ワイモバイル 60歳以上 持ち込み。 ガラケーかけ放題ならワイモバイルが最安!人気機種の料金”Simply,AQUOS”

ワイモバイルのSIMフリー対応機種と設定方法【iPhone版/Android版】

ワイモバイル 60歳以上 持ち込み

2019年10月1日よりY! mobile(ワイモバイル)の 料金プランが新しくなります。 定期(2年)契約のあるプランは新規受付を終了し、 契約期間の縛りがないスマホベーシックプランがメインに。 また、新しい容量のプランRが登場します。 スマホベーシックプランの通信容量は2年間のデータ増量オプション無料キャンペーンを適応しています。 2019年9月30日までのスマホベーシックプランSの5,480円、2年縛りのあるスマホプランSの2,980円と比べると、データ通信容量はそのままで利用しやすくおトクになっています。 ワイモバイル初期費用【2】 月額料金 ワイモバイルには、スマートフォンとのセットで契約する際に選択できる「スマホプラン」や、タブレット利用時のみ選択できる「データプラン」があります。 もちろん、手持ちのスマホをそのまま使いたい人はSIM単体で契約することもでき、この場合は「SIM単体契約特別割引」が適用されます。 スマートフォンとセットの場合 出典: スマートフォンとセットで契約する場合の月額料金は、 1年間1,980円~4,980円程度。 おうち割光セット(A)が適用される場合は1年間1,480円~3,980円がかかります。 月額料金をイチヨンパ(1,480円)にしたい人はも併せてご覧ください。 SIM単体の場合 出典: SIM単体で申し込む場合の月額料金は「SIM単体契約特別割引」が適用され、 1年間1,080円~3,380円となります。 SIMカード単体の契約でも基本料が最大24カ月間割引されるので、手持ちのスマホをそのまま使いたい人にはありがたいですね。 ワイモバイル初期費用【3】 機種代金 ワイモバイルでは、AndroidスマホだけでなくiPhoneも契約できます。 さらに、Pocket WiFiやタブレット、ケータイも用意されており豊富なラインアップとなっています。 機種により金額は異なります。 機種代金の支払い方法を一括払いと分割払いから選べる機種が多いため、初期費用を抑えたいなら分割払いにするといいでしょう。 オンラインショップで分割払いで購入すると500円程度の頭金がかかることがあります。 ワイモバイル初期費用【4】 MNP転出手数料 MNPとは「Mobile Number portability(モバイルナンバーポータビリティ)」の略で、 携帯電話会社を変更しても電話番号はそのまま利用できるサービスです。 MNPを利用して転出する際は携帯会社で MNP転出手数料がかかります。 MNPでの転入については、 ワイモバイルでは転入手数料や番号移行手数料はかかりません。 通常の契約と同様の契約事務手数料のみかかります。 ワイモバイル初期費用【5】 契約解除料 「契約解除料」とは、契約期間が定められている料金プランや割引サービスから、契約更新月を除く期間に、他の料金プランや割引サービスへ変更・解除を行うと発生する料金です。 出典: つまり、更新月以外の月に契約の変更・解除をすると 契約解除料9,500円がかかります。 docomo(ドコモ)・au・SoftBank(ソフトバンク)の契約解除料• 契約解除料金 9,500円• 契約期間 24カ月• 契約更新月 25カ月目、26カ月目(2回目以降…24カ月ごとに2カ月間) 出典: auの場合は、au加入年数11年目以降で「2年契約」と「家族割(または「法人割」)」をセットで加入している場合、契約解除料が3,000円になります。 2019年3月から契約更新期間が延長 なお、 docomo・au・SoftBank・ワイモバイルは2019年3月から2年契約の更新期間が3カ月となります。 この3カ月は契約期間満了月を加えた期間です(2019年4月に更新期間となる場合は2019年3月~5月が更新期間)。 出典: ワイモバイルの初期費用はいくら? ここまで初期費用をひとつひとつ確認してきましたが、ここでは具体的に発生してくる費用の合計を計算してみましょう。 契約事務手数料 3,000円• 月額料金 1,980円~4,980円• 機種代金 頭金500円• MNP転出手数料 2,000円~5,000円• 契約解除料 0円~9,500円 合わせると 7,480円~2万2,980円となります。 契約解除料が9,500円と初期費用のなかでもっとも高額ですので、費用を抑えたい人は契約解除料がかからない契約更新期間にワイモバイルへ変更するといいでしょう。 ワイモバイル契約時に初期費用などをお得にするには? ワイモバイルをお得に契約するなら、キャンペーン情報は見逃せません。 ワイモバイルで実施されているお得なキャンペーンを紹介します。 キャンペーンの最新情報はワイモバイル公式ホームページを確認してください。 出典: キャンペーン内容 新規または他社から乗り換えでワイモバイルの音声SIM単体(スマホプランS/M/L)を契約すると、スマホプランS:400円(最大9,600円)、スマホプランM/L:600円(最大1万4,400円)を契約翌月から24カ月間割引! キャンペーン期間 終了日未定 キャンペーン対象者 受付期間中にUSIM(音声)カード単体でスマホプラン S/M/Lを契約した個人の方 (ベーシックプラン・バリュースタイル(F)は対象外) 新規契約、他社からの乗り換え(MNP)のいずれかで申し込んだ方 キャンペーン注意事項 SoftBankからの番号移行は対象外です。 スマホセットの契約は対象外です。 契約月を1カ月目として、24カ月以内に契約解除、もしくはプラン変更した場合は、当月利用分までの割引適用となります。 スマホプランは2年間が契約期間のため、解約の場合は契約解除料(9,500円)が請求されます。 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン 出典: 指定機種(かんたんスマホ)購入時の使用者の年齢が60歳以上の場合、「スーパーだれとでも定額」の月額料が無料になるキャンペーンです。 キャンペーン内容 スーパーだれとでも定額の月額料1,000円が無料になる。 (スーパーだれとでも定額への申し込みは別途必要。 ) キャンペーン対象者• 個人契約の方• 指定機種購入時の使用者の年齢が60歳以上の方• その際、スーパーだれとでも定額の解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分から月額料が発生いたします。 対象料金プラン以外に変更の申し出をした場合• 指定機種以外に機種変更した場合(修理や初期不良による交換、当社が提供している交換サービス及び会員価格での購入サービスの利用による機種変更は含みません。 持ち込み機種に機種変更した場合• USIMカードを変更した場合(故障・紛失により同種類のUSIMカードに交換した場合を除く)• システムに登録された使用者を60歳未満の方へ変更した場合• 法人へ契約を譲渡、承継した場合• 解約した場合 MVNOでシニア向けのスマホの取り扱いが増えるのはうれしいことですね。 スマホの操作に困ったときに押すだけで問題を解決してくれる「押すだけサポート」という機能を搭載していたり、かんたんスマホ専用のカスタマーセンターに問い合わせができたり、 シニアのスマホデビューをサポートする体制が整っています。 ワイモバイルを利用するうえで知っておきたいポイント ここでは、ワイモバイルにするか迷っている人や、ワイモバイルをもっと知りたい!という人のためにおすすめポイントを紹介します。 10分の無料通話が何度でも使える! ワイモバイルがおすすめな理由の1つに プラン内に10分かけ放題が含まれていることが挙げられます。 こちらはスマホプランを契約の場合に利用できるサービスです(SIMカード単体契約も含む)。 通話料金をなるべく無料に抑えたい人は、通話時間が10分超えそうになったらいったん切ってまたかけ直しても良いですし、あらかじめ長電話になりそうな時はLINEからかければ通話料金を抑えられるでしょう。 「ソフトバンクWiFiスポット」が無料で使える! スマホプランやデータプランを契約すると、 申し込み不要・無料でソフトバンクWiFiスポットが使い放題。 駅や空港、カフェなど、日本国内の主要スポットならば繋がる場所もたくさんあり、いざという時に便利です(一部のエリアおよび海外での利用は不可)。 WiFiの利用を無料で提供している格安SIMは少ないので、これもワイモバイルを契約する大きなメリットの1つです。 iPhoneが購入できる! 格安SIMはたくさんあるものの、実はiPhoneを取り扱っていないサービスも多いです。 しかし、ワイモバイルであればSIMカードとセットでiPhoneを購入できます。 2019年1月現在は iPhone7(32GB・128GB)、iPhone6s(32GB・128GB)、iPhone SE(32GB・128GB)がライアンアップしています。 「Yahoo! プレミアム for ワイモバイル」が月額料金内に含まれている! Yahoo! プレミアムは通常、月額462円の入会費用がかかる有料サービスです。 しかし、SoftBankユーザーとワイモバイルユーザーはなんと利用料金が月額料金に含まれており、 申し込み不要・無料で使うことができます。 Yahoo! ショッピングやLOHACOでポイント5倍になったり、お得な割引やクーポンがあったりと、たくさんの特典が魅力です。

次の

ガラケーかけ放題ならワイモバイルが最安!人気機種の料金”Simply,AQUOS”

ワイモバイル 60歳以上 持ち込み

「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」の解説 シニア歓喜!の「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」について説明します。 キャンペーン概要 かんたんスマの使用者年齢が60歳以上 契約時で判断 の場合、10分を超えて話した分も通話料無料となるかけ放題オプション「スーパーだれとでも定額」の月額料金が無料となるキャンペーン。 「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」の開始は 2018年8月9日~ となっています。 キャンペーンの終了は未定となっているので、期間限定のキャンペーンというわけではなさそうです。 特典内容 特典内容は• 「スーパーだれとでも定額」のオプションに加入してね• 60歳以上なら何もしなくても通話が無料になるわけではなく、 「スーパーだれとでも定額」のオプションに加入しなければならないというところは注意ですね。 適用条件 契約時の使用者が60歳以上であること+かんたんスマホを契約することさえ押さえれば条件は満たしたようなものですが、一応詳細を書いておきます。 個人の契約であること• 契約時に登録する使用者年齢が60歳以上であること• かんたんスマホの契約であること• 新規契約、ドコモやauから乗り換える場合もOK• ソフトバンクからの乗換 番号移行 でもOK• またこの文章を読んだ方の中には 「契約時に登録する使用者年齢が60歳以上って契約する人と使用者は別でいいってこと?」と思った方もいるかもしれません。 ワイモバイルは契約時のシステム登録の際に使用者年齢を登録する項目があるので、契約者とは別に使用者の情報を登録することができます。 よく使うシーンとしては、学割を適用する際に契約者はお父さんで使うのは中学生の子供という具合。 なので 60歳以上の使用者登録 もちろん本人確認書類の提出は必要 をすれば契約者が59歳以下でも本キャンペーンは適用できるということになります。 注意点 これをやるとキャンペーン特典が適用外になるよ!となるものがあるのでご注意ください。 対象料金プラン以外に変更した場合• 指定機種 かんたんスマホ 以外に機種変更した場合• 持ち込み機種に機種変更するなどシステム登録された契約中機種情報を変更登録した場合• USIMカードを変更した場合(故障・紛失により同種類のUSIMカードに交換した場合を除く)• 登録された使用者を60歳未満の方へ変更した場合• 法人へ契約を譲渡、承継した場合• 解約した場合 普通に使っていれば問題なさそうですが、 次の機種変更のタイミングでうっかり指定機種 かんたんスマホ 以外にしてしまった!みたいなことには気を付けてくださいね。 通話料無料のかけ放題はかんたんなことじゃない 格安な料金ながらかけ放題を提供することはかんたんなことではありません。 世の中には何百という格安スマホのサービスがありますが、オプション料 850円ほど を払ってもかけ放題はせいぜい1通話10分までが関の山です。 以前、楽天モバイルが時間無制限のかけ放題サービスをオプション料だけで2380円取って提供しましたが、あえなくサービス廃止となりました。 通信網を大手携帯会社からレンタルして運営する格安スマホでは、仕組み的にかけ放題サービスを提供するのに無理があるようです。 そんな中にあって我らが ワイモバイルは自社で通信網を所有しているおかげで、かけ放題サービスを手ごろな料金で提供することができます。 サポート面と合わせて、ワイモバイルはたくさん通話をしたいシニアにとって嬉しい選択肢ですよ。 ワイモバイルとかんたんスマホがおすすめな理由 ワイモバイルというサポートの受けやすい携帯会社+かんたんスマホはスマホデビューを考えるシニアに優しい組み合わせです。 私は自分の親 69歳 を見ていても思うのですが、 多くのシニアがスマホを使う上で必要なのは直接使い方を聞けたり、場合によっては遠隔で操作してくれるなどのサポートだと思います。

次の

ワイモバイル 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン 料金タダで電話ができる

ワイモバイル 60歳以上 持ち込み

ワイモバイルはソフトバンクの格安ブランド インターネットで検索すると、「Yahooの格安スマホ」とか「ヤフーモバイル」などと呼ばれていたりしますが、 実はソフトバンクの格安ブランドです。 呼ばれ方は、Y! mobile ワイモバイル 、Yモバイル、ヤフーモバイルなどと様々ありますが、正式名称はY! mobile ワイモバイル となります。 当サイトでは、ワイモバイルで呼び方を統一しています。 ワイモバイルは、ソフトバンクよりもかなり安い料金でソフトバンク回線のスマホが利用できます。 格安ブランドとはいってもそこはソフトバンクです。 料金から考えると十分すぎるほどのサービスを受けることができ、 コストパフォーマンスの良さからスマホ満足度No1にも選ばれているブランドです。 データ通信容量は「データ増量無料キャンペーン2」で、各プランとも13ヶ月間はデータ通信容量が追加されます。 ただし、快適モードなどの設定をしない場合は、容量が追加されないので、ご注意ください。 【スマホをそのまま使える!?】SIMカードだけ契約も可能! ワイモバイルではスマホ端末を新しく購入せず、今持っているスマホで契約することもできます。 スマホの中には「SIMカード」と呼ばれるICカードが挿さっており、このSIMカードだけ契約をするとスマホで電話やモバイルデータ通信ができるようになります。 ワイモバイルでは、このSIMカードのみ契約することも可能です。 例えば、ワイモバイルでSIMカードのみ契約して、3大キャリアを解約して残ったスマホ端末を使うというようなこともできちゃいます。 SIMカードのみ契約するメリットは月額料金が安くなること! スマホ端末代金が不要なのでとても安いです。 ただし、キャリアのスマホ端末をそのまま使う場合には注意が必要です。 キャリアのスマホ端末には、SIMロックという制限がかけられていまます。 ワイモバイルでキャリアのスマホ端末を使うのであれば、ワイモバイル契約前にSIMロック解除という手続きを行って制限を解除してください。 SIMロック解除やSIMカードのみの契約の仕方について、もっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。 安いけど、通話もデータ通信もソフトバンクと同じ回線 ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線を使っているので、データ通信速度も速くて安定 通話とデータ通信に使っている回線はソフトバンクと同じなので、安心して使えます。 通話に関して言うと、エリアは広いですし、普通に使っていて不便を感じたことはありません。 データ通信に関しても、安定して速いです。 正直に言って、料金が安くなったソフトバンクです。 ワイモバイル以外の格安スマホ MVNO は、データ通信速度が遅かったり不安定なところが多いです。 実際に格安スマホのデータ通信速度を計測したデータがあります。 私も1日のデータ通信速度を計測してみましたが、どの時間帯でも安定した速さで使い続けることができました。 店舗でアフターサポートを受けられる ワイモバイルは、3大キャリアのようにアフターサポートをしてもらえる実店舗がある格安スマホです。 実は格安スマホを出しているMVNOのほとんどが、実店舗を持っていません。 店舗を持つとコストがかかるため、そのコストを極限まで下げるために「実店舗無し」となっています。 店舗を持っているMVNOもありますが、そういった店舗は契約をするためだけの店舗であるため、故障などの対応をしてくれるわけではありません。 店舗でアフターサポートを受けられないと、メールとか電話でやり取りをしないといけなくなるので、正直不便です。 いくら料金が安くても、何かあったときは店舗でサポートを受けたいですよね。 ワイモバイルなら、全国展開している店舗でしっかりとサポートをしてくれます。 サポート面では3大キャリアより若干弱い ショップでサポートを受けられるが3大キャリアほどではない 店舗を見ていて思ったのですが、 スタッフの数が少ないです。 お店ごとに違うと思うのですが、少ないと2~3人くらいで回してます。 すると、サービスを受けるまでに時間がかかってしまいます。 人件費を削っているので、これは仕方ない点だと思います。 知識はしっかりと持っているようなので、サービスの質自体は問題ないと思います。 私もワイモバイルのスタッフ相談しにいったことはありますが、しっかりとした知識を持っていたので助かりました。 最近ではソフトバンクショップがワイモバイルショップを兼ねている店舗も増えているので、あまり気にしなくてもいい気はします。 自分でスマホの設定ができる人はインターネット申し込みがおすすめ 「スマホの設定は自分でできる」 というような場合には、インターネット オンラインストア からの申し込みがおすすめです。 我が家ではワイモバイルを契約するときには、必ずワイモバイルオンラインストアから申し込んでいます。 なぜかというと、• 頭金が余分にかからない• 好きな時間に申し込みできる• 待たないし、店舗に行く手間もない• 余計な勧誘をされない• オンラインストア限定の割引・キャンペーンでオトク といったことが理由です。 しかもオンラインストアでは、チャット形式で直接ワイモバイルのスタッフへ質問できます。 分からないことがあったら何でも気軽に質問できるので、店舗に行く前に不明点を質問したい場合にもオススメです。 チャットは、パソコン・スマホのどちらにも対応しており、• 画面右に出てくるチャット画面• ページ真ん中あたりの「おすすめ情報」のチャット のどちらのチャットでも、無料で利用できます。 オンラインストアで契約した後は、自分でスマホの設定ができるようにオンラインマニュアルなどもばっちり用意されています。 「店舗に行きたくない」、「頭金をムダに支払いたくない」 という方はオンラインストアをお試しあれ。 なお、現在はオンラインストアからの申し込みをすると、以下2つの割引を受けられるのでオトクです。 MNP4つのステップ• MNP予約番号を入手する• オンラインストアで申し込みを行う• スマホが届くのを待つ• 実店舗で申し込む場合とオンラインストアで申し込む場合を比較してみると、スマホの設定を自分でするかしないか程度の差しかないです。 けっきょく、MNP予約番号は自分で取得しなければいけないので。 電話帳の移し替えなどが自分でできるような方や新規申し込みの方などには、オンラインストアから申し込む方が安くなります。 電話帳の移行はYahoo! かんたんバックアップというアプリを利用すれば簡単に行えます。 ワイモバイルを実際に使ってみての感想 実際に使ってみると、 「料金は安くなったけど、使い勝手は変わらない!」という感じです。 通話・データ通信ともに高い品質を保ちながら、実店舗によるアフターサービスもしっかりと用意されているのに月額料金がすごく安いと思います。 そのため、ワイモバイルに乗り換えて私も妻も「いいね!」しちゃうくらい、すごく満足しています。 料金だけ見れば他に安いところもありますが、 キャリアとしての安心感と、プラン料金の安さの折り合いがすごくイイ感じです。 以下のような人には、ワイモバイルはおすすめです。 最後に~スマホ料金をもっと安くしたい方へ ワイモバイルへ乗り換えるて、我が家では1人当たり 3,000円くらい安くなりました。 実際に2年間使った時の差額を比べてみると、とても大きい差です。 [ドコモとワイモバイルを2年間使った時の料金差額] これほどの料金差があるのに乗り換えをしないのは、ものすごく損だと思います。 「でも、乗り換えするのって大変そう」 そのように感じている方も多いかもしれません。 私もそのように感じていた1人でしたが、思い切って乗り換えてみると意外に簡単でした。 実際にこのサイトからも、多くの方がワイモバイルに申しこんでいます。 「3大キャリアは高い」と感じている方は、これ以上損をし続ける前に、ぜひワイモバイルへ乗り換えてみてください。

次の