儲かる 仕事。 学歴のない男でも稼げる!男の高収入な仕事一覧

確実に「儲かる仕事」で起業する方法なんてあるの?ホリエモンに聞いてみよう

儲かる 仕事

あなたは、儲かる仕事ランキングがどんな結果になっているかご存知ですか? もし誰かに「儲かる仕事はなんですか?」と聞かれても、「どの仕事がどのくらい儲かるのかわからない」という人も多かもしれません。 儲かりそうな仕事といえば、医者や飛行機のパイロットなどいろいろ思いつきますよね。 しかし、結局どの仕事がどのくらい儲かるのでしょうか? ちなみに、国税庁が行った調査では、国民の平成26年度の平均年収は以下の通りになりました。 平成26年分民間給与実態統計調査結果 全体の平均年収 415万円 男性の平均年収 514万円 女性の平均年収 272万円 正規雇用の平均年収 478万円 非正規雇用の平均年収 170万円 引用元:『』平成26年分民間給与実態統計調査結果について どうせ仕事をするなら、この表の全体の平均年収を超えるような儲かる仕事をしてみたいと思いませんか? 今と同じ時間労働で、年収が増えたらうれしくありませんか? この記事では、はじめに 男女別の儲かる仕事ランキングを紹介します。 そして、これから商売や副業を考える人たちに向けて、 「どんな働き方をすれば儲かるのか」をコンサルタントの立場からお伝えします。 さらに、「弁護士や医者のように儲かる仕事は勉強ができないとなれないのでは?」と思っている方のために、 勉強が得意でなくても儲かる仕事を手に入れる秘訣も解説していきます。 ぜひ、今後の参考にしてください。 初めて当サイトに訪れた方へ 目次 〜儲かる仕事ランキング|もっと効率よく儲けたい人へ〜• 男女別儲かる仕事のランキング まずは、どんな仕事が儲かるのか、データから見ていきましょう。 ここでは、男女別にランキング形式で紹介していきます。 中には「え! あの仕事ってこんなにもらっていたの?」と驚くかもしれません。 それでは、いよいよランキングを見ていきましょう。 1-1. 儲かる仕事ランキング 男性 男性の場合は、いわゆる「エリート」と呼ばれる仕事が上位5に来ていますね。 上で挙げた通り、国民全体の平均年収が415万円だったので、 2倍以上儲かっている仕事もあるのです。 順位 仕事(職業) 平均年収 1位 航空機操縦士 1,485万円 2位 大学教授 1,303万円 3位 航空機客室乗務員 1,153万円 4位 大学助教授 1,036万円 5位 医師 967万円 6位 高等学校教員 954万円 7位 記者 933万円 8位 各種学校・専修学校教員 844万円 9位 一級建築士 723万円 10位 自然科学系研究者 697万円 引用元:『』男性の職業別年収ランキング 初めて当サイトに訪れた方へ 1-2. 儲かる仕事ランキング 女性 女性の場合は「先生」と呼ばれるような職業が上位にきていますね。 順位 仕事(職業) 平均年収 1位 大学教授 1026. 2万円 2位 大学助教授 874. 6万円 3位 高等学校教諭 835. 1万円 4位 医師 777. 8万円 5位 記者 774. 1万円 6位 各種学校・専修学校教員 651. 5万円 7位 航空機客室乗務員 635. 1万円 8位 臨床検査技師 573. 9万円 9位 自然科学系研究者 571. 2万円 10位 システム・エンジニア 564. 5万円 引用元:『』女性の職業別年収ランキング 2. 学歴や学力が高くなくても儲かる仕事に就けるのか? ランキングを見て、「どの仕事がいくら儲かるのかはわかったけど、ここで挙げられている仕事に就けるほど、学歴も学力も高くはない」と感じた人もいるかもしれませんね。 では、 儲かる仕事をするうえで、学歴や学力は必要なのでしょうか? 2-1. 学歴よりも年収を左右するもの たとえば、「東京大学を卒業していても公園のアルミ缶を集めている人」と「中学校しか卒業をしていないけれど、大企業で管理職をしている人」の場合はどちらが儲かりそうですか? 勝負にならないですよね(笑)。 つまり、 過去にどこの学校を出ているかよりも、今何をしているのか?という職業の方が年収に影響を与えているということです。 本人の学歴や優秀さよりも、どの職業就くのかというほうが年収に影響を与えるのです。 よって、あなたがもし学歴に自信がなくても、高い年収を稼げる仕事に就きさえすれば、お金を稼ぐうえで有利になります。 最初に紹介したランキングには載っていなくても、セラピストやメンタルコーチなど高い年収を稼いでいる仕事はあります。 学歴や学力に自信がなくても、そういう仕事に就けば年収が上がる可能性が高いのです。 2-2. 自分に合っていない仕事を選んだ結果 さらに言えば、自分の適性を無視して、無理ヤリ好きでもないランキングの上位の仕事に就いても幸せにはなれないでしょう。 たとえば、血が苦手な人が、「医者は儲かるから」という理由で、外科医になったらどうでしょうか? 儲かるかもしれませんが、苦手な血を見ることになるので、苦しそうですね。 高所恐怖症なのに、パイロットになったら、毎日苦痛ではないでしょうか。 コンサルタントの立場から申し上げれば、 「できれば、自分の好きなことで、儲かる仕事を手に入れてほしい」と思います。 そこで、次の章では、儲かる仕事を手に入れるための具体的なステップをお伝えします。 もちろん「全く努力する必要はないですよ」というわけではありません。 しかし、最難関の試験と呼ばれている司法試験や6年以上の勉強が必須の医者に比べれば少ない労力で済む可能性が高いです。 初めて当サイトに訪れた方へ 3. 儲かる仕事を手に入れるための3ステップ それでは、いよいよ儲かる仕事を手にいれるための具体的な方法をお伝えしようと思います。 実をいうと、私自身、以前はフリーターをしていました。 そのため、儲かる仕事とは縁のない状態でした。 実家の三重県で働いていたのですが、ひどいときは、時給750円という状態でした。 同年代の友人から「今年はボーナスが40万円しかなかった」という話を聞いて、 「自分はなんてダメなのだろう」と鬱になるほど落ち込みました。 働いている時間は自分の方が長いのに、年収は少なかったので、ほんとうにみじめでした。 しかし、可愛がってもらっていた経営者の方からあることを教えてもらってから同年代どころか、 「そこいらの50代の人にも勝てるのでは?」というほど収入が上がりました。 いまだに信じられないくらいです。 私はこれまでに、いくつものセミナーを運営してきたので、1000人以上の参加者と接してきました。 その中でも、平均年収以上に儲かっている人たちは、私と同じ方法を使って成功した人が多かったのです。 残念ながら、「1日5分だけ簡単1ステップ」というような魔法の方法ではありません。 しかし、 やろうと思えば誰にでもできる方法です。 これから、儲かる仕事をしたいと考えている人はぜひ活用してください。 3-1. 経営者や金持ちをターゲットにする 「商売をするなら、誰に何を提供するのか決めましょう」という話を聞いたことはありませんか? 儲かりたいなら、 経営者や大企業の管理職などのお金持ちをターゲットにした仕事をしましょう。 弁護士やコンサルタントが儲かるのは、商売している相手がお金持ちだからなのです。 私自身は、このことに気づかず、過去に手痛い失敗をしたことがあります。 独立をした年は、学生やフリーターをターゲットにして、集客のコンサルをしていました。 しかし、コンサル料は当然、学生やフリーターのアルバイト代から出るので、1時間のコンサル料が500~1000円程度。 交通費はもちろん出ませんので、コンサルをすればするほど赤字という状態でした。 しかも、学生が使える広告費は1万円以下であるケースも多く、宣伝が行き届かず、商品も売れませんでした。 しかし、ある経営者の方から 「実績を作ってから経営者をターゲットにするのではなくて、最初から経営者をターゲットにしなさい」とアドバイスをもらいました。 そこで、試しに、知り合いの経営者の人に「あなたの事業の集客をさせてください」と依頼したところ「完全出来高制ならいいよ」と契約成立。 そこからは、世界が変わりました。 広告費に10万円以上使えるので、人がおもしろいほど集まったり、クライアント自体がお金持ちなので、「何かランチでも食べてこい」と2万円を渡されたりしました。 「お金はあるところにはあるのだな」と痛感した瞬間でした。 こういうと失礼ですが、「ない袖は振れない」ので、貧乏な人にいくら尽くしてもなかなか儲かりません。 よって、お金を持っている人をターゲットしましょう。 「お金持ちをターゲットにしろというけど、どこにお金持ちがいるの?」という人もいるかもしれませんね。 答えはお金持ちしか行かないような場所に行けばいいのです。 私のオススメの方法は、節税セミナーに参加している人と仲良くなることです。 節税セミナーは、基本的に業績のいい人しか来ませんから(笑)。 3-2. 専門的なスキルを身につける 経営者やお金持ちをターゲットにすると決めただけでは、当然まだ儲かる仕事にはなりません。 儲かる仕事を手に入れるためには、さらに必要なことがあります。 それは、 専門的なスキルを身につけることです。 そもそも、人はなぜ相手にお金を払うのでしょうか? それは、相手の専門的なスキルにお金を払っているのです。 たとえば、整体師なら整体の場合は技術、弁護士なら法律の知識にお金を払っているわけです。 なので、あなたも専門的なスキルを身につけるか、今すでに持っている専門的なスキルを武器にしましょう。 「自分に専門的なスキルなんてない」と思う人もいるかもしれません。 しかし、「あなたのできて当たり前は、他の人のできてうらやましい」という言葉があります。 私の知りあいに、英検1級を持つほど英語が堪能な人がいました。 しかし、本人は「英語なんてできて当たり前」と思っていたようです。 そのため、英語とは関係のない建築の仕事をしていたそうです。 ところが、あるとき知り合いからの誘いで、海外の富豪が来日したときに、富豪と一緒に同行をするプライベート通訳を始めました。 そのため、今まではできて当たり前と思っていた英語で、 年収が100万円以上増えたそうです。 もちろん、専門的なスキルは1日2日では身につきません。 しかし、依頼主から聞かれてから調べてもいいのです。 知り合いのコンサルタントの人は、「もうすぐ引退するから、事業継承について教えてくれ」と言われたら、「わかりました。 」と言って、家で勉強してから依頼に応えていました。 最初から全ての知識を身につけていなくても、やりながら覚えていけばいいのです。 ただし、医療業界の方にはこのやり方はオススメしませんが。 3-3. 期待以上の仕事ぶりをする 経営者をターゲットにする。 専門的なスキルを身につけたら、次はなにをすればいいのでしょうか? それは、 相手の期待以上の仕事をすることです。 たとえば、1万円の報酬に対して、1万円分の仕事しかしなければ、相手の心を動かすことはできません。 極端に早く納品する。 言われたことの先までする。 こういうことで、相手はあなたのファンになってくれます。 「もらったお金より多くを提供するのって、ソンじゃない?」と思うかもしれません。 しかし、 期待を超えた分、相手が次回もあなたに仕事を依頼したり、人を紹介してくれたりするかもしれません。 以前、Livedoorの堀江貴文さんがトークショーでこんなことを話していました。 「ビジネスはコネとツテだから!」 どういうことかというと、堀江さんは起業したばかりのとき、お客様になってくれたのは3社だけだったそうです。 しかし、その3社に対して、納期を前倒して納品するなど、期待以上のサービスを提供し続けたそうです。 その結果、その3社がどんどん取引先を紹介してくれ、その紹介してもらった取引先にも期待以上のサービスを提供したそうです。 その結果、27歳の若さで上場できたそうです。 一回だけの取引で終わらず、継続して取引できるように、期待以上の仕事ぶりをすることをおすすめします。 一見するとソンをしたように感じるかもしれません。 しかし、長い目で見れば、長期的な取引につながり、儲けが増えることになります。 私のオススメの方法は、 「今自分の眼の前にいるお客様の後ろに、3人の紹介客がいる」と考えること。 不思議と仕事に気合が入ります。 初めて当サイトに訪れた方へ 4. 儲かる仕事と資格の関係 「儲かる仕事はしたいけど、経営者やお金持ちを相手にするのはハードルが高い」という人もいるかもしれませんね。 そういう人は、資格を取ることをオススメします。 私のオススメは、 なり手が不足している資格を取ることです。 たとえば、看護師は平成28年度現在、なり手が少ないため儲かる資格のひとつといえるでしょう。 引用元:『』看護師の離職の原因は人手不足による過重労働 需要と共有の関係で、不足している職業に関する資格は給料が高くなりやすいのです。 美容師という人気の仕事上に需要以上に供給があるからでしょう。 参照元:『』40歳で定年?厳しい美容師の雇用環境 よって、 やみくもに資格を取得するのではなく「その資格を使う職業が現在人手不足かどうか?」「その資格を使って働いた場合の平均年収はいくらのなのか?」ということは、事前に確認しておくといいでしょう。 GoogleやYahoo! 初めて当サイトに訪れた方へ 5. 自分に合ったものを選びましょう 「儲かる仕事=幸せな仕事」とは限りません。 中には儲かりはするけど、自分に合っていない仕事もあります。 私の知り合いにテレビ局に勤めていた人がいました。 30代にして年収1000万円以上稼いでいたそうですが、やめてしまったそうです。 その理由は何だったと思いますか? それは、儲かる仕事ではあったのですが、「休日が不定期で、朝早くから出勤。 夜はホテルに泊まりで仕事をするという日が続き、家族との時間が取れない」からということです。 儲かる仕事はその分、負担も大きいようです。 逆に、美容師の友人がこんなことを言っていました。 「立ち仕事なので、体力も使うし、給料も高いとは言えないけど、好きなことでお金がもらえる。 お客様が喜んでくれるので、天職だよ」とうれしそうに話してくれました。 儲かるに越したことはないと思いますが、 自分自身に合っている仕事、すなわち天職かどうかも一度考えてみてはいかがでしょうか? 天職を見つけたい方はこちらの記事を合わせてお読みください。 自分の天職がなに何かを知るヒントが得られます。 何も考えずに仕事を選んで、後で後悔するという思いしたくない人は必読です。 既に学んだ人からは、こんな感想も頂いています。 月収2万円から月収100万円になりました。 みるみる内に赤字は解消し、借金も返済しました。 年商6,000万円になり、着実に成長を続けています。 フリーターの状態から6ヶ月で月商860万円になりました。 創業当時の2倍の売上になり、まだまだ上昇しています。 700円だった時給が今では1万円になりました。 元々、100万円の講座、高額なコンサルティングでお伝えしている内容です。 今すぐご確認ください。

次の

学歴のない男でも稼げる!男の高収入な仕事一覧

儲かる 仕事

「これだけ働いてこれしか稼げないの!?」 今の仕事に満足している人はとっても稀で、ほとんどの人はそうではなく、特にお金に対しての不満を持っています。 仕事に見合った収入がないとモチベーションも下がってやる気もなくなりますし、不満も出てくるし、もちろんそんな仕事にやりがいなんて持てませんよね。 そしてほとんどの人がそんな悩みを持っているってことは、この世のほとんどは「儲からない仕事」に分類されると思います。 飲食店、サービス業、営業。 どれを見渡しても働きに見合わないものばかりですし、どれだけ成果を上げても給料をグンと上げることは難しそうです。 しかしそんな中にも、この世には「儲かる仕事」がたくさんあります。 しかし多くの人はそのことを知りません。 何故でしょうか。 それは「儲かる仕事=怪しい」というイメージでいっぱいだからですよね。 誰もが儲かる仕事を探しているわけですから、その分詐欺まがいなものも増えます。 そしていつしか「儲かる仕事なんてない。 騙されている」という風に思ってしまうようになりました。 つまり、儲かる仕事を探していながらも、実際にそんな仕事を見つけたところで「どうせウソでしょ」と批判してしまったり、その話が本当でも「どうせ一握りの人しか出来ないんでしょ」とやる前に諦めてしまい、実際にやる人はほとんどいないんですよね。 ですが、こんな個人ブログでそんな詐欺まがいなお仕事を紹介するわけにもいきませんので、今回は「楽して儲かる仕事」を紹介していくのですが、もちろん「10万円振り込んでくれれば来週には10倍になりますよ」なんてお話ではありません。 毎朝同じ時間に同じ電車に乗って、嫌な上司や客に媚をうるような仕事よりも楽で、今後も稼げる需要がまだまだあるもので、不況・不景気にも左右されない。 そんな、これから始める現代の儲かる仕事ランキングにしてみました。 今はどれだけ大手企業で働こうがひとつのツイートでひっくり返る時代です。 そんな時代に左右されずに自分自信生き残っていくために、今から儲かる仕事を始めることが大事ですよね。 それではいってみましょう。 まず知っておきたい儲からない仕事とは 「儲かる仕事」と聞いてどんな仕事を想像しましたか? 今回儲かる仕事ランキングを作るにあたって医者、弁護士、パイロット。 こんな年収ランキングを見てもなんの参考にもなりませんよね。 儲かることが分かったところでうらやましがることしか出来ないし、「儲かるならやってみよう」と言って気軽になれるものではありません。 なので、特別な才能やスキルがなくても誰にでも出来そうな仕事を抜粋してランキングにしています。 それでは儲かる仕事ランキングを紹介していきたいのですが、その前に、どんなものが儲からない仕事なのかを確認しておきましょう。 副業・起業でやっていけるビジネス 進路を決めるように、儲かる仕事を職種や業種で探している人も多いと思います。 しかし、雇われている限りはほとんど儲かる仕事はありません。 こんなお話があります。 ある営業マンが1000万円以上もの仕事を決めました。 周りからは褒めちぎられ、部下には伝説として語り継がれ、上司からは褒めちぎられ、会社からは表彰もされ、一躍ヒーロー扱いをされました。 しかし、その月のボーナスは特になし。 1ヶ月も経てばそのことは過去のこととなり、またいつもと同じようにノルマを追いかける日々に戻りました。 まるでウソみたいなお話ですが、こんなことは当たり前のように起きていることです。 他に分かりやすく言えば、居酒屋でバイトをしてみましょう。 一生懸命みんなで盛り上げて売上を2倍にしたとしても給料は2倍にはなりません。 どれだけ成功しても儲かるのは会社だけです。 つまり、大袈裟に言ってしまうと雇われていて儲かる仕事なんてないと言えるでしょう。 リスクを負う仕事 いくら儲かる仕事だからといってリスクを負って始めることはオススメしません。 儲かりそうなアイデアを見つけてお店を作ろうと一等地に立派な店を作ったとします。 そして狙いがあたり、毎日行列を作ったとしましょう。 しかし、一等地に出すということはそれだけ家賃もかかりますし、開店する時にした借金の返済。 そして、材料費や、人件費がかかります。 これではせっかく稼いでもコストでほとんどなくなってしまいますね。 コストが少なければ少ないほど、売上がそのまま収入になります。 行列が出来てて一見儲かってそうなお店よりも、実は裏でコッソリやっているこじんまりとしたお店の方が儲かっていることもあるんです。 「お金をかければ成功する」なんてことは絶対にありません。 どこかから間違って広まった変な常識ですね。 もし儲けたいのならば、いかにお金をかけずにビジネスを始めるかが重要です。 儲かる仕事ランキングTOP3 儲かる仕事のポイントをまとめると• 雇われて給料をもらうのではなく、自分自身で収入を生めるもの• 家賃、人件費などのコストがかからないこと この2つを満たす仕事は儲かる仕事だと言えます。 そんな中でもさらに大きな金額を稼ぐことが出来、さらに長期的に稼ぎ続けることが出来る仕事をTOP3にして紹介していきます。 1位 アフィリエイト ネット上でもよく耳にするかもしれませんが、儲かる仕事と聞くとやはり「アフィリエイト」が1番におすすめ出来るものとなります。 アフィリエイトとは、サイトやブログなどで商品を紹介して、もしそれが売れたら数%のバックが入るというような仕組みになっています。 なぜそんなアフィリエイトが一番に儲かる仕事と呼べるのか。 その理由を3つにまとめて紹介していきます。 コストがかからない 普通ビジネスを始める時には資本金がかかってしまいますし、家賃や人件費などのコストがかかってしまいます。 つまり、常にマイナスの状態から始めるわけですね。 しかし、アフィリエイトはコストがまったくかかりません。 仕事内容は記事作成が主なのでオフィスがなくても自宅で出来ますし、誰を雇う必要もなく自分のペースで出来ますし、自分は紹介する側なので商品を持つ必要もありません。 そして、この「コストがかからない」というのは儲かるために一番必要な要素です。 飲食店で100万円売り上げてもコストを引いたら30%くらいしか残りませんが、アフィリエイトは稼いだ分だけ収入になってしまうんですね。 やった分だけ収入が増える 保険の営業で例えてみましょう。 保険屋さんは毎日営業をかけて、毎月10件の契約を取っていたとします。 給料を増やすにはもっと契約を取りたいのですが、人間なので限度がありますよね。 10件のものを頑張って20件にすることは出来ても、数百件とるのはほぼ不可能ですし、取れたとしても毎月取り続けることはさらに過酷です。 ですが、アフィリエイトならあなたではなく書いた記事が、読んだ人に営業をかけてくれます。 あなたは1日8時間程度しか働けませんが、一度書いた記事は24時間いつでも営業をかけることが出来るんです。 また、記事は何記事も増やしていくことが出来ます。 月に3件しか契約しない記事でもそれが100記事あれば300件契約する計算になります。 昨日、先月、去年に書いた記事が、今月の収入に加算されていくので、書けば書くほど儲かる。 これは普通の仕事ではあり得ないことですね。 リスクがない 「アフィリエイトで稼げる人なんて一握りでしょ!?」と思う人も多くいると思います。 確かに、競争率も高いですし、そう簡単に稼げるようなことはありませんね。 しかし、もし仮にアフィリエイトで失敗したとしても、金銭面で損をすることはまったくありません。 普通ビジネスに参入するにはかなりの金額がかかります。 飲食店でもフランチャイズ契約に300万円以上かかってしまいますし、代理店契約を結ぶにしても売り上げのほとんどが持っていかれてしまうんです。 これだけ大きなお金を稼ぐ可能性のあるビジネスにリスクなく参入出来るのはアフィリエイト以外にないのではないでしょうか。 アフィリエイトを始めるならまずはアフィリエイトサービスに登録をしましょう。 A8ネットに登録すると、ブログで紹介出来る商材を無料で取り扱えるようになります。 「まだブログがない」という人も、A8ネットでそのまま無料で作れますので、是非チャレンジしてみて下さい! 2位 セールスコピーライター 才能や運も必要なく、男性でも女性でも、東京から沖縄に住んでいる人まで誰でも出来る。 そして普通に働くよりも楽して簡単に稼げる。 そんな仕事に一番当てはまるのが、フリーランスです。 フリーランスとは、店舗も事務所も持たず、人も雇わず、自分一人で自由に働いている人のことを言います。 パソコン1台あればどこでも働けるので、毎日通勤電車に乗ることなく自由に働けますし、コストがかからないので稼いだ分だけ自分の収入になります。 つまり、一切のコストをなくして、自分のスキルだけで稼ぐことが出来ればそれが一番儲かる仕事となります。 そんな中でも注目なのがセールスコピーライターです。 セールスコピーライターとは 物を売る際に、もしあなたが営業マンなら営業トークを磨く必要があります。 テレビショッピングでもそうですね。 思わず欲しくなるようなリアクションや言葉を駆使して商品を売り込みます。 そして今、インターネット上で物を売る時代に、全てのネットビジネスに共通する大事なスキルがあります。 それが、ライティング(書く技術)です。 今では商品力だけでは物が売れない時代になりました。 なぜなら、日本中、世界中には良い商品で溢れかえっているからです。 では、どの商品も「うちが一番」と言っている中で、どうやって自分の商品を選んでもらうかというと、あなたにとってどのようなメリットをもたらすものなのか、他社と違ってこの商品はどう違うのかを相手に伝えることです。 そんな、言葉ではなく文章で物を売る技術が「セールスコピー」であり、この技術があれば、売り上げが上がらなくて苦しんでいる全てのサイトに需要が出来ますし、なにより自分自信でネットで物を売ることが出来るようになります。 事務所も店舗も、人を雇う必要もなく、紙とペンだけあれば仕事が出来ますし、文章を書くだけでサラリーマンを超える収入を得ることが出来るようになります。 文章を書くのが苦手という人もいるかもしれませんが、もしかしたらその人は「ネット上で物を売る書き方」を学んだことがないのかもしれません。 そして、そのセールスコピーの書き方やコツ、ポイントさえ分かれば、特に才能がない人にでも売れる文章は書けるようになります。 まさにセールスコピーライターは• 毎日決まった仕事をするよりも楽で、• ネットビジネスが増える中でこれからも需要が増え、• 例え不況でも紙とペンだけで仕事が出来、• コストがかからずに成果の分だけ儲かる といえる仕事です。 3位 ネットショップ 幅が広いですが、インターネットを使ったビジネスが一番儲かります。 なぜなら、コストがかからないからです。 つまり、店舗を構えるとコストがかかるので、売上に対して思うほど「儲からない」仕事だと言えます。 もしTシャツ屋さんをネットショップで始めたとして、同じように100万円売り上げた場合どうなるかというと、 売上 100万円 材料費 10万円 人件費 なし 家賃 サーバー代1,000円 返済 なし 残り 約90万円 まず、ネットショップなら包装して郵送するだけなので、一人でも十分やっていけるため人を雇う必要がありません。 さらに家賃も、サイトを維持するサーバー代くらい。 年に10,000円程度なので毎月で見ても1,000円ほどで済む計算です。 さらに、商売を始めるために店舗をかまえると数百万、数千万かかるのに比べて、ネットショップはお金がかからずにすぐ作れるので、借金を負う事もなければ月々の返済ももちろん必要ありません。 店舗を構えずにノーリスクで出来るネットショップは、仕事として実感が少ないかもしれませんが、売上のほとんどがあなたの収入になるので、同じだけ売ってもネットショップの方が数倍儲かります。 BASE 今まではネットショップを作るためには最低限の知識が必要なので、本などで勉強する必要がありました。 しかし、今では BASEというネットショップを無料で作れるサービスが出来ています。 BASEを使えばカンタンな3ステップでネットショップを作ることが出来ます。 まずは無料登録する• 数ある中から好きなサイトデザインを選ぶ• 商品を写メで撮って、価格と説明文を書いて載せるだけ これならサイトの知識はまったく必要ありませんし、さらに0円で自分の店を持つことが出来ます。 ココナラ ネットショップを始めたいけど売る物がないなんて人は ココナラというサイトがおすすめです。 ココナラは「モノを売らないフリーマーケット」。 あなたのスキルや、考えたアイデアやサービスを販売することが出来ます。 タロット占い• 似顔絵・イラスト• 電話で悩み相談 こちらも無料で始められるので、まずは初めてみたいという人におすすめのサイトです。 まとめ 以上儲かる仕事ランキングでした。 「ネットビジネス」は、副業として、空いた時間や休日を使って始めることが出来るのが大きなメリットです。 リスクもありませんので、勉強から始めずにまずはぶっつけ本番で初めてみて、後は楽しみながらやってみるのが成功の秘訣ですね。 思いたったら即行動!気になるものがあればまずは是非初めてみて下さいね! 自分で始めるのはちょっと不安という人は・・・ 「とても儲かりそうなことは分かったけど、自分でやるのは得意じゃない」というあなたは、いっそのこと転職してしまうという方法があります。 なぜなら、副業をしないのであれば今の仕事でもっと稼ぐ以外に方法はありませんし、それもまた容易ではありませんよね。 のであればもっと稼げる会社、職種に転職するしかありません。 しかし、求人サイトを眺めてても良い仕事はなかなか見つからないと思います。 さらに、転職した結果「全然違った!」なんてトラブルのリスクもありますよね。 そこで今人気なのが「転職エージェント」です。 これは、登録するだけであなたの希望に合った求人を探してもらえるサービスです。 普通の求人サイトには載っていないような好条件の求人も取り扱っていますし、自分自身では比較出来ないほどの数から探してもらえるので、「今と同じ条件なのに給料が全然違う!」なんて求人を見つけることが出来ます。 リクナビNEXTなら通常の求人サイトも使いながらこの転職エージェントも活用することができるので、まずは登録してどんな求人があるのかチェックしてみてください。 利用はもちろん無料なので、是非今のあなたの給料が妥当なのかを確認してみましょう。

次の

儲かる仕事ランキング。今からでも年収は上げられるかもしれない

儲かる 仕事

税理士になるための専門講座• 8位 一級建築士 建築士も国家資格を取得した人しか就くことのできない専門性の高い職業です。 一級建築士の収入は高めで、平均年収は企業の規模によって異なりますが、大手不動産会社だと500万円から800万円ほどとなります。 中小の設計事務所の場合は 400万円から600万円が一般的です。 独立して個人設計事務所を経営している場合には実績やスキル、人脈がどのくらいあるかによって舞い込んでくる仕事量や単価が変わるため、収入も人によって大きく差があります。 有名な建築士になればそれだけ報酬もアップするので実力がすべてです。 7位 学校教諭 小学校教諭になるには教員免許の取得状が必要です。 教職課程のある大学院もしくは大学、短大で学び、所定の課程を修了すると専修、1種、2種のいずれかの免許状が取得できます。 その後、教員採用試験を受け、合格すると晴れて小学校教諭になることができます。 公立の小学校で働く場合は地方公務員になるので各自治体の給与体系が適用されます。 平均年収は地域や勤続年数などによっても異なりますが、平均年収は400万円から600万円ほどで、40代になると700万円にもなります。 私立は各学校によって違いはありますが首都圏では公立以上に給料が良い場合も少なくありません。 中学校教諭になるには国家資格である中学校教諭の免許状が必要です。 小学校教諭と同じように教職課程のある大学院もしくは大学、短大で学び、所定の科目を修了すると免許状を取得できます。 その後、教員採用試験を受けて合格すれば中学校教諭になることができます。 小学校と同様、公立の場合には地方公務員になるので各自治体の給与体系がそのまま適用されます。 平均年収は基本的に年功序列で、500万円から700万円程度。 40代では700万を超えるのが一般的です。 最後に高校教諭ですが中学校教諭同様、国家資格です。 教職課程のある大学もしくは大学院で教職課程を修了すると高校教員免許を取得することができます。 小中とは違い、2種免許状はなく、資格は科目別になっているので、事前にどの科目を教えたいのか決めておく必要があります。 教員免許取得後は教員採用試験を受け、合格すれば高校教諭になることができます。 小中と同様、勤務するのが公立の高校の場合、地方公務員になるので各自治体の給与体系が適用されます。 年功序列で勤続年数によって給与にも差がありますが、 平均年収は600万円から700万円と安定しています。 学校教諭は公務員なので一般企業に比べ給料が高めで、安定しており、福利厚生も整っています。 しかし残業手当などは支給されず実質、労働時間が民間企業より長いです。 働きに見合うだけの対価をもらえているかどうかについては疑問の声が多く挙がっています。 6位 弁護士 弁護士は一般的に年収が高い職業として知られていますが、弁護士になるにはまず司法試験に合格しなくてはいけません。 司法試験を受けるためには法科大学院を修了するか、司法試験の予備試験に合格するかの2つのルートがあり、司法試験を受けるところまでに到達するのも大変です。 弁護士の平均年収ですが、高いイメージはあるものの実際のところ人それぞれです。 数千万円もの年収を手にしている人も居れば、500万円以下の年収の弁護士さんも居ます。 平均年収は690万円から1000万円ほど。 女性より男性のほうが高収入な職業です。 弁護士になるための人気講座• 5位 医師 医師も弁護士同様、平均年収が高い職業で有名です。 医師になるには国家資格である医師免許の取得が必要です。 高校卒業後、医学部のある大学や医科大学で6年間学び、国家試験合格を目指します。 医師免許を取得した後も研修期間があり、それを経て晴れて一人前の医師になります。 研修医期間の年収は400万円程度ですが、 勤務医の平均年収は1,000万円を超えています。 大学病院に勤める場合、キャリアアップするにつれ給料は高くなり、待遇も良いものになるでしょう。 4位 大学教授 大学教授は学生に講義を行うだけでなく、自分の研究を行い論文提出するのも仕事の一つです。 大学教授になるのに特に必要な資格はありませんが大学院博士課程を修了し博士号を得ていなければなりません。 平均年収は1,000万円から1,200万円ほどです。 給与は年齢や国立か私立によって大きく変わります。 3位 メディア系の職業 メディア系の職業の中でも「テレビプロデューサー」は平均年収の高い仕事です。 プロデューサーになるには放送局に就職し、ADとディレクターを10年以上経験する必要があります。 番組制作は100%経験がモノを言う世界。 ある程度の経験と実力のある人でなければなれません。 年収は、1,000万円から1,300万円と高めです。 人気番組を作れると高収入に繋がるようです。 しかしその反面、寝る時間がほとんどないなどの過酷労働を強いられます。 2位 金融系の職業 金融系の職業の年収は高額です。 外資系のファンドマネージャーになると年収1億円を超えることもあります。 しかし日本の企業は個人がいくら稼ごうとしても会社の利益となり給料に還元されない傾向があります。 その為日本の金融系の職業では 平均年収は1,000万円から1,500万円ほどになります。 それでも年収としては高い職業なのでお金を稼ぎたい方は就職を検討してみては如何でしょうか。 1位 パイロット(航空機操縦士) 数ある職業の中でも最も高年収と言われているのがパイロットです。 パイロットになるには2つの方法があり、一つは大学を卒業してから航空会社に入社し、そこでパイロット養成訓練を受けてパイロットになるための資格を取得する方法、もう一つは短大や高専を出た後、航空大学に入学し、在学中に必要な資格を取る方法です。 大手航空会社のANAやJALのパイロットの平均年収は2,000万円弱と言われています。 給料は勤続年数によって上がっていくため、 機長にもなると2,000万円以上の年収の人もいるようです。 年齢別平均年収 民間企業で働く方、いわゆるサラリーマンやパートタイム従業員という方の年齢別の平均年収をご紹介します。 平均年収を知ることで、自分の市場価値というものが見えてきます。 例えば、平均年収よりも自分の年収が低かったとき、それは自分に市場価値が無いということではなく、もしかすると市場価値に見合った給与をもらっていないという可能性もあるのです。 大手の転職サイトなどで、無料で市場価値を査定してもらえるサービス等もありますので、転職を考えている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。 データを詳しく見ていくと、男性では50代をピークとした山なりとなっている事がわかります。 一方、女性のほうでは年齢別の差があまりみられず、むしろ30代がピークであるとも見えます。 この結果から見られるのは、パートタイムも含めた平均ということで、おそらくは出産・育児により仕事を退職し、実質は旦那さんの収入をメインとして共働きをしている女性が多いのではないでしょうか。 本当に第一線で働く女性のデータに限れば、おそらく男性側と同様の結果となるでしょう。 しかしながら、平均年収で見ますと女性の社会進出において依然として課題が残っていることが読み取れるのではないでしょうか。 年齢 男性 (万円) 女性 (万円) 19歳以下 156 126 20~24歳 271 231 25~29歳 381 295 30~34歳 463 300 35~39歳 560 296 40~44歳 634 281 45~49歳 662 278 50~54歳 667 266 55~59歳 638 263 60~64歳 505 233 65~69歳 398 215 70歳以上 411 253 意外と知られていない中にもある儲かる仕事3つ 一般にはあまり知られていない仕事の中にも高給な仕事はあります。 たとえば以下のようなものです。 1.馬の調教師 競走馬の調教が仕事です。 調教師の収入は自分が管理している馬をレースに出走させることで得る収入、管理している馬がレースで勝利したことで得る収入、馬主から馬を管理するのに支払われる収入からなります。 JRAに所属している調教師の 平均年収は約1,200万円です。 その業界で有名になれば年収もその数倍と言われています。 ですがその分、自分の厩舎に関わる馬や人に対して重い責任を背負っています。 2.初生ひな鑑別師 初生ひな鑑別師とは孵化したひよこの性別を瞬時に判別する仕事です。 れっきとした国家資格で難易度が高く、毎年の合格者はごくわずかです。 試験の難易度が高いせいか、初生ひな鑑別師の収入は高い部類に入り、 平均収入は600万とされています。 この金額は居候弁護士つまり雇われ弁護士の平均収入と同じと言われています。 3.電車運転士 勤務時間が不規則なため、その分福利厚生制度は整っている場合が多いです。 特にJR各社や大手私鉄のように会社の規模が大きいほど制度がしっかりしています。 電車運転士の平均年収は30歳で 600万前後(都市部の大手鉄道会社)地方の私鉄でも400万前後とされています。 儲かる仕事はまだある!高時給のアルバイト5つ 正社員のお仕事ばかりでなく、アルバイトにも高時給のものはあります。 一体どんなものがあるのでしょうか。 一つずつ見ていきましょう。 1.お墓参り代行 自分でお墓参りできなくなった高齢者などの代わりにお墓参りに行く仕事です。 墓石の清掃や雑草取りをして綺麗になったお墓を写真に撮り、お線香と花を供える、ここまでが一連の流れです。 時給は 5,000円~10,000円程度が相場といわれています。 2.覆面調査 飲食店やエステ店などに一般客として訪れ、店内の衛生管理が行き届いているかどうか、接客態度はきちんとしているかなどをチェックし、後からレポートやアンケートなどで報告するという仕事です。 時給は3,000円~10,000円が相場といわれています。 このファンくるが一番有名なサイトです 3.座談会モニター あらかじめ指定された日時に指定された会場へ足を運び、他の参加者たちと指定されたテーマについて2時間程度討論を行うという内容の仕事です。 化粧品会社やお菓子メーカーが主で報酬は討論終了後、その場で支払われます。 時給は3,000円~8,000円が相場といわれています。 4.家庭教師 生徒の年齢や教える側の在籍する大学によって値段が変動します。 大学受験のための家庭教師の場合は比較的高額で、実績がある場合ほど報酬も高くなります。 家庭教師派遣センターなどを介さず直接仕事をもらったほうが報酬はすべて自分に入ってくるのでオススメです。 時給は3,000円~5,000円が相場といわれています。 5.翻訳 翻訳する言語が何なのかによっても報酬額は違います。 最近では供給過多の英語より需要の多い中国語などが比較的重宝され、時給も高めになっています。 語学を勉強している人にとっては良い実践にもなる一石二鳥のアルバイトです。 時給相場は2,500円~5,000円といわれています。 儲かる仕事にはそれだけ責任やリスクがある 「儲かる仕事がしたい」と思っても普通は早々見つかるものではありません。 手っ取り早く儲かる仕事がしたいのなら正社員でいるよりも経営者になることです。 しかし簡単に「起業しよう」と思える人は居ませんよね。 それは必ずリスクと責任が伴うからです。 それが怖ければ役員まで上り詰めるか、給料の高い職場に転職するかです。 何にせよ、あなたはお金を得るために頑張らなければなりません。 おいしいだけの話なんて世の中にはないのです。 とはいえ、調べてみる価値はありますので、「儲かる仕事がしたい」と思っている人はまずは徹底的にリサーチしましょう。 何事も動き出すことから物事は始まります。

次の