 といったところで今回のパチプロの見分け方はおしまい。 ハウスルールを遵守しましょう。

次の

【パチンコ】今打つならこの台!勝てる機種3選+α【2020年6月版】

パチンコ 良台

梅「遅くなってすまないよ!お疲れ様です!最近は良い台打ててる?」 A「お疲れ様です!軍団プロが減ったので勝てる台を取るのは楽になりましたね。 」 H「上手い人が減ってますね。 」 梅「やっぱり期待値の高い台が減ってるんだろうね。 7月は『牙狼 冴島鋼牙』『必殺仕置人』とビッグタイトルが豊富だけど、狙い目は変わるかな?」 A「変わりそうですね。 導入までは『真・花の慶次2 漆黒の衝撃』や『真・北斗無双』がメインの立ち回りだとは思いますが。 」 H「そうですね。 変わるんじゃないですかね。 」 梅「『慶次漆黒』の方が割りを食いそうな気がするね。 出玉性能が高い『真・北斗無双』は減台されつつ、大事に使われると予想してる。 」 H「そうですね、減台されつつ大事に使われるでしょうね。 」 梅「おい!さっきからHはコメント内容薄いよね。 人の後をなぞってるだけよでしょ?ダメよ。 自分なりの意見に価値があるんだから。 新台がホールデビューすると、甘く使われる日が減る等、多少扱いに変化があるかもしれません。 電サポ中の玉減りが大きい台なので、節玉はしっかりしましょう。 方法は2019年6月の記事を参照に。 ・ 記事 『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』 アタッカーの性能が優秀。 オーバー入賞を取りやすいので、思った以上に高い期待値になる事も。 長期に渡って高稼働の機種なので、機械代は回収されており、今後も厚遇される事が期待出来ます。 デビュー予定の新台とスペックが異なるところも甘い扱いが続く要素ですね。 『CR真・北斗無双』 店舗によっては、まだまだこの機種をメインで推すところも。 元々の出玉性能が高いので、そこそこ回る新基準機よりも期待値が高くなる事もしばしば。 4円交換のお店なら大体250玉あたり18. 5回転以上の台を狙います。 梅「今回の大穴機種は『設定付きパチンコ』を紹介しようかと思ってさ。 以前はメイン機種で良い台が無かった時は、甘デジで技術介入して勝ってきたけど、今は『設定付きパチンコ』の方がチャンスがある気がして。 」 A「そうですね。 設定付きパチンコは全体的に盛り上がってるとは言い難いですが、力入れてる店も増えてますしね。 良く狙う機種はありますか?」 梅「『北斗7天破』は大事に使ってる店が多いから、狙う事が多いかな。 あとは設定付きの『海物語 IN JAPAN2 』かな。 設定LOWでもボーダープラスの台を狙って、HIGHならラッキーという立ち回りかな。 」 A「なるほどです!設定付きなら、メイン機種が今一つだった時にちょうど高設定ぽい台が空いてたりもありますしね。 」 梅「そう!それに『海物語 IN JAPAN2』はさ、アタッカー性能が良いから上手く打てば出玉多く取れてオイシイ。 それにユーザーに年配の方が多くて、良い台が落ちてる確率が高いしね。 」 梅「後は、今後のメインの立ち回りに影響するかもしれない、7月の新台について話そうかな。 」 A「導入台数も多いし、どちらも今後のメインになる可能性はありますよね。 」 梅「『ぱちんこ 新・必殺仕置人』の方は試打させて貰ったよ。 ボーダーはちょっと高めだけど、確変時の消化スピードは『真・北斗無双』並みに速いのよ。 」 A「そんな台を出せるんですね!?」 梅「速いって事はその分、通常時を回せるはずだから、期待値は稼ぎやすいよね。 そこはプロ好み。 技術介入性は低いけど。 」 A「となると、単純に回る台を打たなきゃダメですね。 」 梅「そうね。 250玉で24〜25以上回る台を見つけたいところね。 逆に『牙狼 冴島鋼牙』の方はボーダーが低いから、打つハードルは低いかな。 Hはずっと黙ってるけど何か言いたい事ないの?」 H「長くて飽きてました。 僕はサッとわかるのがいいんですよ。 」 梅「最後に記事の意味をぶっ壊す事を言ってくれたね。 もういいよ!7月は新台打て!チャンス多いはずだから!以上!簡単でしょ!」 H「あざっす!」 というわけで、今月の会議は終了!怒っても怒っても足りないH。 この人はきっとハマってもハマってもイライラしない為に、パチンコの神が生み出した試練が具現化したものなんだろう。 朝一など、当たりが無く、投入金額がわかる状況であれば、データカウンターのスタートと残り現金残高をみれば、概ね千円あたりの回転数がわかります。 データカウンターのスタートが80で、現金残高の表記が60なら、上皿打ち切った時点で四千円分回してる事がわかりますね。 大体千円で20回転の台。 こうした情報を他のプロに与えない為に、朝一は財布などで残高を隠したりする人がいます。 どのくらい出玉が取れているのかを細かく把握しなければ、期待値はわかりません。 ですので、パチプロは大抵、大当りや電サポ開始時に上皿の玉を一定数に調整し、そこからの玉数の増減で出玉を正確に測ろうとします。 といったところで今回のパチプロの見分け方はおしまい。 ハウスルールを遵守しましょう。

次の