ドコモ あんしんセキュリティ。 ドコモスマホ【あんしんセキュリティ】アプリを6月末までに入れ直す必要性をユーザーは知ってましたか?: いつかは...めざせ陸マイラー...ゆるゆる日記

Android(ドコモ)のウィルス対策ソフトについて

ドコモ あんしんセキュリティ

さまざまな危険から、お客様の端末を守るセキュリティ対策アプリです。 ブラウザだけでなく、アプリを利用したインターネット通信時も判定します。 <危険Wi-Fi対策> 接続先のWi-Fiが、あなたの個人情報を閲覧したり、通信内容を改ざんしていないか確認します。 <迷惑電話対策> 迷惑電話番号リストを基に迷惑電話の恐れのある着信または発信を自動で警告します。 また、電話帳に登録されていなくても、ハローページTMや独自調査の情報を基に飲食店や企業などからの発信時、飲食店名や企業名などを自動で表示します。 発着信時以外も迷惑電話番号であるか調べることも可能です。 <迷惑メール対策> ドコモが提供する「迷惑メールおまかせブロック」(WEBサービス)の設定状況(動作中/停止中)が確認できます。 nttdocomo. ・購入処理を行われた場合、お支払いはiTunesアカウントに請求されます。 ・定期購入期間終了の24時間前までであれば自動継続課金を停止することができます。 ・アプリを削除するだけでは自動継続課金は解除されませんので、ご注意ください。 ・自動更新される際は現在の課金期間終了の24時間以内に同じ価格で更新されます。 ・アプリをインストールしただけでは自動継続課金は開始されません。 ・自動継続課金はお客様自身で管理でき、自動更新はiTunesアカウントからオフにできます。 対応機種は変更ございません。 ・利用規約、プライバシーポリシーについては下記のURLをご確認ください。 nttdocomo. dmkt-sp. html.

次の

らくらくホンにドコモあんしんスキャンは必要なのか?何ができるか徹底調査!

ドコモ あんしんセキュリティ

セキュリティ対策ツールの料金 NTT西日本のフレッツ光では利用者に対して「セキュリティ対策ツール」を無料で提供しています。 パソコン1台分のセキュリティソフトが無料となる為、利用している人も多いでしょう。 で、ドコモ光に乗り換えた場合そのままセキュリティ対策ツールを使用出来るのかというと、 転用した時だけは無料で利用する事が可能です。 例えば、他の光コラボ事業者ではそのままセキュリティ対策ツールを引き継いで使用できても料金がかかったりする事があります。 セキュリティ対策ツールの料金は以下の通りです。 ライセンス数 料金 1ライセンス 無料 月額380円 2ライセンス追加 月額380円 4ライセンス追加 月額760円 セキュリティ対策ツールをそのまま使用する場合は基本的に月額料金が発生してしまいますが、ドコモ光の場合転用する際はそのまま無料でセキュリティ対策ツールを使用できます。 仮に現在NTT西日本のフレッツ光を利用しており「セキュリティ対策ツール」を利用していないという人は、無料でセキュリティソフトが使えるので、すぐに申し込んでおきましょう! ちなみに、ドコモ光に転用した際にセキュリティ対策ツールがアップデートが出来ないと言った問題が発生しているようです。 NTT西日本のセキュリティ対策ツール、ようやくバージョンアップできた。 なので、「セキュリティ対策ツール サポート情報」に記載されている手順に従ってアップデートを行いましょう。 ドコモ光のセキュリティ セキュリティ対策ツールは無料なので、そのまま引き継いで利用した方がお得なのですが、新規でドコモ光を利用する場合はわざわざセキュリティ対策ツールに申し込まずに プロバイダが提供するセキュリティに加入しておいた方が良いです。 というのも、ドコモ光でセキュリティソフトを利用する場合は、• 各プロバイダが提供するセキュリティソフトを利用する• ドコモ光ルーターのセキュリティを利用する• 自分でセキュリティソフトを購入する という3つの方法があります。 プロバイダのセキュリティソフト 上記で説明したようにセキュリティ対策ツールは、通常月額380円がかかります。 しかしドコモ光のプロバイダでは、セキュリティソフトを何ヶ月か無料で提供している場合があります。 以下の表を参考にしてみて下さい。 また、上記以外のプロバイダでは有料で提供している事もあり、有料の場合は月500円程度がかかり24ヶ月無料のプロバイダと比べて 12,000円もの差がある事が分かります。 つまり、 新規でドコモ光を利用する人は、 セキュリティソフトを無料で提供しているプロバイダを選択するのが良いと言う事です。 ただし無料期間が過ぎてしまえば、月額料金がかかるという事はおさえておきましょう。 ドコモ光ルーターのセキュリティソフト 次にドコモ光では「 ドコモ光ルーター01」という機器を提供しています。 このルーターにはトレンドマイクロ社製のセキュリティソフトが搭載されているので、不正侵入などインターネットの脅威から守ってくれるセキュリティサービスを受ける事が出来ます。 ただし、セキュリティソフトを利用する場合は 月額350円が発生してしまうという事は注意しましょう。 自分で購入 セキュリティソフトは、自分で購入する事もできます。 料金はこんな感じです。 年間契約 1ヶ月の料金 台数 ウイルスバスタークラウド 3年:12,780円 355円 3台 ノートン 3年:15,530円 約431円 3台 マカフィーリゼーフ 3年:9,000円 250円 無制限 他にもたくさんセキュリティソフトはありますが、月額料金を考えるとプロバイダが提供するセキュリティソフトより 自分で購入した方が若干ながらも安いという事が分かります。 しかし自分で購入する場合は更新月になったら自分で再度購入手続きを行う為、手間がかかったり無料期間は1ヶ月程しかないのでプロバイダのセキュリティソフトとは異なり1ヶ月が過ぎたら月額料金がかかります。 なので料金を安く抑えたいなら、 最初はプロバイダが提供するセキュリティソフトを利用し、無料期間が過ぎたら「 自分で購入する」か「 ドコモ光ルーター01のセキュリティソフトを利用する」というようにすれば、料金はかなりお得になります。 まとめ 以上でドコモ光のセキュリティ対策ツールについて解説させて頂きました。 それでは、まとめると・・・• セキュリティ対策ツールは、NTT西日本のフレッツ光からドコモ光に転用する場合だけ無料!• 新規でセキュリティソフトを利用する場合は「最初にプロバイダのセキュリティソフトを利用し、無料期間が過ぎたら「自分で購入する」か「ドコモ光ルーター」を利用するのがお得! となります。 セキュリティ対策ツールを無料で利用していた人はそのまま 無料で利用出来るので安心して下さい。 また新規でドコモ光を利用する場合は各プロバイダが無料期間を設けてセキュリティソフトを提供している事があり期間はプロバイダによって変わります。 その為、 24ヶ月以上無料でセキュリティソフトを提供している ぷららや So-netを選択するのが良いでしょう。

次の

ドコモあんしんスキャンとは?必要の判断といらない場合の停止方法

ドコモ あんしんセキュリティ

用意されている機能• 危険サイト対策• プライバシーチェック• wi-fi スポットチェック• データ保管 BOX ウイルススキャン• 迷惑メール対策• 迷惑電話対策 危険サイト対策 インターネットで検索して見つかるサイトは稀にハッキングされてるウイルスが仕込まれていることがあります。 そういうとき、何も知らずにサイトにアクセスしてしまうとウイルスに感染してしまう可能性があるのですが、そういった危険から守るための危険サイト対策機能が付いています。 サイトに接続する直前に警告してくれるため、ウイルス感染被害を減らすことができるでしょう。 ウイルス対策 Android端末本体・挿入しているMicroSDカードにウイルスや不審なプログラムがないかどうかチェックし、問題が見つかったら教えてくれる機能です。 Wi-Fiスポットチェック とても便利なフリーWi-Fiにはものすごい危険が潜んでいます。 Wi-Fiスポットなりすまし被害によるフィッシング詐欺や通信内容を盗聴される可能性のあるWi-Fiを事前に教えて警告してくれる機能です。 公共Wi-Fiを使う方にとっては頼もしい機能のひとつです。 データ保管BOXのウイルススキャン ドコモが提供するオンラインストレージ「データ保管 BOX」にウイルスなど危険なプログラムがないかどうか自動的にチェックしてくれる機能です。 万が一ウイルスが混入していると、共有などで意図せず拡散してしまうので、ウイルス被害を減らすためにも大活躍します。 迷惑メール対策 一度メールアドレスが流出すると、何度も迷惑メールが来ることになります。 そういった迷惑メールから守ってくれる機能も安心ネットセキュリティに用意されています。 かなり厳しい設定にすれば、電話帳に追加したメールアドレスしか受け付けないようにする 電話帳に追加していないアドレスからのメールは全て迷惑メール扱いにする こともできるので、利便性が高いです。 迷惑電話対策 通話料詐取による電話や全く興味のない勧誘電話などの迷惑電話を繰り返し行っている電話から着信があった場合、自動的に警告してくれる機能です。 着信時だけでなく発信しようとした際も迷惑電話で使われている電話番号が警告してくれるため、不要な電話はすべて無視するといったことができます。 不要な通話料金を増やさないというメリットもあるので、なかなか嬉しい機能ともいえるでしょう。 何もセキュリティアプリを入れていないなら利用したほうがマシ Androidは仕組み上iPhoneよりはセキュリティ性能が低いです。 アプリをダウンロードできるGoogle Playストアにも極稀にウイルスアプリが混入していることがあり、そういった危険から身を守るためには使えるセキュリティアプリを入れとかなければなりません。 ほかにもフィッシングメール被害のリスクもあるでしょう。 もし、何もセキュリティアプリを入れていないのであれば、安心サポートに加入してもいいかもしれません。 ドコモはベテランのセキュリティ企業というわけではないですが、一定のセキュリティは確保してくれます。 危険サイト対策• ウイルス対策• Wi-Fiスポットチェック• データ保管BOXのウイルススキャン• 迷惑メール対策• 迷惑電話対策 こういった対策を何もしていないのであれば、ドコモのあんしんネットセキュリティに加入してもいいでしょう。 月額200円ですので大きな負担にはならないはずです。 本格的なセキュリティアプリでしっかり対策したいという場合はあんしんオプションを利用せず、きちんとしたセキュリティ利用の有料セキュリティアプリを利用するようにしましょう。 無料セキュリティアプリは頼りないほか、個人情報匿名化して売買している可能性があるので非推奨です。

次の