悪役令嬢は引き籠りたい。 楽天Kobo電子書籍ストア: 前世悪役だった令嬢が、引き籠りの調教を任されました 1

前世悪役だった令嬢が、引き籠りの調教を任されました 1

悪役令嬢は引き籠りたい

「フィーナ、すまないが貴女との婚約を破棄させてもらう」 侯爵令嬢のフィーナ・アストリアがパーティー中に婚約者のクラウス王太子から告げられたのはそんな言葉だった。 その王太子は隣に寄り添う公爵令嬢に愛おしげな視線を向けていて、フィーナ が捨てられたのは明らかだった。 フィーナは失意してパーティー会場から逃げるように抜け出す。 そして、婚約破棄されてしまった自分のせいで家族に迷惑がかからないように侯爵家当主の父に勘当するようにお願いした。 そうして身分を捨てたフィーナは生活費を稼ぐために魔法技術が発達していない隣国に渡ろうとするも、道中で魔物に襲われて意識を失ってしまう。 ブラック企業を辞退した私が卒業後に手に入れたのは無職の称号だった。 どうやら少女の強大すぎる魔法は村人達の恐怖の対象となったらしい。 村人の気持ちも分からなくはないが、二度目の人生を小屋での軟禁生活で終わらせるつもりは毛頭ないので、逃げることにした。 だが私には強すぎるステータスと『ポイント交換システム』がある!拠点をテントに決め、日々魔物を狩りながら自由気ままな冒険者を続けてたのだが……。 恋愛要素を含みますが、出てくるのが遅いのでご注意ください。 『悪役令嬢は断罪ENDまでぐーたら過ごしたい』と同じ世界観・時間軸のお話ですが、こちらだけでもお楽しみいただけます。 カドカワBOOKS様より1~3巻 B's-LOG COMIC様よりコミカライズ1巻、発売中です。 グラディス・ラングレー公爵令嬢の人生は三周目。 一周目は日本の女子大生。 超体育会家一家で空手の有力選手。 可愛いものや服が大好きなのに、ままな らないまま、落雷で死亡……と思ったら、剣と魔法のファンタジー世界に転生。 今度こそ好きなことをして自由に生きよう、との決意も虚しく、大預言者に抜擢! 権力はあるものの、生涯独身の掟。 またもや喪女決定。 素敵な恋どころか、子供も持てず……。 せめて子供に関わりたいと、かつて学生生活を満喫した学園に舞い戻り、大預言者の傍ら、教職に就くことに。 将来国家の要職に就く学生を、次々と育て上げる。 馬車に轢かれて死亡後、三周目の人生は公爵令嬢、大当たり!! でも、二周目と同じ場所に転生してるし、周りが知り合いばかりだし、あれから10年しかたってない? そして父親は教え子、母親はまさかの!? 元大預言者とバレたら、また生涯独り身人生、何としても隠し通さなければ! でも、転生した以上、新しい人生を楽しく生きたい。 最大の難関は、5年後に迫る学園入学。 教師陣はかつての同僚や教え子ばかり。 でも、きっちり隠し通してグラディス・ラングレーの公爵令嬢ライフを満喫してやります!! 帝政50数年……戦乱からはや数十年。 平和の中で仲のいい兄弟がおりました。 一人は兄、エルヴィス。 弟も愛称はヒナトとそれは仲の良い兄弟がいました。 しかし、しかし……そんな仲のいい兄弟も1つの勘違いから大きく大きく道を外してしまいます。 そう、弟にある強い感情が芽生えてしまったのです。 そんな、弟を突き放す発言をしつつも。 昔から裏切った事のない桜色の髪の兄上は否定しながらも黙認しつつ心変わりを待ち続けます。 だが、兄上に魅力に気付きつつある騎士見習いハルト、魔法使い見習いセシルも惹かれていき。 婚約をお願いされます。 兄は悩み約束はするものの……過去からずっと社会復帰した弟の事が心残りであり続け……そして、ある境に大きく考えが変わります。 事件とは、弟の虐待をしていた実母が地方領主と結婚し復権。 弟を取り戻そうと動き出したのです。 兄は悩みます。 虐待して、売り払ったその実母に弟を渡す事。 家族では無くなったことで募る思いとともに。 弟から逃げるよう。 自身の心を偽り続ける。 だがそれは一時凌ぎしか続きませんでした。 体が変わり、精神も変わっていく中で確信めいたものを見つけます。 苦しい理由、そして兄上として律してきた事をやめる決意をもちます。 弟を幸せに出来るのは私だけ。 歪んだ固定観念を認め。 自身の幸福のために行動し……『聖女』から奪う決意を固めたのでした。 誰が言ったか。 彼女の事を『悪女』と呼ぶほどに。 この作品は「アルファポリス 1月末 、カクヨム」にも掲載しています。 この世界シータは、15歳にある成人の儀式で天職とが貰える。 3人の幼馴染には、それぞれ『賢者』『聖女』『剣聖』と言われる伝説の天職を手にいれ、俺ゼハート=バレッタには、『逃走者』と言われる謎の天職を手にいれた。 伝説の天職を手にいれた幼馴染たちは、そのまま『勇者』の天職を持つ青年がいる王都につれていかれ、さらに一週間後、なんと勇者と結婚すると言う情報が写真つきの新聞とともにやってきた。 周りの村の人たちは、俺のことを憐れんでいたがこうしゃおれない。 あの狂った幼馴染が村に帰ってくるまでに逃げなければ。 かくして俺は、狂ったヤンデレ幼馴染から逃げるため世界中を逃げ回ることにした。 「ゼハートどこに行こうと言うの?」 「お前もヤンデレ化したと言うのか!?」 果たして俺にヤンデレから逃げられる道はあるのだろうか。 ゲームプログラマーは思った。 悪役令嬢は一途な令嬢達なのだ。 昔から好きだった男をぽっと出てきた女に取られたらブチ切れるのは当然だろう。 しかし、もったいない。 貴方達は麗しい令嬢なのだから、ヒロインになれる素養は十分にもっているのだよ? そこでプログラマーは既存の乙女ゲームの内容を組み替えることにした。 A攻略対象のA悪役令嬢をB攻略対象のヒロイン枠へ。 B攻略対象のB悪役令嬢をC攻略対象のヒロイン枠へ。 C攻略対象のC悪役令嬢をD攻略対象のヒロイン枠へ。 D攻略対象のD悪役令嬢をA攻略対象のヒロイン枠へ。 として、みんながハッピーエンドを目指す乙女ゲームを作成した。 しかし、既存のゲームを組み替えた為にとんでもないバグがでた。 人は逃げるものは追う生き物なのである。 それが例えゲームの中の人物であっても。 そう、攻略対象達が悪役令嬢に執着を示し始めたのだ。 「……なんか思っていたゲームにならなかったです部長」 「そんなことだろうと思った」 「まぁ、イケメンをもだもださせたい層には受けます」 「本当かよ」 *ソフトの組み替えについても既に創作設定ですから、そんなことは起こらないというツッコミのある方はこの時点で御自衛してください。 全てわたしの脳内架空ワールドの設定です。 この物語のメインは、自分のことを好きなはずの女の子が急に他へ行ってしまい. となるイケメンににやにやすることであり、それを書きたい為に設定を作っています。 リアルは全く追及しておりません。 ご都合主義にわたしの性癖のままに進んでいくので、苦情、批判等は一切受け付けていません。 同じ性癖の人に読んで頂けたら幸甚です。 少しでも上記の注意に引っかかる方は、ここで止まってください。 これで落ち着きます。 すみません。 他の連載も途中なのだが、こっちも書きたいからこっちも書きます。 なんでもありでオッケイな方は良かったら読んでください。 では、本編どうぞ。 婚約者であるルシウス王子はサラのことを嫌っており、サラも また初対面でのトラウマから王子に会うことを拒否していた。 そんな折、王子が怪我をしたと聞いたサラはトラウマを抱えながらも王子のお見舞いに王城へと向かう。 しかし、再会したルシウス王子はサラを「愛しの婚約者」と呼び、その身に抱きしめてきた。 思わず逃げ出すサラに、王子は何処までも追いかけてきて逃さない気満々。 「何でこうなったの!?」 混乱しながらサラは今日も王子から逃げるために全力疾走するのであった。 侯爵令嬢のアイリス・クレモンティーヌは婚約者に婚約破棄され逃げるようにパーティー会場を抜け出した。 貴族令嬢としての矜持を汚され、家族にも迷惑をかけてしまったことを悔やみ傷心するアイリスは入水をするのだったが… そこで前世の記憶を取り 戻す。 死にたくないと思いながらも意識を手放し、目を覚ますととあるギルド商会の若旦那に保護されることになる。 「行く当てがないならここで働けばいい」 優しい言葉に救われるも。 「俺が欲しいのは金になる材料だ。 キリキリ働け」 彼はとんでもなくお金にがめつかったが、必死に働くうちに自分の居場所を見い出し。 あろうことにも… 「お前の就職先は俺の嫁だ」 俺様気質の若旦那に求婚されることになるのだった。 18年間彼氏がいなく、ようやく彼氏ができたかと思えばそれはただのドッキリであっさりと死んでしまう七瀬。 転生したのは、荒れ狂う受験のストレスから逃げるように没頭していた「フィーネ」という乙女ゲームの世界だった。 私は隣国の小さな領地をもつ貴族の 娘で。 そのキャラは全くゲーム中にも出てきた記憶もない見知らぬキャラで。 え?じゃあ何のためにこの世界にきたの私。 普通主人公とか悪役令嬢とかじゃないの!? なんて思っていたら早速ゲームの舞台であるピースナー王国に奇襲されあっけなく侵略されてしまう。 何とか生き延びた先で待っていたのは、毎日食料を盗んではその日を乗り切るピースナーでの孤児生活で。 まって。 このゲーム、学園が舞台だったよね?乙女ゲームだったよね?なんでそんな世界でおっさんの尻見て寝なきゃならないの。 ………ほんとこれ、前世の記憶もって転生する必要ある? そう思いながら彼女は今日もただ生きるために街を走り回って生きていく.

次の

楽天Kobo電子書籍ストア: 前世悪役だった令嬢が、引き籠りの調教を任されました 1

悪役令嬢は引き籠りたい

概要 ここでいう悪役令嬢とは、 現実の乙女ゲームのライバル役女性のことではなく、主に「小説家になろう」で使用されている 、 創作としての悪役令嬢を差します。 現実の商用乙女ゲームには、悪役令嬢は存在しません。 そのため悪役令嬢は、 現実の乙女ゲーム愛好家からは、賛否が分かれる存在となっているので、ご注意ください。 悪役令嬢が生まれたわけ 悪役令嬢は、最初はただの女性ライバルでした。 乙女ゲームの女性主人公は、男性キャラクターにアプローチをして、結ばれようとします。 しかし、すんなりと結ばれてしまっては、ゲームとして面白みがありません。 そこで 女性ライバルが登場することになります。 女性ライバルは、主人公と男性キャラクターとの恋を邪魔する役割を与えられます。 邪魔が入ることで、主人公と男性キャラクターの絆は深まり、物語はより一層ドラマティックになっていきます。 創作としての乙女ゲームの妨害の仕方は、マンガの表現が色濃く出ています。 マンガの方が、より過激な表現が許されているためです。 女性ライバルが使う手段は様々です。 主人公の悪い噂を広めたり、所持品を壊したり。 取り巻きと呼ばれる友人たちと、主人公を責め立て、心を折ろうとすることも。 階段から突き落とそうとしたり、ならず者に襲わせようとしたり。 あげくの果てには、暗殺しようとしたりします。 そう、 物語を盛り上げるために、著者は女性ライバルの行動をどんどんエスカレートさせていくわけです。 そうすれば、 女性ライバルが主人公に敗北したときに、惨めさが増し、主人公がより光り輝きます。 いつしか女性ライバルは、行動の悪辣さから「悪役」と呼ばれます。 「令嬢」は、乙女ゲームの女性ライバルは、良家のお嬢様という設定が多かったためです。 語呂の良さもあるでしょう。 こうして「悪役令嬢」は生まれました。 悪役令嬢の独り立ち かつては、乙女ゲームの女性主人公の引き立て役だった悪役令嬢。 しかしそのキャラクター性の濃さから、悪役令嬢自身にスポットライトが当たり始めました。 悪役令嬢が主役となるときが来たのです。 あるときは、主人公を完膚なきまでに叩きのめし。 あるときは、裏社会を牛耳り。 あるときは、勇者そっちのけで魔王を倒す。 キャラクターとしての「悪役令嬢」の確立です。 悪役令嬢を主役にした物語は、「悪役令嬢もの」と呼ばれるようになりました。 悪役令嬢とは反対に、逆ハーレムを築いている女性のことを「ヒロイン」と呼びます。 これは乙女ゲームの女性主人公をヒロインと呼ぶことに由来しています。 物語の主役ではなくても「ヒロイン」、逆ハーレムにいる男性陣の権力を使って、極悪非道なことをしていても「ヒロイン」です。 こちらも、「悪役令嬢」と同様に、物語上の主役・脇役の関係にとらわれない、ポジション名となっています。 容姿 昔 乙女ゲームの主人公(以下、ゲーム主人公)は、十代の女の子が多いことから、同じく十代の女の子。 やや釣り目で、きつめの美人。 髪型は昔の少女漫画の令嬢がしていたような、ドリルと表現される縦髪ロールをしています。 完璧な礼儀作法を身に付けており、言葉遣いや身のこなしも優雅です。 恋のライバル役にふさわしく、ゲーム主人公以上の美貌をもっています。 今 美人というのは変わりません。 縦髪ロールという髪型は、悪役令嬢というキャラクターが独り立ちし始めると、少なくなりました。 完璧な礼儀作法、優雅な言葉遣いや身のこなしをしているという設定は、そのまま残っている作品が多いです。 しかし、その裏で冒険者として大暴れしているというような、破天荒っぷりが付与されるようになりました。 ギャップが面白いですからね。 性格 昔 気が強く、ゲーム主人公に強く当たります。 ライバル役なので当然です。 その一方で、勉学や礼儀作法に打ち込み、自分を磨くことを怠らない、真面目さを持ちます。 今 性格は多様化しました。 気が強いどころか、引きこもりの人間不信とかもあります。 どれだけオリジナリティを出せるのか、読者の度肝を抜く行動をさせられるのか。 なにせ悪役令嬢は「主役」なのです。 物語は主役のための舞台。 悪役令嬢が生き生きとしていればしているほど、読者は自然と物語に引き込まれていきます。 おすすめ作品.

次の

引きこもりの悪役令嬢は一人になりたい。(星月夕日)

悪役令嬢は引き籠りたい

概要 ここでいう悪役令嬢とは、 現実の乙女ゲームのライバル役女性のことではなく、主に「小説家になろう」で使用されている 、 創作としての悪役令嬢を差します。 現実の商用乙女ゲームには、悪役令嬢は存在しません。 そのため悪役令嬢は、 現実の乙女ゲーム愛好家からは、賛否が分かれる存在となっているので、ご注意ください。 悪役令嬢が生まれたわけ 悪役令嬢は、最初はただの女性ライバルでした。 乙女ゲームの女性主人公は、男性キャラクターにアプローチをして、結ばれようとします。 しかし、すんなりと結ばれてしまっては、ゲームとして面白みがありません。 そこで 女性ライバルが登場することになります。 女性ライバルは、主人公と男性キャラクターとの恋を邪魔する役割を与えられます。 邪魔が入ることで、主人公と男性キャラクターの絆は深まり、物語はより一層ドラマティックになっていきます。 創作としての乙女ゲームの妨害の仕方は、マンガの表現が色濃く出ています。 マンガの方が、より過激な表現が許されているためです。 女性ライバルが使う手段は様々です。 主人公の悪い噂を広めたり、所持品を壊したり。 取り巻きと呼ばれる友人たちと、主人公を責め立て、心を折ろうとすることも。 階段から突き落とそうとしたり、ならず者に襲わせようとしたり。 あげくの果てには、暗殺しようとしたりします。 そう、 物語を盛り上げるために、著者は女性ライバルの行動をどんどんエスカレートさせていくわけです。 そうすれば、 女性ライバルが主人公に敗北したときに、惨めさが増し、主人公がより光り輝きます。 いつしか女性ライバルは、行動の悪辣さから「悪役」と呼ばれます。 「令嬢」は、乙女ゲームの女性ライバルは、良家のお嬢様という設定が多かったためです。 語呂の良さもあるでしょう。 こうして「悪役令嬢」は生まれました。 悪役令嬢の独り立ち かつては、乙女ゲームの女性主人公の引き立て役だった悪役令嬢。 しかしそのキャラクター性の濃さから、悪役令嬢自身にスポットライトが当たり始めました。 悪役令嬢が主役となるときが来たのです。 あるときは、主人公を完膚なきまでに叩きのめし。 あるときは、裏社会を牛耳り。 あるときは、勇者そっちのけで魔王を倒す。 キャラクターとしての「悪役令嬢」の確立です。 悪役令嬢を主役にした物語は、「悪役令嬢もの」と呼ばれるようになりました。 悪役令嬢とは反対に、逆ハーレムを築いている女性のことを「ヒロイン」と呼びます。 これは乙女ゲームの女性主人公をヒロインと呼ぶことに由来しています。 物語の主役ではなくても「ヒロイン」、逆ハーレムにいる男性陣の権力を使って、極悪非道なことをしていても「ヒロイン」です。 こちらも、「悪役令嬢」と同様に、物語上の主役・脇役の関係にとらわれない、ポジション名となっています。 容姿 昔 乙女ゲームの主人公(以下、ゲーム主人公)は、十代の女の子が多いことから、同じく十代の女の子。 やや釣り目で、きつめの美人。 髪型は昔の少女漫画の令嬢がしていたような、ドリルと表現される縦髪ロールをしています。 完璧な礼儀作法を身に付けており、言葉遣いや身のこなしも優雅です。 恋のライバル役にふさわしく、ゲーム主人公以上の美貌をもっています。 今 美人というのは変わりません。 縦髪ロールという髪型は、悪役令嬢というキャラクターが独り立ちし始めると、少なくなりました。 完璧な礼儀作法、優雅な言葉遣いや身のこなしをしているという設定は、そのまま残っている作品が多いです。 しかし、その裏で冒険者として大暴れしているというような、破天荒っぷりが付与されるようになりました。 ギャップが面白いですからね。 性格 昔 気が強く、ゲーム主人公に強く当たります。 ライバル役なので当然です。 その一方で、勉学や礼儀作法に打ち込み、自分を磨くことを怠らない、真面目さを持ちます。 今 性格は多様化しました。 気が強いどころか、引きこもりの人間不信とかもあります。 どれだけオリジナリティを出せるのか、読者の度肝を抜く行動をさせられるのか。 なにせ悪役令嬢は「主役」なのです。 物語は主役のための舞台。 悪役令嬢が生き生きとしていればしているほど、読者は自然と物語に引き込まれていきます。 おすすめ作品.

次の