吉本 整形 外科。 《口コミ5件》 よしもと整形外科(堺市西区

よしもと整形外科

吉本 整形 外科

当院のご案内 診療所ならではの地域に根ざした医療の提供を目的として、平成二年に開業しました。 整形外科を中心として、投薬や注射のほか、理学療法士による治療をおこなっております。 また、風邪や高血圧等の治療や各種予防接種等も行っておりますので、身体の不調やお困りのことがありましたら、気軽にご相談ください。 平日全日/土曜・日曜診療 当院の最も大きな特徴としては平日は9時から20時まで、土曜日と日曜日も常時診療を行っていることです。 特に土日に関しては応急手当程度の診療ではなく、処置やリハビリ、投薬など平日と変わらない体制で診療しております。 徒手による治療を重視しており、また、AKA療法を採用しています。 労災指定医院 労災指定医院とは労災保険により受診できる病院の事です。 指定外の医院で受診すると、発生した医療費の全額を自身が支払った後、証明書を元に労働基準監督署へ個人請求する事になりますが、指定病院では医療費を立て替える必要がなく、治療にかかる事が可能です。 無料送迎 堺市(一部地域を除く)在住の方を対象にご自宅前までの送迎を行っております。 利用については診察の際に医師にお申し出ください。 (即日の依頼による送迎は行っておりません) 院内処方 診察を受けた医療機関で薬を受け取れることを院内処方と言います。 最近は医薬分業が進み、多くの医療機関は薬局を用いる院外処方を採用していますが、患者さまの利便性から当院では院内処方にこだわっています。 各種検査・予防接種 骨粗鬆症や、動脈硬化、大腸がん検診などの検査が可能です。 予防接種はインフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンを用意しております。 医師 鳥取大学医学部を卒業後、大阪大学医学部附属病院整形外科に入局。 平成二年に「よしもと整形外科」を設立。

次の

院長あいさつ

吉本 整形 外科

足部・足関節疾患を専門的に診療する足の外科センターを併設し、骨粗鬆症を対象とした専門外来も行います。 専門外来 足の外科センター 足の外科センターは、「足の外科」と「ウォーキングバランス&スポーツコンディショニング」の二つの部門で構成されています。 「足の外科」は、東京女子医大整形外科「足の外科専門外来」そのものであり、足・足関節の病気やケガを専門的に診断し治療します。 「ウォーキングバランス」では歩行と身体全体のバランスを評価し足や靴のトラブルを中心に、「スポーツコンディショニング」はスポーツ傷害の治療、再発予防、パフォーマンスの向上まで、経験豊富な日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT ・理学療法士(PT と整形外科医が対応する完全予約制の専門外来です。 「足元は身体の土台」、その土台のバランスが悪くなると、身体には様々な悪影響が出ます!その原因として最も重要なのが、「足」そして「靴」なのです。 足に原因があるものとして「過去にケガをしたことがある」ことや、靴に原因があるものとして「実は合っていない靴を履いている」ことが挙げられます。 当外来では、足や靴のトラブルだけでなく、特に女性なら気になる姿勢やウォーキングスタイルなどについても対応いたします。 このような症状は骨粗鬆症の可能性があります。 日本では約1,300万人が骨粗鬆症といわれ、このうち大腿骨近位部骨折(股関節の骨折)の発生件数は年間14万件以上です。 余命や日常生活にも影響します。 骨粗鬆症は予防することができ、当院では、一人一人にあわせて治療を提供いたします。 早期発見、早期治療で、楽しく健やかな人生のために。

次の

よしもと整形外科【公式】

吉本 整形 外科

足部・足関節疾患を専門的に診療する足の外科センターを併設し、骨粗鬆症を対象とした専門外来も行います。 専門外来 足の外科センター 足の外科センターは、「足の外科」と「ウォーキングバランス&スポーツコンディショニング」の二つの部門で構成されています。 「足の外科」は、東京女子医大整形外科「足の外科専門外来」そのものであり、足・足関節の病気やケガを専門的に診断し治療します。 「ウォーキングバランス」では歩行と身体全体のバランスを評価し足や靴のトラブルを中心に、「スポーツコンディショニング」はスポーツ傷害の治療、再発予防、パフォーマンスの向上まで、経験豊富な日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT ・理学療法士(PT と整形外科医が対応する完全予約制の専門外来です。 「足元は身体の土台」、その土台のバランスが悪くなると、身体には様々な悪影響が出ます!その原因として最も重要なのが、「足」そして「靴」なのです。 足に原因があるものとして「過去にケガをしたことがある」ことや、靴に原因があるものとして「実は合っていない靴を履いている」ことが挙げられます。 当外来では、足や靴のトラブルだけでなく、特に女性なら気になる姿勢やウォーキングスタイルなどについても対応いたします。 このような症状は骨粗鬆症の可能性があります。 日本では約1,300万人が骨粗鬆症といわれ、このうち大腿骨近位部骨折(股関節の骨折)の発生件数は年間14万件以上です。 余命や日常生活にも影響します。 骨粗鬆症は予防することができ、当院では、一人一人にあわせて治療を提供いたします。 早期発見、早期治療で、楽しく健やかな人生のために。

次の