堀ちえみ 舌癌。 堀ちえみさん・舌がん、なぜ診断遅れた?長引く口内炎は要注意、医師も見落としやすい

舌がん公表、堀ちえみさん 「口内炎」と「がん」を見分ける10のチェックリスト

堀ちえみ 舌癌

堀ちえみさんが自身のブログで、ステージ4の口腔がん(舌癌)であることを公表しました。 また左首のリンパにも転移にしているとも言われています。 ステージ4は厳しい状況ですね。 堀ちえみさんのステージ4の生存率や、手術後の後遺症について書いた記事はこちらです。 本日入院をされ、22日には12時間以上もかかる手術を受けられます。 その手術で舌の半分以上、首のリンパに転移した腫瘍も切除されるのですね。 堀ちえみさんは下の子はまだ高校生と、これからもまだ成人して就職、結婚と・・・。 まだまだ子供たちのこれからを見届けたいでしょう。 私の勝手な考えを言うのは間違っているかもしれませんが、親としてはもう人生で望むものは「子供達の成長を見届けたい」 これしかないかもしれません。 堀ちえみさんも子供たちの存在に元気付けられていますね。 本当に心から堀ちえみさんの回復を願っています。 ただどうしても気になってしまうのは、なぜステージ4になってしまってからの発覚であったのかとうことです。 素人考えでは、この歯医者 歯科医院 がただの口内炎と診断せずに大きな病院での検査を進めていれば?と思ってしまいます。 そこで今回は堀ちえみさんの 個人的にはもう少し早く気づいていればと思ってしまう歯医者 歯科医院 の場所はどこなのか? 歯医者 歯科医院 の名前は何なのかを調べました。 堀ちえみの歯医者 歯科医院 は誤診なのか?診てもらうまでの経緯を説明 2018年の夏ごろに口内炎ができ始め、治りが遅いため病院にかかられ塗り薬などの処方をされています。 この時ブログでは、口内炎ができたけどいい薬ですぐに治ったと書かれています。 しかし11月になっても良くならず、痛みも増える一方であったため かかりつけの歯医者 歯科医院 に診てもらいます。 そこの 歯医者 歯科医院 では、レーザーで口内炎を焼き切るなどの処置をしてもらうのですが、 良くならず悪化していきました。 定期健診の主治医からは口内炎の原因を 「リウマチの薬の副作用」と言われていたのですね。 この時にもブログで口内炎であることを発信されていますが、まだ舌癌であることは疑われていないですね。 芸能人で多忙な生活を極めていたことから、これくらいの不調は何度も乗り越えられてきたという思いがあったのでしょうか。 ただ2019年に入ってからは痛みで夜中に目が覚めるようになり、さすがに口内炎のレベルではないと自身で舌癌を調べられ、 同じ症状の方を見つけられました。 そこでようやく大学病院での検査に踏み切られたのですね。 2018年の夏ごろに口内炎が出来てから、約半年が経過しています。 もう少し早く検診していた歯医者 歯科医院 で気づくことはできなかったのでしょうか? 堀ちえみの歯医者 歯科医院 は誤診?ツイッターでの反応 堀ちえみさん舌癌ステージ4 口内炎、潰瘍系のが舌の裏などに出来て1週間以上しても治らなかったらお医者さんに見てもらって欲しい。 口内炎は歯医者さんで見てくれます。 口腔外科があるようならばより良い。 話聞いてた、受診してた医療機関クズ。 ガン焼くとか。 無能すぎる —!!!!! もちろん素人にはわからない医師の診断があったのかもしれませんが、 半年も続く口内炎があった場合に癌と言う可能性は一般的にお医者さんではでてこないものなのでしょうか。 堀ちえみのかかかりつけ歯医者 歯科医院 の場所はどこで名前は何なのでしょうか? 堀ちえみの歯医者 歯科医院 は誤診?場所はどこで名前は 堀ちえみさんのかかかりつけ歯医者 歯科医院 については、ご自身でも公表はされておりません。 私は過去に誤診から数年無駄な治療の時間とお金を捨てたことがあったので、堀ちえみさんの気持ちがわかるだなんておこがましいですが、 その時の医者はもちろん、自分を責めるような悔しい気持ちはいまだに思い返せます。 ただ 今回の歯科医の方にも診断について知識と経験からくる思いがあると思いますので、適切な治療のもと見抜けなかったものなのか本当のところは分かりませんね。 ただ堀ちえみさんはブログにて、前を向いて舌癌と戦う表明をされています。 「なってしまった事は、色々後悔しても始まらない」 「ただ前だけを向いて、ポジティブに生きていこうと」 「私は負けません」 同じ子を持つ親として、この強さに泣いてしまいました。 ただ、堀ちえみさんには子供たちと言う何より元気をもらえる存在がいるので何とか完治して元気な姿を見せて欲しいです。 本当に手術が成功し、回復されることを願っています。 ではまた。 堀ちえみさんに関するほかの記事はこちら。

次の

医療ミス?堀ちえみの舌癌を誤診した歯医者(歯科医院)病院はどこ?

堀ちえみ 舌癌

私、堀ちえみは、 口腔癌(左舌扁平上皮癌)と、 診断されました。 いわゆる舌癌です。 ステージは4です。 最初は昨年夏頃に、 舌の裏側に小さい口内炎ができました。 治りが遅いので、 病院で診ていただきまして、 その時は塗り薬や貼り薬、 ビタミン剤などを処方して貰いました。 しかし11月になっても、 少しも良くならず、 酷くなる一方。 痛みも増して辛くなり、 掛かりつけの歯科医院に行き、 診察を受けました。 そして何度かレーザーで、 焼いて貰ったりもしました。 それでも治らず、 そのうちに、 舌の裏側だけではなく、 左の側面にも、 固いしこりができてしまいました。 私は2016年にリウマチなど、 二つの病気を患っており、 薬を飲みながらの治療中でした。 その科の定期検診の際にも、 主治医に相談したところ、 「飲んでいる薬の副作用の1つに 口内炎の症状が出る事もよくあるので 薬を暫くストップして様子を見ましょう」 との事でした。 次の診察は翌年の2月となっており、 それまでには徐々に良くなると、 信じていました。 ところが年が明けても、 良くなるどころか、 酷くなる一方で、 しこりも増え続け、 左側の舌に激痛が走り、 やがて食べ物が沁み、 喋るのが辛くなり、 眠っていても痛みで、 夜中に目が覚めてしまうように、 なってしまったのです。 さすがにこれは口内炎ではないと… 最悪は舌癌かも知れないと… 自分でスマホで、 舌癌を検索してみたところ、 私の舌の症状と同じような画像が、 たくさん出てきました。 朝になり主人に相談して、 急いで大学病院に行きました。 それが1月21日の事です。 主人は仕事がありましたので、 一人で病院へ行きました。 主治医の先生の所見で、 悪性の舌癌の可能性が高いという診断。 それを聞いた私は、 静かに受け止めていました。 驚きもしなかったので、 自分でも不思議でした。 ある程度、 覚悟が出来ていたのかも知れません。 「転移の心配もあるので すぐに一週間の検査入院をして下さい」 との事。 しかし仕事が立て込んでおり、 一週間は無理なので、 ご無理をお願いして、 二日間の入院で、 全身のいろいろな検査を、 急いで受けさせていただきました。 その夜、 私は美容院で伸ばしていた髪を、 15センチ以上切りました。 髪を切るのに、 夜遅くまで掛かった私を、 仕事帰りの主人が、 美容院まで迎えに来てくれていました。 主人は病院に付いて行けなかった事、 私一人で癌の告知を受けた事に、 「傍に付いてやれなくてごめん」 「一人でよく頑張ったね」 と…。 私より主人の方が、 大変なショックを受けていたように、 思えました。 そして車の中で、 子供たちに隠さないで、 きちんと説明をした方がいいのか。 癌だという事は伏せた方がいいのか。 ふたりで話し合いました。 実は主治医となる口腔外科の先生に私が、 子供たちに伝えた方が良いのかどうか、 他の同じ患者さんのケースなども、 多く経験されている中での意見を、 お聞きしておきました。 まずは上の子供から、 下の子供までの年齢を聞かれました。 そして仰った事。 「この病気は家族の理解・サポート・協力が 必要です」 「場合によっては治療に 長い期間が掛かる場合もあります」 「子供さんの年齢的な事も考えたらば きちんと向き合って 話をした方が良いと思います」 あくまでご主人と話し合って 決めていただく事が一番大切ですが」 その話も勿論、 主人に伝えました。 その結果主人と私は、 子供たちにきちんと、 ありのままの状況を話すという、 選択をしました。 しかもその日のうちに、 話をしようと。 まず東京の実家近くに住んでいる、 息子のところに夜のうちに、 主人が会いに行って話してくれました。 私の口からは辛すぎて、 告げる事は出来ませんでした。 息子は最初は絶句。 顔面蒼白になったそうです。 しかし暫くして落ち着きを取り戻し 「正直に話してくれてありがとう」 との事でした。 東京郊外や他県に住んでいる、 子供たちには電話で伝えてくれました。 それぞれやはり、 ショックを受けていたそうです。 そして自宅に住んでいる、 高校3年生の息子と、 高校1年生の娘には、 夫婦ふたり揃って、 告げました。 息子も動揺していました。 娘にはポロポロ涙を流して、 大泣きされてしまいました。 「リウマチのお薬のおかげで やっと良くなって 全身の痛みから解放されて」 「今度は癌だなんて」 「辛すぎる」 でした。 この言葉を聞いた夜に、 私は初めて泣きました。 2月4日に検査入院の際の、 検査結果が出るという事で、 それに合わせて、 今後の治療方針を決める事に、 なっていました。 舌の生体検査の結果、 口腔癌(左舌扁平上皮癌)と診断。 そして左首のリンパにも、 転移している事が判明。 かなり厳しい状況です。 長い間仕事を休む事も、 たくさんの皆様にご迷惑を、 お掛けしてしまいます。 「自分の人生、悔いなし」 「このまま治療せずに 人生の幕を閉じてもいいのかな」 と正直そういう事も考えました。 公表せずにいようとも考えました。 ですから癌を告知された後も、 口内炎とブログ上で表現し続けておりました。 申し訳ございませんでした。 私が「生きる」為に、 頑張らなければと決心したのは、 末娘の涙と言葉でした。 今思い出しても胸が張り裂けそうです。 「お母さんは病気ばかりで 可哀想な人生だった」と… そういう思いを、 子供たちの心に残したままで、 闘いもせずに諦めて良いのだろうか… 主人と子供たち、 家族の為に、 私はまだ生きなければならない。 そう気持ちを切り替えて、 長く辛い闘病に、 チャレンジする事を決意致しました。 いろいろな治療の選択肢がありましたが、 時間は掛かるけれど、 先ずは手術をして、 取り除けるところは取るという方法を、 選択しました。 手術を選択したからには、 長期療養が必要ですので、 皆様に公表しなければなりません。 そういう経緯を経て、 本日公表をさせていただく事となりました。 本日19日に入院を致しました。 22日には手術です。 舌の半分以上を切除。 首のリンパに転移した腫瘍も、 同時に切除します。 切除した舌には、 自分の皮膚の一部を、 移植します。 一度の手術でこれらを、 全て済ませます。 口腔外科と形成外科の合同チームの手術で、 12時間以上掛かると、 聞いております。 先生方を信頼して、 身を委ねてお任せしたいと思います。 なってしまった事は、 いろいろ後悔しても始まらない。 ただ前だけを向いて、 ポジティブに生きていこうと。 私は負けません。 力いっぱい闘って、 必ず戻って来ます。 そして再びファンの皆様の前で、 歌が歌えるようになりたい。 その為にも頑張って、 治療に専念させていただきます。 皆様にはどうか、 温かく見守っていただければと思います。 尚、当ブログは体調の良い時に、 時々更新させていただきますね。 長々と失礼致しました。 私は負けない! 堀ちえみ 最後は読んでいて涙が出そうになる文章でしたね。。 辛い大病を抱えながらも、子どもたち、家族で支え合って闘病生活を送る意気込みが感じられます。 こんな素敵なママが一体どうして。。 と悔やんでも悔やみきれません。 じつは堀ちえみさんは舌癌を公表する前から、口内炎で悩んでいることをブログで綴っていたのです。 口内炎って病気でありますがほっといてもしばらくすると治ることが多いですよね。 それでも、気になるくらいに痛かったり治らなかったりと、口内炎である診断に違和感をもっていたことでしょう。 そんな堀ちえみさんの舌癌公表に、ネット上でこれってもしかして誤診だったんじゃ?という疑問の声が相次ぎました。 確かに、堀ちえみさん自身は自分の身体の異変に気づき、きちんと病院へ受診しています。 しかし、担当した歯科医師が舌癌に全く気がつかず、おまけにレーザーで焼くという強行手段にまででてしまっています! 一体、どんな歯科医師なんでしょうか?まず、世間の意見をご紹介します。 ステージ(病期)とは、がんの進行度をあらわす分類です。 最初に発生したがんの大きさや周囲のリンパ節への転移の有無、程度、離れた臓器への転移の有無などから決定します。 がんの部位や種類によってもステージの基準は異なりますが、固形がんの場合、ステージ0~1期は病巣の広がりが限定されていて、手術や内視鏡治療などでがんを取りきれることが多いです。 こうした治療によって高い確率で治癒が期待できるものを早期がんといいます。 なお、ステージは術後の組織検査の結果などにより、変わることもあります。 進行がんは早期がんを超えて広がったがんのことです。 ステージ4はリンパ節や離れた臓器への転移(遠隔転移)を基準とするものが多いです。

次の

舌がん公表、堀ちえみさん 「口内炎」と「がん」を見分ける10のチェックリスト

堀ちえみ 舌癌

堀ちえみ、舌がんの発覚までの経緯は? 2019年2月19日の 堀ちえみさんがご自身のブログで、 舌がんであることを公表しました。 堀ちえみさんが、 舌がんが発覚するまで どういった症状があったのか、 どういった処置をしていたのかなどの 経緯をまとめてみました。 2018年夏ごろ 口内炎ができる 舌の裏側に小さい口内炎ができる 塗り薬や貼り薬、ビタミン剤などを処方してもらう 2018年11月 しこりができる 口内炎がよくなるどころか、ひどくなる 歯科医院でレーザーで焼いたりもした 舌の裏側だけでなく、 舌の左側面にも固いしこりができる 口内炎の原因が、 リウマチなどの持病の薬の副作用の可能性もあるかもしれない、 とのことで、持病の薬をストップした 2019年1月 激痛、喋るのが辛い、眠れない 口内炎が一向に良くならず、しこりも増えていた 舌の左側に激痛、 食べ物がしみる、 しゃべるのが辛い 寝てても痛みで目が覚めることもあった 2019年1月21日 舌がんの可能性が高いと診断 大学病院を受診 悪性の舌癌の可能性が高いと診断される 後日、2日間の検査入院をする 2019年2月4日 癌、転移を告知される 口腔癌(左舌扁平上皮癌・ひだりしたへんぺいじょうひがん)と診断される 左首リンパの転移も判明 2019年2月19日 入院、がんを公表 入院 ブログで舌癌を公表 2019年2月22日 手術 舌の半分以上を切除、 舌の自分の皮膚を移植、 リンパに転移した腫瘍の切除手術 スポンサードリンク 口腔がん、舌がんの早期発見方法は 堀ちえみさんが罹患した 口腔がん、舌がんとはどういうものなのでしょうか? また、早期発見するには、 どういった点に注意するのかを調べてみました。 スポンサードリンク 口腔がんの種類は? 口腔がんとは、 口の中にできるがんの総称です。 口腔がんには、 ・舌がん ・歯肉がん ・口腔底がん ・頬粘膜がん があり、 これらもすべて「口腔がん」の一種といえます。 口腔がんは、 すべてのがんの2~4%と 癌の中でも珍しいほうだといえ、 堀ちえみさんが罹患した「舌がん」も がんの中では割合的には少ない方のようです。 口腔がんの3つの初期症状 1 口内炎が2週間たっても治らないとき 2 舌、歯肉、ほおの粘膜などに白斑がある 3 舌、歯肉、あごの粘膜などに赤斑がある 引用: 口内炎は長くても10日程度で治るものですが、 2週間以上治らない場合は、受診してください。 また、口腔がんになる一歩手前に 白い斑点のようになる「白板症(はくばんしょう)」ができます。 口内炎の段階でも白斑はありますが、 白斑が進行し、赤色が混ざってくる 赤斑になると、「紅板症(こうばんしょう)」となり、 その50%ががん化する恐れがありますので、 すぐに診察を受けましょう。 大きくは上記の3つですが、 それ以外にも 4 舌から出血がある 5 しこりや潰瘍ができた 6 顎が腫れて入れ歯が合わなくなった 7 舌などにしびれやまひ感がある 8 物がかみづらい 9 舌が動かしにくい 引用: といった症状があっても、 「口腔がん」を疑い、 すぐに専門医の診察を受けましょう。 スポンサードリンク 舌がん早期発見セルフチェック 舌がんを早期発見する セルフチェック表がありました。 こちらで症状を確認し、 もし、少しでも疑いがある場合は、 早く受診することをお勧めします。 堀ちえみ、手術日当日に「金スマ」出演!子供たちからのエールも 2019年2月22日放送の 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」 通称「金スマ」に、 舌がんを告白した堀ちえみさんが 出演されます。 放送当日が手術日ということで、 応援メッセージが多く寄せられることと思います。 また、 堀ちえみさんといえば、 子だくさんの印象もあります。 調べてみると、 堀ちえみさんが出産された5名の子供と 現在の旦那さんの連れ子2名の 7名のお子さんがいらっしゃるそうです。 手術当日の朝、更新されたブログには、 長男の昴平(こうへい)さんが名古屋からかけつけ、 三男の叡弘(あきひろ)さん、 四男の楓季(ふうき)さんと ご主人がお見舞いに来たそうです。 12時間もかかるといわれる手術の前に とても勇気づけられたと思います。 ブログでは、子供、家族のために 手術をして、長くそして辛い闘病を選択したとも 書いていました。 手術後は、 食べることも 喋ることも困難になるかと思いますが、 堀ちえみさんの 前向きな言葉を見ると、 純粋に応援したくなります。 スポンサードリンク まとめ-堀ちえみ舌がん発覚経緯は? 口腔がんの一種である 舌がんを告白された堀ちえみさん。 舌がんが発覚した経緯をブログで紹介されていて、 それらをまとめてみましたが、 今思えば、口内炎だと思っていたものが、 数か月も治らなったのが 最初のきっかけだったようです。 その段階で「口腔がん」を疑っていれば、 ステージ4まで進行しなかったのでは? と思ってしまいます。 口腔がんは、がんの中でも そう多くない症例のようなので、 同様の症状がある方は、セカンドオピニオンなども利用して、 早めに受診してもらいたいです。 堀ちえみさんの手術成功を祈るとともに、 また元気な笑顔の 堀ちえみさんがテレビで見れるよう、 応援していきたいです。

次の