パラレル パラダイス 104。 パラレルパラダイス【第105話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

『パラレルパラダイス』第10話が究極の神回!好き好き好き好き好き好き大爆発ゥゥゥ!(ネタバレあり):なんおも

パラレル パラダイス 104

パラレルパラダイス 漫画104話のネタバレ 「秘めはじめ」 カルに襲われていたペコを助けたヨータだったが、翌日にカルが出たせいでユニコーンが逃げてしまったのだ。 残っているのは初めてじゃない人しか乗せれないバイコーンのみだったので、ヨータはペコに極めて事務的に行為をすると言い、ペコを驚かせたのだ。 そしてペコは顔を赤らめせてから、身の程をわきまえろと、ヨータとこの場で行為をするくらいなら自らの命を絶った方がマシだと蔑んだ顔をしながら言ったのだ。 「元々私は用なしですし勝手に一人で帰るわ 3日もあれば歩いてミースまで戻れますからお気になさらずどうぞ先を進んでください もう世界の広さも十分思い知りました 努力しても無駄 ただ生きてるだけの男に勝てないって事をね」 と続けてペコは言うと、最後にどんなに危険な目に遭っても生きているだけの英雄気取りの男と行為はしたくないと言ったのだ。 話を最後まで聞いていたルーミはそんなに拒絶しているのなら、どうしてペコの大切な部分から液体が出ているのかと聞く。 まさか興奮しているとは思っていなかったペコは狼狽すると、ルーミは達観しているかのように自分達も通った道だと、ヨータとの行為を想像して興奮しちゃったんでしょと言う。 さっきよりも顔を真っ赤にして否定するペコに対し、ルーミはもう認めたほうがいいと一言言うとペコが裸の男の絵を沢山描いている事を知っているんだよと暴露したので、ペコは何で知っているのかと驚いているかのように言う。 ルーミは部屋に一杯絵が飾ってある事で有名と、男に興味があるのは仕方ない事だと、興味があるのは皆同じだと、それは恥ずかしい事じゃないからヨータと行為をすれば分かると言った。 そしたらペコは行為に関しては興味があると言いつつ、ただ男は美しいと思っていてヨータのようなゴツゴツして骨ばった醜いとは思ってなかったと言い、しまいには泣きながら自分が想像していた美麗な男達を返し手と言いだしたのだ。 聞いていたヨータは涙ながらに全否定されたと思うのだった。 そしてめそめそしているペコにどうしても嫌なら仕方ないが、行為に少しでも興味があるのなら協力してくれと言い、ペコはせめてテントの中でお願いと言うのでやれやれと思うのだった。 テントの中に入り、行為をする事になったのだがヨータは嫌そうにしている割には自分が触れてもないの滅茶苦茶興奮しているぞと言うと、ペコは怒るのだった。 そんなこんなでヨータは自分のモノをペコの大切な部分に入れる事で初めてじゃなくなり、バイコーンに乗れるようになったのだ。 しかし、ヨータはここまでの無礼の数々を謝れば行為を続けると言うのだった。 これはここまで罵詈雑言の数々を言われたヨータによる仕返しみたいなもので、落ちるのかと耐えるのかどっちだと思っていた。 そしたらペコはポロポロと涙を流し、ヨータの事を英雄様と呼び、これまでに働いてきた数々の無礼を許してほしいと、許してくれるなら自分と行為を続けてほしいと頼んできたのでヨータはそこまで落とさなくていいと突っ込んだ。 しかし、頼んできたのも事実なのでヨータはお望み通り行為を続ける事にしたのだ。 行為をしていく中でペコは自分は男が大好きで、男と行為をする事を想像していた女だと叫ぶのだった。 そして心の中で男がこんなに力強い生き物だとは思わなかったと、想像していたのと全然違うと思っていた。 2人の行為をテント越しで見ていたルーミとアマネも興奮しており、2人は行為を行うのだった。 やがて行為が終わるとペコがお礼を言うと、ヨータはお礼を言われる事じゃないと返す。 しかし、ペコが言うお礼は昨日助けてくれた事でそれを悟ったヨータはああと答えるのだった。 パラレルパラダイス の最新刊をお得に読む方法 今回は パラレルパラダイスを文字で ネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか? そんなあなたにおすすめのサイトが U-NEXT(ユーネクスト)。 自分の理想と違ったせいでヨータに対して嫌な態度を取っていたペコでしたが、最終的には男を嫌っていたキアと同じように行為をする事で落ちましたね。 何はともあれ、これで何の問題もなくサンドリオに向かえるなと思いました。 無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。 費用もかからず、解約手続きもとても簡単。 カテゴリー• カテゴリー&人気漫画•

次の

パラレルパラダイス【第105話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

パラレル パラダイス 104

パラレルパラダイス 漫画104話のネタバレ 「秘めはじめ」 カルに襲われていたペコを助けたヨータだったが、翌日にカルが出たせいでユニコーンが逃げてしまったのだ。 残っているのは初めてじゃない人しか乗せれないバイコーンのみだったので、ヨータはペコに極めて事務的に行為をすると言い、ペコを驚かせたのだ。 そしてペコは顔を赤らめせてから、身の程をわきまえろと、ヨータとこの場で行為をするくらいなら自らの命を絶った方がマシだと蔑んだ顔をしながら言ったのだ。 「元々私は用なしですし勝手に一人で帰るわ 3日もあれば歩いてミースまで戻れますからお気になさらずどうぞ先を進んでください もう世界の広さも十分思い知りました 努力しても無駄 ただ生きてるだけの男に勝てないって事をね」 と続けてペコは言うと、最後にどんなに危険な目に遭っても生きているだけの英雄気取りの男と行為はしたくないと言ったのだ。 話を最後まで聞いていたルーミはそんなに拒絶しているのなら、どうしてペコの大切な部分から液体が出ているのかと聞く。 まさか興奮しているとは思っていなかったペコは狼狽すると、ルーミは達観しているかのように自分達も通った道だと、ヨータとの行為を想像して興奮しちゃったんでしょと言う。 さっきよりも顔を真っ赤にして否定するペコに対し、ルーミはもう認めたほうがいいと一言言うとペコが裸の男の絵を沢山描いている事を知っているんだよと暴露したので、ペコは何で知っているのかと驚いているかのように言う。 ルーミは部屋に一杯絵が飾ってある事で有名と、男に興味があるのは仕方ない事だと、興味があるのは皆同じだと、それは恥ずかしい事じゃないからヨータと行為をすれば分かると言った。 そしたらペコは行為に関しては興味があると言いつつ、ただ男は美しいと思っていてヨータのようなゴツゴツして骨ばった醜いとは思ってなかったと言い、しまいには泣きながら自分が想像していた美麗な男達を返し手と言いだしたのだ。 聞いていたヨータは涙ながらに全否定されたと思うのだった。 そしてめそめそしているペコにどうしても嫌なら仕方ないが、行為に少しでも興味があるのなら協力してくれと言い、ペコはせめてテントの中でお願いと言うのでやれやれと思うのだった。 テントの中に入り、行為をする事になったのだがヨータは嫌そうにしている割には自分が触れてもないの滅茶苦茶興奮しているぞと言うと、ペコは怒るのだった。 そんなこんなでヨータは自分のモノをペコの大切な部分に入れる事で初めてじゃなくなり、バイコーンに乗れるようになったのだ。 しかし、ヨータはここまでの無礼の数々を謝れば行為を続けると言うのだった。 これはここまで罵詈雑言の数々を言われたヨータによる仕返しみたいなもので、落ちるのかと耐えるのかどっちだと思っていた。 そしたらペコはポロポロと涙を流し、ヨータの事を英雄様と呼び、これまでに働いてきた数々の無礼を許してほしいと、許してくれるなら自分と行為を続けてほしいと頼んできたのでヨータはそこまで落とさなくていいと突っ込んだ。 しかし、頼んできたのも事実なのでヨータはお望み通り行為を続ける事にしたのだ。 行為をしていく中でペコは自分は男が大好きで、男と行為をする事を想像していた女だと叫ぶのだった。 そして心の中で男がこんなに力強い生き物だとは思わなかったと、想像していたのと全然違うと思っていた。 2人の行為をテント越しで見ていたルーミとアマネも興奮しており、2人は行為を行うのだった。 やがて行為が終わるとペコがお礼を言うと、ヨータはお礼を言われる事じゃないと返す。 しかし、ペコが言うお礼は昨日助けてくれた事でそれを悟ったヨータはああと答えるのだった。 パラレルパラダイス の最新刊をお得に読む方法 今回は パラレルパラダイスを文字で ネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか? そんなあなたにおすすめのサイトが U-NEXT(ユーネクスト)。 自分の理想と違ったせいでヨータに対して嫌な態度を取っていたペコでしたが、最終的には男を嫌っていたキアと同じように行為をする事で落ちましたね。 何はともあれ、これで何の問題もなくサンドリオに向かえるなと思いました。 無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。 費用もかからず、解約手続きもとても簡単。 カテゴリー• カテゴリー&人気漫画•

次の

『パラレルパラダイス』【第109話】気高き騎士が恥辱に歪む!!銀の騎士ナクタ !!

パラレル パラダイス 104

ミサキはペコは頭は悪いが腕はいいから一緒に同行させてほしいとヨータ達に頼みます。 それにペコには才能はあるが外の世界を知らないので、世界の不条理を知ってほしいと言うミサキ。 対してペコは憧れていた人間の男性がヨータみたいな醜い存在なのに幻滅したのか、一応ミサキの命令だから従うがヨータには従わないという態度を取ります。 ヨータは断ろうとしますが、ミサキが何とか頼み込みます。 そしてヨータ達はバイコーン、まだ処女であるペコはユニコーンに乗ります。 そこへユニコーンに蹴られたキアがやって来て、ヨータに告白します。 ヨータは必ず戻ると約束して、ミースの街を後にするのでした。 そして夜になり、テントを張ったヨータ達。 ペコに一緒に食べようと誘いますが、ペコは彼らに慇懃無礼な態度を取って見回りに行きました。 そしてテントの中で眠りについたヨータ達。 一方でペコは複数のカルに囲まれながら、誰がここにテントを張ると言ったんだと愚痴っていました。 森の中でカルに包囲されてしまったペコですが、数を数えると足りないと言って笑みを浮かべます。 まずは槍で2体倒し、カル専用のナイフを取り出して更に2体倒して半分にします。 ナイフを手にした今、カルは歩く豆腐みたいなものだと不敵に笑むペコ。 背後から襲い掛かるカルもナイフで突き刺し、更に2体も倒します。 1体になったカルは仲間を呼ぼうと叫び、ペコは折角だから周辺のカルを一掃しようと考え、放置します。 そしたら巨大なカルが現れ、更に増援のカル達も現れます。 まず2体倒したペコは槍を巨大なカルの額に命中させますが、通じません。 多勢に無勢ながら戦うペコですが、巨大なカルに掴まれて服を脱がされ殴られてしまいます。 一撃で動けなくなってしまい、もしヨータを呼べば助けに来てくれるのかと思い始めるペコ。 そしてカル達が迫り、助けてと叫ぶペコ。 まるで声が届いたかと言わんばかりに刀を手にしたヨータがやって来ます。 パラレルパラダイス10巻の感想・考察 いずれ天才だけでは如何にもならない時が来る…? ヨータ達は嫉妬深い神を倒すためにサンドリオへと向かいました。 しかし、ペコの存在が問題になって来るのではないかと思います。 ヨータがどれだけ色々頑張ってきたのか見てないのでルーミ達共々慇懃無礼な態度を取るのは致し方ないのですが、自分の立場に不満を持っているのは良くないかなと思いましたね。 それにヨータに対する態度も、ミサキ達に対する態度も良くありませんし、自分が天才だと思っている井の中の蛙状態になっているのも良くない傾向にありますね。 いずれ痛い目を見るのではないかと思いましたね。 行為をする前のキアがヨータの事を気持ち悪いと言っていた事もあるので、もしかしたら関係が進展するのかなと思いますがどうなるのかなと言った感じですね。 ヨータの事を見直す…? 今回の話で、カルを追い詰めていたはずペコが逆に追い詰められてしまいました。 なまじ才能があり過ぎるから油断したのでしょうね。 最初のカル8体を躊躇なく始末すれば、ピンチになる事も無かったのでしょうが早いうちにミサキの言う不条理を知る事が出来たのはそれはそれで良かったんじゃないかなと思います。 そして最後の最後でヨータが現れましたので、こういった戦いにはもう慣れているヨータは容易く倒すと思います。 彼が起きていると言う事は、恐らくルーミとアマネも起きていて何処かで待機しているのでしょう。 そしてペコは自分の理想の男性は自分の窮地に駆けつけると思っているはずなので、駆けつけてカル相手に果敢に立ち向かっていくヨータの姿を見て彼の事を見直すのではないかなと思います。 まとめ 以上、『パラレルパラダイス』10巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

次の