星野 リゾート コロナ。 【星野リゾート】星野リゾートが提案する「マイクロツーリズム」~地域の魅力を再発見し、安心安全な旅 Withコロナ期の旅の提案~

【ガイアの夜明け】コロナに負けない!「星野リゾート/星のや東京」社長・星野佳路:3密を避けた滞在

星野 リゾート コロナ

国内外に42施設を運営する星野リゾートは、長期化するWithコロナ時代の旅の在り方として、徹底した3密回避の旅を提案。 3密回避の対策は今後も進化させ、最高水準の新型コロナウイルス対策を目指していくことを宣言。 今般の新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、人々の移動や直接の交流が制限されている。 ウイルス感染拡大の状況が落ち着いたとき、旅に求められるものは、安心して非日常を楽しむことだと星野リゾートでは考えているという。 日々ウイルス拡散の不安と戦い、ストレスを抱えている顧客のためにも、心を解放して過ごせる滞在を用意することが、今後の観光産業にできることだと信じているとのこと。 そこで、星野リゾートでは「衛生管理」と「3密回避」の2つの対策軸を掲げ、各施設において従来のサービスを進化。 「3密回避」の軸では、顧客とスタッフ、顧客同士の視点で3密が発生しづらい環境づくりを進める。 「衛生管理」の軸では通常の清掃に加えての館内の除菌対応、スタッフや顧客の健康面の確認を主に行う。 星野リゾートでは、3密回避をホテルにおけるサービス規範として具体化する。 具体的な3密回避対策について 出典: 「チェックイン」 ・客室でのチェックイン(フロントでのチェックインを一時的に中止) 人との接触を避けるため、客室まで直接案内し、客室でチェックイン。 (星のや、界) ・入列規制 2m程度の間隔で並ぶ等、混雑を回避するようスタッフが配慮。 (OMO、BEB、リゾナーレ) ・自動チェックイン機(OMO5東京大塚、BEB) スピーディーなチェックインによる混雑緩和と、スタッフとの近距離の接触を回避。 「客室」 <設計> ・自然に換気がなされる開放的な設計 星のや軽井沢では天井の「風楼(ふうろう)」という通気口により、適度に自然の空気を取り入れる。 星のや竹富島の客室は南側に大きく開け放たれる窓を設置し、南風が通り抜ける造りになっている。 ・客室内にアウトドア空間がある 星のや富士のテラスリビングはゆるやかに中と外を繋ぐ空間で、ソファなどを設ける。 リゾナーレ那須の本館客室は全室ウッドデッキ付き。 那須の自然に囲まれる時間を過ごせる。 ・客室内に露天風呂(温泉)がある界の多くの施設では露天風呂付きの客室があり、自分だけの空間で温泉を楽しめる。 「食事」 ・レストランの混雑状況管理と入店時間の分散化 ・ビュッフェ形式からセットメニュー、テイクアウト形式への転向(食事場所はレストラン、客室、パブリックエリアから自由に選択。 ) ・レストランテーブル席の間隔を2m程度に拡張 ・半個室での料理提供(界(一部施設を除く)、星のや東京、星のや京都) 「温泉、大浴場、プール」 <温泉、大浴場> ・混雑状況の事前確認 顧客のスマートフォンでタイムリーに混雑状況が表示されるシステムを導入予定(6月~7月頃) <プール> ・混雑状況の事前確認 顧客のスマートフォンでタイムリーに混雑状況が表示されるシステムを導入済。 (リゾナーレトマム、リゾナーレ八ヶ岳) ・ロッカーの一部利用制限による入場人数の管理 「アクティビティ」 ・広大な自然の中で開催 深呼吸アクティビティ(星のや) 畑やグリーンハウスで行うファーマーズレッスン(リゾナーレ那須) 空中散歩(リゾナーレ八ヶ岳、リゾナーレ熱海) ファームエリアでの牧草ベッド(リゾナーレトマム) 渓流ガイドウォーク(奥入瀬渓流ホテル) など ・客室でできるアクティビティを用意 絵描きセット(界 仙石原)、こぎん刺しキット(界 津軽)、鹿沼組子キット(界 日光) 寄木細工キット(界 箱根)、NAGANO WINE紀行 *(界 松本) *通常はロビーで実施 「パブリックエリア」 ・パブリックエリアの席の間隔を2m程度確保 席の間引きや、サイン掲示等、席の間隔を確保。 (全施設) ・キッズルームの利用人数制限 (リゾナーレトマム、リゾナーレ八ヶ岳、リゾナーレ熱海) 「チェックアウト」 チェックイン同様、以下の取り組みを行う。 ・入列規制 ・自動チェックイン機(精算機)(OMO5東京大塚、BEB) 「衛生管理」面について また、星野リゾートでは、今般の新型コロナウイルスによる感染への対策の一環として、顧客の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行う。 ・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認 全ての宿泊者を対象に、検温および海外渡航歴の確認。 また、37. 5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、宿泊を断る場合がある。 通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げを実施。 特に、全客室の清掃は、手が触れる部分 ドアノブ、引き出しや冷蔵庫の取っ手類、リモコン、スイッチ類など をアルカリ電解水で除菌清掃。 ・館内各所での除菌用アルコールの設置 ・レストラン入店時に全ての顧客へアルコール消毒の実施 ・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄 ・館内での接客業務の際にマスクを着用 ・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認).

次の

【星野リゾート】星野リゾートが提案する「マイクロツーリズム」~地域の魅力を再発見し、安心安全な旅 Withコロナ期の旅の提案~

星野 リゾート コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大、外出自粛による経済へのダメージ...。 未曾有の事態に日本国内だけでなく世界中が不安に包まれる中、『ワールドビジネスサテライト』では、現在「コロナに思う」と題し、各界の著名人によるリレーメッセージをお伝えしています。 今回は苦境の観光業界から星野リゾート代表の星野佳路さんのメッセージです。 コロナ収束後も需要が戻るまでには1年以上かかると考える星野さんは、これまでのように大都市圏、インバウンドをターゲットにするのではなく、宿泊施設周辺に住む人たちに向けた「マイクロツーリズム」に着目することが日本の観光業にとって重要になると話します。 今、観光にはいろいろな面で逆風が吹いていて、私たちはその真っただ中にいます。 日本の観光がこれからどうやって生き延びていけばいいのか。 私たちの企業も含めて、必死の努力を続けています。 1年〜1年半をかけて需要が戻ってくるかもしれませんが、その需要のあり方は大きく変わっているかもしれません。 (ウイルスの拡大が)収束に近づくにつれて、ある日突然に需要が戻るわけではなくて、だんだんと戻ってくると私は想定しています。 ここ10年話題となり成長してきたインバウンドの戻りは、おそらく最後の最後になるというのが私の感触です。 そこで提案なんですけども、私は「マイクロツーリズム」を実践したいと思っています。 地元や地域を観光していこうというものです。 自分の家から10分、15分、30分、1時間の範囲を観光してみる。 観光事業者も収束後の需要が戻ってくるときに、まずそこを狙ってみてはどうかという提案です。 メリットはいくつかありまして、1つ目は今までも「マイクロツーリズム」のお客様はそこそこいらっしゃったので需要がしっかりある。 2つ目は県をまたいで長距離の旅行をするわけではないので、(ウイルスの)拡散につながらない。 3つ目は私たちの観光人材の雇用を維持できる。 最後に4つ目は、今まで私たちは首都圏や大阪圏、そしてインバウンド... 中国、ヨーロッパ、アメリカと遠いところをターゲットにしてきたのですけれど、この機会に地元の方々にもう一度地域の魅力を再発見していただくことがすごく大事だと思います。 地域の魅力を知ってもらわなければ、実は観光は強くならない。 新型コロナウイルスで大変なダメージを受けているが、転んでもただでは起きない。 日本の観光が復活するときには、地域の人たちがその地域の魅力を知っていることは、世界に日本の観光の強さをアピールできる大きな力になると思っています。 新型コロナウイルスの前よりもパワフルな観光にしていきたい。 そういう風に努力していきたいと思っています。 「コロナを思う」は、 で現在配信中です。

次の

「3密回避」の旅行をどこよりも速く、星野リゾート・星野代表

星野 リゾート コロナ

こんにちは。 自粛生活ですっかり自宅警備員と化したヨッピーです。 先日、ひょんな事から 星野リゾートの代表とお話する機会がありましてね。 ラッキ~! 「 コロナ後の経営、どうしよう……!」 って悩んでいる観光業界の方々はたくさん居ると思うので、業界のトップランナーである星野リゾートがどういう生き残り戦略でコロナとの戦いに挑もうと思っているのか、あれこれ聞いてみようと思います!突撃じゃ~~~! 目次• 「星のや東京」へ そんなわけで星野リゾートが運営する、東京の大手町にある日本旅館「星のや東京」さんにお邪魔しました! そしてその前にいったん、星野リゾートについて。 1914年に軽井沢に星野温泉旅館を開業。 以来、軽井沢を拠点に業務を展開するも、1991年に4代目となる星野佳路(よしはる)が代表に就任すると経営困難に陥ったリゾート施設「リゾナーレ小渕沢」や「アルファリゾート・トマム」を再生させるなどして全国に事業を拡大。 「星野リゾート」系列施設は国内外に現在42施設ある。 他にも「よなよなエール」でお馴染みのクラフトビールメーカー、ヤッホーブルーイングも星野リゾート系列だったりする。 僕も「青森屋」には泊まりに行った事があるけどめちゃめちゃ良かった。 また行きたい。 そして本日、案内してくれくれるのがこちらの赤羽総支配人です! 今日はよろしくお願いします! よろしくお願いします! 入口がめちゃくちゃカッコいいな。 まず、この玄関で手の消毒と、体温のチェックをお願いしています。 誠に申し訳ないのですが、体温が37. 5度以上の方は入館をお断りしております。 ちなみにこれで引っ掛かったら、キャンセル料とかはどうなるんです……? その際はキャンセル料を頂いておりません。 まあ、そうなりますよね……。 経営的にはしんどいんでしょうけど……。 そして、本来であればここからはスタッフがお客様のお荷物を預かり、一緒に客室階までお伺いするのですが、そういったサービスは原則行わない事になりました。 エレベーターはどうしても密室になってしまいますので、そこでお客様とご一緒するのを避けよう、と。 もちろんご要望がある場合はお荷物をお持ちします。 なるほど。 そして、チェックイン業務についてですが、フロント前が混雑するのを避けるため、お客様のお部屋で行う事にしております。 また、チェックインの際に館内のご説明など、一通りスタッフが行っていたのですが、こちらも印刷した用紙をお渡しする事で簡略化しております。 なるべく、お客様との接触時間を減らそうという試みですね。 こちらが「星のや東京」の客室!広々してて豪華!! そしてチェックイン時に海外への渡航履歴があるかどうかの確認。 そしてこちらが館内や客室の説明がなされた用紙。 本来はスタッフが口頭でひとつひとつ説明していたそうです。 それって、葛藤がありませんでした?今までは、「 なるべくお客さんに接してコミュニケーションを取って丁寧にやる」っていうのが良しとされてたわけじゃないですか。 それはもうおっしゃる通りですね。 星野リゾートはそういった丁寧な接客によって今のブランドイメージを作ってきましたから。 ただ、今の状況下においては「 安心・安全こそが最大のサービスである」という風に優先順位を変えまして。 私たちももどかしさはありますが、とにかく安心・安全に利用出来る環境作りを最優先にしています。 なるほどな~。 こちらは各フロアにある共有スペース「お茶の間ラウンジ」。 ここでちょっとした作業をしたりくつろいだり出来るような空間になっているが、ここに設置されていた無料で飲み食い出来るお茶菓子やコーヒー、紅茶などの軽飲食は全て撤去され、2Fのフロント前のスペースに集約された。 やはり、飲食が絡むものについてはスタッフの目が行き届く範囲で使って頂こうという方針です。 フロント前のイベントスペースと、そちらに移動されたコーヒー、紅茶、お茶にお茶菓子といった軽食類。 部屋に持って帰ってお部屋で食べても良いそうだ。 コロナ前までは、毎晩こちらで行われていた江戸太神楽。 いわゆる伝統的な曲芸のようなもの。 海外のお客さんにめちゃめちゃ好評だったらしい。 こういったお客さんがたくさん集まるイベントは残念ながら全て中止になった。 その代わり、様々な種類の日本酒の「利き酒」が出来る「SAKEラウンジ」を時間を延長して行っている。 ある程度時間の幅を取る事で、お客さんの密集を避ける狙いがあるのだとか。 こちらはアート作品のような星のや東京の天然温泉。 そして温泉の入り口に脱衣かごを設置し、入浴者がこちらの脱衣かごを使う事で、今現在何人が入浴中なのか一目でわかるようになっている。 今後は入口にセンサーを設置、常時利用する人数を把握するなどして、密を避ける仕組みを導入予定。 更にお食事。 星野リゾート全ての旅館・ホテルでブッフェ形式での提供が中止され、ソーシャルディスタンスを考慮した配置でのレストラン、もしくは客室での提供に変更したそうです。 ちなみに、この「星のや」さんだと、元々高級な施設で部屋数もそれほど多くないから「密を避ける」ってまだ対応しやすいかと思うんですけど、リゾナーレみたいにプールがあって家族連れがたくさん来るような施設だとどうしてるんですか? プールがあるリゾート施設、リゾナーレ八ヶ岳。 プールなどは常に利用者数をカウントしておりまして、お客様向けコンテンツサイトで常時人数を確認する事が出来るようになっております。 また、リゾナーレにおいてもブッフェ形式のお食事を中止し、お部屋でお食事を取って頂けるように変更しております。 チェックインやお客様へのご案内の簡略化も同じですね。 その代わり、例えばエレベーターは30分に1度消毒、清掃するなど徹底した衛生管理に人員を配置しております。 じゃあええと、ざっくりまとめると、 【星野リゾートのコロナ対策】 ・スタッフのマスク着用、定期的な手の消毒の徹底 ・受付時に手指の消毒、検温、海外渡航歴のチェック ・各所に除菌用アルコールの設置 ・チェックイン、ご案内などスタッフとお客さんの接触時間を減らす ・館内の清掃の徹底 ・温浴施設、プール、その他館内施設の利用人数の把握と混雑の回避 ・ブッフェ提供の中止、ソーシャルディスタンスを取ってのレストラン利用と客室での食事提供の併用 ・室内で人が集まるイベントの中止 ・屋外アクティビティの強化 ・アクティビティの同時利用人数を制限 ……という感じですかね。 大変そうだなあ。 コロナで変わる観光体験 改めてお話をお伺いしました。 よく「コロナで社会が変わる」とか言われてますけど、特に観光業界においてどういう変化があると考えてますか? 当社の代表も言っておりますが、「 マイクロツーリズム」という概念ですね。 お客様は大きく3つに分けて、「海外のお客様」「他府県のお客様」「地元のお客様」という風に考えているのですが、このうち「海外のお客様」及び「他府県のお客様」についてはなかなかお越しになれないのではないかと。 まあ、特に海外はそうでしょうね……。 でも、逆に言えば東京にお住まいのお客様が海外や他府県に行きづらい状況もあると。 そこで「ハワイにも北海道にも行けないから、じゃあせめて近くの星のや東京に泊まってみようか」という需要が間違いなく大きくなるだろうと。 実際、この「星のや東京」も時期によっては海外のお客様も多かったのですが、4月以降は東京にお住まいの方がほとんどになりました。 おーなるほど。 「 遠から近へ」という変化があるわけですね。 そうです。 それが全国各地で起こるだろう、と。 だから近隣にお住まいの方に満足して頂き、喜んでもらえるようなサービスに変える必要があります。 なるほど。 星野代表も「長野県のお客さんに野沢菜出しても『うちの婆ちゃんの野沢菜の方が美味いよ!』って言われちゃう」って言ってましたね。 てあとは接客スタイルの変化も大きいですよね。 密なサービスが敬遠されるっていう。 それもその通りです。 これまで良しとされてきた、近い距離で丁寧な接客というものが受け入れられなくなると。 あとは滞在スタイルにも変化があると思います。 どちらかと言えば週末にどこかちょっと遠出をしてホテルに泊まる、というスタイルが多かったものが、平日、リモートワークしながらホテルに泊まる、というような。 実際、当施設も週末の稼働の方が多かったのですが、近ごろは平日と休日の差が少しずつなだらかになっている傾向があります。 なるほど。 滞在習慣の変化か。 それに、リモートワークが前提になれば、通勤しなくて済むようになりますよね。 そうなると、今までお父さん、お母さんの仕事の関係で週末しか来れなかったご家族の方々が、リモートワークをしながら1週間まるまる滞在する、というようなスタイルも出て来ると思っております。 リゾナーレなど、多くの施設でそういった方向けのプランを提供をしております。 大人は仕事、子供は遊ぶ リモートワークステイプラン(長期滞在プラン)概要 あー、確かにこれは需要ありそう!子どももずっと家に居たら気が滅入るでしょうしね。 そうですね。 この「平日」とか「週末」とか「夏休み」とか「GW」とかそういう、期間とか時間の概念が薄れて行くのはないかと思っています。 それわかります。 僕も曜日感覚がゼロになりました。 この辺の対策を全部わーっと頑張ればなんとか乗り越えられそうですか……? とは言え、この騒動になってからお客様が8割減りましたからね……。 徐々に回復しつつあるとは言え、完全回復にはほど遠いですし、海外のお客様については当分見込めないでしょうから。 私たちとしても手探りで、でもなんとかやるしかない、という気持ちでいます。 そっか~~~。 星野リゾートさんなら「ヤッP~~~!コロナ対策の特効薬を考えたぞ~~!これで準備万端!だいじょうブイ!」みたいなのがあるのかと思いました。 残念ながら細かい事をひとつひとつやって行くしかないです。 私たちとしても、業界全体としても、誰も経験した事が無い、かつてない危機ですからね。 「自分達が新しいスタンダードを作って行くんだ!」という気持ちで頑張りたいと思っております。 以上! この「かつてない危機」をなんとか乗り越えようとする、星野リゾートの取り組みについて紹介しました! 今後の戦略を考えるにあたって、何かしらのヒントになると良いなと思っております! 「旅行」や「旅」といったものがまた、気兼ねなく楽しめる日が来る事を願って!.

次の